2005年05月26日

笑いが出る馬体

いよいよダービーです。
本来ならユーロスターがここに出る予定だったんですが、今年もその夢は叶いませんでした。
なんたってバリバリ未勝利です。

・・・さて、馬体バカの私の週毎の小さな楽しみが、この競馬ブックのPHOTOパドックを見ることなのですが、何と言ってもこのダービーはディープインパクトですよね。

ですからこの月曜日(更新日)はいつもに増して、その馬体を見るのを楽しみにしていた訳です。

マイネルレコルトやダンスインザモア、アドマイヤフジ・・・えぇ馬体してるな~と感心しながら各馬の写真を見て入ったんですが、ディープインパクトはメインディッシュなんで最後。(笑) ← 美味しいもんは最後に食べる人。

で、最後に見たわけですが「なんだこれ」って、あまりの凄さに笑いが出ませんでしたか?
私はこういう事が結構あります。良い馬体見れたのが嬉しいんですかね?自分でもよく分からないんですけど、良い馬体を見るとニヤニヤしちゃうんですよ。傍から見てたら間違いなく気持ち悪いはずです。(笑)

私、自分のパソコンに「馬体お気に入り」というフォルダを作ってまして、自分の気に入った馬の馬体写真をそこにストックしてあります。強い弱いに関係無く、自分が気に入った馬体だけです。(ただ後々の参考資料ならぬ、参考馬体になると思った馬は入れることもあります)
そしてその馬の一番ピークの馬体1枚だけを保存する事にしています。
だから今後まだまだ強くなると思ってる馬は良い馬体でも入れません。

馬体お気に入りフォルダ内部公開。こんな感じ。(笑)

ですからディープインパクトはまだそのフォルダには入れていなかったんですけど、今回はさすがに入れました。だって凄いんですもん。(まだ伸び代があるからまた更新すると思いますけど)
こんな馬と同じ世代に生まれて、しかもダービーで一緒に走るなんて辛いですねぇ。
この世代のどんな馬が出てきても間違いなく勝てないですよ。この馬には。
(・・・と馬体を見て素直に思っただけの個人的意見なんで聞き流してくださいね)

久々にすごい馬を見て、ニヤニヤしたんで報告でした。
競馬の裏のウラ

投稿者 たかぼー : 00:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月18日

まず1冠

ディープインパクト強かったです。呆れるくらい。

スタートで出遅れ、外外回りながら直線突き放すんですから次元が違います。
こんな馬とクラシックを戦わなくてはならない馬達が可哀そうなくらいです。
(同世代でも戦う以前の問題馬がウチにはいますけどね。母父は同じAlzaoなのに・・・)

でも直線ではさすがに出遅れ追走が響いたのか、今までのように飛ぶようには伸びませんでした。ただこれまでの3戦の走りは軽いボディーに強力なエンジンが付いた走り。今回は444キロと馬体は増えていませんでしたが、軽かったボディーに中身が伴ってきてる証拠だと感じます。

・・・普通の馬では貧弱と言われるところが、この馬には軽量化になるのがまた凄いですね。

「あの走りのまま」というのは所詮無理な話で、どの馬も成長するにつれ色々な箇所に変化が出てきます。その成長過程にどれくらいマッチした走りを出来るかというのが普通課題になるわけで、それはディープインパクトも同じなわけで・・・。

ただこの馬は現状であれくらいの馬体ですから、これから成長していくとどんな凄い馬になるんだろう・・・と期待をする方向です。あの走り以上の変化を望むのはなかなかに酷なことですが、とにかくはマイナス成長する事だけは避けて欲しいところ。逆にあの走り以上の成長過程が見れれば最高です。

これまで強い馬にはちょっと冷めた目で見ていた自分が、この馬に関してはかなりハマっています。

何もなければ社台SSで種牡馬になるのは決定でしょう。
サムライハートに続いて(まだ言ってる)また出資してみたい種牡馬の産駒が出て来てしまいました。
数年後の自分はどちらの産駒を選んでいるのか?それもまた楽しみだったり・・・。(笑)

投稿者 たかぼー : 11:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月15日

ディープインパクト ~皐月賞~

皐月賞が今週(正確には来週か)行われますが、注目はやはりディープインパクトでしょ。

サムライハートが離脱した穴をすっかり忘れさせてくれるほどの活躍です。
と言ってもまだ3戦しかしていないですけど・・・単勝1.3倍とかつくのかな?

SS産駒はどの馬も凄く強いのですが、あまりに多くの活躍馬がいるため個性が薄く、個人的には少し冷めた目で見ていたのですが、ディープインパクトはこれまでとは違った個性を持っていて十分楽しませてくれそうです。

これまでは騒ぎ立てられ前哨戦を勝ち上がってきた人気のSS産駒を見ても、こと「3冠」になるとその可能性はあまり感じられなかったのが本音でした。でもディープインパクトに関しては「ありえるのかも・・・」と感じてしまう自分がいます。

ただ皐月賞が一番難しいのかもしれません。

過去の記憶を遡っても、最近では外から差してきた馬はテイエムオペラオーくらいしか思い出せません。この時はかなり馬場が悪かったですけどね。たとえディープインパクトでも、さすがに今までと同じようなレースをしてしまったら負ける可能性は大でしょう。

この皐月賞をどのように乗り切るかを楽しみに見たいと思います。

当日は一日中仕事。生で見れないのが非常に残念・・・。
ただパドックを見なくても3連単の頭が決まってるのはありがたい。(笑)

秋以降、サムライハートが復活して活躍しだしたら鞍上はどうするのか?
気が早いですが、密かに今からそれも楽しみにしてます。(苦笑)
サムライハートの存在意義がこの馬によって少し薄れてしまったのは悲しくもあるんですよ・・・。

投稿者 たかぼー : 12:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月08日

ついにこの日がやって来た・・・

ついにこの日がやって来ました。
一口なんてやってたら、必ずいつかこういう日が来るんでしょうけど、今日はちょっと感慨深かったです。

私の元出資馬、タイキコメットの子供が、今日大井競馬場でデビューしました。
スノーコメットという名前の牝馬で父タイキブリザード、母タイキコメット(リアルシャダイ)です。

ちなみにデビューまでの情報は、スノーコメットの名付け親でもあるオーナー、kouさんに掲示板で教えて頂きました。この場を借りて・・・ありがとうございます。また、デビューおめでとうざございます。

牡馬や既走馬たちに交じってダート1200mでデビューした訳ですが、お母さんのイメージからは想像もしてなかったスピードを披露してくれました。そうそう、馬体重は420キロと小さめです。

スタートはやや出遅れましたが、スッと先団に取り付きます。「凄い、おかんとは違う!」(笑)
4コーナーでは前の2頭に並びかけ、交わす勢いです。これはこのまま勝っちゃうんじゃ・・・?

私のイメージではコメットさん(母)がレースで他馬を交わした記憶って全然ないんですよね。
3勝した馬ですからそんな訳はないんですが、覚えてないんです。(苦笑)
勝つ時は先行抜け出しって感じでしたから・・・。

さすがに直線では出遅れが響いたのかおつりがなくなり、後方から来た馬に交わされ7着。
母はデビュー戦9着でしたからね。頑張りました。この内容なら十分でしょう。(笑)

走ってるスノーコメットを見て、なんだかコメットさんが走っていた当時の事がちょっとだけ甦りました。
いつも直線では舌をべろーんと出して、ドタドタと苦しそうに走っていました。
でも彼女は自分からレースを諦める事はなく、いつもゴールまで走りきる真面目な性格。
そんなコメットさんも気が付けば3勝を挙げ、TCK女王杯に登録する程の馬に。

今日はコメットさんの名前にまた会えて嬉しかったです。
コメットさんの子供が活躍する事を祈っています。

投稿者 たかぼー : 12:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月30日

毎日杯と日経賞

先週土曜日の毎日杯。
パドックを確認してカネヒキリが芝に対応出来るようなら馬券を買おうと思っていたんですが、会社のイベントで大阪のUSJに行く事になっていて無理でした。

帰ってきてカネヒキリを確認しましたが、豊っちという事もあり3番人気。
決してダートだけの馬じゃなく、芝にも対応出切るように私には見えました。
ただ芝で、このレベルに入るとこれくらいのスピードじゃ厳しい様子です。
やはりバネのあるスピード馬達にやられてしまいますね。
馬体はやはり光るモノを持っているので、もう少し様子を見てみたいという気持ちです。

気になったのは日経賞の方です。
ここはコスモバルクが出てくるので注目度が高かったですが、レベル的にはかなり低いんじゃないでしょうかね。(怒られるかな・・・)

結局勝ったのは8歳のユキノサンロイヤル。8歳馬だからと馬鹿にしてる訳じゃないですが、天皇賞を狙うには役不足感が否めません。2着のトウショウナイトも然り。
そして、ここでは楽勝もあるのかな?と個人的には思っていたオペラシチーも不甲斐無い走りで3着。

パドックで久しぶりに見たコスモバルクには成長を感じられずガッカリ・・・。
古馬になってからの成長力、それがこの馬をパドックで見る楽しみでしたが、血統面からなのか、はたまたハードトレーニングから来るものなのか・・・とにかく変化の乏しい馬体で寂しかったです。

ただレースで見せたあの掛かり癖は逆に闘志を失っていない様にも見え良かったですね。(笑)

強い馬たちが湧いて出てくる3歳クラシック路線と違い、いまいちパッとしない天皇賞・春組。
メンバー構成も浮かんでこないんですが、どうなるんでしょうかね・・・。(苦笑)

投稿者 たかぼー : 11:40 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月25日

あっという間に

勢いあまって今日4つ目のブログに行きます。(笑)
(しばらく書いてないと反動が来るな・・・)

毎日杯にあの馬が登場します。
1ヶ月前まで未勝利馬、しかもパドックで単勝オッズ70倍もついていた程の人気薄馬です。
まだオツムが眠ってる午前中から、私に万馬券を獲らせてくれたカネヒキリ

パドックで見つけた人気薄馬が1ヵ月後の重賞レースに。嬉しいもんです。

初勝利を飾った後、1週空けて中山に遠征。今度は単勝1.3倍。えらい違いです。
レースしか見て無いんですが、ペリエっちで楽勝。そして毎日杯に駒を進めてきました。

今度の鞍上は豊っちだそうです。
ローゼンクロイツが居るので1番人気は無理ですが、そこそこの人気にはなるでしょう。
問題は芝の適正ですよね。ここ2戦圧勝してますが、これはダートであげたもの。
3歳のこの時期はダート馬が向かう場所が無い(少ない)から可哀そうですね。

ダートで良績を挙げた馬が仕方なくクラシック路線へ向かい、そして沈んで行く姿を今まで何回も見てますよね。ある意味仕方の無いことでしょうが、難しい問題です。「それじゃ、ダートの3歳重賞を」となっても適当な重賞じゃ意味無し。厩舎の期待感からも無くなるもんじゃないでしょうからね。

初勝利時のパドックしか見てない(覚えてない)のであれですが、ダートのレースだから馬体を見て馬券を買ったんです。あのレースが芝だったら買っていたかどうかは分かりません。自分の記憶に残っている印象ではダート体型。この辺りを楽しみにして毎日杯のパドックを見ようと思っています。(密かに、芝でもいける事を期待してます。笑)

それにしても角居厩舎、次から次へとクラシック候補をレースに送り出して来ますね。
駒が揃ってきたとは言え、出走するだけじゃなく結果も付いて来てますし、もう少し安定感があればますます未来の西の藤沢厩舎です。

よ~し、今年の社台募集は角居厩舎で1600万円以下の牡馬に行くぞ! ← おらん

投稿者 たかぼー : 11:32 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月14日

ラインクラフト、いやぁ凄い・・・

圧巻でしたね、フィリーズレビューのラインクラフト。
あの併せ馬の形で伸びてきたエアメサイアとディアデラノビアを差し切ってしまうんですから、凄い!としか言えませんわ。久々に良いレースを見た気がしました。

桜花賞の1番人気が確定したかな?
父も一緒ですが、レース振りが去年のスイープトウショウに似ていますよね。
スイープトウショウは本番で5着でした。桜花賞ではその辺が気がかりではありますが、買わずにはいれないでしょうね。(笑)

それにしてもエンドスウィープは凄まじいな・・・。

あと、去年後半以降特に感じている事なんですが、鞍上、いい騎手になって来ましたね。
関西でも信頼できる騎手の一人になって来ました。
(リーディング上位でも信頼できる騎手の少ないこと・・・。)
岡部さんは去りましたが、しっかり後に続く騎手も出てきているようで嬉しいです。

投稿者 たかぼー : 11:25 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月09日

さよならトロッサンダー

トロットサンダーが亡くなっていたそうですね。
去年(H16年)の11月に事故死だそうです。ただあまり詳しい事は分かりません。
この情報が正しいかすら分からないですが、もう居ない事は間違いないようです。
大きなニュースにもならずひっそりと逝ってしまったようです。

大好きだった馬です。
トロットサンダーに会いたいがために日高SSにも行きました。
1度目は台風が近づく雨の振る中、会社の慰安旅行を抜け出し、近くの駅から1時間程歩きました。
(その時の長文写真
2度目はいくみんも一緒に家族旅行で行きました。その時はよくこんな距離を歩いたな・・・と車に乗りながら1度目の無計画ぶりに驚いたものです。
(その時の長文写真

なんでしょう。特に言葉が見つかりませんが、寂しい気持ちです。
なんで去年、北海道旅行で近くまで行ったのに会いに行かなかったんだと悔やみます。

でも2回も会いにいけたことに満足している気持ちもあります。
競走馬として現役の時には馴染みの無かった馬で、引退してから急激に好きになった馬でした。
現役を引退して好きになる、そんな魅力のある馬に2回も会いにいけて良かったと思います。

種牡馬としては成功したとは言えないでしょうが、フレッシュマンサイアーとしてデビューする年、どの新種牡馬たちより早く勝ちあがり馬を出したのは確かトロットサンダーでした。そのニュースは嬉しかったものです。

頑張りましたね。ありがとう。

投稿者 たかぼー : 11:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月03日

レコルト vs ディープ

今週の弥生賞、楽しみですね。
マイネルレコルト vs ディープインパクト。
その他にもかなりの良血馬が出走してきて、この2頭で決まるのかも難しいところです。

一番人気はディープインパクトになるんでしょうね。単勝1倍台かな。
すでに3冠馬の可能性もささやかれているほど注目度は高いですね。
でも私にはどうしてもサンデーサイレンス産駒の「3冠馬」というのはイメージが出来ないんですけど、この馬ならやっちゃう可能性はありますよね。まだたった2戦ですが、その2走でそれだけの素質を見せてくれてますからね。

ディープインパクトの飛ぶような走りは1番人気に相応しいと思いますが、2番人気に推されるであろう2歳王者マイネルレコルトもかなりの素材なのは疑いようもなく。
あっちが飛ぶような走りなら、こっちは地を這うような低いフォームでグイグイ伸びて来ます。対照的な2頭ですね。どっちが強いんでしょうね?この馬もかなり強いと思いますよ。

弥生賞といえばフジキセキ、アグネスタキオンがグリグリ一番人気で勝ったのを思い出します。
強い馬が強いレースで勝つレースかもしれませんが、頭の片隅にはサクラエイコウオーが出てきたりもします。(笑)
楽しみです。

投稿者 たかぼー : 11:10 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月20日

パーソナルラッシュから思う

フェブラリーSパドックでのパーソナルラッシュを見て「あいたた・・・」でした。

ライブで見ているのなら本命をすぐに変えるのですが、今日は朝から休日出勤でした。
馬券はすでに昨日の前売りで購入済。仕事から帰ってきてのビデオ観戦でしたから泣けます。

馬体がいくら良くてもあんな気配じゃ馬券は絶対買えません。

勘の鋭い方は私のPAT資金が豊富な事に気付いているはずです。
先週の馬券デーに備えて入金していた資金が、そっくりそのままPATに残っているんですねぇ。

今年一発目のG1という事もあり「え~い!」と全部前日発売でパーソナルラッシュから買っちゃいました・・・。それだけパーソナルラッシュに自信があったという事ですが、生でパドックを見れないのが唯一の気掛かりではあったんです。
それだけの資金を投入するからには、やはり当日の馬の状態を確認しないと・・・と。

それだけに帰って来てからビデオでパーソナルラッシュを見た時には愕然としましたね・・・。
馬の気配があんなに悪いとは・・・。馬体以前の問題です。

そのパドックを見た後、いくみんに「どの馬買ったの?どの馬が良かった?」と聞かれました。答えるのが辛かったです。(笑)
「パ・パ・パーソナルラッシュ・・・あかんわ・・・。ヒシとメイショウやな・・・。」

思うんですが、馬の気配は厩舎の仕上げ方次第でしょう。
藤沢厩舎がリーディングトップであり続ける一つの理由に、馬が古馬になっても活躍し続けるという要素があります。若いうちだけで終らない。終らせない。
それは馬自身を走る気持ちにさせる厩舎の仕上げ方が関係してます。(と思ってます。)

山内厩舎は2歳・3歳の早いうちに活躍する馬が多いのが特徴で、POGなどで人気のある厩舎です。
ですが、その活躍馬達も古馬になってからは尻すぼみが多いというのもまた特徴です。

今日のパーソナルラッシュはパドックから走る気持ちが感じられませんでした。
不良馬場で馬群に揉まれ砂を被って嫌気が差した、というもの大敗した原因の一つかもしれませんが、そこで馬が「なにくそ!」と頑張れるかどうかは馬の気力次第、すなわち厩舎の仕上げ方次第という事ではないでしょうか。

生き生きとした活力のある馬、幸せそうな馬を育てることの出来る厩舎に馬を預けたいものですね。

パーソナルラッシュが生き生きとしたパドックを見せる状態に帰ってくる事を祈ります。

投稿者 たかぼー : 11:04 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月22日

ディープインパクトから見る馬体

今日はとにかくディープインパクトでしたね・・・。(苦笑)
この若駒Sは他にもデビュー前から注目していたシェイクハンド02、インプレッションも出ていたのでこの2頭がどんなレースをするのか楽しみでした。いつも通り会社から帰ってきてビデオ鑑賞です。

で・・・感想ですが、あんな馬と一緒に走った馬がかわいそうですよね。(笑)
インプレッション見てましたけど、「あかんやん俺。俺全然イケて無いやん・・・。」って自信喪失するような心の声が聞こえてきました。(苦笑)
いやいや、十分強いですよインプレッションも。あの馬を見ちゃダメ。自信無くすだけだから。

ディープインパクトですけど、馬体のインパクト(?)はそれ程でもありません。欠点もチラホラ見えます。
ただ、この馬から学ぶことはまた別なところにありまして、それは馬の能力として「突き抜けるために必要なもの」です。

馬体の見栄えのする馬は沢山います。500万条件級にもゴロゴロといます。ただその中でも重賞レベルまで登ってくるのはほんの一握り。ただその確率は他の馬に比べ高いです。ですから馬体を否定しているわけではありませんよ。

ダイタクリーヴァやジェミードレス、タイキトレジャー、ハッピーパス。挙げていけばキリがありませんが、「馬体は完璧、欠点が無い」という馬でも、この馬に負けるか?と言うくらいアッサリ負け、結局超一流には辿り着けませんでした。最近ではモノポライザーが良い例です。

3強といわれたグラスワンダーやエルコンドルパサー、スペシャルウイークは超一流に登り詰めた馬です。でも大きな欠点も抱えていました。(私も今この3頭を見るとそう思うんです)その弱点が霞むほどの強力な武器をそれぞれが持っていたんですね。

最近、馬券を買いながら競馬を見ていてよく感じる事です。欠点が無く良く見える馬が、欠点はあるが一つの武器を持ってる馬に簡単に負けるんです。ディープインパクトはまさにそんな印象を受けました。もちろん超一流のレベルで、です。

サムライハートが戦線離脱し、楽しみが薄れたなぁ・・・と思っていたクラシック路線に楽しみな馬が出てきました。貴重な勉強をさせてくれる馬です。嬉しいなぁ。

投稿者 たかぼー : 10:11 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月23日

コスモバルク、ドバイへ

コスモバルク、ドバイ遠征

とうとうドバイですかー!良いですねぇ~!
こうなりゃ是が非でも有馬記念好走してもらわにゃ。
有馬記念は本当に応援したい気持ちで満々です。
久々に損得抜きで「頑張って欲しいな~」って馬が出てきて嬉しいです。

岡田さんも海外に目が向いてて良いですね。
どこぞの日本競馬を盛り上げる為にとか言うオーナーとは違うわいね・・・(苦笑)

私の一口馬主での夢も海外G1制覇。
それも目標はデカイですよ。
まず、エプソムのダービー。
(ケンタッキーのダービーは関口のおやじにやられたから・・・)
そしてブリーダーズカップのクラシック。
で、ドバイのワールドカップ。
この3つがとりあえずの目標です。(笑)

てか、とりあえず500万下を勝つことから始めよう。(;^_^

投稿者 たかぼー : 03:21 | コメント (0) | トラックバック