« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月22日

壁板・床板貼り

2月11日

20080211_5.jpg
大工さんと一緒に2階の壁板を貼り出しました。これは子供部屋の壁板です。
と言うか、2階には子供部屋しかないんで、壁はココだけですが。
(あとはロフト空間があるだけ。いたってシンプルな家です。)
右側の空間は、急遽現場で空けてもらった扉枠です。
この扉枠の下はリビングで、子供部屋から物が降ってくるのはまず間違いありません。(笑)
この扉は私が作成する予定です。

壁板に関しては大工さんがずいぶんお怒りで、質が悪いとの事。
フィンランドから輸入されてる板材で、これが「欧米か! ・・・いや、北欧か!ってヤツか」とブツブツ言っておりました。(苦笑)
一枚一枚加工して長さをあわせ、反りをなくす細工をしているので、ずいぶんと時間が掛かります。


2月14日

20080214_1.jpg
2階の子供部屋の反対側です。こちらの壁も貼り出しました。
扉枠以外に右枠に枠が設けてあります。ココも急遽空けてもらった枠で、ブロックガラスを埋め込む予定。


2月16日

20080216_1.jpg
鉛筆の跡を落としている私です。
ここは吹き抜けの最上部。下は1階のリビングですからビビリながらの作業です。(笑)
ログを積上げていく時にメーカー側の大工さんが付けた印が物凄い数、ログ壁に残されてます。
本来はハウスメーカーさんが消すらしいのですが、次の日には足場を取り外すとの事で私が消さねばならない状況へ。ま、自分の家ですし。子供たちにも少し手伝って(遊び?)もらいましたので、その記憶が残っていれば部屋の壁に落書きする事も無くなるかなーっと思っております。

20080216_2.jpg
2階の壁が完成し、ブロックガラスが設置されました。この奥には子供部屋のグルニエ(中2階)があるので、そこを少しでも明るくと思っての配慮です。逆にグルニエの照明が照らされれば、その明かりが1階のリビングにもブロックガラスを通してきれいに見える(だろう)と思い設置。思い付きで家作ってます。(笑) 後は私が担当する扉ですなぁ・・・。


2月17日

20080217_1.jpg
また雪が大量に降りましたー!
カメムシが大量発生すると、その年は大雪になるという言い伝え知ってます?去年の暮れ、多かったんですよー。言い伝えじゃないですね、間違いなくそういう実績が出てます。(笑)


2月18日
いくみんの誕生日です。何事もなく過ぎて行きました・・・すまそ。

20080218_1.jpg
2階の幅木を取り付けている図。床板とログ壁の境を隠す板となります。そこはどうしてもきっちりした仕事が出来ませんからねぇ。うちの大工さん、昔からの日本建築の職人さんなので、こういう隠す仕事は大嫌いな様子。いつもブツブツ言いながら仕事してます。(笑)
ログハウスでは当たり前の技術(ある意味)なんでしょうけど、途中からは「俺はこんな事せん。隠さんで良いようにピチッと作ってやる。」と半暴走。(笑)
幅木には仕上げを隠すという意味と、板や壁が収縮する事による生じる隙間をカバーすると言う2つの意味があるんでしょうけど、「木が収縮するのは日本建築もログも一緒。職人の腕の問題や。」と・・・。まぁ、上手に作ってくれれば私は文句ありません。(笑)


2月21日

20080221_1.jpg
2階は手摺り部分を除いてほぼ終了し、いよいよ1階の造作に入りました。まずは天井貼りからスタートです。ここは2階の床貼り部分で触れた悪さが残ってる部分です。(ここの2月3〜4日分の日記参照)天井板が水平に貼れるように垂木と天井板の間に加工した板を取り付けていきます。ほぼ全ての垂木にその作業をしなければいけません・・・。

20080221_2.jpg
天井を貼るくらいなら私も出来るようになりましたが、1階のレベルを調整しながらの天井貼りはレベルが高くて逃避。(笑) 自分に課せられた作業を行います。子供部屋の扉作成です。お父さん頑張ってます。(笑)


2月23日

20080223_1.jpg
これはどこの部分かわかりますか?
玄関扉の幕板(ケーシング)です。「2階のケーシングと同じような仕上がりをさせて、1階と2階のアンバランスを解消させましょう」と大工さんに提案したところ、これが出来上がりました。
最初「鳥居か?」と思いましたが、設置してみると違和感ありません。ただ、これでまた色塗りをしなければいけなくなりました・・・。(苦笑)


2月24日

20080224_1.jpg
20080224_2.jpg
とうとう私の作業が終了しました。子供部屋の扉の完成です。天井材を貼り合わせて作った扉板は、いくみんの希望にお応えし屋根の角度にあわせた貼り方で。また子供部屋からはちょっとした鍵を作り、遊び心を演出。初めて扉を作っただけに細かな不満は大ですが、まぁまぁ。

我が家のアイドル きずみん

約束しちゃったんで、きずみんたんじょうの1年後をUP。
写真を撮りながら約束しなけりゃ良かったと後悔・・・。
確かにカメラマンの腕も悪いが、モデルもちょっと・・・問題あり。

とりあえず見ちゃますか?
きずみん誕生から1年後。

きずみん1年後写真

・・・ハートのお鼻がとってもキュート。
なんて。
まー、似てなくもないですが。(笑)

さて、本物です。

20080318_2.jpg

この日は上のお兄ちゃんの卒園式でお出かけ。
髪をいくみんに結んでもらいました。
私は男兄弟なので、こういう風景は新鮮です。
これを見ると「あ〜、女の子だなー」って思います。・・・この時だけ。

20080318_3.jpg
当然の事ながら、1歳児健診では肥満気味に分類。(苦笑) まぁ、最近歩き出したんで少しは細くなってくるかな?とあまり心配はしてませんがねー。 ・・・と言うか、そうなるように願ってる。(笑)
20080318_4.jpg
卒園式を抜け出し(暴れて居れない)、ガラスに映った自分にブチュブチュしてました。 すぐに大きくなるから、こんな姿ももう見れなくなるんでしょうね。
20080318_5.jpg
卒園する親達に混ざって我が物顔。 いくみん&たかぼーはまったく違う場所から、「ぶちゃいくな子ねー、誰の子なのかしら?」と観戦。 不細工さをお互いになすり付けあいする困った両親。
20080318_6.jpg
我が家の愚連隊に入隊する日も・・・近い。(困)

以上、1年後のきずみんでした。
ぶちゃいくでも良いから、元気に育つんだよー。(笑)

2008年03月16日

レジェンドホースに勲章マーク

先日のディアデラノビアの引退や、フィフティーワナーの快勝劇、クワイエットデイの頑張りに触発され、みんなのお馬の馬名の前に

litem.gif
勲章マークを付けました。
もちろん特定の馬だけです。

昔から特別な馬にはなんかあげたいなーと思っていたんですよね。
ですから、私からあげるものは勲章にしました。
あげるも何も・・・ただ勲章マーク付けただけですけどね。(笑)

最低条件は重賞勝馬である事。
これだけでもとんでもないハードルですが、それだけでは勲章はあげれません。(笑)
・・・私の個人的な趣味が入ります。(ええぇ〜)
勲章マークが増えていけば良いですね。

私も勲章マークを自信を持って付けられる伝説の馬に数多く出資したいもんです。
そして目指すはレジェンド一口馬主です。(笑)

2008年03月13日

気が付けば1年同士

もう数日過ぎてますが、3月9日できずみん(絆生)が生まれて1年が経ちました。
いくみんのブログではじゃが子じゃが子とひどい言われようですが、私には可愛くて仕方ありません。(笑)

誕生日もログハウス建築の忙しさにかまけて、何も無いまま過ぎて行きました。(苦笑)
かわいそーという声があちらこちらから聞こえてきそうです。(現に身近な所では言われてますけど・・・)
大丈夫、愛はたっぷりあるので。ご心配無用。(笑)

と言うことは、きずみんが生まれた時に買ったCANONの一眼レフカメラ EOS 5Dも1年目です。
このカメラ、ものすごい活躍してます。
きずみんを撮るために買ったのに、明らかに違う被写体ばかり撮ってますがね。(笑)
良いカメラです。

ですんで1年目同士、今度きずみんの写真を5Dで撮ろうと思います。
・・・いや、3月9日に撮ろうと思ってたんすけど、そのままずるずる来てるもんで書いてます。ある程度プレッシャーを掛けておかねば。(笑)
撮った写真は出せる分に関してはUPしますんでお楽しみに。(1年ぶりの登場か?)

2008年03月12日

アルナスライン ハンブルク?

・・・寝てしまった。
ログ記録の更新しようと思ってたのに・・・。溜まる一方だなぁ。
今日(昨日)も偽大工さんとして、活躍(と思ってる)しましたから疲れてるんです。(笑)

競馬ブックでアルナスラインの次走がハンブルクCとなっていたようです。へぇー。
乗り出してからは体調が良く、だいぶ戻って来てると言うことなんでしょう。
・・・天皇賞・春に間に合う?(苦笑)

どうも強いメンツを避けてるのか重賞スタートというプランは聞こえない。
重賞勝ち実績が無いだけにハンデスタートが有利と考え、またデカ馬だけに多少のハンデは苦にならないと考えているのかも知れない茂ちゃんまん。
とにかく故障は避けるべし。(笑)

個人的には出来れば天・春出て欲しいと言う気持ちもあるし、中一週菊花賞で体調↓という事を考えると、じっくり宝塚目標でも良いかな〜と揺れてます。
ま、どちらにしても贅沢なレース選択な訳で、今が我が人生の春かなー?(笑)
・・・後は下り坂があるだけ?今後の一口人生が怖い・・・。(苦笑)

気になるのは騎手ですね。
そのまま和田ちゃんかなー。
どうもそんな気がするなー。
天皇賞終わるまでは。
ちょっとしたサプライズが欲しい気がする・・・。
(実はメトロポリタンSならウチパクもある???と思ってただけに・・・苦笑)

弱い弱いと言われている現4歳牡馬達。
言わせておけーと思う反面、実績面から確かに弱っちいのも事実。
・・・マジで弱いのかも・・・と今はオドオド。
が、勝ったら鬼の首とったどー!状態になるのは明白。(笑)
先週はタスカータソルテも重賞勝ちましたし、これからが4歳牡馬達の本領発揮。
アルナスラインもそこに加わりたい。
今年の暮れには勢力図がどう変化してるのか、その辺りもちょっとした楽しみです。

2008年03月09日

ザナドゥ ううぅ3着・・・

ザナドゥの2戦目、3着でした・・・orz
単勝1.6倍に応えられず・・・。あうち。

パドック&レースぶりからも、先がちょっと見えてしまった敗戦でした。
3着という着順以上に凹んでます。(苦笑)

2年続けてクラシック血統から遠ざかっていたので、今年の社台募集はそこを狙うつもりでしたが、どうも資金繰りが厳しくなってきたなぁ・・。
馬が運んでくるお金は期待せず、地道に働こう・・・。(苦笑)

ザナドゥ2戦目 できん子か?

夜勤と夜勤の谷間です。
本来なら構わずログハウス建築現場に向かうのですが、今日はザナドゥの2戦目(人気)という事で勘弁してもらいました。

前走あれだけちぎられた3着なのに、かなり人気してます。
メンツを見渡すとかなり恵まれた感じ。
・・・というか、これだけ実績の薄いメンツと対戦するのは初めてかも。(苦笑)

相手はキャロットのグロッケンラインくらいしか見当たらない。
グロッケンラインの出資者には申し訳ないが、勝てる時にきちっと勝つ!
だって後が辛いからね・・・。(苦笑)

心配事は、学習能力が高い馬らしいので前走あれだけちぎられた事に凹んでいないかだけ。
「どうせ僕はできん子なんや・・・」と馬がいじけてしまってないか?(笑)
出来れば、そんな余計な事に頭を使って欲しくない。(苦笑)

さて、パドックでも見てこよー。

2008年03月05日

ディアデラノビア引退で思う

JRAのHPで正式にディアデラノビアの引退が発表されていました。
うちでは常連さんのマロンさんの持馬で、古くから見続けてる馬の一頭です。

25戦ですか。
内容の濃い25戦ですよ。
25戦のうち23戦がグレードレース。
クラシック出走に海外遠征。牝馬ですからねぇ。凄い馬です。

この馬の同期、同厩、同馬主にシーザリオが居ますが、果たしてどちらが名馬か?と少し考えてしまいます。
名馬というか、自分ならどちらの馬に出資したいだろうか?と。
もちろんどちらの馬も名馬です。それは間違いありません。
価値観も人それぞれですから、G1勝馬がやはり上と見る人もいるでしょう。

パーフェクト連対のG1勝馬か、25戦5勝のG1未勝利馬。
わずか6戦で志半ばに引退してしまう馬と、クラブ規定の競争年齢まで走りきった馬。

シーザリオに出資されてた方は気を悪くしてしまわれるかもしれませんが、やはり私の中での名馬はディアデラノビアです。
最後まで走りぬいた彼女は出資者にとって誇りでしょう。
一口ですから本当の馬主ではありません。
大事なのは、どれだけその馬に思い込めるかです。
クラブ規定の引退期限まで走りぬけば名馬と言うことではなく、やりきったか。

こんな馬を見つけたいものですね。
きれい事じゃなく、心の底からお疲れ様といえる馬。
一口辞めるまでに何頭と出会えるだろうか。