たかぼーの当たるも八卦!

このコーナーは、GTレースが開催される週のみ更新される、GT限定、期間限定のコーナーです。
去年の成績はまぁまぁ、ぼちぼちでしたが、今年は頑張りまっせ!
馬体を大きなファクターに、時にはガチガチ本命を、時には万馬券をGET!と行きたいところです。
去年はひたすらテイエムオペラオーを外して泣きましたが、今年はどうなるのか?
たぶん頑なに外すのでしょう・・・ドンドン嫌いになっていく・・・(笑)
(見にくいので今回から軸馬は赤表示にしました。BOXの場合は複数頭赤。)

2000年・秋GT予想&結果  フィーリンガーいくみん♪


2001年G1予想途中経過・・・
今年の春は恐ろしいほど外れたなぁ・・・
最初調子悪くて、まぁ、そのうち当たるやろ、と考えていたけれど甘かった・・・
結局当たったのは最後の宝塚記念のみ。それも配当は散々。
そのせいもあって最近は馬券を買ってない。秋まで充電しよう。
でも結局、秋には放電した姿をまた見せてしまいそう・・・
秋は当たると良いなぁ。春の負け分取り替えしたいなぁ・・・

第10弾
宝塚記念

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
テイエムオペラオー 馬体は良く見せている。問題は私との相性・・・ G1級 2着
エアシャカール 瞬発力を生かせればオペラオー撃破は可能と見る。 G1級 5着
メイショウドトウ 馬場悪化でこの馬のパワーと、適正距離を買う。 G1級 1着
ステイゴールド 細身でいかにも頼りないものの、レースでは心強い。 G1級 4着
結論
今回は背水の陣で挑む。何故ってこのコーナーの存続がかかっているから・・・(笑)
宝塚記念はこの4頭のBOXで勝負したい。テイエムオペラオーの軸も考えたが、
今さらこの馬を軸にするのはこの馬に失礼なので、BOXで自重しました。(笑)
多少馬場が悪くなる事を考えると、ある程度前で勝負できて、パワー・底力がある馬。
そう考えるとこの4頭が上がった。マックロウは診断ではG1級の評価も、
馬場悪化で今回の仕上げでは馬群に沈む確率が高そうで、今回は止め。
泣いても笑っても外れたらこの1戦でおしまい。皆さんさようなら・・・(笑)
結果
まぁ、とえりあえず当たったと言うことで・・・
1着はドトウだった訳だけども、何ともスッキリしないなぁ・・・と思って新聞を見る。
ドトウ陣営のコメントにはオペラオーをやっつけたと自慢ばかり。なんだこれ・・・
オペラオー陣営は不利を受けたことに文句も言わず、不利を受けるのが競馬。
オペラオー陣営は腹も立つだろうに、言い訳も無し。偉い。
違うんじゃないのか?ドトウ陣営。騎手に至っては過怠金を払うくらいの騎乗をしたのに、
審議については「勝ったからもうそういうことはいい」・・・なんだこれ・・・
しまいには「やっと見返してやれたよ」・・・何だこいつ。
どんな手を使っても勝つのが勝負。勝ったことには素直に評価できるけど、
自分のせいで不利を被った、馬・陣営があるんだから、終わったあとにいらん事言うな。
何とも素直にドトウの勝利を祝う気が失せる宝塚記念でした。

第9弾
安田記念

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
フェアリーキングプローン これまでのレースを見たらこの馬抜けて・・・ 9着
結論
今回は困りました・・・本命は決まっていたものの、馬体を見たことがない・・・
紐を探すにも魅力有る馬が多すぎて絞りきれない・・・迷ったあげくがこの結果。
フェアリーキングプローンの単勝から気になる馬のセットを。
フェアリーキングプローンはドバイのレースを見たときに、
安田記念の本線にしようと決めていた。出てきてこれて感謝します。
とりあえず、スティンガー・マチカネキンノホシ・エイシンプレストン・テスタロッサ
メイショウオウドウの5頭は買う。他にも手を出したいのは一杯いるが・・・
土曜日の新聞ではフェアリーキングプローンの単勝3.9倍も付くようだ。
これなら単勝だけでも十分勝負出来るな・・・(笑)
結果
まさかあんなに伸びないとは・・・なんでだろう・・・
芝が堅すぎたとか騎手は言っていたらしいが、それもどうだろう・・・
ブラックホークとは驚いた。知らず知らずの間に、
スプリンターというイメージが付いてしまっていて・・・
元々はマイラーだもんなぁ・・・ダメだなぁ、流されちゃって・・・
ブレイクタイムは速い流れにも関わらず、唯一粘った馬。これも凄い。
12万馬券とはねぇ・・・逆にすっきりするかな?・・・せんわ・・・
もう宝塚しかありません・・・コーナー消滅まで残り一戦・・・

第8弾
ダービー

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
ルゼル 自分好みの馬体。楽しみは十分有ると思えるが。 G2級 14着
キタサンチャンネル × 馬体は思ってる以上に良い。ダービー逃げては・・・ G3級 16着
ダービーレグノ × もともとダービーで狙おうと思ってた程だが・・・ G3級 7着
トラストファイヤー 馬体はかなり良い。ただ距離は微妙。 G3級 10着
ダイイチダンヒル × スッキリとした馬体をした馬だが、線が細すぎる。 G3 11着
ダンツフレーム 皐月賞の出来とは全然違う。出来はここにピークを。 G2級 2着
プレシャスソング なかなか将来楽しみな馬で、これから成長も力有る。 G2級 8着
マイネルライツ × ちょっと気になるのであげてみた。馬体は悪くない。 13着
クロフネ 馬体はそんなに好まないが、馬体以上に能力有り。 G2級 5着
ジャングルポケット 良く見せる馬体ではないが、能力上位は明らか。 G2級 1着
結論
ダービーだから下手な買い方はせずに行こう。ダンツフレームとクロフネの一点で勝負。
今回のダービー、思った以上に素晴らしい馬体をした馬が多く、予想も混戦模様。
でもやはり馬体でこの2頭。ジャングルポケットは騎手がいまいち気に入らない。
△印馬はその他に凄く気になってる馬、と言うことで印を付けてみた。
結果
当日、自分は仕事で馬券が買えず、仕方なくいくみんにPATで買ってもらうことにしていたのだが、
仕事中、いくみんから職場のパソコンにメールが届く。「東京雨降ってるんですけど・・・どうする?」と。
やばっ・・・大飛びのクロフネに不安が・・・考えた末、家に電話を入れ買い目を変更してもらった。
本線はそのままでダンツフレームからクロフネ。これを1万円から5000円に縮小。
残った5000円を他の△印4頭に分配してもらった。結果はジャングル−ダンツで560円。
クロフネは5着に敗れた。押さえで来たものの元本割れ。これじゃ外れと一緒・・・
残るG1は安田と宝塚2戦。このコーナーも後2戦か?本当にやばくなってきたぞ・・・

勝ったジャングルポケットは強かった。あれだけ子供っぽいダービー馬は面白い。
角田騎手もいつも以上に上手に乗った。いつもあんなレース運びが出来るなら、
もっと活躍できると思うのだけれども・・・(笑)


第7弾
オークス

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
リキセレナード × 馬体・調子共にかなり戻っていることが分かるだけに・・・ G3級 17着
サクセスストレイン × 父系より母系の馬体で距離は大丈夫と思えるが・・・ G3級 4着
ダイワルージュ 馬体以上に走れる馬。距離は不安も能力高い。 G2級 13着
ハッピーパス 素質はすでにG1級。鞍上の腕も魅力十分。 G1級 7着
オイワケヒカリ × ここでは馬体が少し足りないか・・・距離適正は高い。 G3 5着
テイエムオーシャン スピード能力高く、オークスの流れからすると・・・ G1級 3着
レディパステル 前走の負け方が気に入らないが、馬体は良い。鞍上も。 G2級 1着
アスクコマンダー × 馬体はここでも見劣らない。ただスピードとなると少々・・・ G2級 12着
シェリルウーマン 馬体重が注目。パドック次第。大きな馬体減は×。 G2級 16着
結論
今回は素質特上のハッピーパスから。本線はテイエムオーシャン。
テイエムオーシャンの距離延長だが、過去にキョウエイマーチの敗戦とだぶるが、
オークスでは距離適正も大事だが、それ以上にスピードがあれば克服できるはず。
後々マイラーである馬が、オークスでは上位に来ている事も多く見られる。
後は馬体魅力の2頭。レディパステルとシェリルウーマン。レディパステルは頭も。
シェリルウーマンに至っては馬体がかなり細めに写り、どこまで戻せたのかが重要。
ダイワルージュは馬体以上に能力がある。当日のイレ込みには注意しよう。
書かなかった人気どころではムーンライトタンゴ。桜花賞では見せ場十分で、
血統からも今回注目していたが、馬体を見るとあれでは買えない。掲示板も・・・
ローズバドも馬体は悪くないが、G1となると強気に出れる馬体ではなく・・・
今回は(いつも?)自信があるんだけど、思った以上にオッズがつくな・・・なんで?
結果
・・・これで何連敗になるんやろ・・・。最近当たった記憶がほとんど無いぞ・・・
ローズバドが来るとは思わんかった。今年も結局は瞬発力勝負になったなぁ。
またしてもG1を、それもクラシックを外国人騎手に勝たれた。情けないねぇ。
自分の予想も情けないねぇ。春のG1もあと数戦しかない。とにかく・・・
今回自分が選んだ中での不振組、ダイワルージュ・ハッピーパス・シェリルウーマンで、
今後注目度が少し下がるのはダイワルージュ。他の2頭は今後も狙っていく。
もう後がない。残り全部外したらこのコーナー消滅させる。

第6弾
NHKマイルC

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
クロフネ スピードの絶対値が違う。馬体ランク1つ上に見る。 G2級 1着
シャワーパーティー 今回一番馬体目立つ馬。気性問題。鞍上重要。 G2級 9着
エアヴァルジャン × 手を出すにはまだ早い。秋以降再考したい一頭。 G3級 15着
ネイティヴハート 馬体以上に走る一頭。いろんな意味で楽しみ多い。 G3級 4着
キタサンチャンネル × 馬体的に悪くない。ただG1となるとやや荷が重い。 G3 17着
結論
今回は馬体を見れていない馬が多すぎて話にならない。
他に気になる馬が何頭もいるが、馬体を見ていない以上狙いにくい。
パドック次第で紐は増やす可能性もあるが、軸はこの馬で仕方ないだろう。
それ程人気になっていないシャワーパーティーは面白い存在。2番手評価。
皐月賞惨敗であっけなく路線変更したことがどうでるか非常に楽しみ。
距離的に、馬体からは多少短いと感じるが、インパクトではNo.1。
ワイド・複勝でも楽しみたいところ。いまいち騎手変更が?だが・・・
ネイティヴハートは前走の走りを見る限り東京コースの方が良いのだろうが、
こちらも乗り代わり。馬主との間でいざこざがあったらしいが、
大舞台での乗り代わりは何とも気持ちが悪いものである。
馬体を見れない馬が多すぎること、及びPAT資金もないことから、
今回はかわいく2点で。シャワーパーティーはセット馬券でも勝負!
結果
今回は仕方ないかなぁ・・・仕方ないと割り切っていきましょう!
最近負け続けで勝てる気配無いよ。寂しいことですなぁ。(苦笑)
それにしてもクロフネ強かった。武豊がわざとスタートを遅く出たって言うんだから・・・
後ろからゆっくりと行けば、レースで標的にされない以上に、次のダービーで掛かる可能性を低くできる。
・・・ほんまかい!でもそうなんやろねぇ・・・武豊なら素直に信じれてしまうところが何とも・・・(笑)
ダービーも府中で距離も持ちそう。死角は無さそう・・・どうするポッケ・騎手角田。相手はつえ〜ぞ。
何だか反省になっていないので、推しながら9着に敗れたシャワーパーティーについて。
馬体は十分に走れる出来にあった。距離は多少短い感じだったけど、府中の1600mならと・・・
まだ精神的に幼いのかレースに行って力を発揮できていないのか・・・でも不利は無さそうだった。
もう少し様子を見ていきたい。いずれ活躍してくるでしょう。厩舎も信頼できることだし。
ネイティヴハートはもったいなかったね。4角でふくれたかなり不利は大きかった・・・残念。
ここまでの6戦、まともに当たってないよな・・・存続の危機です。いつもです・・・

第5弾
天皇賞・春

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
テイエムオペラオー × 馬体の見栄えは前走よりDown。雨なら一考。 G2級 1着
マックロウ 馬体の作りはすでにG1級。距離?も鞍上魅力。 G1級 4着
メイショウドトウ 馬体の成長力は素晴らしい。今までで一番の馬体。 G1級 2着
セイウンスカイ × 想像以上に仕上がってる。すんなり行かせたら・・・ G3級 12着
メジロランバート 上位に来るだけの馬体は持つ一頭。ワイドで狙い。 G2 6着
イブキガバメント ロジータの子は怖い。好馬体を連発中。見れないのが・・・ 7着
エアシャカ−ル 調教いまいちも、前走は遊びながらの競馬。強い。 G1級 8着
ナリタトップロード 馬体本格化。今ならちぎっても勝ってもおかしくないはず。 G1級 3着
結論
今回はナリタトップロードで堅いはず。馬体は素晴らしい出来。
今までこの馬をずっと見てきたが、ダービーでも菊花賞でもなさけない馬体だった。
ずっと応援していた馬だったが、この馬をG1級に出来る日は来ないと思っていた。
が、前走の馬体を見て驚いた。この馬に足りなかったまとまりの悪さが無くなぅていった。
まさしくG1級にふさわしい出来。これならオペラオーを倒せる。自信を持って本命。
対抗にはエアシャカール。前走はトーホウドリームの奇襲に屈したが、余力は十分残していた。
直線では遊びながらの競馬で、いつでも前に出れたはず。トーホウドリームに並ばれてから、
3着グループをあっという間に引き離した。勢いの差で2着に甘んじたが、レベル高いここなら。
メイショウドトウ・マックロウの2頭は距離に不安があるが、馬体的には引けを取らない。
メイショウドトウは現に2500mも克服してるし、マックロウの前走は参考外。鞍上も安勝で魅力。
手が届くか分からないが、イブキガバメントとメジロランバートもパドック次第で考えたい。
イブキガバメントはロジータの子。ロジータの子は今まで何頭か見てきたが、素晴らしい子を出す。
ただ残念ながら、ひとつ大きな欠点を持っている馬が多く、まだ大成はしていない。
この馬は馬体を見れていなく、非常に怖い一頭。パドックで見極められたらいいのだが・・・
とりあえず、トップロードの単から流す馬券で勝負。渡辺頑張りなされよ!
結果
オペラオーが来た・・・3コーナー過ぎでは手応えが悪く、ダメかと思ったけど底力は凄いね。
トップロードは3着。良く頑張ったと思う。良馬場発表も雨がかなり含んでいたと思われるコース。
トップロードにしては、オペラオーに勝てる最大のチャンスだったので、雨が悔やまれますが・・・
でも今の馬体を維持できれば、勝てる日は必ず来ると信じています。頑張れトップロード。
メイショウドトウは2着の乗り方をまたしてもしてしまいました。テイエムオペラオー&和田竜二も、
後ろから来る馬にはそれ程脅威を感じていないのではないのかな?工夫が欲しいと思います。
マックロウもよく頑張りました。宝塚辺りでは1番手に指名してるかも知れませんね。
結局買い目は、雨が降っていたのでトップロードからの馬連とワイドにして、ドトウで的中です。
配当310円・・・大きく元割れ。オペラオー(馬主よ!)よ、海外行ってくれよー!

第4弾
皐月賞

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
アグネスタキオン やっぱこの中では馬体抜けてるよ、この馬。逆らえないなぁ。 G1級 1着
シャワーパーティー × 悪くないんだけど、完成度で遅れをとってる。様子見。 G3級 14着
ジャングルポケット ダービーならもっと期待できるけど、ここでも十分やれる。 G2級 3着
ダンツフレーム × 中山ではいまいち信用できないなぁ。来たらやむなし。 G2級 2着
ダークウィザード 馬体見れず。底を見せてない魅力で。パドックで再確認。 12着
ボーンキング × 馬体的にはややTOPから遅れをとった感じ。どこまで・・・ G3 16着
ミレニアムバイオ 3着までなら十分あり得る馬体の持ち主。妙味有り。 G3級 17着
結論
今回は2頭が抜けてる。タキオンとポケット。
一点で行こうかとも思ったけれど、いまいち角田騎手が信用できない・・・
とりあえずその一点に大きく行くことにして、他の2頭を絡めたワイドで楽しむ。
ダークウィザードは武幸四郎君のコメントが気になるし、未知の魅力もある。
パドックで馬体をチェックして、最終的に決めたいと思う。
ミレニアムバイオは馬体診断でG3級にはしたが、かなり能力は秘めてる。
直線突っ込んできても、全然おかしくない。馬券的妙味もあり、ワイドで。
ダンツフレームは今回に限り、どうも信用できない。馬体は良いのだが・・・
上位に来る能力はもちろん有るが、ダービーまで置いておく。
結果
ダンツフレーム来ちゃったよぉ・・・素直に診断通りに買ってればよかったのにねぇ。(笑)
パドックではダンツフレームが一番よく見え、体調が良いのもあっただろうが、素晴らしい末脚だった。
上位3頭はダービーでも楽しみだね。サンデーサイレンスばかりじゃなくて嬉しいな。
問題はミレニアムバイオだね・・・17着は何の言い訳もできません・・・ごめんなさい。
トップページでおすすめ穴好馬体として推薦したのに・・・恥ずかし〜。17着だって・・・(苦笑)
それにしてもタキオン強かったね。是非とも無事に3冠獲って欲しいね。
力であの馬をねじ伏せられるのはこの馬なのかな?あの馬って誰やねん・・・


第3弾
桜花賞

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
サクセスストレイン × 嫌いじゃない馬体だが、このメンバーに入るとさすがに・・・ G3級 7着
ダイワルージュ 馬体は発達途上も、このメンバーで対応できる能力あり。 G2級 3着
テイエムオーシャン この距離ならTOPクラスの馬体評価。ここでは外せず。 G1級 1着
ハッピーパス スティンガー級。いずれ大きいところを獲れる。素質特上。 G1級 4着
フィールドサンデー × もともと馬体は悪くない馬だが、崩れつつある。まだ戻らない。 G3級 17着
フローラルグリーン × 応援するが、さすがにこの中では馬体で見劣る。馬券は・・・ G3 14着
ポイントフラッグ × 馬体は決して見劣らないがワンパンチに欠ける。妙味は有。 G3級 13着
リワードアンセル 人気は無いが、なめると痛い目にあう好馬体。力上位。 G2級 9着
結論
桜花賞、言わずと知れた3歳牝馬のクラシック一発目。
この時期の3歳牝馬はまだまだ子供。精神的にも不安定。
元々信用しきれない牝馬レースの上、この様な背景を考えると、
結果人気馬が走るとは限らず、馬券は荒れる事も多い。これ当然。
よって馬券は軸馬は決めない方が良い。今回は4頭BOXで行く。
ダイワルージュ・テイエムオーシャンは人気になるが、実績からも外せない有力どころ。
ハッピーパスは馬体を見て驚いた。まだまだ強くなる。この時期でなかったらTOP指名。
面白いのはリワードアンセル。人気が余り無さそうだが、見くびりすぎじゃないのか?
馬格があれば十分本命候補として考えられる馬体。阪神3歳Sから推していた馬だけに楽しみ。
リワードアンセルからはワイドも視野に入れて勝負することにする。
結果
ムーンライトタンゴかぁ・・・馬体見れてないもんなぁ・・・
パドックで見たときに、やばぁ・・・って思ったんだよねぇ。今さらながら。
このコーナーの成績を上げるためには、全頭見ていないとダメだよねぇ。当たり前だよね。
といっても全頭の立ち姿見れる本もないし、ネット上でもないもんなぁ・・・仕方ないか・・・
一応セットで買っていたからテイエムとダイワルージュの220円は取ったけど・・・意味ね〜。
ハッピーパスはしっかりと差のない4着に入ってきて、十分この先が期待出来る内容でした。
オークスでも狙い所の一頭になると思います。2着馬もね。
G1戦、いまいちだなぁ・・・はぁ。

第2弾
高松宮記念

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
ゴールドティアラ × ダートから芝へ。6F戦なら対応は可能と考えるが・・・ G2級 12着
タイキトレジャー 文句無しにNo.1の馬体。追いかけ続けたが、もうそろそろ。 G1級 10着
ダイタクヤマト 中京の6Fはハイペース必死。マークもされ展開辛いが。 G2級 8着
ダンツキャスト ハイペース希望。馬体は素晴らしく、気性面で自分との戦い。 G1級 16着
トロットスター × 力認めるも、こじぢんまりとした馬体でいまいち大物感に欠く。 G3級 1着
ビハインドザマスク × 展開ハイペースで差し馬有利も、この馬の位置では辛い。 G3 14着
ブラックホーク 安定した力を発揮してきており、この状況での信頼は高い馬。 G2級 2着
ユーワファルコン × 馬体は誉められるものの、今回は展開辛い。粘れるか・・・ G2級 18着
結論
タイキトレジャー本格化と見て、この馬で勝負に行く。自信はある。
昔から注目し続けてきた後馬体馬で、ようやくバランスが取れてきた今回、勝負になるはず。
あまり抜けた馬がいない今回は、スプリント王を奪取出来るチャンス。
対抗にはこれまた馬体GT級を付けているダンツキャスト。
気性面が最大の課題となるが、馬体はこの中でもTOPクラスは間違いない。
展開も向き、人気のない今回は対抗としての魅力十分。頼む幸!
後の2頭は実力馬で、かなり来る可能性の高い馬。ダイタクとブラック。
トロットは前走のようなレース内容を狙うのなら、中京に変わる今回怖くて勝負できない。
いくら中京に実績がある本馬でも、相手関係が一枚上なのだから。
結論、馬連はもちろん、対抗のダンツキャストがあてにならない分、タイキトレジャーの単も大きく。
結果
情けなさすぎる・・・フェブラリーSに続いての大惨敗・・・
だいたい、タイキトレジャーとダンツキャストが一番自信があったのに、500倍付くんやで・・・
あかんわ、こんな馬券買ってたら一生当たるらんわ・・・トロットスター切ってるし・・・(苦笑)
でもまだ言うか!って思うかもしれんけど、馬体は良いんだよねぇ、この2頭。
たぶん懲りずに追い続けて行くんやろうなぁ・・・懲りてないなぁ。(笑)
こんなんじゃ、そろそろ無くなるかもね、このコーナー・・・

第1弾
フェブラリーステークス

最後まで考えた馬 取捨選択 残した理由&落とした理由 馬体診断 結果
ファストフレンド 本当は本命にしたいところだが、牝馬・年齢も考慮して評価。 G1級 6着
マンボツイスト 人気がなさそうだが、馬体的にもかなり能力は秘めてるぞ。 G2級 16着
ビーマイナカヤマ × 馬体は良いし、そこから体調良いのもわかる。やや長いか。 G3級 9着
イーグルカフェ × 馬体はダートもいけると思う。前走力出して無くても一変は。 G2級 8着
ウイングアロー × 馬体以外の+αが大きい馬で軽視は禁物。DWCに絶頂へ。 G3級 2着
サンフォードシチー 馬体良く、男馬で東京得意。今回一番当てに出来る軸馬。 G2 4着
ゴールドティアラ 脚質、牝馬と当てに出来ないところがあるが、能力は高い。 G2級 5着
ノボジャック × 馬体見れていないのが恐い。割り切って来たら諦め・・・ 13着
ノボトゥルー × 馬体まだまだも鞍上の腕で持ってきて不思議無い。自分信じ。 条件級 1着
トゥザヴィクトリー 本質は芝8F〜10F。大ざっぱな事からもダートはいける。 G2級 3着
結論
今回は男馬VS女馬と言う事で、軸の相手に牝馬を多数持ってきた。
軸はサンフォードシチー。男馬の人気馬にはウイングアローがいるが、
やはり馬体的にインパクトが弱いこと、DWCが控えていることで消した。
一方サンフォードシチーは馬体良く、、ローテーションも距離適正も気に入った。
相手筆頭にファストフレンド。GT級の診断だが、牝馬と言うことで今回は軸筆頭に。
マンボツイストは思ったほど人気無いが、来ても不思議無い、恐い存在。
ノボトゥルーは鞍上恐いものの、馬体まだまだ未発達。周りは歴戦のダート馬。
結論:サンフォードシチーから他の4頭へ。
結果
何だこの結果は・・・不満。
情けなすぎるぞ日本のジョッキー達・・・頼むわ・・・
でもノボトゥルーは馬体で切った馬。もう少し時間がかかると思ってたけど、

かなりジョッキーにも助けられたと思う。
でもウイングアローも外してたんじゃ話にならんわ・・・

トップページへ戻る