当たるも八卦!

ここはGTレースが開催される週のみ更新される、GT限定、期間限定コーナーです。
いくみん予想だけでいいんじゃない?とキツイ言葉も頂きますが、今年も頑張りまっす。
本命◎の複勝的中率だけはいくみんに負けないようにするのが今年の目標です。低っ。
(過去の予想&結果は一番下に埋もれてます。フィーリンガーいくみん
♪もあります。)

フィーリンガーいくみん♪ 2004(有馬記念・結果編)

−トップページへ戻る−

有馬記念
馬名 結果着順 レース結果




×
コスモバルク
ゼンノロブロイ
シルクフェイマス
デルタブルース
アドマイヤドン
11着
1着
3着

5着
7着
1着 ゼンノロブロイ
2着 タップダンスシチー
3着 シルクフェイマス
予想 コスモバルクでいきます。強いのはゼンノロブロイでしょうけど、コスモバルクの馬体の充実感が凄い。そこに賭けます。今年1年タフなレースをして来たにも拘らず、ここに来て馬体がさらに強靭に変化。他の馬が天皇賞(菊花賞)−JCで疲労する中、この馬だけはお構い無しの体調面。余程、精神的に強いんでしょう。遠征などを繰り返した結果、精神的にタフな競走馬になったのは間違いの無いところ。逃げるタップダンスの内枠に入ったのは運が良かった。これなら悪くてもタップの後に付けられる展開になる。我慢できるはず。

ゼンノロブロイは正攻法の競馬を展開。タップが逃げ込みを図っても鞍上はペリエ。2年前の有馬記念を忘れてない。また今のタップなら怖くない。大丈夫。トモのパワーアップで去年のロブロイとはモノが違う。普通に考えても最有力候補。

シルクフェイマスが凄い。馬体が復調し完成期を向かえた。この充実振りなら頭で入って来ても何の不思議も無い。人気は無さそうで最高の狙い目。馬券的に一番期待してる馬がこれ。

デルタブルースは前走のJCがすごく良い内容。平均ペースになりそうで、この馬の一番苦手とするパターンは避けれそう。ただここまで人気しちゃうと買い意欲が・・・。

アドマイヤドンは抑えておきたい。久々の芝のレースだが、その菊花賞で本命にしたほどの馬。この馬の柔味が十分に生かされるのはむしろ芝。この馬も遠征慣れしており、精神的に強いのはバルクと同じ。ベガの仔でっせ。

タップが逃げるが、ほかにそれ程行きたい馬がおらずMペース。これだけの馬が揃って小回りの中山。最後方からは無い。去年のツルマル4着は皆バタバタの直線で抜けてきただけ。バートラムは怖いが、武豊で前走のレース振りを意識して後方から勝負しそう。それなら要らない。気にしてるのがピサノクウカイ。馬体をしっかり把握していないだけに、パドックで吟味したい。

とりあえず、来年に繋がる良い競馬を見せて欲しいな。頑張れバルク。
結果 Get!!久しぶりに有馬記念当てました〜。うれピー。(笑)予想と違うって?いいんです。それが競馬なのです。(?)

パドックで1番枠の馬を見た瞬間、「あかん、完璧や。これには勝てんぞ。」って感じました。隣で見ていたいくみんもそう感じたらしく、2人で「凄いねぇ。」って意気投合してました。なんちゅう馬でしょうか。天皇賞・秋→JCの疲れも見せず、この有馬記念が一番良いんじゃないかと思うほどの仕上がり。そして馬体も今まで見た中で最高のものでした。デビューから2戦目、すみれSの時のパドックをよく覚えています。あの時の、自分自身の体格に負けていた弱々しさは今のロブロイには全くありません。見た目は明らかに同じ馬ですが、中身が全く違います。「じっくりと馬の邪魔せずに育てれば、こんなに強い馬になるんです。」っていう、お手本のような馬体。これぞ調教師の腕が成せる技。本当にそう思います。馬も凄いが調教師も凄いです。

ゼンノロブロイが最高に良かったため、この時点で本命を変更。本当はコスモバルクとゼンノロブロイのそれぞれから3連単を買う予定でしたが、ロブロイの3着以内は間違いないとの判断から、ロブロイのみの1頭軸マルチに変更。軸馬が一頭減ったもんで、相手を増やせる事になりました。増やしたのがタップダンスシチーとダイタクバートラム。どの馬もさすがにしっかりと仕上げてあり、馬の出来という点では甲乙付けがたいものでした。タップはあと2週間欲しいと言っていた割には全然仕上がってましたし、実力は間違いなくこの中でも1・2位の馬だというのは認めていましたから。ダイタクバートラムは後から行く可能性が高いという事で要らないと思っていたのですが、どうしても豊っちが怖くて買い足しました。JCDの豊マジックが私の気持ちをそうさせました。(笑)

レースはコスモバルクに注目していましたが、らしくない競馬でしたね。3コーナーですでに手応えは悪く脱落。う〜ん・・・。でもあのペースは、いくら年末のこの時期だからって3歳馬にはキツ過ぎるでしょう。デルタブルースはよく頑張ってます。ロブロイは一番恐れていた1番枠という壁を簡単にクリア。タップの後に付けているのを見た時に、これでもうロブロイは大丈夫、という確信。さすがペリエ。タップは早い早い。早いペースで2年前の再現。4コーナーでの手応えを見た時には「やっぱ強ー!」でしたね。(苦笑)あのペースであの手応え。凄い馬です。やはりこのまま種牡馬にした方が良いのでは・・・?

結局ロブロイから3連単マルチ馬券ですが、1着→2着→3着の順に購入金額の厚みを変えていましたのでかなりの配当になりました。これで心置きなくサウス募集に突っ込めます。(笑)

朝日杯フューチュリティS
馬名 結果着順 レース結果




×
ストーミーカフェ
ペールギュント
ディープサマー
ローランコングレ
エイシンヴァイデン
2着
3着

6着
8着
7着
1着 マイネルレコルト
2着 ストーミーカフェ
3着 ペールギュント
予想 アドマイヤベガ産駒で行きます。胸が深く、レース振りを見ていても相当心肺能力が高いんでしょう。胸の厚みがあり過ぎ、スムーズな脚捌きは苦手なタイプ。馬券的には下手に差す競馬を試さずに、今まで通り素直に逃げて欲しいところ。(笑)
2番手にはペールギュント。桜花賞のパドックで母ツインクルブライドがややイレ込み、チャカチャカしているのを見て「おお!やる気がみなぎってるぜ。こいつは来る!」と、今考えたら恐ろしく見当違いだが、何故か自信満々で見ていた武豊のオグリローマンが勝った桜花賞が懐かしい。(笑)
2着に来たその小さい母とは似ても似つかない大きなペールギュント。馬体的にはトップスピードに入るまでの動作に時間がかかるタイプで、中山の瞬発力がモノをいうコースではやや不利。ただ展開によってはアッサリもあり得る2番手。
ディープサマーはマイルも辛いか?と思わせた前走2000m戦を4着。立派。やはりかなりの実力馬。前走より400m縮むのは間違いなくプラスで、それ程強力なメンツがいないこの中では上位。
ローランコングレについても距離に不安。こちらはディープサマーよりも適正は短く1400m位までか。それでもバランスと肉質の良さで上位に食い込まないかと目論むが。(苦笑)
ここまでが馬券対象だが、あえて挙げるなら、という程度の×印エイシンヴァイデン。
ま、2歳戦だしパドック見たらコロッ!と買い目が変わってるのは間違いないところだが。(笑)
かっちり当ててサウスニア募集の資金にしてやるぜぃ!(笑)
結果 マイネルレコルトが勝ちました。この馬、馬体からは完全にノーマークでした。これは完全に自分の判断ミスです。中身を見れてなかったという事です。入れ物に騙されました。外面しか見ていなかったんです。
ですので予想の段階では馬券の対象には全然入れてなかったのですが、パドックで「あ、ヤバイ」と感じました。外面はやはり強気にはなれないんですが、その張り詰めた筋肉、ゴムのような肉質から急遽馬券対象にしました。体調も抜群に良く見えました。もちろん本命じゃないですよ、ヒモに追加です。
で、ストーミーカフェから入ってるんで当たっただろ、って?
ブー!
パドックで本命を
ストーミーカフェからペールギュントに変更しました!(泣)
これは連は外さんぞ・・・とギュントから1・2着限定3連単を・・・。3着かよ!
小牧も下手に乗りすぎやろ〜。レース中の適応能力がまだまだじゃ。
もっと早く手を打たなあかんかった。G1を獲れる騎手かそうでないかはその辺が大きいと思うよ。リーディング上位でもG1の匂いがしないジョッキー一杯いるっしょ?あれ全部その能力が足りんのやと思います。G2・G3クラスなら馬の能力で勝てる部分もあるでしょうが、G1はそれだけじゃ無理よ。騎手の即応力が必要。でも小牧騎手は良い騎手です。関西に良い騎手が来てくれたと本気で思っていますし、機会があったら自分の馬にも乗って欲しい騎手です。他のG1を勝てないジョッキーと違い、まだ中央でのG1経験が少ないだけ。G1の匂いがするジョッキーになれるはずです。

宜しければ最後に励ましのクリックお願いします。 → 勝ち馬情報!

ジャパンカップ
馬名 結果着順 レース結果




×
パワーズコート
ゼンノロブロイ
ハーツクライ
ハイアーゲーム
ホオキパウェーブ
10着
1着
10着
13着
16着
1着 ゼンノロブロイ
2着 コスモバルク
3着 デルタブルース
予想 JCDと違ってJCはどの馬が行くんだろう・・・?マグナーテンかリュヌドール?あまり速くならないのだろう・・・くらいしかわからず困りました。という事で最後の直線でスタミナが残っており、上がり3F34秒後半を狙える馬を狙ってみました。

しかし、本線にしたパワーズコートが34秒台の脚を使えるのかは知りません。(笑)しかしBCターフのレースをなどを見ていると、実績上位のウォーサンより魅力的です。精神的に落ち着いており、出遅れなどが無かったら日本馬にとってはかなり強力なライバルになるのではないでしょうか。でも日本馬は最後の直線でこの馬の近くには寄らない方が無難ですね。(笑)ウォーサンはかなり固い馬場で行われた今年の凱旋門賞を9着。不利があったとはいえ、日本の馬場で強気にはなれません。

ゼンノロブロイが対抗。この馬2000mで何度か強い競馬をしたもんで、2400mでは距離が長いとか言われています。しかし昔からこの馬については書いてますが、長めの距離は全く問題ありません。馬体が完成されつつある影響で守備範囲は狭くなりつつありますが、今回の2400mであればなんの問題も無いです。トモが安定してきた今なら優勝候補筆頭。

ハーツクライは菊花賞が不発。またハイアーゲームも不発。どちらも自慢の末脚が発揮出来る東京コースでの変わり身を期待。特にハイアーゲームは菊花賞時期より全然出来が良さそうです。
結果 ちょっと〜!なんかメチャメチャ凹んでるんですけど・・・。初めての10万馬券が目の前まで来てたのに・・・。(泣)

パドックでまず思ったのがパワーズコートもウォーサンも要らないという事でした。あの馬体の出来で走ったらそれこそ驚きです。ただ外国馬で一頭怖いのを見つけました。それがポリシーメイカーです。血統評論家の方が同じサドラーズウェルズでもパワーズコートはスピードを持ち合わせた馬で有力。逆にポリシーメーカーは今までのサドラー産駒と同じ、みたいなこと言っておられましたが、やはり馬を見ないことには始らないと意を強くしました。

あとコスモバルクがいつも通り凄くよく見えました。こんなハートの強い馬を持ってみたいですね。デルタブルースも馬体が絞れて、このメンツに入っても全く引けは取っておらず堂々としたもんでした。ゼンノロブロイはいつも通り。力は出せる出来。逆にホオキパはえらくイレ込んでいました。あとハイアーゲームは無駄な筋肉が付き過ぎで、その影響か体がやはり硬い。

という事で結局馬券はゼンノロブロイからの3連単。ポリシ−メイカー、コスモバルク、デルタブルース、ハーツクライ、ナリタセンチュリーで勝負。直線半ばまではキター!!という感じでしたが、ポリシーメイカーがデルタブルースに差され10万馬券は夢と消えました。馬券は当たったものの、万馬券が当たってこんなに嬉しくないのは何故でしょう。(苦笑)デルタブルースさん、勘弁してくださいよぉ。

あとコスモバルクですね。うまく折り合っていたように見えました。控える競馬がこんなに簡単に出来るのはやはり騎手の腕でしょうか?最後の直線でもポリシーメイカーを差し返す勝負根性ぶり。本当に強いです。

宜しければ最後に励ましのクリックお願いします。 → 勝ち馬情報!

ジャパンカップダート
馬名 結果着順 レース結果




×
ローエングリン
アドマイヤドン
トータルインパクト
ユートピア
ハードクリスタル
13着
1着
4着
6着
8着
1着 タイムパラドックス
2着 アドマイヤドン
3着 ジンクライシス
予想  こんな予想、絶対来ねえよ・・・と思いつつ予想の印打ちました。(苦笑)ナイキアディライトは前回の敗因から今回は絶対行きたいし、ユートピアももちろん行きたい。ローエングリンも前に行くだろうし、どうもトータルインパクトも前に行くような馬らしいし・・・。ハイペース必至?それなのに前に行く馬ばっかり揃えてしまいました。

しかし本命は前から決めてまして自信あります。ロ−エングリン。もちろんアドマイヤドンの強さは認めているのですが、ローエングリンの魅力が優りました。アドマイヤドンに勝つためには後から差し切るというのはどうしても考えにくい。南部杯のユートピアのように前で押し切る競馬が理想です。アドマイヤドンも一流のスピードの持ち主ですが、超一流のスピードは持ち合わせていません。今回のメンツで超一流レベルのスピードを持ち合わせた馬はただ一頭。ローエングリンです。ダートでもそれは変わらないでしょう。気掛かりは2100mの距離だけです。ただこれも精神的に落ち着いてきた今のローエングリンなら克服出来ると考えました。

ただアドマイヤドンに強い競馬をしてもらって、グランプリ有馬に出てもらいたいという希望はあるんですよ。(笑)

という訳で、後は実際アドマイヤドンに勝ったことのあるユートピア。前に行く実力の把握できないトータルインパクト。そして、差し切るまでは無いにしても突っ込んでくる可能性がある、今充実のハードクリスタル。
結果 やはりこんな予想絶対来ませんでした。(苦笑)ローエングリンを本線にした時点で終わっていたんです。これは仕方ありません。

パドックで目に付いた馬はジンクライシス。初めてじっくり見たんですが、この馬もアドマイヤドンのように無駄な箇所のない馬だなぁ・・・と馬券の対象に加えました。今後更に強くなりそうです。あとタイムパラドックスは好きな馬なので買っていたので、結果的にそれ程メチャメチャな馬券にはなっていないのですが、タイムパラドックスが1着で来る事は絶対無いと思っていました。(苦笑)

今回のレースは父のティンバーカントリーとブライアンズタイムの違いが勝負を分けたような気がします。4コーナーでは同じような位置取りだったにも係わらずキレで2馬身の差を一瞬でつけられ、それを最後まで挽回できませんでした。BTやSSのキレはこの系統の長所。その差がでました。

あと何度レースリプレイを見ても、直線でタイムパラドックスの進路が塞がれますが、そこに頭をねじ込み520キロオーバーの馬を押し退け先頭に立つ姿に感動を覚えます。450キロでもこんなに強いんだ。とユーロスターを持つ私は勇気付けられます。(笑)

とうとうユーロスターのお兄ちゃんはG1ホースになってしまいました。優秀な兄を持つ弟は辛いぜ。(笑)

宜しければ最後に励ましのクリックお願いします。 → 勝ち馬情報!

マイルチャンピオンシップ
馬名 結果着順 レース結果




×
デュランダル
メイショウボーラー
ラクティ
アドマイヤマックス
テレグノシス
1着
7着
14着
6着
3着
1着 デュランダル
2着 ダンスインザムード
3着 テレグノシス
予想 今回のマイルCSは良いメンツがそろったねぇ〜。これくらいのメンツが揃うと残り少ないPAT預金に追い金したくなります。(笑)

前売りオッズ見てちょっと驚きました。2番人気、3番人気が牝馬じゃないですか。もちろんファインモーションもダンスインザムードも牝馬の中では抜けて強いでしょうけど、歴戦の猛者どもを押しのけるだけの人気になっちゃいますか?男馬強いでしょう〜!

と言いつつも、実はその両馬とも買いたかったものの人気を見て消してます・・・。(欲に目が・・・)ですが、オッズに流されるのはここまで。今回のレースはすんなりとは決まらんでしょう。自分の思ったとおり初志貫徹で行った方が吉と見ました。

本命はデュランダル。体調がどうのこうのなんて知りません。馬体を見る限り問題なし。問答無用の実力馬。(ただ勝った時の池添ポーズは見たくねー。キモー。)

対抗はメイショウボーラーを抜擢。3歳馬同士のダンスインザムードと比べるとどうです?マイルの距離ですよ。京都ですよ。こっちでしょうよ。皆この馬の強さを忘れちゃってる感じ。体重見て。早熟ちゃいます。成長してますよ。(笑)

外国馬は分からないけど、走りを見た感じ買わなくちゃ!って感じました。てか、レーティング抜けてますもんねぇ。強いに決まってるか。とりあえずパドックです。

アドマイヤマックス。前走のレース振り見てたら買わずにはおられない。凄い強かった。東京コースに実績固まってるのが気になるところだけど、あの瞬発力を使えるなら十分勝負になるよねぇ?(誰に・・・)

テレグノシス。なんてったって乗り代わり。マイルでの実力的にはトップな事は間違いない。前走でやたら人気落ちてるから狙い目。この馬もむちゃくちゃ強いのよ。(笑)

楽しみなマイルCSだぁ〜!!
結果 がー、、、ダンス来ちゃった。でも直線「ダンスはあか〜ん!」と久々に騒げたし良いレースだったな。(笑)デュランダルは強いね。瞬発力勝負でテレグノシスを相手にしなかったもの。瞬発力に関してはこの馬が現役ではトップでしょう。名は体を現すと言いますが、まさに切れ味抜群。名前付けた人はセンスある!(ユーロスターも特急列車のはずだが、現時点ではドンコウ列車だ・・・)

ダンス2着かぁ・・・。馬券(基本的に買い方は3連単オンリーです)では予想馬以外にもやはりファインとダンスが気になって、結局ファインモーションを3着のみに選択。ダンスはオークスくらいの距離が・・・とか春は思ってましたけど、気性面も相まって2000m以下くらいの方が力を発揮できるのかもしれないですね、現時点では。

そのファインモーション、掛かった面もありましたが・・・。豊っち確保対策で一週延ばした割には不甲斐無かったですね。3コーナー過ぎでも池添Jにやられてしまいました。今後が不安ですね。

メイショウボーラーは残念でした。もう少し我慢できるかと思いましたけど、前にはきつかったですし、荒れた内馬場も結構苦しそうでした。前にいた中での7着なら頑張ってると思います。

良いレースでした。デュランダルは当然種牡馬としての期待が高まりますが、血統的にはどうなんでしょうかね。個人的には応援したい種牡馬になるでしょうが、馬体的からみるとあの持って生まれた肉質は伝わりにくいと現時点では考えちゃうんですよね・・・。そうやって未来を予測するのも楽しいですよね。

宜しければ最後に励ましのクリックお願いします。 → 勝ち馬情報!

エリザベス女王杯
馬名 結果着順 レース結果




×
エルノヴァ
レクレドール
グローリアスデイズ
スイープトウショウ
エリモピクシー
3着
7着
12着
5着
4着
1着 アドマイヤグルーヴ
2着 オースミハルカ
3着 エルノヴァ
予想 土曜日、急遽京都競馬場に行ってきたんですよ。そこで体感したのがですね、芝に関してはとにかく差し馬がよく伸びる。馬券もボロボロだったんですけど、この反省をエリ女に活かして負けを取り返します。

アドマイヤグルーヴの取捨選択ですが、捨。天皇賞・秋で走り過ぎ、体調面も馬体を見てる限り完全ではないです。地力上位で複勝圏に突っ込んでくる可能性は高いですが、さっぱりも考えられ今回はノーマーク。スティルインラヴも古馬になって更に良くなると思っていたのですが、どうも停滞気味です。馬体の方も大きな変化は見れません。

そんな事から差し馬で切れる馬を選択。本線はエルノヴァ。良い脚を持っているんですが、やや使いどころが難しい感があるのが不安な本馬もペリエ鞍上で本線です。

レクレドールは本命にしようかと考えていたほどですが、アンカツさんが乗れないという事で対抗へ。ナベちゃんねぇ・・・。どうもスパッと差してこれそうなイメージが出来ないなぁ・・・。(笑)

以下、グローリアスデイズ、スイープトウショウ、エリモピクシーと続きますが、どの馬も末脚自慢。グローリアスデイズはやや前から。他の2頭は最後方からの展開になるでしょうが、並ぶようにしてビュンと来てもらいましょう。

とりあえず先行馬は総崩れしてもらわないと当たらない馬券です。土曜日の負けを取り返すぞぉ!(笑)
結果 まずパドックでアドマイヤグルーヴを見て「失敗した〜!」と思いましたよね。(苦笑)すごく馬が良い感じでした。天皇賞・秋の反動なんて全然感じられねーって事で買い目を即変更。ただ急遽頭に据えるくらい節操の無い事はしたく無かったですし、エルノヴァ自身も体調は万全でした。ですからエルノヴァからの3連単で勝負。しっかりオースミコスモも入れて・・・。予想の意味ねー。(笑)

アドマイヤグルーヴ強いですね・・・。牝馬ではちょっと抜けた存在になってるのかも。さすが天皇賞・秋3着馬だけの事はある。(という事は2着のダンスインザムードは今週買いか?)

アドマイヤドンもそうですが、子供が頑張ることで母の凄さもあらためて感じますよね。あ〜、サムライハート欲しかった。(笑)

エルノヴァは頑張りました。如何せん後過ぎた感が・・・。でもこの馬、スイープトウショウにいったん完全に前に出られてるのにゴールでは先着してるんです。最速の上がりのスイープを差してるんですからかなりのスピードですね。トップスピードにのるまでに時間がかかる感じですから東京の方が良いのかもしれません。

宜しければ最後に励ましのクリックお願いします。 → 勝ち馬情報!

天皇賞・秋
馬名 結果着順 レース結果




×
テレグノシス
ナリタセンチュリー
ゼンノロブロイ
ローエングリン
バランスオブゲーム
11着
6着
1着
5着
9着
1着 ゼンノロブロイ
2着 ダンスインザムード
3着 アドマイヤグルーヴ
予想 迷った・・・。今週の頭から本命はテレグノシスで行くと決めていたが、土曜日の雨を見て迷いが・・・。(笑)結局迷いを振り切りテレグノシスに落ち着いたが、多少の雨ではへこたれないスピード馬場とはいえ、この馬にはやはり悪くない方が良いよねぇ。ここ最近は悪い馬場も克服し始めているのでなんとかならないか。ナリタセンチュリーは馬体を見ただけで今の充実度が判る。馬場悪化もこの馬なら対応出来るだろうと、この馬に雨は心配していない。ゼンノロブロイは前走を見ていてもやっぱり強い。ペリエっちに乗り代わりなら1番人気になるのも納得。雨も応えないし、安定度ではピカイチ。(余談だが、この夏ファンタストクラブで、いくみんが顔をなでなでさせてもらってた・・・。羨ましい・・・。)元々力のあるローエングリン。馬場悪化で逆に浮上させた。体調面も上向いてると判断しているので、この馬がどう出るか個人的に楽しみだ。バランスオブゲームは力のいる馬場になるのなら消そうと思ったが、イメトレをすればする程、直線で下がっていくイメージが出来なかったもので残し。あとパドックが見れるのであれば天才肌リンカーンの出来に注目したいところ。すんなり勝たれても全然不思議じゃないから。(でもやめてね。(笑))
結果 ゼンノロブロイですね。強い馬が勝ち、文句の付け様も無いですね。いくみんに触られたのに大した馬です。(笑)ペリエっちも来てすぐG1奪取。2着もルメール騎手のダンスインザムードで、来てすぐの外国人騎手にワンツーフィニッシュされちゃってなんだか寂しいですね。日本の騎手も、もっと積極的に武者修行に行ってもらいたいもんです。馬の方も牝馬が2・3着。斤量差などを考えても男馬がなさけないような・・・。でもダンスインザムードの2着には驚きました。パドックでもチャカチャカしての2着ですから、改めてこの馬の能力を再確認。本命のテレグノシスは馬体こそは悪くなかったのですが、どうも毎日王冠で見せたような風格が感じられませんでした。ベストではないのでしょうが、個人的には2000mの距離が敗因とは思っていません。この日のテレグノシスは何故か地味に見えてしまいました。ナリタセンチュリーは少しうるさかったですね。体もギリギリに見えますし、今後の馬体重・体調面に注意を払いたいと思います。

宜しければ最後に励ましのクリックお願いします。 → 勝ち馬情報!

菊花賞
馬名 結果着順 レース結果




×
カンパニー
ハーツクライ
ホーキパウェーブ
スズカマンボ
デルタブルース
9着
7着
2着
6着
1着
1着 デルタブルース
2着 ホーキパウェーブ
3着 オペラシチー
予想 久々のG1予想でガツンと一発当てたいところですが・・・わからないっすね。(笑)まずはコスモバルクの取捨選択になるとおもうのですが、普通に考えれば買えないですよね。前走の勝ち方は強烈で間違いなく地力はトップクラス。それは疑いようがありません。ただやはり掛かり癖は心配だし、距離に関して馬体からはこなせるレベル。気持ちで走る馬だけに何らかの原因で途中で気力が萎えないか。その点でも長い距離が心配です。今後の競馬界のためにも是非とも頑張って欲しい一頭ですが、馬券面では遠慮願いました。来ちゃったら盛大に祝福します。(笑)
本命に据えたカンパニーですが、気になるのは距離面と7月以降の競馬ということ。いきなりからもちょっと長いなぁ・・・。(←わかっちゃいるけど止められない)本命に据えた理由はただひとつ。・・・勘!(馬体からうけた裕度と言えばいいのでしょうか。それに惚れました。)今回はこの馬を3連単のマルチ1頭軸に。36点買い。頼むぞ柴ちゃん。
ハーツクライは馬体診断で書いたとおり不安定。ホーキパは本命にしたいくらいの実力馬。藤田騎手なら更に推したかった。スズカマンボは前走53キロでの勝利が気に掛かる。が、成長は十分に感じられ。デルタブルースは瞬発力勝負では厳しいが、前々の我慢比べに持ち込めれば・・・。
試験から開放された久々G1。とりあえずバルクとカンパニーで十分楽しみたい。
結果 マルチで買ったからデルタブルースもホーキパも持ってたのに、肝心のカンパニーはどこ?9着じゃダメじゃ〜ん。(笑)終始最後方につけるような形で直線に掛けたようです、柴原君。届かずで9着ですか。でも決して間違ってる乗り方じゃないと思うので、文句はありません。距離適正や良い部分を引き出そうとしたんでしょう。仕方ないですね。
勝ったデルタブルースはうまく自分の一番良いパターンに持ち込んだのが勝因じゃないでしょうか。ズブさは見せていましたが、長距離なら今後も更に楽しみです。ダンスインザダーク産駒が2年連続菊花賞制覇ですか。血は争えないですねぇ。(?)
コスモバルクはああいう展開になってしまったのは仕方ないですね。先頭に立ってしまったら折り合いましたし、ある程度予想内の出来事で、力は発揮できました。今回は距離的なものが影響した部分があるでしょうし、この馬の強さは十分に証明してくれました。半端じゃない強さですね。今後が楽しみです。是非JCに行って欲しいなぁ。

宜しければ最後に励ましのクリックお願いします。 → 勝ち馬情報!

宝塚記念
馬名 結果着順 レース結果




×
ツルマルボーイ
ゼンノロブロイ
リンカーン
ダイタクバートラム
ダービーレグノ
6着
4着
3着
11着
12着
1着 タップダンスシチー
2着 シルクフェイマス
3着 リンカーン
予想 どうしても気持ちの入らないG1レースですねぇ。社台募集が終わったと一息ついてたら宝塚。気が付いたら宝塚という感じで、PATにお金も入っていない状態・・・。これでは予想にも力が入りません。(苦笑)この時期の宝塚記念はどうなんでしょうね。なかなか3歳馬も出てこないし、有力馬の何頭かもハナから出る気なし。春先から随分と戦って、休養前に惰性で出走という馬もいそうです。個人的に気に入っているのは宝塚記念のファンファーレだけ。(笑)
 さて予想ですが、ツルマルボーイを本命にします。宝塚記念に限った事では無いのかも知れませんが、ど〜も好調馬が毎年来ている気がしてなりません。実力より好調馬を探せ!です。宝塚記念って前述の通りそんなレースなのかもしれませんね。対抗はゼンノロブロイ。圧力でもあったのか、さすがに藤澤さんもオリヴァーさんを降ろしました。正解です。でも乗り代わりでもカッチーとは・・・。3番手はリンカーン。どうも信じられない部分がありますが、天才って訳の分からない部分あるでしょう?素質で走るリンカーンですから。豊っちもそろそろハルウララの呪縛から解き放たれないとヤバイです。海外G1も控えてることですしね。(苦笑)前に行くローエンとタップは消しました。PATにお金が入っていない人の強みです。(笑)どちらも人気で、他の人気馬にも天皇賞の頭があるでしょうから。2度続けて同じ事はないでしょう。プロなんですから。(苦笑)
結果 それにしてもやっぱり盛り上がらないG1です。勝ったタップダンスシチーは強かったのでしょうが、でも本当に強い?凱旋門賞に行くほどのレベルなのか?との印象を抱いてしまいます。それは他の馬のレベルが物足りないからかもしれません。まわりの乗り方の消極性からかも知れません。今回の宝塚記念は馬券としてのお金が全く掛かっていなかったので、そのせいもあるかもしれませんが、えらく冷静な目でレースを見ていました。ゴールした後もなんだか盛り上がりません。こんなG1が今後も続いていくんでしょうか?海外ならそんなに時間も掛からずG2格下げ等の処置をとられてもおかしくないんじゃないでしょうかね。ちょっと考え直す時期にあるんじゃないでしょうか。
ま、なんにせよ勝ったタップダンスシチーは凱旋門賞に挑戦との事。海外でも強いとこを見せて欲しいですね。外部に有無を言わせぬ強さを期待したいところ。応援したいです。

安田記念
馬名 結果着順 レース結果




×
テレグノシス
バランスオブゲーム
ウインラディウス
ツルマルボーイ
マイソールサウンド
2着
3着

14着
1着
15着
1着 ツルマルボーイ
2着 テレグノシス
3着 バランスオブゲーム
予想 人気も割れ加減で、馬券の上手下手さが分かってしまうレースですね。ここはビシッと当てたいところです。直前まで悩んでしまいましたが、本命はテレグノシスで行きます。本当はバランスオブゲームを本命にするつもりだったのですが悩んだ末での決断です。今回のレースは騎手の腕がいつも以上のウエイトを占めそうです。内の6mグリーンベルトに集中するでしょうが、それに固執するあまり、直線で包まれたらそれまでです。逃げのローエングリンは一番理想かもしれませんが、メジロマイヤーやメイショウボーラーも速く、ペースも速くなるという仮定の上での予想になっちゃってます。(笑)元々テレグノシスは狙いたい一頭(馬体・筋肉の質は文句なし)なのですが、グリーンベルトを通れない馬である事。騎手が信用出来ないこと。などが気掛かりであった訳です。でもバランスオブゲームも騎手は信用出来ません。(笑)グリーンベルトを通れない馬と包まれる可能性のある馬を比較し、あえてグリーンベルトを通れないテレグノシスに決めました。とにかく馬場の悪い真ん中さえ避けてくれれば問題ありません。この辺は多少騎手の腕が無いほうが上手く行きます。(爆)ツルマルボーイと一緒になって上がって来てくれれば文句なしです。(もちろんツルマルボーイより後ろから来たんじゃお話になりませんけど。)
外国勢2頭ですが、現時点では大丈夫(要らない)と思っています。ただパドックで最終ジャッジし、馬券に絡めるか決めていこうと思っています。
結果 いや〜、我ながら見事な予想です。(笑)配当も結構ついてくれまし、なんだか久しぶりに馬券を楽しんだ気がします。ただテレグノシスから馬券を買っている人は結構腹が立ったんじゃないでしょうか?なんたって自分がそうですから。言っちゃ悪いですけどテレグノシスとツルマルボーイの差は騎手の差で逆転されました。テレグノシスの出資者なら、アンカツさんこっちに乗ってくれよー!ウチの騎手変えてくれよー!って叫ぶでしょう。ああも見事に馬場のど真ん中走られたんじゃ出資者および馬券購入者はたまりません。ただでさえ雨が降っていたのに、さらに馬場の悪いところ走らされてテレグノシス自身ももたまりませんね。ま、相手が悪かったんですけどね。普通ならツルマルボーイは届かないでしょうから、テレグノシスが勝って勝浦さんも特に何も言われなかったでしょうに。相手がアンカツさんだっただけに・・・運も無いですね。このレースはとにかくアンカツさんの腕ばかりが目立ちました。最近はアンカツさんばかりが注目されて、さぞかし豊っちは面白くないでしょうね。かなりライバル意識高そうですし。どうも本当にハルウララに乗ってから調子が悪い様子。恐るべしハルウララ。(笑)ファインモーションはパドックでは良く見えたのですが、返し馬を見て馬券対象外にしました。引っかかる気配満々でしたもん。これだけの名馬があのレースぶり。名伯楽も最近はど〜もおかしいです。サムライハートは大丈夫でしょうか。ちょっと心配です。

ダービー
馬名 結果着順 レース結果




×
コスモバルク
キングカメハメハ
フォーカルポイント
ハイアーゲーム
グレイトジャーニー
8着
1着
11着
3着
10着
1着 キングカメハメハ
2着 ハーツクライ
3着 ハイアーゲーム
予想 もう、ここはコスモバルクで行きます。ここはなんとしてでもこの馬に勝ってもらって、競馬界を変えてもらわないと困ります。この馬が勝てば調教師の面目丸つぶれ。(そこまでじゃないか・・・)岡田さんに悲願の日本ダービー制覇をしてもらって、ラフィアンで唯一気にいらないマイネル・マイネの冠名をやめて貰いたい。自身の本で公言していた事ですから。まさかコスモの馬だからラフィアンは違うなんて言わないでしょうねぇ?(笑)でも本当に皐月賞を見ていればこの馬が一番強かったのは間違いないところです。距離も全然大丈夫でしょう。頑張れ〜!対抗はキングカメハメハ。NHKマイルカップの強さを見たらこれは仕方ないところです。あえて言うなら距離不安ですが、今までの戦績を見ていればそれもさほど影響するような感じではありません。この2頭のマッチレースになればさぞ盛り上がることでしょう。3番手はフォーカルポイント。京成杯がえらく速いタイムで、この馬自身厳しかったのではないかと思っています。それでも皐月賞34秒の末脚を使っていますし、馬体は全然良い馬なんです。ダービーが終わったら休ませてあげられるので、ここは最後の踏ん張りで頑張って欲しいところ。4番手には自身、それほど信用出来てないハイアーゲーム。最近の東京の時計がやたら速すぎで、青葉賞の時計も素直に信用出来ません。それでもこれ以上下げれない実力馬。最後がグレイトジャーニー。一発屋だと思っています。ダービーで一発をこの馬には期待しておきます。
まぁ、とにかく歴史的なダービーになる事を祈っております。
結果 コスモバルク沈んでしまいましたね。あまりにもマイネルマクロスの作ったペースが早すぎて、ついて行ったコスモバルクには厳しい展開となりました。コスモバルクがマイネルの馬にやられるのも可哀そうな気がします。それでも直線でさらに一伸びするあたり非凡な素質を感じます。この馬に関しては成長力が今後の焦点になりますね。菊花賞なども狙っているようですが、調教をガリガリしている馬だけに、成長力となるとやや疑問です。個人的には是非秋以降も、打倒JRA&地方競馬復活に向け頑張って欲しいものです。さて、勝ったキングカメハメハですが、デビュー戦を気にして見ていた馬だけに、あの馬がダービー馬かぁ・・・と感傷に浸ってます。展開などはさほど関係の無いように思える圧勝でした。エルコンドルパサーが死亡した後に、キングマンボ産駒のこの馬の出現です。うまい事なっているなぁ・・・と感心してしまいますね。(笑)また騎手のアンカツさんです。JRAに来てアッという間にダービージョッキーです。運もあるんでしょうが、大したもんです。2着もお手馬のハーツクライですから・・・。他の騎手は困っちゃいますね。(苦笑)
それにしてもダービーはなかなか当たりませんね。(笑)
宜しければ最後に励ましのクリックお願いします。 → mobit

オークス
馬名 結果着順 レース結果




×
ダンスインザムード
アズマサンダース
スイープトウショウ
グローリアスデイズ
ウイングレット
4着
8着
2着
14着
7着
1着 ダイワエルシエーロ
2着 スイープトウショウ
3着 ヤマニンアラバスタ
予想 ダンスインザムードで仕方ないです。オークスで本命にしようと思っていたのに、桜花賞で勝っちゃうくらいですから。文句無しです。でも対抗以下が難しいですよねぇ。前売りではスイープトウショウが2番人気。う〜ん、予想外でした。なかなか皆さん決めかねている様子です。でも自分もオークスに限ってはマイラーでも来ちゃうと思ってますから、桜花賞組から上位を決めました。桜花賞2着のアズマサンダースが2番手。距離もそれほど不安じゃないですしね。馬体からも桜花賞2着は本物です。3番手がスイープトウショウ。この馬の完成度というアドバンテージに賭けてみます。体調は全然良さそうですし。で、ここから桜花賞組以外を。4番手にグローリアスデイズ。成長待ち段階ですけど実はこの馬、凄く強い可能性があると感じてます。5番手はウイングレット。01年産の社台募集で気になっていた馬です。関東馬という事と、募集価格の点で諦めました。その馬がデビュー3戦目で骨折。ですがオークスに間に合ってしまいました。素質を買います。
今回のオークス、とりあえず主役はダンスインザムード。ダービーに未練たらたらみたいですが、その実力を拝見です。
結果 ダンスインザムードがパドックからイレ込み気味で4着に敗退。いつも多少イレ込んでるので、それほど気にはならなかったんですが、最後の直線の伸びなさを見ているとやはりそれが影響してると思わないと・・・。+14キロはパドックを見てる限り気にはなりませんでした。豊っちも勝つ気満々だっただけにこの敗戦はかなりショックでしょう。ダービー挑戦の話まで出ていた馬ですしね。これは本当にハルウララに乗ってから運気が落ちて来ているのかも・・・?(笑)
あとパドックではウイングレットが目に付きました。出来が良く目立つというより、その好馬体が目立っていました。やはり距離的に今回は厳しかったと思いますが、適鞍に戻っていけば全然やれそうです。ますます注目です。
距離がどうのこうの言われていたスイープトウショウが2着。当日は4番人気ですが、前日オッズでは2番人気だったのですからファンは大したものです。前日に買った人の方が馬券上手なのかもしれませんね。(笑)ヤマニンアラバスタも7番人気。この馬は個人的には全くのノーマックだっただけに、7番人気なの?って感じです。皆さん目が肥えてるんですねぇ。
オークスぼろぼろでしたが、ダービー頑張りますわ・・・。(苦笑)

NHKマイルカップ
馬名 結果着順 レース結果




×
メイショウボーラー
キングカメハメハ
タイキバカラ
アポインテッドデイ
ハートランドカフェ
3着
1着

11着
10着
15着
1着 キングカメハメハ
2着 コスモサンビーム
3着 メイショウボーラー
予想 シーキングザダイヤが武豊人気もあって1番人気かと思ってたが、ふたを空けてみたらアンカツさんのキングカメハメハだ。う〜ん、毎日杯の勝ちっぷりが余程印象強かった様子。シーキングザダイヤの取捨選択で馬券の狙い目がガラッと変わる訳やけど、Storm CatにSeeking the Goldの肌。馬体からも今は1400m中心の馬とみてる。前走は差す競馬が出来て印象はすこぶる良いが、府中の1600mと人気面を考慮すると今回はノーマークで。本命にはメーショウボーラー。皐月賞が余計な感じがするが、前走前に一頓挫あったのはむしろ今回に限ってはプラスかな。元々ダービーへという訳でもない馬だし、ここは狙ってるでしょ。スピードの持続力はこの世代でトップクラスです。対抗にキングカメハメハ。この厩舎独特の角ばった馬体が好きにはなれない(馬の個性を薄める厩舎は好きやない。森厩舎しかり。)が、デビュー時からレース経験を積むにつれ、確実にレース慣れしてきた。強いでしょうね、この馬も。タイキバカラ。元々は1200mの馬なんでしょ?と先入観を持って見ていたものの、馬体を見たら距離伸びても楽しめそうよ、この馬。鞍上が鞍上だけに出遅れに注意よぉ!(笑)アポインテッドデイは今までの流れ上、脇役になってるものの力は十分。府中もしっかり走れてるし、こういう馬の的距離戻りは要注意。ハートランドカフェは馬体を見てるうちに気になりだした一頭。良い素質持ってるので、早めに買っておきたいと思いました。(笑)
結果  いや〜、皆が皆そう思っているとは思うけれども、キングカメハメハ強かったね〜。一頭だけ飛び抜けてたね。やや緩い馬場の影響で不利になった馬も居ただろうけど、勝った馬はレコードタイムで駆け抜けてるんだから何も言えないわねぇ。ブラックタイドも故障で居なくなったわけだし、この後は心置きなくダービーに進むのでしょうけど、気になるのは鞍上ですね。アンカツさんはこっち(キンカメ)でしょうから、京都で良い勝ち方をしたハーツクライは誰?豊っちかな?どっちにしてもこの人には良い馬まわって来るね。(苦笑)
2着のコスモサンビームは2歳チャンプの意地を見せてくれました。無印にした私が馬鹿でした。さすがです。でも陣営のマイラー説を覆し、岡田さんはどうもダービーに出したいらしい。う〜ん、でも厳しいでしょうね。メイショウボーラーはまたしても銅メダル。馬場に泣いた一頭であるが、この馬もさすが。とにかく3着に粘ってくれてありがとうと言いたい。(?)
タイキバカラは残念でした。やはりと言うかなんと言うか彼のせいとなのか、スタートダッシュつかず。その後掛かって万事休す。この結果だけならやはり距離が長いと言うことだが、気性が大人になればマイルでも楽しみ一杯の馬です。
とにかくこのレースはキンカメの強さが目立ちました。デビュー時から見てる馬ですが、馬体はそれほど変わった感じは受けません。レースに対する気持ちが前向きになってきたのでしょう。あらためて「馬のやる気」が大切という事を感じました。そういう点では血統・厩舎は大事な大事なポイントなんです。

天皇賞・春
馬名 結果着順 レース結果




×
リンカーン
ゼンノロブロイ
ネオユニヴァース
ザッツザプレンティ
ファストタテヤマ
13着
2着
10着
16着
11着
1着 イングランディーレ
2着 ゼンノロブロイ
3着 シルクフェイマス
予想 必殺のオリヴァーカーン馬券で行きまっす!・・・のっけから引いてる人も居ると思いますが、頑張ってついて来てね。(笑)ま、リンカーンは堅いでしょ。あれはまさに天才肌。天才型の馬に天才が乗るんだから仕方ない感じ。あの馬が復調したら現4歳世代は辛いっすよ。問題は相手ですわね。天皇賞・春なんてそう荒れるもんでも無いんだから、相手をビシッ!と決めなあかんわねぇ。という事で、自信の2番手にはゼンノロブロイです。なぜゼンノロブロイか?それはね、この馬のウイークポイントがウイークポイントじゃなくなるからです。馬体面でですよ。距離が長すぎる、母系がアメリカのスピード系統だとか言われているでしょうけど、ノープロブレム。馬体がすべてを物語ってます。弱点が弱点じゃなくなる?どういうことか?他の馬が総じてマイナスになる部分が、この馬にとって今回はマイナスにならない分有利、と言っているのです。分かんないですね。当たったら結果に書きます。逃げた!(笑)後は今回の春天で、なぜか影の薄い存在のネオユニ。アンカツさんの乗り方が左右するザッツ。展開次第の安田さんで行きます。が、今回はお金も無いことですし、◎⇔○の2点で行きます。あ、オリヴァーカーン馬券の意味分かりました?(笑)
結果 オリヴァーカーン馬券敗れる・・・。でも何と言うか、締まらない競馬だったねぇ。アンカツさんの乗り方ひとつで展開も全然違うもんになっていたと思われるこのレース。3コーナー過ぎても全く動かないアンカツさんがレースをつまらなくした。ザッツの後ろで動くに動けないリンカーンの豊っち。早めに気が付いたネオのデムーロが仕掛けるも、あの状況下で仕掛けてもほぼ敗戦覚悟の追い出し。ザッツのアンカツさんは何を考えていたのか?こだわり過ぎた結果、レースを壊しザッツは惨敗。人気薄の逃げ馬の逃げ切りを許す。ま、これらは結果論に過ぎないが、アンカツさんがこのレースに与えた影響はでかい。それにしてもイングランディーレは気持ちよく逃げましたねぇ。展開の助けはあったものの、7馬身。う〜ん、なかなか。またホワイトマズルという種牡馬の偉大さを改めで実感。制限のある種付状況の中でこれだけ活躍馬を輩出させるその能力は文句無しに一流種牡馬。日本に課せられたダンシングブレーヴの血の繁栄を支えるのは、やはりこの種牡馬に間違いないでしょう。さて、予想欄に書いたゼンノロブロイの謎ですが、ちょっと展開の妙があり自信を持って当たったとは書けません。この馬体に関する謎解きはまた次の機会にとっておきましょう。・・・って、また逃げた!(笑)

皐月賞
馬名 結果着順 レース結果




×
フォーカルポイント
メイショウボーラー
マイネルブルック
ブラックタイド
グレイトジャーニー
9着
3着
8着
16着
11着
1着 ダイワメジャー
2着 コスモバルク
3着 メイショウボーラー
予想 あーーー、めっちゃ疲れた。予想にこんな時間かかったのは久しぶり。迷った迷った・・・。上に挙げた5頭、どれを本命にしてもいいくらいやもん。と言うか、コスモバルクも入れていい?って感じ・・・。(笑)結局は去年の朝日杯に続いてフォーカルポイント。応援してる馬だけど、前走の直線の止まり方が気になってねぇ。でも、もう一度あの末脚が見たいので本命にしました。頑張って!対抗はメイショウボーラー。前走後の一頓挫が無かったらこの馬を本命にしていたと思う。この馬はかなり強い馬でしょう?馬体もかなり好み。マイネルブルック。気持ちで走る馬の一頭。直線で混戦になったら出てきそうな気がするんだなぁ・・・。ブラックタイド。この馬、実はダート馬ではないかと密かに思ってます。今年の秋・来年の春にはダートでバリバリかもよぉ・・・。(笑)でもこれだけ芝で実績出したら走らんやろなぁ・・・。グレイトジャーニー。来るときは来るけど、来ない時には全然ダメダメタイプ。シンザン記念の時に感じた印象をそのまま突き進んでくれてます。(笑)でも一発有っても全く不思議ではありませんよ。とりあえず、コスモバルクもひじょ〜に買いたいので、当日パドックでその6頭から5頭選んでBOXにしようかな・・・と考え中です。(苦笑)
結果 ひどい結果になってますねぇ・・・。馬券圏内に入ったのはメイショウボーラーだけですか。はぁ。ダイワメジャーねぇ・・・。申し訳ないけど、全くノーマークでした。パドック見ても「この肉質なら今日の展開じゃキツイでしょ。」とあっさり切ってしまいました。マイネルマクロスが行けなかったことは予想外の展開でしたが、それが無くてもダイワメジャーはいいとこ来てるんでしょうね。着順はコスモバルクと入れ替わってたかもしれませんけど。この着順を見る限り、ダービーではまたガラッと着順が入れ替わってきそうな感じですね。今回は末脚勝負に徹した馬たちには辛い展開でしたが、このコスモバルクはさすがでした。この馬が競馬界に与える影響は大きいですからね。今後ももっともっと頑張って欲しいもんです。

桜花賞
馬名 結果着順 レース結果




×
レディインブラック
アズマサンダース
ダンスインザムード
ムーヴオブサンデー
フィーユドゥレーヴ
10着
2着
1着

4着
13着
1着 ダンスインザムード
2着 アズマサンダース
3着 ヤマニンシュクル
予想 我ながらナイスな予想だ・・・。桜花賞では来ないと言われている関東馬3頭を上位に。でも3歳のこの時期なもんで、人気通りに決まらないのは必死。もちろん馬体だけでも決まらず、実績もオッズを下げるだけのデータに過ぎない。体調面で買うのが一番の近道か?と言ってもパドックを見て予想を決められるわけでもないので、馬体&レース印象からの印。レディインブラックは前走の切れ味が強く印象に残っており、人気面でも妙味有りという事で1番手。馬体も好み。ただその馬体的にはダンスインザムードを一番に推したい所だが、如何せん距離不足。どう見てもオークスでしょう?スピードがあるのは承知の上だが、マイルを得意とする馬とはレースに行ってのスムーズさが違うでしょう。本線に推したいのをグッとこらえて3番手評価に。またアズマサンダースも前走休養空けながらもスイープトウショウと僅差。それにしても人気が薄く狙い目。ムーヴオブサンデーは1400mがベストの印象拭えず、フィーユドゥレーヴの早熟説覆しに期待。スイープトウショウはやや他馬の成長に押され気味。人気なら嫌って勝負。それでも桜花賞、熱くならずに乙女の心変わりを楽しみます。(苦笑)
結果 (アズマサンダース関西馬なんですね・・・。)若い牝馬同士の戦いでどう転ぶか分からないですし、パドックも見れないもんで結局印の馬連5頭BOXにしました。良かったよ〜、レディインブラックから流さなくて・・・。(苦笑)ま、パドック見てたらレディインブラックは本線では買えなかっただろうけど・・・。ただでさえ小さいのに−8キロもマイナスじゃあねぇ・・・。それに引きかえ同じ遠征馬のダンスインザムードは+2キロ。それだけ見てても精神的にも強そうだ。体型からは完全にオークスやと思ってたけども、そもそも力が違ったねぇ。2年連続の牝馬3冠かえ?ま、社長さんがこの馬に関しては何でもありっていうくらいやから、海外に行く可能性も無いことも無いっぽいけど・・・無いやろね。(笑)牝馬なのに若い内にわざわざ海外に連れてく事せんでしょ。出資者やったら「やめてくれ〜」と思うこと間違い無し!(笑)他の馬に関してもまぁ、納得の成績。ムーヴオブサンデーはやっぱ距離やね。今の気性のままならやはり1400mまで。ただその距離内ならかなり強いのは間違いないところ。そうそう、3着のヤマニンシュクル。これはさすが2歳チャンピオンと思わせる走り。オークスの距離はさらに向くでしょうし、思った以上に注意が必要と感じました。とりあえず桜花賞で馬券当たったのは初めて?嬉しいです。(笑)

高松宮記念
馬名 結果着順 レース結果




×
ギャラントアロー
デュランダル
サニングデール
アタゴタイショウ
リキアイタイカン
4着
2着
1着

6着
10着
1着 サニングデール
2着 デュランダル
3着 キーンランドスワン
予想 ギャラントアローが逃げる。馬体的にも間違いなくこの中では上位。各部にしっかりと筋肉が付いてきた。前走、不甲斐なく8着に負けているが、人気を落としているのは魅力。中京コースも味方しそうだが、気になるのはアタゴタイショウ。この馬も有力なだけに前走のように2頭で競り合う形はつらい。乗り変わる藤田騎手がどの様に乗るか注目。2番手評価はデュランダル。恐ろしい程の切れ味を持つ馬であるが、いかんせん中京コースをどう克服するのか。後方一気では差しきるのは難しいと見る。池添の腕前如何。サニングデールはようやく以前の馬体に戻りつつある。まだまだ全盛時には程遠いが、前走の内容からも十分に狙って行ける状態にある。リキアイタイカンはパドックではいつもよく見せないものの、馬体は狙えるだけの器。中京コースの相性も悪くなく、穴馬として狙ってみたい。G1連勝狙います!(笑)
結果 今回は好きな馬を本線にしてしまったのが敗因だなぁ・・・。上昇度、展開を考えれば全然サニングデール頭でいけた筈なのに・・・。それでも3着争いで少しだけドキドキさせてくれたのでそれなりに満足です。最近は4コーナーで馬券的な勝負が終わってることが多いので・・・。(苦笑)デュランダルはあの位置ではなかなか辛いでしょ。もっと乗り方考えてくると思ったけど、正攻法で行きました。今回のレースに関してあれが正攻法と言えるかどうかは謎ですが・・・。切れ味があり過ぎて、他の乗り方を試せないような雰囲気がある気がするけどねぇ。とりあえず短いところではやはりこの馬が一番強いんでしょう。それだけの切れ味でした。

フェブラリーS
馬名 結果着 レース結果




×
アドマイヤドン
ユートピア
サイレントディール
ストロングブラッド
ヒューマ
1着
8着
2着
11着
15着
1着 アドマイヤドン
2着 サイレントディール
3着 スターリングローズ
予想 アドマイヤドンで仕方なし。面白く無いと言われ様が、この馬は強いのだ。ただし、1着が堅いとは思ってない。上位3頭の戦いと見た。アドマイヤドンは前走フリートストリートダンサーに負けてしまったが、「まぁ、JC(D)から強くなった外国馬は沢山居るしな・・・」とか思ってたら、米国に戻って簡単に負けた。いくらレコードタイムで走っていても、ちょっと詰めが甘く、多少心許ない。ユートピアは去年のJCDで自信の本命にしたが撃沈。その時の敗因を距離のせいにすれば今回は買える。(かなり強引・・・)サイレントディールはシンザン記念を現地に見に行った時に感じた雰囲気が間違ってなかったと感じさせる成長ぶり。まだまだ強くなる可能性を秘めているが、現状でも十分勝負になる。△と×の馬は上昇度で抜擢。体調面も良く、馬体も良い。正直、タイムパラドックスも印を回したかったのだが、何せここを狙ってきた馬達とは臨戦態勢が違う。まぁ、馬券はパドック次第で。今年一発目、とりあえず当てに行きました。(笑)
結果 アドマイヤドン勝ちました。とりあえず今年一発目当たってよかった。(苦笑)結局、ドンから馬単で4点。タイムパラドックス買ってるしぃ。(笑)ちょこっとだけプラス。久々に当たって嬉しぃ・・・。ドンは行き脚つかずに外外まわってギリギリまで追い出し抑えて半馬身勝利。う〜ん、確かに力が違ったと思うけど、ドバイ怪しいなぁ。よっぽどサイレントディールの方がいけそうな気が・・・。ディールはユートピアと馬主が同じでよかった。やっぱファンとしてもこのレースを見たらユートピアよりディールに行かせたいでしょう。ドバイWCが楽しみです。ユートピアはあのレースして負けたんなら仕方ない。強いとこに入ったら実力不足ということやね。馬券買ったけど・・・。(苦笑)ストロングブラッドは理解出来るとしてもヒューマがねぇ・・・。もうちょっとやれると思ったけど・・・。ペースが向いてなかった。タイムパラドックスは悪くなかった。一瞬ドンと2頭で?という感じもあった。頼む、弟も頑張ってくれ。(笑)

2000年・秋GT予想&結果 2001年・春G1予想&結果 
2001年・秋G1予想&結果 ★
フィーリンガーいくみん♪ (2001年結果)
2002年G1予想&結果 ★フィーリンガーいくみん♪ (2002年結果)
2003年G1予想&結果 フィーリンガーいくみん♪ (2003年結果)