2010年8月アーカイブ


双六岳-笠ヶ岳から帰還。
時間の都合で、とりあえず簡単に。

長男坊との3日間はひたすら「忍耐」
長男坊もボーイスカウトやサッカークラブ等、親元から離れればそれなりに自分自身頑張るようだけど、なまじ甘えられる親と一緒だとあきません。
すぐに足が痛い、肩が痛い、首が痛い、頭が痛い、お腹が痛い。
荷物が重い、遠い、まだ着かない、まだ小屋が見えないとギャーギャーうるさい。
一応テヘッ、親なので長男坊がどの程度の辛さで言ってるのか大体分かるから余計に腹が立つ怒

最初からこうなるだろうと予想はしていたものの、当初想像していた「こいつなら頑張るだろう」という思いの7割程度だったかな。厳しい父の正直な思いはウワーン

予想はしていたので、そういう言葉も最初は受け止めてきっちり対応していたものの、余りにも、余りにもしつこいので途中からはそういう言動は無視ZZZ...という教育上「?」な行動にテヘッ
ただ、どんだけ怒り怒をぶちまけたかったかびっくり
無視と言うのはその場の自分が出来る最大限の我慢だったんだ。

それが良いか悪いか今も分からないが、長男坊の2日目夕暮れの言動・態度を見ていると「この体験をさせられて良かったなぁ」と思ったのも確かだし、最終日の笠新道の歩きを見てると「大したもんやん」と思えたんだから、まー結果オーライとするチョキ

長男坊の人生で、意味のある3日間になったのなら嬉しいのだけど。


2日目夕暮れ、笠ヶ岳山荘テン場で長男坊の自由研究材料のポテチを奪い、ビールビール片手に槍穂稜線を眺める図。
(長男坊撮影)




最高でしたチョキ


下山

| コメント(1611) | トラックバック(0)
100827_0555~01.jpg

下山開始し下山完了。


槍穂稜線

| コメント(1266) | トラックバック(0)
100826_1840~01.jpg

テント内から撮影です。
首を90度傾けて御覧下さいませ(笑)

この前歩いた槍穂稜線が見れました!
ジャンダルムも確認出来ます。
長男坊も今回自分が歩いて見て、その大変さ、山の厳しさ凄さ、美しさを感じてくれたのが雰囲気で分かります。

連れて来て良かったな。


笠ヶ岳へ

| コメント(1415) | トラックバック(0)
100826_1019~01.jpg

双六から笠ヶ岳へ移動中。
天気は良いけど槍穂稜線は雲に覆われてる。

でもジャンダルムが雲から顔出した!


出発!

| コメント(1016) | トラックバック(0)
100825_0510~01.jpg

既に遅刻・・・


100824_2252~01.jpg

荷物が想定以上になってもた・・・。

長男坊のザックは13キロ・・・。
伝えない方が良いよなぁ(苦笑)

たった今、新穂高の駐車場に到着。
平日なのに意外と多い。

一時間寝てから出発だ!


夏休みの自由研究を兼ねた、長男坊と2人きりの不安な登山計画。
明日の夜から出発し、25日の早朝から歩き出す予定。

最初は剱岳の早月尾根をゆっくり登るつもりだったものの、いくみんが却下。
「危なくないの?」と聞くから「ここ数年で何人かしか死んでないし(大丈夫でしょ)」って言ったら「(そんなに居るんなら)やめて」と即却下。
数年オーダーで見たら、北アルプスで遭難死者が出てない場所を探す方が難しいんじゃないかえ?テヘッ

まぁ、長男坊は若干慎重過ぎる面があって、必要以上にビビってせっかくの登山が楽しいものにならなかったら本末転倒なので素直に従うことに。

と言う事で、わりかし技術面では難しくない場所&尚且つ自分も行きたい場所をピックアップし、ルートを決定。2泊3日の予定。

新穂高温泉-鏡平山荘-三俣山荘(テン泊)
三俣山荘-鷲羽岳-三俣蓮華岳-双六岳-双六小屋(テン泊)
双六小屋-弓折岳-大ノマ岳-抜戸岳-笠ヶ岳-笠新道-新穂高温泉

ま、適当に予定立ててみたけど、長男坊がどれくらい歩けるのか未定。
高山病や靴擦れなど、何も問題が無かったらこの計画でも行ける気はするけど、たぶん初日の行程は無理かな。出来れば三俣山荘まで行ってしまいたいのだけど。
長男坊次第で双六で折り返しや、1泊で下山などフレキシブルに考える予定。

物心付いてからは初めてと言っていい長男坊との2人旅山
喧嘩怒しないか心配ニコニコ


BBQは卒業

| コメント(1294) | トラックバック(0)

TELあり「今から3家族集まって飲むしビール、たかぼーの家で」と言う事で、急遽汗食事会ニコニコ

バーベキューはやり過ぎて飽きたらしく、各家族食材を適当に持ち込んでの食事会という名の飲み会。確かにいつも別にバーベキューがやりたい訳じゃなくて、しゃべりたいだけ。くだらない話が出来る場が欲しいだけだもんね。

いつも子供は子供同士で勝手に遊ぶが、この日はスーパーボールすくいの道具一式を持ち込んでくれたナイスガイが居たので、子供たちはそれにかぶり付き。
飯も食わずにずーっとやってました。
子供たち、こういうのは大好きだね。

ナイスガイ曰く「イベントでこれやったら(子供)1000人居たら980人は寄る」らしい。
(98/100で良いんじゃね?ニコニコ




ま、当然最後には手掴み放題になってましたがねぴよこ3

大人達はそんな無法地帯のスーパーボールすくいを横目に見ながら、しょーもない話で盛り上がる。
隣近所を気にしなくて良い町外れで、多少騒いでも問題なし。
ウッドデッキも大活躍。作って良かったなこれ
暑いけど、こういう楽しみが夏にはある。
みんな楽しい食事会(?)だったチョキ




マンガ 岳

| コメント(1940) | トラックバック(0)
100819_2012~01.jpg

一週間の出張中。
テレビも無い部屋に閉じ込められるのも、ようやく後1日。

暇潰しに久々にマンガにふける。

登山マンガ 岳
TUTAYAでレンタル。

人死に過ぎ(苦笑)

来週、長男坊と北アルプス行きます。
男二人旅。
楽しみ。


100813_1145~01.jpg

吹田の工場で作られているビール頂きました!

今、夜勤明けでようやく休日。もう昼から飲むかー!

第三のヤツに慣れたこの口に果たして合うのか!?(笑)


北アルプスの北へ

| コメント(1516) | トラックバック(0)

8月終わりに長男坊の夏休みの宿題、自由研究の題材に山に連れて行こうと考え中。

とりあえずポテトチップスを山に持っていって、それがどうなるかをレポする。
500mおきに写真撮って上がれば最後には良いものが出来上がるんじゃない?

大事なのは長男坊がそれで圧力という存在に気が付くことやろ。


で、どこに行くかやけど・・・。

これがなかなか難しい。

小学校3年生でも行けて、なるべく標高差が稼げる場所。


今のところはこの辺、かな?




キャンプ道具久々に

| コメント(1302) | トラックバック(0)

馬友2人が遠方から我が家に来てくれて、ご馳走も無いのでバーベキュー焚き火で済ますテヘッ

夕方以降は久々にキャンプ用のランタンランタンを投入。

火を点けようと思ったらマントル破壊されており・・・。
ツーマントルランタンもワンマントルランタンも両方とも。

マントルの予備は買っておいたので、そこで空焼きからスタート。
子供たちもいくみんも初めて見る空焼きに不思議そう。
燃やして良いのか?と。

そうだよねぇ。うちも最初はそう思った。これが光るんだから不思議だ。

ランタン2つランタンが照らす明かりは暖かい。
猛暑の一日だったけど、暑いと暖かいは違うもの電球

馬友も「一個買おうかなー」って言っておりました。
初めてこの光を見る人は、その多くの人がその光に魅了されるからこのランタンランタンは偉い。
暖かい光やホワイトガソリンを焼く匂いと音。良いねぇ。



ちなみに馬友の話を聞いていたいくみんは、その馬きちGuy!振りに引いておりましたテヘッ
ある馬の名前からその父、その母父、母母父等がサクサク出てくる2人の会話。
頭には膨大な馬のデータベースが構築されてるようで、私は到底その域に到達できましぇん汗
「社台ツアーでの飲み会は、このきちGuy!が8人位集まって、この話が永遠続くんやで~汗」といくみんに話しておきました。きっと通常の人達から見たら不思議な生き物にしか見えんでしょうねーテヘッ

ある夏の日の楽しい一日になりましたキラキラ

Coleman(コールマン) ツーマントルランタン
Coleman(コールマン) ツーマントルランタン

明るくて必要以上の明るさを供給してくれる。ただ明るさはそれなりに調節できるので問題無し。その分やや大きいいが。それにやっぱり明るい方に虫は寄ってくるみたいなので、こっちをキャンプ中の食卓から離した場所に吊るし、虫除けにその明るさを利用する、という事も出来るらしい。

Coleman(コールマン) ワンマントルランタン
Coleman(コールマン) ワンマントルランタン

オーソドックスなワンマントル。これがあれば十分だと思う。我が家はこれを買い、キャンプ用にツーマントルを買い足した。ワンマントルとツーマントル、値段は大して変わらないのでツーマントルのほうがお得と映るかもしれないが、ワンにはワンの良さがある。おすすめ。


先日、登山を始めて9ヶ月にしてジャンダルムに挑んだが、全てが終わった後、物凄い充実感があった。そして凄く楽しかった思い出だけが残った。

御嶽山の時にも(でもまぁ、これは予想外にだけど・・・)思ったけど、安全・安心からちょっと踏み込んだ結果が、この充実感なり楽しさだったりするんだろうな、と。

安全だけではないけど、危険までは行かない。
確実じゃないけど、無理ではない。
その間を攻める。

今後も危険・無理までは行かないけど、安心・安全の確実で面白みの無いポイントをちょっと越えた遊びをして行きたいと思う。

前回の山行で自分へのお土産を買った。
山小屋で一番印象に残った北穂高小屋の手拭いと各山小屋で買ったバッジ。
手拭いはタオルほどかさ張らなくて、最近の登山では汗拭きに重宝してる。
あとバッジはザックに付けて、山であった人と話のネタになれば、と思い購入。
とりあえず槍ヶ岳と北穂高岳、奥穂高岳を買ったのだが・・・。




よく見たら奥穂高岳じゃなくて前穂高岳のバッジだった・・・。
前穂には行ってないよぉガーン

下に敷いてるのはこの登山で用意し使った地図。
地図は買ってなくて(忘れてた)、必要部分だけA4でコピーさせてもらったやつの裏に、ヤマケイなどの雑誌から切り取った危険箇所などの詳細地図を貼り付けたもの。
帰って来た頃にはボロボロになってたけど、なんだか捨てるに捨てれないで今に至るニコニコ


100802_1034~01.jpg

この前まできれいだったのに・・・馬鹿な大人達に汚染されてる。

ゴミも持って帰れんヤツはバーベキューなんかすんじゃねー。バカたれが。




て、それを拾って帰れない自分も嫌になるなぁ・・・。


川遊び

| コメント(3387) | トラックバック(0)
100802_1036~01.jpg

子育てクラブの行事で川遊び中。

場所はこの前バーベキューをした川原なんだけど・・・

検索

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


気功