« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月26日

最後まで魅せる

松永幹夫騎手が今日で引退。
もう絶望的だと思われた1400勝を引き寄せました。
まさかメインの阪急杯をブルーショットガンで持ってくるとは。
これで1399勝目。

さすがに1400勝のかかった12Rはいくみんも興味があるらしく一緒に観戦。
ホッとしました。あるんですね、こんな事も。
この辺はいつもの競馬とはまた違う空気があるように感じます。

良いですね競馬って。(笑)
今後は調教師としてのミッキーに期待です。
三和

2006年02月24日

勘弁願う!

こんなコメントは楽しくありません。

走る気持ちが前面に出てこない様子
稽古での動きが一息
人間に動かされている
走ることに対して気持ちが入ってこない状況
晩成型なのでしょうか

(↑そんなわけねー)

・・・たぶんこの馬、レースに行ったら何も書く事なさそうです・・・。
レースも2・3走でその先は無いかも・・・。

em_022.jpg
後ろ向きなコメントのオンパレード。
時間が経っても希望の光はまったく見えず。

神様〜(村主)

体を良く見せても気持ちがダメじゃお話になりません。
出資する際にはそこが怖いんで、出来る限りその馬の気配から読み取るようにしてます。
思い起こせば・・・確かにこの馬はまずかったかも知れない。
・・・でもそれ以上に安かった。

ああ、安物買いの銭失い・・・。
奇跡よ起これ。
競馬の裏のウラ

2006年02月19日

Coffee

久しぶりにコーヒー豆を取り寄せました。
うちには焙煎器があるので豆は生豆です。

焙煎した豆は酸化するため2週間ほどしかもちませんが、生豆は保存さえ問題なかったら1年位はもつんです。しかも焙煎した豆を買うより全然安く買えますから。(ちなみに挽いた豆は2〜3日しかもちません)

生豆って「きまめ」って呼んでません?
「なままめ」って呼ぶのが正確な読み方なんですよ。
という私も数年前まで「きまめ」って読んでましたけどね。(苦笑)

今は単身赴任で毎日はなかなか飲めなかったんです。Coffee。
でもさすがに先週くらいから限界を感じ、とうとうコーヒー豆やらドリッパーやらを単身赴任先に持ち込みました。(苦笑)

飲めなくなると分かります。朝の一杯がたまりません。(笑)

今回は・・・
ブラジル・ゴールドチェリー(左下)
コロンビア・スプレモ テケンダマ(右下)
モカ・マタリ#9(左上)
グアテマラ・SHBクラシック マヤ(右上)
coffee.jpg
を買いました。
うちが購入するところはキロ売りしかして無いので4キロ買ったことになります。
これで大体3ヶ月くらいは持つかな?
中国産やらなんやら色々な国の豆を買いましたが、結局最後はポピュラーな豆に落ち着きます。

生豆も豆によって大きさや色が違います。モカ・マタリなんて豆は有名ですけど、欠点豆が多くて焙煎後に取り除くのが大変です。写真でも明らかに分かるでしょ?ひどい時には2割くらい捨てるときがあるんですよ。でも独特の良い香りするんだ〜この豆。(苦笑)

味も豆によって特徴がありますし、ストレートもいいですけど自分の好みの味や香りにするブレンドも楽しめます。なかなか奥が深くて面白いですよ。
コーヒー好きな方は自家焙煎どうでしょう。
良い朝が迎えられますよ。(笑)

朝起きた時、コーヒーの香りで目覚め、いくみんが淹れてくれたそのコーヒーを飲むのが私の幸せなひと時です。(朝以外は自分で淹れます・・・。(苦笑))
三和

フェブラリーS 終わってみれば・・・

フェブラリーS、終わってみればカネヒキリでしたね。
予想以上の圧勝で驚きました。
TギアとMボーラーが作り出したペースも向きましたね。

個人的にカネヒキリはスピード不足だと思っていたんです。
もちろん「超一流」の付くレベルの話で。

でもこの馬ずいぶん変わってきてますね。
初ダート戦からこの馬見てますけど、今日のパドックを見ていてそう思いました。
これまでは総合力が高い馬でしたけど、スピード能力が追い付いて来ました。
タダでさえ強いのに「まだ進化するか」という印象を受けました。

パドック前までは正直「ドバイ行ってもなぁ〜」って思っていたんですけど、レース後にはドバイが楽しみになっている自分がいましたよ。ゲンキンなもんです。てへへ。

でも馬券の方は惨敗です。
デカ目を狙ってカネヒキリを2着・3着限定にしてしまいました。
ただ事前予想で軽視していたユートピアをパドックで馬券対象に加えた判断には自己満。

EOS 5Dへの道は果てしなく遠いです。(笑)
三和

フェブラリーステークス・・・一頭?

今週は余裕ぶっこいてフェブラリーSの事ばかり考えてました。
おかげで金曜日の試験問題見た時にはたまげました。
あまりの想定外の問題で・・・。(苦笑)
ちょっと慣れて来たせいかダメですね。最近はだるだるモード。
来週から再度気合をビシッ!と引き締め直す予定です。・・・あくまで予定。

今年のフェブラリーSは良いメンツが揃いましたね。

1番人気は決まっていたわけですけど、決して飛び抜けてるわけじゃないですからね。
個人的には3着を外してもまったく不思議ないと思ってる次第。

火曜日の時点でどの程度の頭数に絞れるか、消去法で消していきました。
そしたら・・・消せたのニホンピロサートだけだったんですよね。・・・1頭かよ。(汗)

ワタクシ、ドダケ買ウンデツカ・・・???

まぁ、それくらい良いメンツが集まってるという事なんですけど、馬券は困りますね。
昨日、枠番が発表されてとりあえずもう数頭は消去出来ました。
もうあとはパドック判断です。

来週から気合を入れ直すためにも、ここは馬券も一丁ビシッ!と当てておきたいもんです。
競馬の裏のウラ

2006年02月16日

不名誉な称号へ一歩前進

昨日書いたばかりのビショップガーデン。
不名誉な称号へ一歩近づきました。

美浦に入厩して40日目にして初追いきり。
初追いきりのタイムって、その馬の将来が少し見えてしまうもんです。

06.02.15 助手 美南W良 5F 70.4 53.8 39.5 13.7 5 一杯に追う
    カシマワンダー(新馬)馬なりの内0.1秒遅れ
06.02.15 助手 美南坂良 1本 59.1 43.8 28.9 14.3 馬なり余力
   カシマワンダー(新馬)馬なりに0.1秒先行同入

え〜ん(;_;)
競馬NET

2006年02月15日

大丈夫かのぉ〜うちのデインヒル産駒

サウスニアのデインヒル産駒の一頭がひっそりと引退しました。
うちの馬ではなくジャングルクルーズという馬です。
ある意味凄い戦績で引退となったんですが、この馬も気持ちの問題が大きかったようです。

私がファンタストに行った時にお奨めされた馬です。
ユーロスターの時もそうでしたが、現地の声もある意味怖いもんです。

さて、うちにも気持ちに問題がありそうなデインヒル産駒が一頭居るんで心配です。
1年後、ええっ!デインヒル産駒で!?って皆に馬鹿にされそうで怖い。(笑)
em_019.jpg

最悪勝たなくても良し。
とりあえず最弱デインヒル産駒の不名誉な称号だけは回避すべし。
三和

2006年02月14日

お疲れさん

ウェルシュステラ、10着でしたがとりあえず無事に帰ってきたようです。
これで引退になります。どうもお疲れさん。頑張りました。
この馬に関しては何も言うことありません。本当に良くやってくれました。

ただ・・・

あの仕上げは何なのか。
あの状態で走らせる意味が何かあったのか。
・・・わからん。
何も無かったから良かったものの。
何かスッキリしない引退レース。
それだけが残念でした。
競馬NET

2006年02月09日

とうとう引退レースです。

ウェルシュステラの引退が決まりました。
今度の日曜日 東京10R 立春賞(1000万下・芝2000m)が引退レースになります。
騎手はバルジューさん。得意の東京コースで最後です。
(と言いつつ東京では未勝利・・・苦笑)

分かってはいましたが、決まってみるとやはりチト凹みます。。。
でも本当に良く頑張ってくれました。私の中では名馬です。
こんな馬をまた持てたら良いなと思います。

ca_199.jpg
高市調教師のコメントです。

「走る気持ちは維持できていても、これだけレース数を使ってきた馬ですから、目に見えない疲労の蓄積もあるでしょう。現年齢を考えると、何かあってからでは遅いですし、馬にも失礼にあたります。ゆえに今回は大事をとった仕上げとなっていますので、その辺はご了承いただきたいと思います。ここまでよく頑張ってくれた彼女の最後のゼッケン姿。ぜひ競馬場に足を運んであげてください」

一度はレースを目の前で見てみたかったのですが叶いませんでした。
皆様、おばさんの最後を応援してやってくださいませ。

明日テストなんですが、書かずにはいれませんでした・・・。やばいよ。
競馬NET

2006年02月08日

凄いラインナップになりつつある・・・

最近、うちの出資馬のラインナップが凄くなってきました。

・・・何が凄いって・・・た・体重が。(汗)

これは記録じゃないのか!?(何の)

平均したらなんと515kg!(7頭)

わんだほー w(°o°)w

分かってる時点での体重は・・・

No.1 エラティス04 566kg 2歳にしてこの貫禄。どこまで行くのか・・・。
No.2 ストームファング 554kg 休みまくってぶくぶくじゃ。
No.3 エイプリルウインド 527kg 走っても走っても減りません。本日入厩!
No.4 ビショップガーデン 510kg 2歳(去年)の9月時点での体重ですけどね。
No.5 ウェルシュステラ 504kg 今週出走の女の子。もうすぐお母さんへ。
No.6 ヘンリーズフォーク 490kg ・・・490kgで6位?って感じですね。
No.7 ファモーザ04 454kg 唯一控え目。2歳なりたててだからむしろこれが普通。

大きい馬が好きだと言い続けていましたが、やり過ぎたか。。。

つーか エラティス04 はすでに戦線離脱なのでは・・・。(笑)

・・・巨漢馬万歳。
三和

2006年02月05日

EOS 5D への道

先週、根岸Sをなけなしの1500円で当てたんで、今週はそれを増やしてEOS 5Dゲッツ!
と目論んでいたんですが今週は無理でした。来週また頑張りまっす。

今日はいくみんとメインレース見てたんですけど、なんだか後から考えると面白いんですよね。

共同通信杯、パドックも見て行けると確信したんで3連単の1着軸にアドマイヤムーン。
1倍台の1番人気にフサイチリシャールでしたが、そんな時に2番3番人気に乗る武豊って怖いですよね。
豊っち本人はあくまでも「他馬は気にせず、自分の馬の力を出してあげるだけ」っていつも言いますけど、あれだけキッチリ1番人気を差して来て「どの口がそう言う、この口か!」って思いません?(笑)
無茶苦茶負けず嫌いな人ですしね。

いくみんに「見ててみ、絶対にユーイチの馬ゴール前で差すで。必ずイイトコ取りする人やから。間違いない。ブツブツブツ・・・標的がキッチリ決まってる時の豊っちは絶対に怖いで」って言ってたんですよ。

で、シルクロードSのパドックでいくみんに「この馬良いぞぉ」って言ったのがマイネルアルビオン。
ハンデも54キロで、ノリにノッてるのが馬体から伝わってきます。こういう時の大型馬には逆らわない方が幸せです。
つーことで3連単の1着軸にしたんですが、どーしても気に掛かる不安材料が・・・。
いくみんに「一番の不安要素がコーシローなんよねぇ・・・こっちの武ちゃんは怖いんよぉ〜。絶対にコケよるんよなぁ・・・絶対やで、間違いない・・・ブツブツブツ・・・」
と不安に怯えつつ1着軸に。

同じ武なのにエライ言われようです。
コーシローよ、腕磨け。

まぁ、負けはしましたけど今回のレースでの乗り方に不満はありません。
叫びましたけどね「コーシロー(&ナベ←チミは2着で良かったのに・・・)の馬鹿たれ〜!」と。
全然悪意はないですよ。(笑)

いくみんもそれを聞いていて楽しそうにしてました。
ウチってたぶん好きなんですよ、武兄弟。・・・たぶん。
ブツブツ言いながらも嫌いになれないですから、コーシロー。(苦笑)

レースが終わってから自分の言ってた事を思い返し、面白い兄弟だと改めて思いましたよ。
競馬NET

2006年02月03日

大穴は大穴で終わるのか・・・

うちには「ひょっとしたらひょっとするかも〜!」ってな具合で出資したデインヒル産駒がいるんですけど、なんだか大穴は大穴で終わりそうな気配がしてきました。(苦笑)

馬体の成長は考えていた以上のカーブを描いていたのですが、気性面でどうも暗雲が・・・。
なんでうちの馬達はこんな馬ばかり集まってしまうのか・・・いや選んでしまうのか、自分よ。

ビショップガーデンという名前を貰い、すでにトレセンに入厩し調教を積まれてるのですが、関係者曰くどうも"自分が何をしていいのか分からない"状態にあるそうなんですよね。

・・・相当重度の天然ボケ入ってますよね、これ。

う〜ん、なんとか劇的に変わらないものか。
なんかブスッ!!として、おお!・・・てなもんはないのか?

じゃないと鼻息荒く出資した、あの世界のデインヒル産駒2騎が全滅です。あ〜れ〜・・・。
現実は厳しかとですねぇ・・・。(苦笑)
三和