« 大健闘でした! | メイン | タニノギムレット産駒の行方 »

2007年01月16日

今はじっと辛抱の時

アルナスラインが頑張ってくれていますが、今、私の稼動馬はアルナスのみ。孤軍奮闘と言った感じです。他の競走年齢に達している出資馬たちは、どこかに故障を抱えていて休養中という状況。援軍無し。(苦笑)
そろそろ誰か帰ってこーい!

休養中の1頭、エイプリルウインド
半年前に屈腱炎で全治9ヵ月の診断が下っていて現在休養中です。
去年の春はこの馬が頑張ってくれて盛り上げてくれました。
一時は秋の菊花賞へ!という夢を持たせてくれましたし、資金の苦しい時期にあった社台募集では資金集めに大きく協力してくれました。感謝感謝の1頭です。
(おかげさまでリビングデイライツ05に出資する事が出来ました)
さすがにそろそろ話題に触れて置かないと思い・・・。
9月から「4月風」のエントリーが全然増えてませんし。(苦笑)
06/9/8 GWにて。翌日北海道へ旅立ちました。

と言っても何もして無いのが現状です。ひたすら「忍」の一文字。
北海道の田口トレーニングファームという所で、軽負荷のウォーキングとサンシャイン放牧をしてるだけで、幹部の回復を待っているような状況。冬を過ぎるまではこのままかな。
夏前には競馬場で姿を見れると良いのだけれど・・・。

馬体的には想像以上の奥深さを持っていたので非常に期待しています。
ただ「完全な姿で帰ってくるとは思うまい・・・」とはいつも言い聞かせていますが・・・。
とにかく今は耐え忍び、時を待ち、帰ってくるのを待っています。
完全に治す事は無理ですから上手く患部と付き合っていくより他にありません。
苦しい時期を助けてくれた馬。何とか何とか・・・。(祈)
競馬の裏のウラ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://umakichiguy.orz.ne.jp/movable_type/mt-tb.cgi/473

コメント

ぶっぽうそう特別のパドックで1頭際立っていたのがこの馬でした。たかぼーさんの馬を探そうと思ったのは確かですがあの辺りと視線を向けた瞬間飛び込んできた感じです。もちろん単勝で勝負させていただきました。大変美味しかったです。だから贔屓目もあるかも知れません。それでもステイゴールドのファーストブレイクはこの馬が成し遂げていた筈と確信しております。順調な復帰を心待ちにしております。

ありがとうございますー。
いやー嬉しいこと言ってくれますねぇ。
確かにぶっぽうそう特別の時、アルセーヌさんは随分褒めてくれてましたね。

>ファーストブレイク

私も実は秋ならあるんじゃないかと期待してました。
さすがに表向いて言えませんが、凄い期待してました。
それだけに故障には叩き落されました。
それをアルナスラインが救ってくれてます。
アルにも感謝感謝です。

コメントを投稿