« サウスニア2005年2歳募集馬攻略レポート更新 | メイン | ブログ再開・・・ »

2005年04月18日

まず1冠

ディープインパクト強かったです。呆れるくらい。

スタートで出遅れ、外外回りながら直線突き放すんですから次元が違います。
こんな馬とクラシックを戦わなくてはならない馬達が可哀そうなくらいです。
(同世代でも戦う以前の問題馬がウチにはいますけどね。母父は同じAlzaoなのに・・・)

でも直線ではさすがに出遅れ追走が響いたのか、今までのように飛ぶようには伸びませんでした。ただこれまでの3戦の走りは軽いボディーに強力なエンジンが付いた走り。今回は444キロと馬体は増えていませんでしたが、軽かったボディーに中身が伴ってきてる証拠だと感じます。

・・・普通の馬では貧弱と言われるところが、この馬には軽量化になるのがまた凄いですね。

「あの走りのまま」というのは所詮無理な話で、どの馬も成長するにつれ色々な箇所に変化が出てきます。その成長過程にどれくらいマッチした走りを出来るかというのが普通課題になるわけで、それはディープインパクトも同じなわけで・・・。

ただこの馬は現状であれくらいの馬体ですから、これから成長していくとどんな凄い馬になるんだろう・・・と期待をする方向です。あの走り以上の変化を望むのはなかなかに酷なことですが、とにかくはマイナス成長する事だけは避けて欲しいところ。逆にあの走り以上の成長過程が見れれば最高です。

これまで強い馬にはちょっと冷めた目で見ていた自分が、この馬に関してはかなりハマっています。

何もなければ社台SSで種牡馬になるのは決定でしょう。
サムライハートに続いて(まだ言ってる)また出資してみたい種牡馬の産駒が出て来てしまいました。
数年後の自分はどちらの産駒を選んでいるのか?それもまた楽しみだったり・・・。(笑)

投稿者 たかぼー : 2005年04月18日 11:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://umakichiguy.orz.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/95

コメント

コメントしてください




保存しますか?