アウトドアの最近のブログ記事


立山 スキー旅行①

| コメント(1465) | トラックバック(0)

この週末、予定通り富山県の立山へスキー旅クラッカー

ただ本来の目的は友人が勤めてるホテルに遊びに行くこと、かな。
しかも4家族で押しかけ、チェックインもバラバラ汗
こっちは遊びだけど、あちらにはえらい迷惑かけちゃったな・・・ガーン

バラバラチェックインの4家族。
そのうち2家族は前日入りで、我が家は当日参加組。
夜勤が明けたその足で準備を整えていざ立山へ!車
運転はいくみんで、自分は寝てるだけー晴れ

夜に体力的に厳しい宴会ニコニコがあるのは明白なので、なるべく車中では寝るように。。。
ふと目が覚めたら富山県周辺で、寝ぼけ眼でよく見ると目の前に絶景がどーん!

北アルプスやー!めっちゃきれいやんアップアップアップ
後部座席の長男坊に「カメラとレンズとってー!」と叫び、急いで望遠レンズに交換。

ツルギや剱!
空気が澄んでてめっちゃきれいで、もうみんなテンションアップアップアップ




ゆれる車内で400mmのバズーカ望遠を運転手の目の前でゆらゆら~
一緒に車車もゆらゆら~テヘッ

立山インターチェンジを降り、ほぼ一本道を30分ほど南下。
若干道を間違えたのが功を奏して本日の宿泊予定ホテルを発見!キラキラ
グランドサンピア立山




家族みんなでホテルなんて泊まるの久しぶりやーアップ
久しぶりどころか、きずみんなんて初めてちゃうか?
経験は車中泊やテント泊の方が多いぞ・・・ガーン

友人に連絡とったらわざわざ出迎えて頂いて部屋まで案内・・・すいましぇーん汗
案内して頂いた部屋はめっちゃ広くて・・・、は~・・・このままゴロゴロしたいー・・・ZZZ...
・・・という願いむなしく、先発隊家族からの「早よゲレンデ来いや怒」メールで打ち消された男の子エーン

簡単な用意をしてグランドサンピア立山からすぐ近くのらいちょうバレースキー場に到着。
と言っても我が家はミニスキーで時間を潰すと言う感じテヘッ
それなのにきずみん用のソリを忘れたガーン
他の3家族は子供も合わせてみんなスキーが上手。
それに比べて我が家は・・・無残タラ~


当然飽きがくる長男次男。
途中からミニスキーはきずみんの遊び道具にー。
ゲレンデのスノーボーダーを見ていたからか、ミニスキーの上に乗って遊ぶきずみん。
コテッと転ぶ姿がcuteハート




うちも来年はスキー買うかなー雪


かく言う自分は・・・
寂しすぎる、この後姿・・・。




えー、一応前にきずみん乗ってますんで・・・汗

こっちは滑り降りてくるパパに駆け寄る愛娘。
そしてパパもそれに手を振って応える。
しかし抱擁を交わしてくれるはずだったパパはこの直後、華麗に娘をスルービックリ
この子の負った心の傷は深い・・・ぴよこ2




夜は宴会。
一家族の部屋に集合して、まずいくみんへのサプライズ誕生パーティークラッカー
みんな色々考えてくれて、自分の事のように嬉しかった。
こんなケーキまで用意してくれて・・・ありがとう。




夜ご飯は頼んでなかったのだけど、これまた友人が手配してくれていて・・・感謝。
大人も子供も最高に楽しい一日に。



このお礼は秋にマツタケ&ふぐかなニコニコ

あ、マイケルも来てたけど、一番前の冷たい観客に撃沈されてたなシーッ




今年に入ってからこの日が来るのを楽しみにしてた。
ぶら下げられたにんじんみたく、ここを目標にニコニコ
日々の生活には、やっぱり何か先の楽しみが必要やなーアップ
また何か目標を作らないと。
最高に楽しかったなー。


一応、次の日に続きます。


今週末に立山に遊びに行く予定。
調べても今の時期アルペンルートは閉ざされてるし、子連れで雪山登るわけにもいかん。
やるならスキーだけど、あいにくスキー道具は何一つ無い我が家。
去年のスキーも全部レンタルやった。
いや、スキーはやりたいし、やらせてあげたいんだけど、お金掛かりすぎやわーガーン

ただせっかく行くので子供にミニスキーでもやらせて時間潰すか、とミニスキーを物色。
ナチュラムじゃ納期待ちだったので他のショップで購入。
ただモノはこれと同じもん。
エーワン ジュニアファンスキー
エーワン ジュニアファンスキー

昨日、どんなんでも良いわーと近くのホームセンターにミニスキーを買いに行ったら、あまりのしょっぼい板&とめ具にゲンナリして帰宅。結局これ買った。値段は3倍以上したけど、しょぼ過ぎてあれは買えんなぁー。ま、こだわりは全然ないんやけど。

小学3年生&1年生だけど、近くの年の近い友達はまともなスキーを既にやってるから若干可愛そうではあるが、、、我慢してや・・・男の子エーン


実家のおかんから先日電話があり「子供にはスキーはやらせなあかん!!怒」と怒られた。
実際はお金の問題なんだけど、おかんには「水泳は大人になって役に立つけど、スキーは今だかつて役に立ったこと無いぞ」って言ったらさらに怒られテヘッ
分かってるさ、分かってるけど・・・って感じなんだ。

で、そこのショップが5250円以上で送料無料。
このミニスキー2本で3400円ほど。

・・・考えた末、追加注文して同じショップでこれ買った。

ふいご
薪ストーブのオブジェとしても昔から欲しかったんだけど、自作の竹筒もあるし買うほどのもんじゃないかな・・・って思ってたけど、たまたまあったんでね。。。


よっしゃー!これで送料無料やー!って意気込んで会計しに行ったら5250円に届いてなかった・・・。


追加注文。

りんごの芯抜き。


いや、絶対いらんやろ汗

220円。

100均にあるやろダウン


結論、スキーって高くつくわガーン


野坂山 故障発生

| コメント(1259) | トラックバック(0)

夜勤明けで野坂山へ。

前日かなりの積雪があり、間違いなく今年一番の積雪量になってるはず。
頂上がどんなんになってるのか見てみたかった。

駐車場は積雪で一番下にしか停められず、いつもの登山口まで歩くだけで10分ほど歩く。
雪の量は前回登った時に比べて倍くらいになってる感覚。
人もそれほど入っていないようで登山口から程なくしてスノーシュー装着。

前回痛めた左膝に不安があったのでゆっくり歩く。

で、すぐに痛み再発テヘッ
左膝に違和感。
痛みは下山時に出るので、登ってる時点では違和感だけ。
やばいなー汗と思いながら騙し騙し歩く。
『無理しない方がいいぞ』と思う反面『それって自分に甘いだけじゃないか?』と打ち消す自分。
結局左膝に違和感を感じつつ1時間半ほど掛けて尾根まで登った。
夜勤明けと新雪でかなりの疲労感。
途中あのミスター野坂山(登頂300回以上/年)にも遭遇するが、ラッセルの疲労感から撤退したらしい。




ここは以前雪庇があった場所。積雪が多くて、随分広く感じる。
トレースはひとつ。
ワカンに菊型一本ストックの跡なのでたぶんあのワカンおじさん。
今後もたくさん会いそうなので鉄人TJさんとする。
(どうも自分の会社のOBらしい)

さすがやなー。鉄人やわー。

10分ほど考えた末、左膝と相談してここで撤退する事に。
ここまで来たんだから自分に厳しかったやろ?と納得させる。

で、下山。
直後に訪れる激しい痛みガーン

・・・無理しすぎた・・・ダウン

判断ミス。
登り過ぎたなぁ・・・と反省。
左膝を棒のようにしてズルズルゆっくりと下る。

やっぱりしばらく登山は控えた方がいいみたいダウン

半分も下りてきたら雲も晴れ、敦賀湾が綺麗に。




そしてこのつららを撮ってたら水筒落とした。
気付いた時にはかなり下っていて、左膝もあってとても引き返す気になれなかった・・・ダウン



左足を引きずりながら1時間ほどで下山。
水筒落とすわ、左膝は故障するわで散々な山行だったけど、野坂山に冬道の新たなルートがあることも分かり収穫も。
次は左膝が癒えてからだからいつになるか分からないけど、次はこのコースに挑戦したい。

今年の冬はやはり随分雪が多いらしく、野坂山の達人達も雪崩を危惧。
いつも行くコースは危ないとのこと。気を付けねば。




初めて行った雪山で分かった事があった。

普通のトレッキングポールじゃ埋まってしまって使い物にならない。
先っちょが細いからね。

LEKIのポールを使用してるが、探すとこんなものがあった。
LEKI(レキ) ツアーリングバスケット
LEKI(レキ) ツアーリングバスケット

さすがLEKIと言うべきか、この部分だけ変える事が可能なんやね。
いや、これ以外にもたくさんの部品が売りに出てる。
シャア専用みたいに自分専用のポールを作れそうな品揃えやビックリ


LEKI(レキ) 深雪用バスケット
LEKI(レキ) 深雪用バスケット

上のとはまた別に深雪用ってのまである。
さすがにこんなでっかいの付けてたら邪魔そうやテヘッ

大して高くも無いし最初のやつが欲しかったんだけど、納期待ち。
次の雪山には間に合いそうも無かったのでパスした。
どうしても無いと駄目って程でもないので、いつかついでに買おう・・・って思ってた。


そして先日の雪山で使用した我がトレッキングポールがこれ!
たかぼー専用 雪山トレッキングポールシステム。




・・・なんか変デツカ...?( ̄。 ̄)


・・・拡大




なにか?


裏返しちゃう?

見ちゃう?

いやん♪(〃∇〃)




なんだこれ。


前日ね、いくみんがきずみんの玩具整理した際に出たゴミ。
なんかのプラスチックケースだったんだけど、それをハサミでチョキチョキ汗
どうせ捨てるんなら・・・ってね。

この日だけ使えたらいいかーって感じだったけど、これがヒット!
何の問題も無く使える。
材質の問題なのか、写真を見ての通り雪も全然付着しないし、軽い。
もちろん埋まり具合も随分解消したように感じた。

きずみんの玩具ケースもそのまま捨てられるよりは嬉かろニコニコ
何の問題もなく、取り外しも可能なんで、この冬はこれで行きます。
たかぼー専用 雪山トレッキングポールシステムチョキ


110121_1335~01.jpg

新聞に兄貴が載ってた。
(一番左側)

山岳救助隊員らしい。
荒島岳で救助訓練だと。

兄と弟で似たような事やってるけど、立場は真逆(苦笑)
助ける側と助けられる側。

間違っても兄貴には救助されたくない。

救助されてるのに罵声を浴びせられるのは目に見えてる。


雪が降るなか行って来ました、初スノーシュー雪だるま

今日しか行ける都合がつかなかったので、夜勤明けでGo!ダッシュ
スノーシューを体験したいばっかりに雪降れ雪~と昨日から。
なんて可愛いんだ、僕ぶた

10時半のホームグランドの裏山(野坂山)はどうも人の入りが少ない。
車が3台ほどしか停まってない・・・。

歩き始めそうそう、2人のアベックが降りてきた。
すぐそこで引き返してた様子。
話を聞くとその先にトレースはわずかで、先行してるのは2人ほどでは無いかとの事。
でも大丈夫!今日の自分は一味違う!スノーシューあるでよ~チョキ

その辺りまではトレースもあり、アイゼンなんか要らんのでそのまま歩く。
そして栃の木地蔵のポイントからパッタリとトレースが消える。
雪風が強くて消されてるみたい。
ううう・・・大丈夫かぁ・・・ガーン汗

つぼ足でガンガン(弱気に?)進む。

するとトレースが薄っすら見えてきたアップ

俄然元気になりトレース泥棒へテヘッ

雪は降り続き、風も強い。
足もゴボりだしたので、この辺りで新兵器のスノーシューを投入!キラキラ
俺は無敵だーダッシュ

あれ?
トレースがいつもとまったく違うルートへ外れる。

・・・おお!これがその昔野坂山の常連さんに聞いた冬道ってやつか!?

スノーシューでご機嫌にそのトレースを攻める!

そしてまたトレース消える・・・男の子エーン

冬道は初めて。まったく分からん・・・。
今自分がどの辺にいるのか、夏道がどこにあるのか?
今となってはどないしょうもない。
不安になりながら先に進む。

ただ地図は持ってきて無いけど、コンパスはある。
南西の方向に野坂山の頂上があるのは分かっているので、コンパスを見ながら方角が間違っていない事を確認しながら進んだ。
コンパスが初めて役に立った時かもしれないニコニコ



スノーシューの履き心地はなかなかだ。
安い割には必要十分。雪深い新雪の場所でも30cm程の沈みで抑えてくれる。
おお!歩ける!って感動がある。




ただやっぱり短いタイプでよかった。
長い分、雪が乗るので長時間履いてると結構キツイものがあるし、歩き辛いだろな。

コンパスを信じてそのまま直登(冬道は夏道をショートカットする急坂となる)すると風も収まりだしトレースが見えてきた。ホッと胸を撫で下ろすニコニコ

そして前に人影。
あら?先日のワカンおじさんやん。
この前はどうも、と挨拶して雑談すると、この先の尾根沿いは物凄い風で、その影響で雪庇が出来てるから気を付けなさいと忠告を頂く。
おおー、雪庇とは雪山やのー

しばらくするとすぐに2人目の登山者に遭遇。
今までこの山で何度かすれ違ってる方で、なんとなく感じてはいたけど、今日確信。
この人は1年に300日以上野坂山の登ってる強者おじさんだ。
さっきのワカンおじさん凄いけど、この人も凄い。
なんと荷物は黒い傘雨だけだぜ~ビックリ
この時も傘をさして下山して来た。
最強やな、この人。ミスター野坂山や。

吹雪は凄いが、景色も先日とはまた違う。
夏の緑は身を潜め、今は木と雪の白だけ。白もいろんな色があるもんだ。



一の岳を過ぎ、尾根沿いの道に出る。
尾根沿いはさっきワカンおじさんに教えてもらった雪庇に注意して用心深く進んだ。
とりたいトレースよりさらに1mほど内側に入る。
さすがに尾根道なので景色が開けたかわりに物凄い風。

あっ!

気付いたら1mほど左足が雪に取られた。
結構(雪)深いなぁ・・・と前を見た瞬間動きが止まった。

道が無い・・・

今さっきまであった目の前の雪道が無くなってる。
いや、崩れてる・・・。

雪庇だ・・・。

すぐ目の前には今にもそこも崩れそうなヒビ。動けない・・・。
写真でいう左側の木よりさらに雪があったんよ、ここ。
木があるから下に地面(尾根)があると思ってた・・・。

ワカンおじさんが教えてくれ1m程右側に進路を取ったので助かった。
多分自分だけで歩いてたら落ちてた。感謝。
これ、新雪で何の前触れも音もなく崩れていきました。
雪庇の怖さを身をもって体験です。
気を付けましょうね。

その後は慎重に進む。
トレースは吹雪で消えてるけど、尾根沿いなので迷いはしない。
雪山ってなんて綺麗なんだ・・・と新雪の上をご機嫌スノーシューハイク。
天気は悪いけど最高だアップ



2時間半程で頂上に到着。
山小屋は半分埋まっており入れる状態になく。




風も相変わらず物凄いので、すぐに撤退。
風にさらされ植物も凍えてる。


そして下山開始直後、左膝に違和感。すぐに激痛に変わる。
先日、つぼ足でガンガン登った時に捻った影響がここに来て発症とは。
なんで下山直後やねん!先めっちゃあるやんけぇ男の子エーン
と泣いた。

左足を引きずりながらいつもの倍以上かけて下山。
今も左膝が曲げられず。
こりゃしばらく登山はできねーな。


初めてのスノーシューハイク。天気は悪かったものの、左膝以外はご機嫌な一日。
雪庇の危険性や、それ以外にもホームグランドの危険箇所や強風箇所が分かり充実した登山に。
いやー、貴重な体験だった男の子ニコニコ
早く足を治して、また行きたいな。


体験!雪庇の恐怖

| コメント(1637) | トラックバック(0)

雪庇と書いてせっぴと読む。

今日、恐ろしい体験をした。




また後述するが、雪庇があると知ってて、用心していたのにこうなった。

冬山は恐ろしいところです。


スノーシュー買ったぞ。

高っかいの!

あ、うそ。

安っすいの・・・ガーン

だって~、裏山だし~

自分の実力に合ってないし~

大して使用頻度無いだろうし~

道具じゃなくてダイエットしたいだけだし~

高いしダウン

ま、本当に欲しくなったら買いましょう。

今はこの程度で十分さ。

十分だよタラ~


今、家計は火の車爆弾
ポイントだけでのお買い物。




売れ筋のものは60cmを超えてたんで、あえて50cm程のこちらを購入。
バッグも付いて来た。ラッキーキラキラ

次の休み、また裏山行こっと。
・・・雪降るのか?テヘッ


なぜかコーヒー豆

| コメント(1873) | トラックバック(0)

まだスノーシューで迷ってて、迷ってる合間に見たニュース。

コーヒー豆急騰、波紋拡大 メーカー値上げ、外食は「我慢」

もう少しで生豆のストックも無くなるし、高くなる前に買っとこーコーヒーカップとブラジル・コロンビア・グアテマラ・モカシダモの生豆をそれぞれ1kg購入。
4kgもあると結構もつ。うちで3ヶ月くらい?

あっという間に5000円の出費。

やっぱり安いやつで我慢するか・・・ガーン


ナチュラム内を調べれば調べるほど、昨日のMSRスノーシューが貴重な存在であることが分かってきた。

ナチュラムの中で登山用具をざっと見渡してもポイント還元率40%なんて殆ど無い。
よさげな物は以下の2点くらい。
GREGORY(グレゴリー) マカループロ
GREGORY(グレゴリー) マカループロ

グレゴリーの69Lザック。
還元率40%。
いや、ザックは間に合ってる。


MSR ハバハバ
MSR ハバハバ

これはなかなか。
MSRのハバハバといったら人気のテント。
還元率30%。
いや、無雪期のテントはあるし・・・。


還元率40%なんてホンマに異色の貴重な存在に見えてきたキラキラ
MSR Lightning Ascent ライトニングアッセント
MSR Lightning Ascent ライトニングアッセント

買わないと後悔する気がするけど、買っても後悔する気がする・・・。
でも迷ってる時間は・・・ない汗

もう土日なので、明日の夜までに決めよう。
ちょうど日曜日。
・・・競馬(馬券)に運を託すか!
(今まで上手くいった試しなし男の子エーン

検索

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちアウトドアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはDIYです。

次のカテゴリは薪ストーブです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


気功