2005年04月06日

D-net入会!

年初めに応募しておいたD-netが4月1日からとうとう使えるようになりました。

このD-net(ディーネット)は地方競馬主催者が共同で行う地方競馬の電話投票のことで、ホッカイドウ競馬、岩手競馬、さがけいば・・・などなど色んな所の馬券が買えちゃうもんです。

使ってる方多いんでしょうかね?

田舎に住んでる私は地方競馬も近くにないですし当然馬券を買う場所もありませんから、今までJBCや南部杯・帝王賞などの地方G1はテレビを見てるだけ。いつも物足りなさを感じていました。少しでよいので馬券を買ってそのレースを楽しみたかったんです。私が地方の馬券を買おうとすると、一番近くでも車で往復5時間ほど掛かっちゃいますからね。(苦笑)

馬券て不思議なもので、100円でもそのレースを買って見ているのと、買ってないのでは全然感じ方が違いますよね。100円でも買っていると馬の進路、騎手の動きなどの細かいところまで見えてきます。本当に不思議なもんです。G1の時などはいつもいくみんに言ってます。「100円でも良いから買いな」って。(笑)

ものは試しとばかりに今日、初めてD-netで購入してみました。
今日は園田競馬と笠松競馬が買えるようで、笠松競馬 3R サラ系3歳6組 5番ブライアンキングを印だけで判断し複勝1000円買ってみました。(ネット購入ですが思っていた以上に使い勝手が良かったです)笠松競馬のHPでは30分遅れでレース映像を配信してくれます。

私のD-net初馬券は30分後、1000円がなんと1100円になりました。う~ん見事。(苦笑)

ま、ただ今日はためにし買ってみただけで普段はなかなか使う機会は無いと思います。
なぜって私パドック派なんでパドック見れないんじゃ馬券買えませんから・・・。(意味ないじゃん)
でも交流重賞などは買って楽しみたいと思ってますよ。

でも一番嬉しいのはばんえい競馬が買える(楽しめる)って事かな。
これでばんえい記念が・・・スーパーペガサスが買えるぜぃ!(笑)

このD-net、5月26日まで会員を募集しているようです。お金はかからないんで、この機会に環境を整えて(何のよ・・・)おいて損は無いと思いますよ。地方競馬を盛り上げるためにもまだの方は是非!(笑)

投稿者 たかぼー : 11:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月03日

地方競馬馬主に!

・・・なりたかったりします。(笑)

最近どうしても地方競馬の事を考える機会が多くなってます。もちろん、どんどん消えて行く地方競馬の先行きが一番大きな心配事ではありますが、逆に楽しみもあったりするんです。

早いものでタイキコメットさんの子供も競争年齢に達しましたし、タイキレグルス(ジェラシックキセキ)やタイキマスカレードも中央から移籍した先で随分頑張っています。

なもんで最近、暇があればペラペラと社台の地方競馬オーナーズのパンフレットを捲ってます。今までは中央で募集される馬達のパンフレットばかり見て、こっちのパンフレットはかなり長い間封印された状態でした。

3年前に見た社台の地方競馬オーナーズの印象があまり良くなかったんですよね。当たり前の事ですが、中央で募集がかかる馬との差を随分感じてしまっていて・・・。「自分には関係無い」パンフレットでした。ですからほとんど開かれる事がなく、今まで本棚で眠っていました。

でも明らかに馬のレベルが上がっていますね。血統的にも馬体的にも。
随分本腰を入れてきている感じです。あ、あと付け加えるなら値段も。(笑)
なかでもユーワトップレディ03(兄トーシンブリザード)はすごく魅力的。多分即満口だったのでしょうね。集価格の1800万円は中央慣れしている私の目ではリーズナブルに思えてしまいますが、地方ではバリバリのオープン馬じゃないと厳しい価格ですね。(苦笑)

じわじわと地方競馬馬主になりたい欲が芽ばえて来ています。
確かに南関東に限定すれば賞金もそれ程低くありませんし、何より本物の馬主ですもの。(笑)
賞金の高いところで走らせるので地方競馬に貢献できるとは思ってませんが、地方競馬をより身近に感じる事は出来るでしょう。

私と一緒に地方競馬の馬主になりませんか?(ダレに・・・?)

今年の社台募集で地方競馬馬主になりました!みたいな話があるかもしれません。(無いです。)
自分が関東人だったらかなり具体的な話になりそうなのに。住んでるところがネックだなぁ・・・。(苦笑)
でも今年の社台募集では、地方競馬オーナーズの馬達をじっくり観察する事になるのは間違い無さそうです。

投稿者 たかぼー : 10:47 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月21日

何がしたいんだ?地方競馬主催者

地方競馬の存続問題があちらこちらでチラホラ出てますが、一貫して言えるのは主催者側の存続努力がほとんど伝わって来ないという事です。と言うか、考え方が明らかに短絡的ですわ。このコラムを読んでますます主催者側に不信感が募りました。「一応行動はしましたよ」みたいな感じにしか私には見えないんですよね。

サポーターがこんなに頑張っても(笠松競馬存続署名運動HPはこちら)、主催者側がこんな感じじゃむなし過ぎます。出来レースと言われても仕方ないですよ。

まぁ、税金を競馬の赤字補填には出来ないと言うのは分かるんです。ただ、北海道側に「うちの身銭は切れないのよ。うちが無くなって困るのはあんたらでしょ。お金出してよ。」って話を持って行くのはアホ過ぎません?「シアター恵那」が有良物件?そんな訳ねーだろと突っ込まれること間違い無しです。

今まで必死こいた改善努力もせずに、ズルズルと赤字経営を続けてきた当事者が言ってよい言葉じゃありませんよね。ライブドアが参入して頑張っても、パートナーがこんな感じでは絶対に失敗します。競馬界全体として、ライブドアの試みは絶対に失敗させたらダメなんです。後に続く人たちが居なくなってしまいます。

地方競馬全体に言えることだと思いますが、主催者が県と町というのが最大のネックです。県と町を主催する立場から離してしまう事(当事者もそれを望んでいるのかも知れませんが・・・)が手っ取り早い解決方法なんでしょうが、今となっては難しいですね。

ソフトバンクの孫さんなどが指揮を執ったら、今の地方競馬を立て直す為にどんな経営をするんでしょうね。地方競馬界に敏腕オーナーが欲しいですね。(苦笑)

投稿者 たかぼー : 10:10 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月18日

ばんえい競馬

ばんえい競馬史上3人目の女性ジョッキーが誕生したらしいですね。青森県出身の竹ヶ原茉那さん(22歳)だそうです。若いなぁ~。頑張れ~!

私、サラばっかりやってますけど、実は昔から何故かばんえい競馬に興味があるんですよねぇ。何故でしょう?自分でも良く分からないんですけど、ばんえいの馬を見ていると格好エエー!って思っちゃうんですよね。(笑)
純粋な馬としてはばんえいの馬の方が好きなのかもしれません。新婚旅行の時にもいくみん連れて、帯広競馬場でばんえいの馬券買ってたほどですから。

ただばんえい競馬大好きなんですけど、詳しい事は未だに全然知らないんですよねぇ。いつか機会があったら勉強しようと思ってそのままズルズルです。

先日、GC「競馬場の達人」の話をちょこっとしましたが、その前番組の「全国競馬便り」も大好きなんです。地方競馬の情報はもちろんですが、一番楽しみにしているのがばんえい競馬のレース映像。これっておかしいですか?(笑)

私はスカイパーフェクTVに加入しているのですが、毎月20日は大解放デーと題して自分が契約している番組以外も見れます。毎月「あ、20日はダイナミック競馬録画せな!」と思ってるんですが、気が付いたら20日過ぎちゃってるんですよね・・・毎回です。(苦笑)
今度の20日(おっ、もう明後日か)は絶対に見逃さないようにします。

実は俺も・・・って言う方いませんか?(笑)

投稿者 たかぼー : 03:15 | コメント (0) | トラックバック