当たるも八卦!

ここはGTレースが開催される週のみ更新される、GT限定、期間限定コーナーです。
ただ、私は完全にパドック重視の馬券スタイルですので、当日の買い目は全然違います。
ですからあんまり予想の意味無いような気もしますが、楽しみにしてる方もいるようで・・・。
(過去の予想&結果は一番下に埋もれてます。フィーリンガーいくみん
♪もあります。)

フィーリンガーいくみん♪ 2005(宝塚記念・結果編)

−トップページへ戻る−

安田記念
馬名 着順 レース結果




×
ゼンノロブロイ
タップダンスシチー
ハーツクライ
リンカーン
トウショウナイト
3着
7着
2着
4着
6着
1着 スイープトウショウ
2着 ハーツクライ
3着 ゼンノロブロイ
予想
ゼンノロブロイが本命。まず間違いなく勝つと思ってます。という事で3連単の1着固定で宝塚は勝負。(笑)
休養明けだろうがなんだろうが、その馬体の充実ぶりを見れば不安無し。レース勘なんてもんは超一流馬にとっては些細なことでしょう。ここは自信の本命で。
驚いたのがタップダンスシチー、前日オッズで1倍台の1番人気。昔で言う9歳馬。皆にこの人気を付けさせたという事に敬意を表しますね。馬体が飛び抜けてるわけじゃないですし、さらにその年齢を考えると本当に精神的に我慢強く、いつでも頑張れる凄い馬なんでしょうね。やはり名馬です。敬意を表して2番手。
ハーツクライは古馬になってからの馬体の成長が顕著。確実に上昇してます。レースセンスという点では不器用ですが、いつ突っ込んで来てもおかしくない馬です。
ここで天才肌と言い続けているリンカーンを4番手。いつまで燻っているのか。メンタル面でやや幼い部分があるのか、競走馬としては控えめな状態。少しは能力見せたらんかい!
トウショウナイトは個人的に好きな馬じゃなく買いたいくない馬ではあるが、馬体の充実振り、この厩舎から出てきた素質馬であり余程の能力の持ち主だろうと考えての5番手評価。(笑)
あとコスモバルクは注目する。タップなどと並んで先頭集団を引っ張るような展開では逆に闘争心に火が付く期待あり。
当てます。
結果
ゼンノロブロイは4コーナーの不利が痛すぎたなぁ・・・。デザーモは完全にバルクの内を狙っていたみたいだけど、リンカーンが入ったところに素直に出していれば良かったんじゃないかとロブロイの馬券を買っていた私は思う。(苦笑)
バルクの千葉騎手というのはどうなんだろう・・・。馴染みのない騎手で、これまでの騎乗をあまり見た事が無いので難癖つけるのはどうかと思うが、乗り方を見ていてもスムーズな動きをしてるとは言い難く、あのレベルの騎手なら他にも適任がいるのでは?と感じた。
勝ったスイープトウショウはスムーズな競馬。前走の安田記念でも強さは認めているものの買えなかった馬で、2着に来た理由を自分の中で整理できないままでいた馬。斤量や東京コースというだけで2着に来た理由にはならない。なんでだ?と答えを見い出せぬまま宝塚記念へ突入してしまい同じ外し方をしてしまった・・・。これは反省せねば。で、結果理由は簡単だった。ただ単に強いからだ。(苦笑)
ハーツクライは確かに強くなってる。
でも社台募集が終った直後という事もあり感じたのは「なんでこの厩舎は大舞台で勝ちきれない馬が多いんだろう・・・」ということ。これだけ勝ちきれない馬が多いのは単に馬の素質だけではなく調教過程でなにか原因があるのかも知れない。こういう馬たちが松国厩舎に行けばまた違った結果になるんではないだろうか。厩舎というのはつくづく重要だ。
勝ち馬情報!

安田記念
馬名 着順 レース結果




×
ローエングリン
ダイワメジャー
アサクサデンエン
テレグノシス
ダンスインザムード
17着
8着
1着
6着
18着
1着 アサクサデンエン
2着 スイープトウショウ
3着 サイレントウィットネス
予想
直前で予想を大幅に変更。本当はカンパニーの3連単マルチで行くつもりだったが、どうも天気がパッとしない様子。キレ味勝負の馬には辛いっしょ。
香港勢の取捨がポイントになるけど、サイレントウィットネスの馬体重を知って答えが簡単に出た。要らない。570キロの巨漢馬よ。天性の肉質を持ってないと府中のマイルはもたんでしょう。でブリッシュラックか?と思ったけど、この馬も540キロあるらしい。もう一頭もパドック次第やね。
ある程度速い流れでサイレントが引っ張り、ローエングリンはやりやすいんちゃうかな?いつG1とってもおかしくない実力馬。グリーンベルトを2番手で。
ダイワメジャーは前走の内容がなかなか。さすがG1馬と思わせる内容。実は一番展開が向くのはこの馬なのかもしれない。
アサクサデンエンを3番手に抜擢。実は要らないと思ってた。でもこの天気で浮上させた。前走は全てこの馬におあつらえ向きの状況に。あの馬の走り方、肉質にはこういう馬場がピッタンコ。
テレグノシスは、雨も最近は大きなマイナスにならないようで、堅実に実力を発揮出来る様になったのが強み。底力はこの面子でも上手だけに。
牝馬はあまり馬券の対象にはしない私ですが、ダンスインザムードは天秋・マイルと牝馬らしからぬ走り。牝馬とは思えない自分がいるもんで・・・。(苦笑)
でも内心はカンパニーでいけないものかと企んでいる私です。(笑)
結果
当日夜勤から帰って来て、またその日夜勤だったため朝寝ました。安田記念前には起きるつもりで。で、起きたら4時半過ぎ。安田記念どころか12Rのウェルシュステラのレースまで終わってますがな。(苦笑)
ふて腐れて20時前まで寝たりましたわ。はっはっは。
録画で確認したパドック。サイレントウィットネスが凄い!なんだあの馬体。あんなに大きくて筋肉だらけなのに柔らかい。17連勝は伊達じゃないわいね。で、体重だけで来ないって書いたの失敗したな〜ってこの時思ったわけです。(苦笑)
馬の比較だけなら香港勢ではサイレントウィットネスが一番ですね。ブリッシュラックも良かったですが、この馬は馬体よりレースの方が凄かった。直線では最後方。そこから凄い伸びで4着ですもの。あの馬場ですからね。凄いです。
さて、勝ったアサクサデンエン。またしてもこの馬におあつらえ向きな、良馬場発表ながらやや渋った馬場。藤田騎手も馬に負担の掛からないスムーズなレース運び。馬場も良い所を通ってました。最高な乗り方でしょう。
久々に藤田騎手のG1勝利を見れて嬉しかったですわ。やっぱ好きだなこの騎手は。
で気付く。馬券買ってたら完全アウツだな・・・。結果オーライじゃ〜。(笑)
勝ち馬情報!

ダービー
馬名 着順 レース結果




×
ディープインパクト
アドマイヤフジ
マイネルレコルト
ローゼンクロイツ
ダンスインザモア
1着
4着
5着
8着
14着
1着 ディープインパクト
2着 インティライミ
3着 シックスセンス
予想
ディープインパクトでしょう。これが来なかったら仕方ないって諦めます。
問題は2番手以下ですよね。みんなそこで悩んでると思いますけど、私も同じです。(笑)
対抗は一応アドマイヤフジにしました。成長力がかなり感じられますし、やはり府中の2400mは向いてそうです。大雑把な爆発力があっても不思議無いです。鞍上もノッてますしね。
3番手はマイネルレコルト。でも本当は対抗にしたいくらいの馬なんです。朝日杯から随分と馬が成長しました。間違いなく良い方向に成長してると思いますし、皐月賞4着から十分巻き返せるでしょう。なんたって地力が違います。
4番手にローゼンクロイツ。不気味ですよねぇ、この馬。鞍上がまたこの馬に似合っていて良い感じです。(個人的にそう思ってるという事で・・・)ディープインパクトもまとめてズバッ!っと差し切ってしまうのは、このメンバー中唯一この馬だけイメージ出来ます。この馬からの馬単もありか?(笑)
最後にダンスインザモア。この馬は馬体が好みなんで入れてます。もう少し後から強くなる馬だと思ってますけど、ひょっとしたらの展開頼みで。
怖いのは馬体が見れなかったダンツキッチョウとブレーヴハート。後者は騎手が怖いということ。あんなにイレたディアデラノビアが3着まで来たのは決して馬だけの能力じゃないでしょ。怖いな〜。
今回はブログの方で購入馬券を公開予定。是非当てたい!
結果
やっちまった・・・。この馬だけは絶対に買わない!と心に決めていたインティライミが・・・。完敗です。この馬が来ちゃったら何にも言えません。なんだよぉスペシャルウィーク。2年目から急に強い馬出してきちゃって・・・。(苦笑)
3着のシックスセンスはパドックで良い感じだったから2着軸に据えて更に買い足しましたんですが、それも火に油。マイナスを増やしただけでした。インティライミ以外は持ってただけにショックが大きいです・・・はい。
マイネルレコルトは内を突いた良い騎乗をしたような気もしますが、あの位置取り、あの馬の脚じゃこの着順までしか見込みないですからね。ハナから着狙い?って思っちゃいます。
あとパドックでは良く見えた(気がした)ローゼンクロイツ。
何で来ないんでしょうね。ちょっと原因が分からないなぁ・・・。
良い馬だけにこのままズルズルと行って欲しくないところ。

それにしてもディープインパクトは強かった。
ここに来てSSの最高傑作が出てくるあたり、血は未知ですなぁ。(笑)
勝ち馬情報!

オークス
馬名 着順 レース結果




×
エアメサイア
シーザリオ
ディアデラノビア
レースパイロット
ショウナンパントル
2着
1着
3着

9着
7着
1着 シーザリオ
2着 エアメサイア
3着 ディアデラノビア
予想
エアメサイアを本線で行きます。桜花賞でも本命にしたくらいですが、その桜花賞よりさらにグッと馬体に身が入ったことを評価しました。今回は内のシーザリオを目標に出来ますからね。
でも2番手評価のシーザリオは間違いなくかなり強い。正直、逃げるかもしれないことと1番人気であること。その程度のくだらない理由で本命から外しただけ。(笑)
ディアデラノビアは前走が綺麗に勝ち過ぎで、その勝ちを引きずる様なら危険。小さな馬体で、道中何か不利があると安定感を失う点が本命に出来ない理由。ただスーパーの付く鞍上だけに心配無用か。
レースパイロットは狙うのが早すぎる気がするし、血統からも人気にもなる馬で本当はここに挙げたくない馬だが、やはり魅力ある造りの馬体で。その馬にショウナンパントルとジェダイトで4番手以降は迷い。ショウナンパントルの新潟でマイネルレコルトの2着に入った脚が忘れられず、東京コースで再評価。ただジェダイトも当日のパドック次第で狙いたい。この2頭、大外枠だけに歓声がモロに聞こえるスタートが怖いが・・・。
ライラプス、ジョウノビクトリアは距離不安でバッサリ!当てるぜぃ!
結果
珍しく当たったな・・・。(苦笑)
シーザリオがあんなに後になるとは想定外。騎手も豊さんに閉められたって言うくらいだから素直に馬の強さを誉めるべきなんでしょう。スペシャルウィークは初年度の出来の悪さを完全に払拭。逆に今度はこんなに早くG1馬を出しちゃって。そりゃ社台でも高くなるわね。(笑)
逆にエアメサイアはおあつらえ向きの展開にも関わらず差し切られ、馬の実力には一つ差があるようです。3コーナーでは「これ来たな」と思っていたんですけどね。(苦笑)
また別な意味で一番驚いたのはこの馬ですね。ディアデラノビア。パドックであんなにイレ込んで、しかも道中も行きたい素振りも見せてました。それで伸びて来たんですから驚きです。タラレバですが、まともに走れてたら勝っちゃってた?と思っちゃいますよね。直線最後、シーザリオに差し切られた時にデザーモ騎手が「マジかよ」(外人さんですが・・・)みたいな素振りしてました。(に見えました)シーザリオの強さはよっぽどだったんじゃないでしょうかね。(笑)
キャロットの所属馬が1・3着ですから、数年前にはまったく考えられないような事態です。やはり馬は血統・育成が大きいんだな〜って考えさせられたオークスでした。
勝ち馬情報!

天皇賞・春
馬名 着順 レース結果




×
リンカーン
ヒシミラクル
サンライズペガサス
アイポッパー
ハーツクライ
6着
16着
14着
3着
5着
1着 スズカマンボ
2着 ビッグゴールド
3着 アイポッパー
予想
天才肌(と勝手に言っているが)のリンカーンで行きます。ヒシミラクルが1番人気に推されるようなレースです。ちょっとメンツ的にどうなんだろう・・・というのが根本にありますから、本来の力が出せればこのメンツでは一つも二つも抜けてるこの馬で行きます。阪神大賞典では大丈夫かいなこれで・・・とパドックで印象悪かったリンカーン。いい脚使って結果3着。やはりこの馬は強いと改めて感じた一戦でした。
対抗はヒシミラクル。60キロを背負った前走は1番人気に推されるだけのパフォーマンスを見せてくれました。そして馬体も絶好調だった時の出来にあります。いつもは買い難い馬ですが、これなら買えます。
サンライズペガサスは距離的なものから人気をやや下げてます。私は走れると判断したので3番手です。実力はこのメンツでも上位ですしね。体調面に関しては復帰後一番良い出来かも知れません。
アイポッパーの取捨が難しいですね。阪神大賞典組を上位に見ていることと、鞍上の魅力で4番手です。
そしてハーツクライ。あっさりもあって良い馬です。一発の魅力はこの馬が一番ある気がしています。ただ不発に終る可能性もあって本線には出来ないですけどね。しかし昔に比べると安定した力を発揮できる馬体になっています。注目の一頭です。
勝ち馬情報!
結果
正直、スズカマンボは狙っていたんですよね〜。悔しい。パドックで消してしまった・・・。イレ込んでるように見えたのが理由の一つだけど、ずっとはイレ込んでなかったのだろうか・・・。テレビじゃその辺は分かんないなぁ。
ただ、ビッグゴールドはこのクラスじゃ買えないっすね。もともと好きな馬で買わないようになってから走り出しちゃってからに・・・もう。

馬券は結局リンカーンでいきました。ま、結果的に6着ですがこの選択は間違ってなかったでしょう。言っちゃ悪いですけど、ユーイチ君下手打ちました。最近誉め過ぎたからかな。(笑)

ただ馬券は完全に外れているんですけど、全然無念さが無いんですよね。いくみんとも話してたんですけど、「良いのよ別に。アンカツさんが勝ってくれたから」って言ったら「そうだね〜」ですって。私もいくみんも知らないうちにどっぷり人間アンカツに惹かれている様子。なんか知らないですけど嬉しかったです。(笑)

皐月賞
馬名 着順 レース結果




×
ディープインパクト
マイネルレコルト
ヴァーミリアン
ローゼンクロイツ
ダンスインザモア
1着
4着
12着
9着
8着
1着 ディープインパクト
2着 シックスセンス
3着 アドマイヤジャパン
予想
こんな人気通りに予想を立ててしまって良いのだろうかと、ちょっと恥ずかしさがありますね・・・。(笑)

でもディープインパクトが人気になる以上、狙い馬は前に行ける馬で。マイネルレコルトにヴァーミリアンが2番手3番手。そして中団から進み、馬群を上手く捌くアンカツさん(最近不調・・・)のローゼンクロイツ。後は馬体から狙っていたダンスインザモア。(狙った馬が大外に行っちゃうあたり桜花賞とだぶるしぃ・・・苦笑)あ、もう一頭。やたら人気落ちが激しいペールギュントも狙います。間違いなくこの馬も強いですから。

とにかくディープインパクトの皐月賞。今までのSS産駒達とはまったく別次元の馬。例え一瞬の切れ味や先行力・スピードなど、何かひとつディープインパクトに優る馬はいたとしても、総合力でこの馬に優る馬はこのメンツでは存在しないでしょ。それもかなりの差で。そういう意味でも「何か」に頼らなければならない馬ではないために極端な競馬は無いと言え、レースこそ違えど弥生賞のような4コーナでは先団に取り付くポジショニングになるんでしょう。すんなりそんなレースをされるようなら、他の馬の出る幕はきっと無いんでしょうね。

馬券的には面白くないですが、「馬」を楽しむレースにしたいと思います。
結果
あ〜・・・買えた馬券だよなぁ・・・というのが正直な感想で・・・。(苦笑)
ディープインパクトについてはブログで書いたのでここでは置いといて、この馬の他にある意味気になっていたのはアドマイヤジャパン。馬券の買い目からは外しはしたものの、上手く乗られたら来ちゃうかもなぁ〜と感じていた筆頭馬だったのでその走りに注目していました。
イヤ〜、上手く乗られてしまいました。やっぱ関東のトップはこの人ですな。スタート、ディープインパクトの出遅れに気を取られ、「さてアドマイヤジャパンは外枠からどのへんに付けたんだろ?」と探した時にはすでに先頭から3・4頭目。驚き。同時にヤバー・・・とも。(笑)後から見返してみるとスタートから上手く内に内に入れていってますね。この馬の馬券を買ってる者からすれば、こういう進路をたどって欲しい!という典型的なコース取り。やろうと思ってもなかなか出来るもんじゃないんですけどね。
馬自体に力があるのは十分承知しているものの、馬体面から見るとすでに底が見えてしまい奥行きが無く、そういう面では魅力に欠ける馬。個人的にはそう見ている馬であるため上手く乗られても2・3着。外枠なら人気面からも消して妙味、というのが馬券から外した理由。見事にヤラレマシタ・・・。
ただこれで逆にダービーはますます無いな・・・と密かに思ってしまう私でありました。(苦笑)
勝ち馬情報!

桜花賞
馬名 着順 レース結果




×
エアメサイア
ショウナンパントル
ラインクラフト
アンブロワーズ
エイシンテンダー
4着
13着
1着
14着
6着
1着 ラインクラフト
2着 シーザリオ
3着 デアリングハート
予想
難しいねぇ・・・この桜花賞。ラインクラフトが強く、1番人気に支持されるのは納得も、脚質的にどうしても去年のスイープトウショウと被ってしまうんだよねぇ・・・。本線には無理。個人的にどうしても狙いたかったのがショウナンパントル。前走は道悪もあって度外視。今回は阪神の馬場も良い。人気が落ちてくれるのは逆に馬券妙味有り。と思っていたらまさかの大外枠。後から行く馬だけど、これじゃあまりに極端な競馬になり過ぎやしないか・・・、と考えてるうちに結局はオールマイティな能力を持つエアメサイアへ。これ!という武器を持つわけではない馬だけど、高い身体能力はあり、3連単マルチの軸には向いた馬。気付けば困った時の武頼みとなり果てました。(笑)

シーザリオは泣く泣く外しました。どうもぬるい競馬しか経験していないような気がしますし、桜花賞のペースに対応できるか?スタートからの数百メートルがポイント。少しでも後手を踏むようなら危険でしょう。来たらしゃーない、と諦めます。気になる馬は他にも沢山。デアリングハートはここが狙えるラストチャンス。デムーロで馬には負担も勝負気配漂い。ペニーホイッスルも良い枠引いた。スピード生かして前々で死んだふり出来ればチャンス。

本命違うが狙いはショウナンパントルの桜花賞。当てたい!
結果
ラインクラフトがあんなに前に行くとは思わなかった。(苦笑)
前に行った所で終いが甘くなってこの馬の良さは半減すると思っていたので、その時点での読みがすでに甘かったということで・・・ダメですな。
シーザリオは2着。結局外す事が出来ず買いました・・・。ただ2コーナーでの不利はかなり痛かった。不安視していたペースに対するこの馬の反応は文句なしでしたが、あの不利で下げなければならなかった。結果論、あの不利がなければ・・・でしょう。
そして私の馬券は酷い事に、パドックを見て本線をエアメサイアからアンブロワーズに変更してしまい・・・。手応えから直線入口で早々と希望が消えました。(苦笑)なんか凄いよさげな感じに見えたんだけどな・・・。「究極に仕上がった」と調教師は言ってたが、この時期の牝馬は究極に仕上げないほうが良いのかも・・・。(笑)
狙っていたショウナンパントルも全然ダメ。どうも成長が遅れ気味で、今ひとつ強気に狙えない。良いものを持ってるだけにオークスも狙って行きたいが・・・。
ここ最近何度も書いてる気がするが、改めて良い騎手になりましたね。福永騎手。数年前は関西騎手の層の薄さに嘆いていた記憶がありますが、気付けば良い騎手がゾロゾロ出てきてます。ありがたいことです。
デアリングハートもパドックでしっかり拾いましたし、自分的には大きく外した感じはしてなかったんだけど・・・こうやって見ると全然ダメちゃんだな。(笑)
勝ち馬情報!

高松宮記念
馬名 着順 レース結果




×
カルストンライトオ
プレシャスカフェ
メイショウボーラー
アドマイヤマックス
ゴールデンロドリゴ
4着
3着
16着
1着

8着
1着 アドマイヤマックス
2着 キーンランドスワン
3着 プレシャスカフェ
予想
プレシャスカフェで行くのが打倒なんでしょうが、馬群に巻き込まれた時が怖い。どうせ3連単しか買わないんで3着以内に残る馬を狙います。やはり小回り中京ですから前に行く馬を。何も気にする事無くこの馬のペースでゲートからすんなり行けば誰もついては来れないはずのカルストンライトオが本命。展開リスクを最小限にしたい。
対抗がそのプレシャスカフェ。あの脚は本物。調子に乗ってる時の短距離馬は素直に信頼します。
そしてメイショウボーラー。難しい選択になりますよね、この馬の取捨は。元々芝短距離で強いと信じてた馬。ここでも狙いたいのは山々なんですが、ダートを使って、しかもマイル戦後という事でペースに戸惑いが生じないか心配です。思い出した時にはすでに万事休す。中京1200m戦では怖いですね。
アドマイヤマックスは前走のパドックで「これで走れるんかいな?」と思ったのが結果差のない4着。前走より明らかに良くなってますからここでは元より狙いたかった。でも大外枠・・・。この不利を鞍上がどう捌くかも見所の一つ。
穴はゴールデンロドリゴ。この馬中京では崩れないですよね。馬券でも結構やられてます。メンツ強化で力的にどうかですが、馬体面では引けはとりません。

ギャラントアローがどう出るかが私の馬券の分かれ目。(ボーラーは大丈夫でしょ)下手に競りかけないでね幸ちゃん。(笑)
結果
いつもの事ながらパドックを見て本命を変えました。(いや、本当にこんな予想なら意味無いですな・・・)カルストンライトオの出来が悪かった訳じゃ無いんですが、それ以上に魅力を感じてしまったのがアドマイヤマックス。前走よりはるかに状態が良く、大外じゃなかったら完全に本線なんだけどなぁ・・・鞍上武豊かぁ・・・って考えてたら逆にそのコンビに魅力を感じてしまったんですよね。外れてもいいや、このコンビに賭けよ、って。

レース後、自分のナイスな本命変更に自画自賛でしたが(笑)、本当は自分が凄いんじゃなくてあのコンビが凄かったですよね。

まず、完璧なこれ以上ないスタートを決めました。後から考えればスタートですでに勝負あった!でしょう。最初は直線ですから外目から良い位置につけます。このまま外回って大外一気は無理やぞ・・・と思った次の瞬間にはこのコンビ、馬群の中に居ました。いつの間に・・・ですよね。そして余力を残したまま直線です。
中京の1200m、しかもG1であんな完璧にアウトインアウトを決めたコンビは居ないんじゃないですかね。(笑)
大外を克服するにはこれしか無い、という出来過ぎのレースです。(笑)
いつもこんな上手くはいかないでしょうが、元々強い馬にこんなに上手く乗られたら今回ばかりは他馬の出番はないですね。仕方ないでしょう。
記憶に残る良いレースを見せてもらいましたわ。

ちなみに馬券は2着のキーンランドスワンを外してるのでブー!(笑)

勝ち馬情報!


フェブラリーS
馬名 レース結果




×
パーソナルラッシュ
アドマイヤドン
メイショウボーラー
ヒシアトラス
カフェオリンポス
12着
5着
1着
3着

10着
1着 メイショウボーラー
2着 シーキングザダイヤ
3着 ヒシアトラス
予想
珍しくこの予想はすんなりと決まりました。上から馬体順に挙げていたっただけです。ヒシアトラスだけ逆転してますけど・・・。(この手の馬は調子に乗ってる時には逆らっちゃダメです。勢いだけで持ってきますから。)
本命はパーソナルラッシュ。これまでまともに馬体を見たこと無かったんですが、さすがですね。久々の★5つ。BCクラシックを6着ですから強いに決まってるんですが、その時より成長もしてるはずですからね。アドマイヤドンも随分頑張りましたが、さすがにそろそろ政権交代かな?と思ってしまいます。政権交代のもう一頭の代表馬はメイショウボーラーしか居ないでしょうね。ダートで戦いだしてから圧倒的な強さでここまで来ました。前売りでは圧倒的な一番人気です。ただやはり砂を被っていない展開になっていない、というのが気掛かりです。想定外事象のある馬は本命にはし難いので▲評価です。ただ揉まれて怯むような精神の持ち主じゃないと思っています。アドマイヤドンは2番手評価。多少全盛期の強さは無い気がしますが、最も信頼出来る馬でしょう。特に言う事無しです。個人的には強いところを見せて欲しいと願ってます。
後は挙げてないですがストロングブラッドは買いたいと思ってます。パドック次第ですが、この馬も好馬体で個人的にも好きな馬なんです。展開次第で面白いです。
今年は大きな馬券を当てる気なんで、そのような攻める予想をしていきます。(笑)
結果
パーソナルラッシュについてはブログの方で書いたんで省略。
パドックを見ていたらやはりメイショウボーラーとヒシアトラスを買いたくなった。生でパドックを見てれば、パーソナルラッシュは相手まで落とし、人気的に多分ヒシアトラスからの3連単で勝負していたと思われる。ただシーキングザダイヤは買わない・・・。買えない・・・。どの道馬券は外れだったという訳で・・・。(笑)このレースで一番の驚きはこの馬だったなぁ。(瞬間的にはドンのスタート失敗も・・・笑)馬体から完全にマイル以下の馬だと判断してしまいました。前走、川崎記念の2100m戦での2着は展開とタイムパラドックスと併せたのが距離を克服した要因と判断し、今回は東京のマイル戦という事で軽視しました。馬体面からの距離適正は間違いじゃないと思うので、距離を持たせた要因はハートかな?と今は思っています。ヒシアトラスが前走のタイムパラドックスと同じく、併せ馬の形になりましたから。この辺りの判断はもう少しこの馬を見ていかないとダメですね。
シーキングザダイヤはストームファングのライバル(同期の父Storm Cat 牡馬)と捉えてる私は、この馬の活躍は正直恨めしく、同時に情けなくなるのでした・・・。(苦笑)

宜しければ最後に励ましのクリックお願いします。 → 勝ち馬情報!

2000年・秋GT予想&結果 2001年・春G1予想&結果 
2001年・秋G1予想&結果 ★
フィーリンガーいくみん♪ (2001年結果)
2002年G1予想&結果 ★フィーリンガーいくみん♪ (2002年結果)
2003年G1予想&結果 フィーリンガーいくみん♪ (2003年結果)
2004年G1予想&結果 フィーリンガーいくみん♪ (2004年結果)