« 2008年03月 | メイン | 2008年05月 »

2008年04月28日

たかぼー@セカンドハウス有り

ログハウスに本格的に住み始めました。
今日は朝から薪ストーブの火入れ式を実施。良い感じです。

と言っても、まだまだ引越しは半分くらい。
社宅にはまだまだ荷物が山積み・・・。
ログハウスと社宅、自宅が2つあるような生活を送っています。
どちらも電気代や水道代はしっかり払わされているので辛い。
しかもテレビはまだ映りません。(苦笑)

ですから未だにアルナスラインのメトロポリタンSを綺麗な映像で見れてません。
次の目黒記念までには映るだろうな・・・。不安。(笑)

忙しい合間を縫って、社台ツアーの申し込みをしました。
初めての宿泊ツアーです。
6月後半の組なので、被った方はあちらで是非お会いしましょう。

・・・と言っても、若干投函が出遅れた感があり、非常に不安です。
ダメだったら、、、えどさんごめんなさい。(笑)

GW明けまではバタバタしそうです。
頑張りまーす。

2008年04月26日

スカパー映らんやんけー(爆泣)

たかぼー@ログハウスです。
アルナスラインの勝利を知り、引越し荷物整理の手を休めブログ更新。(笑)
いくみんからは冷たい視線。。。

今日の最大の目標、メインレースまでにTVの設置を終えること。
(たかぼー、新居に引越し中です)
・・・で、昼前にはTV設置終わるも、TV見れず。映らず・・・。あら?
悪戦苦闘すること1時間。見れず。

スカパーはTVが見れなくてもアンテナ受信出来てれば見れる事に気付き、そこから急遽スカパー設置に向かうものの、「アンテナショート」のエラーメッセージ。・・・悲劇。
1時間程粘るものの、受信レベルは0レベルからピクリとも動かず。(泣)

このログハウス、TVもスカパーも映らんやんけー!!!(爆泣)
(もちろんログハウスのせいではない)

結局JRAのHPで録画動画を見て結果を知るという結果に。
勝ったのの、パドック見たかった。
録画し、記録に残したかった。。。
綺麗な映像で見たかった・・・。。。。。

もちろん馬券も買えませんでした。
まぁ、買えなかったから勝ったのか、勝ったから買えなかったのか。

とにかく、こ汚い動画で見ても強さはわかりました。
(鞭いれなくても勝てたんちゃう?また骨折しちゃうよ。苦笑)
正直なところ、予想通り。期待通り。(嫌味ではありません・・・)
後は無事に本番へ。
もう皐月賞前のようなことは御免です。
無事に無事に。。。

2008年04月25日

アルナスライン出走も

・・・すでにくたびれてます。もう眠い・・・。
夜勤明けで玄関のタイル貼り(追加分)&床のワックス掛け。
明日アルナスラインの復帰戦なのにそれどころでは無いという状況。
もちろん楽しみにしてますが、見れるかなー。

明日は引越し。
完全な引越しは止め、大型の物品のみを運び込みます。
冷蔵庫や洗濯機、TV等。
この「TV等」が問題。
スカパーやDVDレコーダーも含まれてるので、早めに運び入れ、設定まで実施。
メインレースまでに間に合うのか?っていう感じです。(笑)

ハンデ戦で、トップハンデという名誉。
何故かこんなところにココナッツパンチが出てきて、ちと厄介な相手。
気が付けば、ニュービギニングまでいる。しつこー。(笑)
菊花賞2着馬に恥じないレースをして欲しいと思ってます。

引っ越し祝いで、馬券も買います。当て(た)るぞ!

2008年04月21日

縦縞社台

去年まで調子が悪い悪いと言われていた縦縞。
高松宮記念や桜花賞を抜いて、とうとう皐月賞まで。
さすがの底力。

気が付けばフェブラリーもバッテンで社台グループの独壇場。
なんで募集前に走るのか。また混乱しそうな今年の出資馬選び。(苦笑)

いつもの紹介キャンペーンもはじまってます。
ただウチでは引越しも重なる事から5月に入ってからお知らせする予定。
やや期間が短くなります(5月終わりまで)が、よろしくお願いします。
ただでパンフ貰って動向を探ってるだけでも面白いと思いますよ。


さぁ、今週はようやくアルナスラインが登場します。
菊花賞以来ですからとりあえずの叩きですが、そんな余裕はありません。
天狗になってるわけじゃないですが、目標は高いところにあります。
この辺りで頭打ちになってもらっては困ります。狙うは優勝のみ。(苦笑)

先週の調教では驚きの4F 50.3s!目が点。
まぁ、和田ちゃん乗ってますが、この日の坂路一番時計。
まだ太め残りと聞いてますが、頑張ってます。

今週の土曜日は熱いぜ!と言いたい所ですが、その日は引越し予定日。(笑)
当然スカパーはもちろん、TVも映るかどうか知れません。
でも何とかします。もちろん!馬きちGuy!ですから。(笑)

2008年04月19日

ストーブ設置〜ウッドデッキ製作

4月13日
完了工事は終わりましたが、まだやらねばならない事は残ってます。
電気の配線なんか、まだびろろーんって出てますしね。(苦笑)

この日は帰宅していた大工さんがやって来て、キッチンの棚を製作してくれました。
まぁ、こちらのサイズ通りには作ってもらったんですが、木の材質・質感がいただけず、あまり気に入る仕上がりにはなりませんでした。ま、一番使う頻度が高いであろういくみんは、そう感じていないようなので由とします。(苦笑)
(なぜか、写真が無い。撮ってない。・・・その気持ちの表れか?(苦笑))

4月14日
この日は忙しかったなー。
分かってただけでも電気屋さんがエアコンの取り外しに社宅に来る。案内要。
ストーブが設置されるので、確認要。
市の固定資産税の調査が入る。立会い要。
その3つが全て午前中。
しかも頼みのいくみんは幼稚園の役員会へ出席の為、不在。
逆に幼稚園までの送り迎えを頼まれる程。
でも休みじゃないんすよ私。昼から仕事。(苦笑)

20080414_1.jpg
さ、忙しくなるぞーと朝一に現場で掃除してたら、電気屋さんがやって来ました。 固定資産税の調査が入るので、エアコンの取外しを少し待ってもらう旨を告げると、とりあえず残っていた照明の残り分の取付けを開始しました。 リビングの照明はダウンライトとスポットライトを併用する事にしました。 メインはダウンライトになるんでしょうが、こればっかりは暮らしてみないと分かりません。 スポットは欲しい部分に直接向けて使うようになるのかな?

20080414_2.jpg
そうこうしてる間に市役所の固定資産税の調査員がやって来ました。 これまで居た町役場職員の対応とは違い、そこそこ丁寧です。 これまで3度ほどこの市役所に行きましたが、全体的にそんな印象。 役所仕事と行っても場所によって違うんだなーと。(前の役場対応が悪すぎた?) ただ、ぼそぼそ話されて何を言ってるのか分かりませんでしたが。 合い間合い間の会話を盗み聞きしてると「天窓は・・・3つ。・・・あっ4つですね。」とか、窓・扉サイズやその数で固定資産税はアップしていく様子。(むむむ・・・天窓増やしちまったぜぇ〜) 割と呆気なく調査は終了。20分ほどだったかな。さて、いくら請求して来るんだろーか。

20080414_3.jpg
またしばらくしたらハウスメーカーさんがストーブを持って来てくれました。 とりあえず現場を任せて電気屋さんと社宅にエアコンの取外しに向かいます。 (まぁ、エアコン使わない家庭なんで、無くても良いんすけどね) で、帰って来たら足場が設置されてました。家の中に。 実績で、この足場を設置しシーリングファンの修理をするのに7万円請求するそうです。 シーリングファンは保証あったらしいですから、足場の設置ってめちゃ高けーす。



20080414_4.jpg

さぁ、いよいよ私が一番楽しみにしていた薪ストーブの設置です。
・・・と思ったんですがこの日はあいにくの雨模様。降ったりやんだり定まりません。
薪ストーブ設置に集まった男達もお天道様には勝てません。
雨を眺めながら、しばし雑談。「やまねーなー」
という事でいったん昼飯をはさむ事に。

20080414_5.jpg

昼には雨も一旦止んでくれ、飯休憩をしている電気屋さんを借り出してようやく薪ストーブの運び込みです。 男4人で引きずり込みます。なんたって200kg程あるストーブですから4人でも担ぐ事はほぼ不可能。デッキの上をズルズルーと引きずります。後から知った事ですが、現場監督さんはヘルニア持ちだったらしい。
ぐったりしてる現場監督の様子。あー痛てー・・・
ごめんなさいね。

20080414_7.jpg
20080414_8.jpg
20080414_9.jpg
20080414_10.jpg
今回設置したストーブはダッチウエストのフェデラルコンベクションヒーターFA225です。このログ建築記録を最初から見て頂いてる人はお分かりだと思いますが、このストーブに行き着くまでには物凄い時間がかかってます。本県・他県も含めいろんなストーブ屋さんに行きましたし聞きました。長男坊は去年の夏休み中にこんなストーブ選び旅をしていたのもですから、幼稚園の夏休み中の宿題の絵に、他の子たちがプールやカキ氷やという絵を書いてくる中で、燃え盛るストーブを書き、先生を混乱させたくらいです。(笑)

なかなか決定出来ずに無理やり「よし!」と決めた後に2度ほど変更し、このストーブに行き着きました。それだけ思い入れのあるストーブです。これから家族を暖めてくれますよう、お願いしますね。
一応階段の下にストーブを入れてはありますが、熱はそのまま上に逃げるでしょうし、シーリングファンを付けました。意外とほこりが溜まる物らしく、どうやって掃除するんだ?と家を見に来た先輩夫婦に聞かれ実演。まぁ、何とかなりそうです。危険なので、その役割が私に回ってくるのは100%ですが。(苦笑)

20080414_11.jpg
薪ストーブが設置されたので、これまで社宅で邪魔者扱いされていたグリルコンボクッカー(10inch)を入れてみました。ギリギリ入る大きさで、何とか使い物になりそうです。ただ、片手で扱うには重過ぎる・・・。(苦笑)



4月15日
デッキの製作に取り掛かります。
これまでデッキには物が散乱、物置き場として使用されていたため手付かずでしたが、もう最終段階。ようやくデッキの製作に取り掛かれます。気にしていたのはデッキ材(イペ)が腐食していないかということ。なんせ数ヶ月間、雨漏れするシートの中に放置でしたから。まー、イペだから大丈夫でしょって気持ちはあるのですが、言っても木ですからねぇ。
でもさすがです。さすが高級材なだけあります。全く問題なし。カビなし。完璧。
ただ!めっちゃ硬い!
デッキに釘打ちするんですが、刺さらない!すぐにステンレスの釘が「ふにゃ」です。
物凄い神経を集中させ、軽く真っ直ぐ打ち込む!真っ直ぐ真っ直ぐ真っ直ぐ・・・
釘打つだけで午前中使いました。
あまりの大変さに途中で、釘の先にちょっとだけオリーブオイルを冗談でつけてみたらこれがヒット。
その後はスイスイ作業が進みました。イペやウリンを施工する人にはお勧めです。
(あまりに集中していたので写真取るの忘れました)

4月16日

20080416_1.jpg
デッキの階段作成です。
イペ材で階段を作ってもらいました。無理言って余ってるイペ材で両サイドに設置。
このデッキで朝から夕方までコーヒーを飲みながら競馬新聞を読み、リモコンでリビングにある42inchテレビ&スカパー&PATで競馬三昧するのが、この家を作る当初からの私の計画。出来るかな?楽しみー。(苦笑)

20080416_2.jpg
私はまたしても色塗り。しかもログに塗ってまーす。 何が出来るかは翌日までのお楽しみ。 出来上がるのは楽しみだけど、塗るのはもうコリゴリだー。(苦笑)

2008年04月11日

扉取付け〜完了検査

4月6日
この日は朝から長男坊の入学式。ピカピカの一年生です。
このログハウス、出来れば正月までに、最悪でも入学式までには確実に間に合うように、と予定を組んできたのですが、結局間に合いませんでした。まさかこんなに時間が掛かるとは誤算でした。(笑)
ただ、なんとか新築現場に近い小学校に入学はでき、恐れていた転校は免れる事が出来たので問題なし。
まぁ、しばらくは車で社宅からログハウスまで行き、そこから集団登校の集合場所まで通うという、変則登校ですがしばらく頑張ってもらいましょう。

20080406_2.jpg
20080406_1.jpg
で、入学式前にログハウスに寄ったら扉が付いてました。 大工さんは帰宅中で居ない筈なのに・・・と思ったら、予定を変更して扉だけ付けにわざわざ来てくれたようです。 もう完了検査が近い(4月11日を予定)という事で、そこまでにある程度の形にしないといけないからでしょう。遠いところ、わざわざ申し訳ないですね。

これまで約半年間、めっちゃ風通しのよい家(笑)でしたが、ようやくまともな家らしくなりました。
・・・まだドアノブは付いて無いですけどね。(笑)
玄関扉は後日、白色に塗ろうと思ってます。

4月8日

20080408_1.jpg
完了検査が11日なので「それまでに炉台を完成させてしまいたい」と親父に伝えたところ、忙しい合間を縫ってこの日来てくれました。まずはキッチンのふかし壁部分のタイル貼りからスタート。
この写真と比べてもらうと判りやすいかな。
このタイルはメーカーの担当さんから頂いたものです。余っていたものだそうで、枚数は29枚。
30枚必要なんで・・・一枚足りなーい。(泣)
そこで玄関タイルと同じく、中央部分のタイルをデザインが入ったものにする事にしました。即ネットで注文。なかなか良い感じにまとまったと思います。我ながらナイスリカバリー!(苦笑)
ふかし壁のタイルはひとまずこれまで。目地詰め作業は明日です。

次は炉台の製作に取り掛かります。
個人的に実はこの家で一番楽しみなのが薪ストーブなんです。
最初は予算の関係で設置する予定はしてなかった(泣く泣く)のに、不動産屋さんのおっちゃんが背中を押してくれて導入を決意しました。今では本当に良かったと、まだ付ける前から感じてます。つけてなかったら間違いなく後悔してる。おっちゃんに感謝感謝なんです。ホント。
その薪ストーブが載る台ですから気合が入ります。
周り縁は大工さんが作ってくれてますから、その中に御影石をはめ込んで行くだけです。
・・・いや、そのはずでした。
この日は夜勤で、すぐ仕上げて夜勤に備えて寝るはずだったのに、帰れたのは夕方。悪戦苦闘の炉台作成。(笑)
何がって、周り縁があまりにピッタリ過ぎて石が入らねぇー。大工さん良い仕事しすぎ。
完全に入らないなら石をカットしてしまいなんですが、1m20cmの間のわずか1mm入らないだけ。
何とかしたら入るかもー!と甘い考えで無意味な時間だけが過ぎて行きました。悪戦苦闘の末、結局石をカットする事に。何事も急がば回れとはよく言ったものです。(苦笑)

20080408_2.jpg
悪戦苦闘の姿がこれ。親父は経験論から「カットせーカットせー」としつこく言ってきましたが、私が頑として拒否。何とかしたら入る!ともがく姿。(笑)
御影石の裏面に付いたモルタルがその苦戦を物語っています。



20080408_3.jpg
炉台はコンパネの上に防水紙と金網を貼り、御影石をモルタルで仕上げました。
結局時間切れで、半分は親父ひとりに任せる事に。
(当然の事ながら、この日の夜勤は役立たず・・・)
親父一人に石のカットを任せるのは心配だったんですが、翌日行ったら残りの石はきれいに収まっていました。
「カット一発や。」と、してやったりの親父。やはり職人ですのぉ。

20080408_6.jpg
20080408_4.jpg
20080408_5.jpg
この日、設備屋さんが来ていて温水器とトイレと洗面台を設置して行ってくれました。 特にこだわりもなく、極普通の温水器とトイレと洗面台です。(笑) 温水器は予算の関係上、エコキュートから温水器に格下げしたもの。 洗面台はキッチンとユニットバスと同じくタカラスタンダードの展示品。 トイレも注文したのは「ウォシュレットじゃ無いとあかんよ」だけ。(苦笑) 振り返って考えると、我々はこだわる箇所はトコトンこだわるが、どうでもいい箇所は適当で済ます夫婦な様子。逆に展示品で「安く仕入れられるついでに、考える手間省けた。ラッキー!」とか思う程だ・・・。(苦笑)

4月9日
夜勤の谷間に現場に行くのももうあまり無いでしょう。
いやー、この半年間夜勤の谷間なんかによく通ったなー。

20080409_1.jpg
現場に着いたら親父がすでに昨日のタイルを仕上げてました。 白色の目地と白のコーキングでフィニッシュ。良い感じに仕上がりました。
20080409_2.jpg
さて、今日は炉壁のタイル貼りです。これでようやく炉台は完成となります。 タイルは・・・はい、煙突のタイルと同じヤツにしました。だって余ってたんですよねー。タイルって高いんすよー。煙突タイル&玄関タイルで「28万円の請求が来てる」と親父が嘆いてました。タイルなどの材料費は親父が出してくれる事になってます。すまんのー。(笑) ただ、このタイル、親父もいくみんもお気に入りで、これも結果オーライ!? しかし、仕事をするサイドから言わせてもらうとお勧めしませんこのタイル。 親父も途中で私に全て仕事を投げたくらいです。(施主が仕上げにうるさいもんで・・・笑) と言う事で、この炉壁の目地詰め処理は大部分私がやりました。 専用のボンドで貼り付けて行くのですが、このボンドの粘度が高く、くっ付いたら最悪。とれません。知らない間に手に付いてようもんなら、そこら中にボンドが・・・。タイルに付いても取れないし、でもタイルの目地には入れないといけないし・・・うおおおぉぉぉぉぉー!!と叫びたくなるくらいです。(笑)
20080409_3.jpg
という訳で、炉壁完成。 パッと見はなかなかでしょ。でも近くで見ちゃいけませんよ。アラが見えてきますから。(笑)



4月10日
翌日に完了検査を控えたこの日は、メーカーの担当さんが来てくれ、その検査の準備に追われました。
完了検査は家が住める状態にないと検査に通らない事もあるらしく、ほとんど完了しているように見せないといけません。ですから家中の養生シートを取り外す作業から開始。我々も一緒に手伝います。
これでついにこの家の全貌が明らかになって来ました。

20080410_2.jpg
一日掛かりで養生シートの撤去、機材の搬出・整理、清掃等をしていたら丸々一日掛かってしまいました。
大人3人掛かりで丸1日。
担当さん、現場には1人で来たんですけど、うちらが手伝わなかったら帰れなかったんちゃう?という程の仕事量。大変でした。





20080410_1.jpg
ついでに後日見せますと言って写真をUPしてなかった玄関タイルです。
こんな感じでタイルを4枚埋め込みました。これもなかなか上手くいったと自画自賛です。(笑)



担当さんはダンボールを持って帰ると言って、ダンボールを車に詰め込みはじめました。かなり大量のダンボールを、これでもか!と詰め込んでいきます。そしてあんたも詰め込めと言って来ます。もう無理だと言いますが、まだイケると繰り返すばかり。もうパンパンです。もう入りません。その車が

これ
です。ダンボール肉まんならぬ、ダンボール車。職務質問必至。



担当さんがダンボールと共に帰った後、自分の仕事にとりかかります。今日しなければいけない仕事がこれなんです。ログ手摺りの手直し。手摺りは開口が20cm以下(子供の頭の直径らしい)にしないといけないという決まりがあるらしく、大工さんから依頼されていたのです。じゃないと翌日の完了検査が合格しません。
作業に取り掛かったのが6時前。結局、夜9時前までかけて終了。フラフラです。

20080410_4.jpg
検査に合格するためだけの物ではなく、実際に小さい子供が居るのである程度しっかりした物にしないといけません。
考えたのがロープ。しかしホームセンターに行っても使えるような太いロープがなく、仕方なくロープをねじり2重の太さにしました。とりあえず下の子が3歳くらいになるまではこれで耐え、後々は外そうと考えてます。

4月11日
完了検査当日です。とうとう完了検査です。長かった・・・。
午前中のうちに担当さんが来て窓ガラスの拭き掃除を始めたので、一緒にフキフキ。
午後からの検査に備えます。

検査の邪魔になったらいけないので、午後からは市役所に行って来ました。
固定資産税の調査を早くしてもらうようにお願いしたら、あっさりOK。4月14日です。

帰って来たらすでに完了検査は終了してました。
結果、全く問題無しとの事。良かった良かった。

余った時間でキッチンの防水塗装を実施。
オスモカラーのウッドプロテクターを塗りました。
その上からエキストラクリアーを塗る予定。オスモはお値段が高いですが、よく伸びて意外と経済的かもしれません。

後、インターネット工事をお願いしていたケーブルテレビ会社が作業に来ていた様子。
我が家も着実にゴールに近づいて来ています。

2008年04月04日

階段手摺り〜照明

さて、ここのところピッチを上げて猛然と追い込んでいるログハウス建築記録です。
なぜか?ええ、もう近いんです、完成が。長かった・・・。
正月までには入る!って言ってたのに。(笑)
もう4月。引越しはゴールデンウィーク辺りかな?

4月2日

20080402_1.jpg
完成しました、階段の手摺りが。
通常の手摺りじゃなく、ログを積み重ねた手摺りです。
めっちゃ重厚感がありますわ〜。大工さん、苦心の作です。
途中、ログが足りないと言う話になりましたが、現場監督さんが工面してくれました。
また、若干カビが来てる箇所もありましたが、これもメーカーさんにカビ取りの薬品を借り、何とか対処。
出来上がった手摺りは、かなりのお気に入りです。

この家で、私の一番のお気に入りな場所が写真左側の☆のような模様付近。
ここの手摺りに寄りかかると、目の前の天窓から街が一望出来ますし、後ろにも天窓があり、そこは裏の山の自然が。下は吹き抜けでリビング。くつろぐ家族が見えるはずです。子供部屋も私が作った扉から確認出来ますし、多分この家で一番見晴らしが良い場所がここなんです。暮らしだしたら、ここで自分で焙煎したコーヒーを飲むのが小さな夢になってます。(笑)

4月3日
そろそろ薪ストーブの炉台を製作しなければいけません。
最初はぼんやりと「やっぱレンガだべ?」と思っていたのですが、細かなサイズやメンテのし易さなどを考え、御影石を炉台に。また煙突で使用したタイルを炉壁に使用する事にしました。(余ってたんですよね、タイル・・・)

その御影石が数日前に届いたので、この日実際の設置場所に敷いてみる事に。
30cm角で2cm厚の御影石が16枚です。
地元の石材屋さんに見積もり出してもらったら8万円弱。
あまりに高いのでネットで安い場所を探したら8千円弱で買えました。
何なんでしょ、この価格差は。ほぼ10分の1ですもの。
とりあえず対応も悪かったのでその石材屋さんにはもう行きません。(苦笑)

20080403_0.JPG
この他にもモザイクタイプも試したんですが、これは無いだろうと即却下。 今のところ一番下のデザインで決まりそうな感じです。 つーか、「石の色の選択を誤ったべや」といくみんと反省中。(笑)

大工さんはその炉台と炉壁の準備をしてくれていました。




4月4日
ネットで注文した照明が届きました。
ネットでは通常価格の半額で照明が買えるんですねー。
保証やなんやら問題はあるでしょうが、家全部の照明で9万7千円程でした。
メーカーさんはその届いた照明の壊れていない事を確認し、すぐに電気屋さんが取り付けてくれました。ま、さすがに一日では終わらず、次の日以降も頑張ってくれるそうです。

20080404_1.jpg
その一つである、玄関照明です。 最近ログハウスでよく見る船舶用のライトは避けたい意思も働き、こんな感じなりました。 うん、悪くないです。後は実際に明かりをつけてどうかだな。

20080404_2.jpg
大工さんは一時帰宅していましたが、炉壁の下地が完成していました。 考えた末、壁板から3cmの空気層を取り、そこからケイカル板(1.2cm厚)+空気層(1.2cm厚)+ケイカル板(1.2cm厚)と、空気層をダブルでとった形にしました。熱を伝えない空気の層を増やした私独自の設計です。(大丈夫か!?) 一番下には空気が循環するように風穴を設けました。後はこの面にタイルを貼り付ければ完成です。 炉台部分の下地も隠れてはいますが、完成しています。ここも後は御影石を貼り付ければ完成です。

2008年04月03日

1階壁板貼り〜階段手摺り

3月23日

20080323_1.jpg
昨日貼ったタイルに目地を入れます。
意外とタイルの目地ってどうやっていれるか知らない人多いのでは?と言うか、そんな事気にした事も無いのでは。うちは親父の仕事を手伝っていた事もあり、どこに行ってもタイルを見ると目地を見ます。目地を見るとどんな仕事をしてるか、なんとなくわかります。丁寧な職人か適当な職人かが。(苦笑)
ですんで、トイレで小便して、目の前がタイルだったりすると目地を追っかけて天井付近まで目線が移動したりする事がしょっちゅう。(笑)

目地用のセメントをこんな感じでタイルの上から塗っていきます。
それを半乾きの状態で拭き取ると目地の部分だけが残るという事です。

20080323_2.jpg
私は階段下の収納の化粧板貼りを。写真のように階段側が表面になるので、当然ながら収納側は裏面が丸見えになってました。大工さんは収納だしこれで終了って感じでしたが、なんとなく気になったので、天井材を階段の角度の合わせて貼っていきました。これくらいの作業なら、何も聞かずともサクサクと自分一人で出来るようになりました。進化してます、たかぼー。(笑)

3月25日

20080325_1.jpg
20080325_2.jpg
この日は浄化槽屋さん(?)が来て、コンクリを打って行ってくれたそうです。数日前に設備屋さんにお願いした通りのサイズになっていて一安心。
施主ってなかなかに疲れます。あっちでもこっちでも意見を聞かれ、サイズ・寸法・形・配置はどうする?等を聞かれます。細かい部分は全て現場合わせ。施主は迷ってる時間はありません。職人はその答えをもって仕事がスタートするのですから、その場で完成図をイメージし、すぐに答えを返します。決断力・判断力・想像力・知識が必要です。(笑)

3月27日
ようやく1階の壁板貼りは終了。家らしくなってきました。
後はこれから細かいところを詰めていきます。

20080327_1.jpg
とりあえずキッチンが入る準備で、ログ壁の前に壁(ふかし壁)を作りました。 ログはセトリング(縮む)するので、ログ壁にキッチンを固定できません。このように仮の壁を作って、ここにキッチンや換気フードを取り付けていくという事です。



20080327_2.JPG
もう家作りも終盤に入っており、登記を行うために住民票を移す準備も始めました。そうするとこちらに届く郵便物も出てくるので、それまでにはポストが必要でした。もちろん材料は大量に転がっているので私が自作です。ちゃんと暇な時間を見つけては余り材を使用してポストを製作していましたよ。
ようやくこの日にお披露目です。・・・と言っても玄関タイル上に放置されただけですが。。。(苦笑)

塗装はいくみんが行いましたが、屋外で塗装中に強風にあおられ高所から落下→扉が破損と言う、なんとも悲しい出来事もありました。(涙)
再生されたポストは今ようやくこうして日の目を見たのです。

20080327_3.jpg
その後いくみん、100均でプラ板を購入してきて「〒POST」と手書き。ポストに見えなく、郵便物を入れてくれるか不安だった様子。(失礼な!)なんとも不細工ですが、この不細工加減が自作っぽくて、グー。(笑)

3月30日

20080330_2.jpg
この日、いつものように大工さんと2人で作業をしていると、急に大工さんが「あっ!おおぉぉ〜」とあわてて外にすっ飛んで行きました。(苦笑)
何か鳥が近くに舞い降りたようで、それを撮りたかったようです。
この日は雨にも拘らず、Myカメラを抱え鳥に気配を悟られないように撮影。
なんだかな〜と家の中から観察していると、なんだかきれいな鳥です。


20080330_1.jpg
大工さんがひととおり撮影し、帰ってきたのを確認してから私もEOS 5Dを抱えて外へ。
28-75mmのレンズしか持ってなかったので近くに寄れず、それでも何とか撮れたのがこれです。
(ずいぶんとトリミングしてます)
キジでした。私、自然のキジを見たのは始めてて、ちょっと感動。
こんな自然の中に家を建てられて幸せです。

後から聞いた話によると、うちの後ろの山は鳥獣保護区に指定されており、鹿やキジ、猪、ハクビシンなど何でも出てくるとの事。珍しい事では無いらしい・・・。(笑)


20080330_3.jpg
・・・あ、ちゃんと仕事もしてましたよ。1階窓のケーシング関係はほぼ終了したかな?




4月1日
20080401_1.jpg
キッチンが入りましたー!
まぁ、極普通のホーローシステムキッチンですが。。。
タカラスタンダードのショールーム移転に伴い展示品を安く頂いたものです。
よく確認したらホーローの欠けが2箇所あり「展示品たやし仕方ないわなー」と、駄目もとで現場監督に修理を依頼したら当該部分を取替えてくれる事になりました。わーい!
取替えてくれるタカラさんもさすがですし、現場監督もナイス。
行動が早いし、人望もあり、ずいぶん助けられてます。感謝。

後このキッチン、通常より5cm高くなってます。(そういうオプションがあるという展示をタカラさんはしたかったらしく、そのまま来た)今の社宅では洗い物するのにいつも腰が痛くなって苦痛でした。立った感じ、5cmでもずいぶん高くなってる感覚があります。良い感じです。

20080401_2.jpg
大工さんは階段手摺りの製作に取り掛かりました。 ここは本来、まぁ普通の手摺りが付く予定だったんですが、いくみんと何度話し合ってもデザインの面で意見が合わずハウスメーカーさんも部材の発注をかけられなく困っておりました。 何度も話し合い、そしてみんなの意見を出し合って出た結論が、余ってるログ材を使用して手摺りを作る事でした。 これなら部材の発注も不必要で、メーカーさんもその分サービスしますとの事。(苦笑) そしていくみんとデザインを決め、大工さんと綿密に打ち合わせ。 そして頭を悩ませる大工さんの写真がこれです。実寸のデザインをベニヤに書いてイメトレ中。(笑)
20080401_3.jpg
昼からは会社の後輩が手伝いに来てくれました。こいつは家作りが始まってからちょくちょく手伝いに来てくれるかわいいヤツです。ホントにありがたい。 最近ではこいつのマンパワーを当てにしてます。(笑)

今度、家の前の駐車場スペースのコンクリ打ち(親父担当)があるので、それまでにコンクリの受け入れ代を確保しておかなければなりません。
と言うわけで土堀をお願いしました。
「これは良いトレーニングになります」と言って裸で頑張る筋肉野郎です。(笑)
まぁ、エイプリルフールと言う事で。

2008年04月02日

1階壁間仕切り〜床貼り〜壁板貼り

2月28日

20080228_1.jpg
1階部分の天井板貼りは終了し、1階の間仕切り造作に入りました。
ここからはひたすら間仕切りばっかりしてましたねぇ。
間仕切りに関しては私、あまり出る幕ありません。
正確さを要求される部分ですから、大工さんも要求してきません。(笑)

3月2日
ひたすら間仕切り。

この日、私に大工さんがプレゼントしてくれたものがあります。

20080302_1.jpg
金槌(ハンマー)です。
以前、ホームセンターで道具を揃えた際にハンマーは買ったんですが、ハンマーはケチびって980円のもん買ったんですよね。(笑)
それを造作に使ってたら大工さんに「えらい軽い音するなー」と小バカにされてまして、確かに叩いてても弱っちいんですよね。まさに安物買いの銭失いです。
それでホームセンターにいいハンマーを買いにいったんですが・・・高い!物が良いヤツは一本で3000円程し、結局買わずに帰ってきたという経緯があります。(苦笑)
そしたら大工さんが、「そんなん買わんでいいわ。トンカチの頭(金物部分)は沢山持ってるから、柄を今度作ってあげるわ」と言ってくれていたんです。
そして仕事の合間に作ってくれたのがこれです。右がハンマー。左が木槌です。(真ん中はイペ材の余り材)ただ、色からして普通の木じゃないのがわかると思いますが、イペという木で作られています。デッキなどでよく使用されるメチャ硬い木です。(で、高価です)ウチのデッキで使用するイペ材の余り材で作ってくれました。これ、大工さん泣かせの木でして、釘打ってもなかなか刺さりませんし、加工が大変。よくこんな上手に柄の形に削れたなーって思います。さすがです。金槌の柄などの耐久性・硬さを求められる部分には最適でしょう。(たぶん)

これは嬉しかったなぁー。
この日以来、私の大工袋には常に入っており、愛用しております。宝です。(笑)

3月3日

20080303_1.jpg
まだ1階壁の間仕切り中ですが、この日の夕暮れから階段の造作に入りました。階段を作らないと登記が出来ないらしいので。
4月に長男坊が小学校に入学するので、引越しを早くしたかったんです。その為には早く登記を・・・と言うことです。

ただ、この辺りではいくみんも私も4月までに入るのは無理っぽいな・・・と実感していたものの、ここまで来て焦っても仕方ないしーって感じ。(苦笑)
ですが、長男坊が入学→即転校っては可愛そうなので、あちらこちらに確認して4月現在の住所が別区でも、新居先の区の小学校に入学出来るか?等、いくみんに先に手を尽くしてもらいました。何とか行けそうで一安心。ただ、引越しするまでは送り迎えが必要にはなりますけどね。仕方なし。

3月4日
この日は市から浄化槽に関する講習会を行うから出席しろと言われていた日です。
どうも強制みたいな感じでしたし、浄化槽を知りたいという気持ちもあったので行ってきました。(笑)

新居地はちょうど下水道が入っていないギリギリの地区になっており、合併浄化槽を導入しなければならなかったのです。この講習で、微生物パワーによる浄化槽の仕組みを知ることが出来てとても有意義でした。自分の土地内に自分達のために微生物が働いていると思うと「なるべく変なもの流さんとこー」って気持ちになります。(笑)

20080304_1.jpg
講習からそのまま現場へ直行。階段が完成してました。おおぉー。 これで2階まで梯子で行き来する事が不要となりました。(笑)


3月8日

20080308_1.jpg
この日はとうとう足場が外される日です。なんだか感無量。(笑) ただ、足場が外される前までにして置かねばならない事があります。ログ壁と窓ケーシングの掃除です。もうなかなか手が届かないところですから、朝早起きして現場へ(7時半)。バケツに水を入れ、雑巾で直接拭き掃除。意外と綺麗になるもんです。8時半頃に足場屋さん到着。お早い事で・・・。と言う事で、掃除は想定していた6割程度で終了となりました。ま、最低限は出来たんで良しとしましょ。

20080308_2.jpg
足場外した後のログハウス。 なんだかすっきりし過ぎて寂しい気がしました。5ヶ月ほどあったものですからね。 さて、もう少しだー!


20080308_3.jpg
大工さんは間仕切りをほぼ終了し、床板貼りに取り掛かりました。ここはキッチン&リビング。穴の開いている部分はゆくゆく床下収納(点検口)になります。危ないんで今は完全に開けません。


3月9日
きずみんの誕生日・・・ですが。
なにも無く、ケーキも無く過ぎて行きました。ごめんよー。
でも気持ちはあります。たっぷりと。
来年はちゃんとしてあげるからね。

3月12日

20080312_1.jpg
間仕切りも終わったので、いよいよ壁板を貼りつけていきます。収納部分は私が担当。(目に付かない部分だから・・・苦笑)
写真は階段下の収納です。心霊写真のような手が見えますが、錯覚です。(笑)


3月15日
20080315_1.jpg
ひたすら壁板貼り。写真は玄関から家内を撮影。いままで写真を撮っていても家中あちらこちらが見渡せたんですが、ずいぶんと視界が制限されてきました。



3月16日

20080316_1.jpg
この日から久々に親父が復活です。
玄関を仕上げるために実家から来てくれました。
とりあえずタイルを張る前の下地作り。モルタルで場を作っていきます。雨が流れるようにゆるい勾配もこの時点でとっていきます。


20080318_7.jpg
仕上がり後がこちら。2日後の写真です。この他に基礎の仕上げ塗り等をして親父は一旦帰っていきました。今度は玄関タイルを持って数日後に来る予定です。


3月18日
20080318_8.jpg
長男・次男坊の発表会から帰ってくると電力会社の工事車両がポールに配線を施してました。左のポールは電力会社のポール。右がうちのポールです。元々自分の土地に高いポールを立てるのは嫌だったんですが、こうしない事には他人の土地の上を電気配線が通る事になり、後々問題が生じる可能性があると言うことでの苦肉の策です。
ただ考えてみればうちは競馬を見るためにスカパーが必須(?)です。しかしスカパーのアンテナ方向には高い木々が茂っており受信状態が不安。それがこのポールにアンテナを設置すればまず大丈夫です。それに普通、家の壁に設置される事になる電力メーターをこのポールに設置してもらう事にしました。ログ壁にプラスチッキーなものを引っ付けたくなかったですし、腐食の原因にもなりかねません。よってこのポールは結果オーライに。


3月21日
20080321_1.jpg
親父がタイルを持ってまた現場に来てくれました。ようやくタイル貼りです。
風はありましたが、天気も良かったので子供たちも一緒に。ま、見てるだけですが。

親父が左官屋で、私は小さい頃によく手伝いをしました。
小学生の頃は一日手伝って1000円。それが中学生になって3000円。高校生になって5000円。
私はアルバイトというものを一度もした事が無い人間なので、この時の経験は大きかったと今思い返してみればそう思います。子供の頃は同じ動作をするのが苦痛です。子供の私にとって、いつ終わるか知れないタイル貼りは同じ行動の繰り返しで苦痛でした。でも親父は飽きっぽい兄よりも3つ下の弟の私を現場に積極的に連れ出しました。ですから親父の期待には応えないといけない気持ちと、同じ行動の繰り返しの苦痛。
唯一の楽しみはその家の方が好意で出してくれる10時と15時の休憩にでるおやつ。(笑)
そんな時間に耐えてきたのが、自分の今の精神力の源になっている気がします。

だからうちの子供達にもこういう姿を見せたい。
大工さんの働いてる姿や親父の姿。私やいくみんが家を作ってる姿。
何でも良い。きっと何か感じる事があるはずです。

20080321_2.jpg
そんな思いを知ってか知らずか、最近長男坊がよく助けてくれます。この時も何かすることは無いかと、タイルを切る私をサポートしてくれました。(実際いない方が有難かったりしますが。。。苦笑) ずいぶん長い間、この家作りを見てきましたもん。危険ですし、作業者に迷惑を掛けますし、邪魔ですし、作ったものをいきなり台無しにしたりする事もありますが、怒りながらも現場に連れて来た時間は無駄じゃなかったのでしょう。(・・・たぶん)

この日は玄関ポーチの途中で終了。
寒かったー!(水を扱った私だけ)

3月22日

20080322_1.jpg
玄関ポーチのタイル貼り終了。
この日の午前中、私は「用事がある!」と、親父に言い残し2時間ほど抜け出して帰ってきたらすでに終わってました。
ただ、タイル切り担当の私が抜け出した時間の間、当然親父が切るので結構雑に。。。
「もっと綺麗に切ろうやー」と言うと、「目地でごまかせるし大丈夫や!」と半キレ。(笑)
(あーこんな事ならザナドゥの未勝利戦なんて見に行かなければ良かった・・・3着やし!)と思ってましたが、後日、タイル目地を埋めたら雑さ加減が消えました。むむむ・・・。

20080322_2.jpg
この日は内玄関までのタイル貼りを行いました。 でもタイル切ってある場所あるでしょう? 内玄関はただ単にタイルを貼るだけじゃ面白くないんで、何か違う色のタイルを埋め込もうと数日前に思い立ち、実行に移したんですが肝心の色違いタイル(4枚)が当日までに届きませんでした。(笑) ですから、そこだけタイルをカットしての施工になりました。現物合わせではなく、予想上のカットで緊張しました。届く予定のタイル寸法が少しでも違えばアウトです。

さて、大工さんですが、ひたすら壁貼り中です。
タイル貼りの途中、たまたま家の中に入り大工さんの横を通ったら・・・何かおかしい。
ある事を忘れてそのまま壁を作ってしまいそうな勢いだ・・・。
念の為に声掛けました。
「ここ、前言ってたみたいに抜いて欲しいんすよ」
「・・・おっ!? ・・・おお!!」
完全に忘れていた大工さん。危ない危ない・・・。

20080322_3.jpg
まだ未完成ですが、これがそれです。少し前に壁に写真を飾るスペースを作って欲しいとお願いしてたんです。いくみんも私も写真好きですし、自分達で撮った写真を飾ろうと言う事で。
まぁ、いくみんは「どうせ馬の写真なるんちゃう?」と疑ってますが。。。

なかなか良い感じです。玄関からリビングに抜ける廊下に設置しました。
これも急遽現場で作ってもらったもんで、普通の家作りじゃこんな事なかなか難しいだろうなぁ〜と思います。