2005年03月13日

フィリーズレビュー

これから夜勤・・・。orz
ですからこれからご飯食べながら録画したフィリーズレビューを見ます。
最近仕事が忙しくなってきたのでお疲れモードです・・・。

もう結果は出ていますので、必死に競馬サイトは見ないようにしてこれ書いてます。(笑)
結果がわかってるレースを見るのは楽しさが半減しますからね。

フィリーズレビューはディアデラノビアに注目しています。
馬にも注目していますが、やはり角居厩舎の今後を占うレースになるのかな?と。
3歳のこの時期に小さい馬を連闘させる訳ですがから、結果が出る前から疑問の声は多少出るのでしょう。でも一番分かっている厩舎関係者が判断した訳ですから非難する訳にはいきません。
ただ権利を取れなかった場合は叩かれちゃうんでしょうね。

個人的に角居厩舎は大期待しているだけに藤沢厩舎と比べてしまいます。
藤沢調教師ならそんな判断するのだろうか?多分しないでしょうね。

結果の如何に関わらず、今後の体調管理が難しくなる事は確かです。
もしかしたらこれが元で素質が開花しないまま去って行くことにもなりえません。
あれだけ小さい馬で気持ちが前向きな馬ですから、逆にそこが怖いところです。十分考えらます。

という訳で、今後の角居厩舎の命運がかかったレースをこれから見ます。
一番良いのはあっさり勝つことでしょうが、ラインクラフトもいますしそれはなかなか厳しいでしょうね。
とりあえずこのレースの後、ガタッと来る事が無いことだけ気にしています。

投稿者 たかぼー : 11:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月03日

レコルト vs ディープ

今週の弥生賞、楽しみですね。
マイネルレコルト vs ディープインパクト。
その他にもかなりの良血馬が出走してきて、この2頭で決まるのかも難しいところです。

一番人気はディープインパクトになるんでしょうね。単勝1倍台かな。
すでに3冠馬の可能性もささやかれているほど注目度は高いですね。
でも私にはどうしてもサンデーサイレンス産駒の「3冠馬」というのはイメージが出来ないんですけど、この馬ならやっちゃう可能性はありますよね。まだたった2戦ですが、その2走でそれだけの素質を見せてくれてますからね。

ディープインパクトの飛ぶような走りは1番人気に相応しいと思いますが、2番人気に推されるであろう2歳王者マイネルレコルトもかなりの素材なのは疑いようもなく。
あっちが飛ぶような走りなら、こっちは地を這うような低いフォームでグイグイ伸びて来ます。対照的な2頭ですね。どっちが強いんでしょうね?この馬もかなり強いと思いますよ。

弥生賞といえばフジキセキ、アグネスタキオンがグリグリ一番人気で勝ったのを思い出します。
強い馬が強いレースで勝つレースかもしれませんが、頭の片隅にはサクラエイコウオーが出てきたりもします。(笑)
楽しみです。

投稿者 たかぼー : 11:10 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月13日

レジェンダロッサ

きさらぎ賞に出走予定のレジェンダロッサですが、どうしてもこの馬と比べてしまうのがローゼンクロイツですよね。私だけじゃないと思います。バラの一族とはよく言ったもので、この一族の遺伝力も大したもんですね。

サンデーサイレンスは「一度産駒に出資してみたい」と思わせるほどの種牡馬でしたが、こういう華麗な一族の血を引く馬達へ出資する、というのもまた憧れるものがあります。(苦笑)

さてそのレジェンダロッサですが、きさらぎ賞のフォトパドックを見て驚きましたねぇ。
なんでこんなに上手く成長するんでしょうかね。バラの一族恐るべきです。もともと評価は高くした馬でしたが、 POG本等で掲載されていたデビュー前の馬体を見ての判断では、レジェンダロッサよりローゼンクロイツが上と私は見ていました。

レジェンダロッサが悪いという訳ではなく、ローゼンクロイツの出来がそれ以上に良かったという事です。デビュー前からローゼンクロイツはその馬体から個人的にかなり期待していた馬だったんですよね。

レジェンダロッサは正直「こんなもんかな・・・」くらいの判断でした。(期待度がもともと高いので、かなり上のレベルでです。)それがここまで馬体を持ってくるんですから・・・母の力が大きいのでしょうね。

少々話はズレますが、最近(と言っても数年前から)「遺伝力」という事にスポットを当て馬を見るようになりました。種牡馬はもちろん、母も「遺伝力」を持ってます。バラの一族はかなり高い「遺伝力」を備えた血脈とすると、この一族から種牡馬が出たらどうか?(ゆくゆくこの話をこの場で書けたらと思いますが、まだ思想が固まりませんのでこの話はまたの機会に・・・)考えるのが楽しくなります。(笑)

現時点でこの2頭のどちらが上とはもちろん判断できませんが、どちらもかなりの素材である事は間違いありません。ただデビュー前にローゼンクロイツ>レジェンダロッサだった評価は現状判断では「=」。きさらぎ賞が楽しみになりました。

投稿者 たかぼー : 10:58 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月06日

サジターリオ新馬勝ち

サウスニアのサジターリオが東京6Rの新馬戦を勝ちました。出資者の方おめでとうございます。
一番人気に推され、500キロ近くの雄大な馬格で今後がますます楽しみになった事でしょう。

かなり気にしている馬なので、私もその時ばかりはグリーンチャンネルをWEST→EASTに切り替えて観戦しました。(笑)
パドックではメンバーにやや恵まれたなぁ・・・と感じましたけど、十分一番人気に推されるだけの馬でしたね。良い馬でした。馬券も買いました。

直線では簡単に抜け出すかと思いきや、フラフラと内に刺さる様な仕草で2着との差は際どくなりましたが、逆にまだまだ成長を見込めるという事ですからね。今後が楽しみです。

テレビを見ているとき隣にいくみんも居たのですが、私がサジターリオに色気を持っていたことを知っていますから1着でゴールした時には「あーあぁ・・・。」って私の顔を覗いてきました。その言葉の後に(頑張って買った高い馬は走らないのに、買わなかった馬は走るのね♪)って付け足したそうな顔してましたわ。(苦笑)

これから心の愛馬として素直に応援して行きたいと思います。頑張って欲しいですね。

サウスニアの02年産ではサジターリオのこの勝利が全頭合わせての初勝利となりました。ってかこの世代デビューした馬が2/10頭ですから、これはちと寂しいですね。どうしても外国産馬中心のクラブですから、昔のタイキRCの様にデビューが遅くなる傾向があるのは仕方ない事なのかもしれませんが・・・それにしても、ねぇ。03年度は頑張ってちょ。(笑)

投稿者 たかぼー : 10:53 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月04日

サジターリオデビュー

サウスニアのサジターリオ(インプルネータ02)が日曜日東京6Rでデビューするようです。
この馬、この世代のサウス馬の中で出資しようかなぁ・・・と考えていたくらいの馬なのでずっと気になっていたのでありますが、昨日ふと見たGCトレセンリポートで新馬紹介されてました!なにー!(笑)

(暇な方は私が気になっていた頃の日記をどうぞ。ブログと連動してないんで、すいませんがここの7月10日と7月19日へ飛んでください。)

もともとこの世代のサウス馬は全体的に募集価格が高く、ハナから出資意欲が無かったんですよね。行くんであればメテオグローリー(レースザワイルドウインド02)だったのかな?でも一発の期待を感じていたのはこのサジターリオ(インプルネータ02)だったんですよね。(その世代の個人評価はこちら

北海道にストームファングを見に行った時に、当時募集中のサジターリオを見せていただいたんです。「感触がよければ出資しよう」と思っていたんですが、馬を見て「やっぱ止ーめた」って感触を受けた馬だったんです。その時(2004年7月13日 ファンタストクラブ)の写真です。馬体より動きが硬かったのが止めた理由ですね。

20040713.jpg

でもそのサジターリオ、ここに来ての評価がかなり良いようです。
トレジャーハンター(古1000万)やラヴァリージェニオ(古オープン)を併せ馬であおる勢いのようですから。確かにその追い切りをサウスHPで見ていてもスピード感たっぷりですわ・・・。フォームも綺麗ですしね。
これはマズったかなぁ・・・。(苦笑)

とにかく、気になる馬のデビュー戦であります。いつもはグリーンチャンネルWESTを見てますが、この時ばかりはEASTを見ますわ。良い勝ち方をしたら凹むぞ、きっと。(笑)

投稿者 たかぼー : 10:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月27日

タイムパラドックス川崎記念勝利

タイムパラドックスが川崎記念勝ちましたね。
凄いですねぇ~。6億円くらい稼いじゃってますね。
社台募集で、BT産駒の2800万円の募集額だったはずですが、体質が弱かったため額が抑えられたと聞いたことがあります。
その体質の弱さはいったいどこに行ったのか、今は1年を通して中央・地方を問わず元気に走っています。3月にはドバイ遠征も考えているほどですもんね。馬って驚くほど成長するもんなんですねぇ~。

脚が曲がってるとか虚弱体質だから、と言ってダイヤの原石をみすみす見逃してるんでしょうね。
しかも欠点があるため、お買い得価格になってます。出資を決めた方もそれを承知で出資するのですから走らなくても「仕方ない」と割り切れる度合いは、普通に出資した馬より全然大きいでしょう。

キャロットでもドルチェリモーネやペニーホイッスルがそうですね。結構いるもんです。
どうでしょう?あえてワケ有り馬のみに出資するというのは?
懐に易しく、精神的にも易しい、この優れた出資方法。
意外とプラス計上しちゃったりするかもしれませんよ。(笑)

ただその方法を考えている方(居ないか・・・)に注意事項です。
私の知る限り、血統に見所のある馬にしかその方法は通用しません。
良血馬のワケ有り馬に出資しましょうね。(笑)

ストームファングもそんな馬の一頭ですが・・・Tパラドックス並みの成長力をまだ期待してます。(苦笑)
またグラスワンダー産駒なのに兄Tパラドックスより募集価格の高いユーロスターにもまだまだ期待したりしています・・・。(苦笑)
なかなかうまくいかないもんですねぇ。(笑)

投稿者 たかぼー : 10:15 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月25日

ミッドタウンみたいな馬に・・・

今週の日曜日、東京新聞杯に出走予定のミッドタウンです。(競馬ブック)

今回のサウスニア募集で新たにデインヒル産駒に出資した訳ですが、「ウチのもこんな馬になってくれたらなぁ~」なんて思ってしまいます。まったく良い馬体してますね~。決して早熟じゃなく、気性的なものが出世を阻んでいたのが分かります。

自分の新規出資した馬が「ミッドタウンに似ている」と調教師さんが言ってる事もあって、ミッドタウンのここ2走には自然と注目していました。ですから何故か馬券でも良い思いをさせてもらってます。(笑)
ミッドタウン、何でか急に頑張り始めましたね。何があったのか詳しい事は分かりませんが、デビューからポンポンポンと5勝した後パッタリと勝てなくなっていた馬がここに来て変化しました。折り合う様になってますし、気性面の成長が大きいのでしょうか?

デインヒル産駒の肉体的な成長力を見せてくれましたし、気性面でも成長したところを見せてくれました。ウチのデインヒル産駒もミッドタウンみたくコツコツと勝ち星を重ねて6勝も出来たら最高なんですけどね~。

・・・って、種牡馬狙ってるんじゃないんかい!という突っ込みは無しで・・・。(苦笑)

投稿者 たかぼー : 10:13 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月26日

嗚呼、ヴァーミリアン

ラジオたんぱ杯2歳Sのパドックを見てから会社に出勤。
レースは会社から帰って来てからの観戦となりました。

パドックを見てからこのレースに参加するか決めようと思ってました。
で、パドックでヴァーミリアンを見て、明日の有馬記念の資金稼ぎをこのレースでする事に決定。

あぁ~、いつ見てもええ馬や~。

馬も良いですが、仕上げも最高でした。
3連単アッサリでしたが、人気どころが続いて資金増はほどほど。

ヴァーミリアンはユーロスターの同期ですが、当時のパンフレットを見ると、この馬のページには今も付箋が付いてます。
気になってた馬だったんですけど、エルコンドルパサーを敬遠したんです。
好きだったグラスワンダーを選んだんです。(泣笑)

にしても3強(エル・スペ・グラ)の産駒が、しっかり重賞制覇して結果出してるところはさすがですね。勝った馬の生産者を見ると(いや、見なくても分かるが・・・)後ろ楯は同じグループ。
つくづく種牡馬のバックアップ体制がこの世界には必要なんだと痛感します

投稿者 たかぼー : 03:25 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月13日

サムライハート骨折・・・

エリカ賞で5着に敗れたサムライハートが骨折・・・。
どうもレース中にやってしまっていたらしい・・・。なんちゅーこっちゃ・・・。
膝の骨折で全治6ヶ月。これはかなり厳しい。
日本で考えられる最高の血統。もうサンデーは居ないのに。
出資者だけじゃなく、みんながこの馬には注目していたが・・・痛すぎる。

これで来年のダービーは絶望。
故障なんていくら気を付けていても起こる時には起こる。

それは仕方のない事であるけれども・・・。
2戦目の仕上がりに疑問を持ってる自分としては素直に割り切れない部分があるわいね。
とりあえず来年の復活を待つしかないが、痛すぎるぞ爺さま。

投稿者 たかぼー : 03:08 | コメント (0) | トラックバック