« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月31日

立水栓周り 洗い場施工 その1

ログハウスの外には立水栓が1つあるんですが、そこの立水栓は地面から出てるだけの立水栓で、排水は地面にそのまま。たくさん流せば足元に流れてくるような状況です。
以前から気にはなっていて、いつか手を入れようと思っていたんですが、最近は暑いせいもありよくここの水を使います。そうなると地面はベタベタ。そうなると間違いなくじゃが子ちゃんがそこに座り込み、泥遊びをするような惨状。
今日、重い腰を上げました。

簡単に、しかもローコストで仕上げます。
排水枡に配水管を伸ばす事も考えましたが、大げさになりそうなので却下。
地面を深く掘り、大きな石を敷き詰め、徐々に小さな石にしていき、水はけを良くする方法をとりました。
なんたって石はその辺にゴロゴロしてます。(苦笑)

20080731_1.jpg
まず地面を掘り、長男・次男と一緒に石集め。 で、地面の中に石を放り込みます。 さすがに細かい石は集めるのも大変なので、ある程度集まったらあとはホームセンターで15kg入り198円を6袋購入。そして投入。思っていたより安かったので、集める時間と苦労を考えて、考えていた量の倍買っちゃったわ。いかんのー。
20080731_2.jpg
その後は型を作ってコンクリ流し込み。 以前から余っていて、小屋の肥やしになっていたセメントがようやく日の目を見ました。 狭い場所&硬度を考えて、モルタルとコンクリートのあいの子のような配合。 こういう作業、親父とはよくやる作業なんですが、一人でやるのは初めて。

怒られるやろなー、土台作ってないし、鉄筋も入れてない。(苦笑)
こんなくらい狭い場所なら良いっしょ?ってやっちゃったけど、割れるかなー。
まー、こういう場所で失敗しておいた方が、今後の為にはなるでしょ、と言う事で。(苦笑)

また時間がある時に型を外して、余ってるタイルを貼りつける予定。

2008年07月30日

月桂冠

20080730_1.jpg
ボイラー技師の資格を取れと言う会社の命令で京都の月桂冠に実技講習の出張。

どうも日本酒を作るのにボイラーを使用している様子。
一応名目はボイラー技師実技講習でしたが、私のメインは月桂冠の見学。
どうやってお酒は作られるのか。
ひょっとしたら試飲あるかもー??とか(苦笑)

ありました、試飲。
日本酒は全然飲まないヤツですが、せっかくなんで勧められるまま3種類全部飲みました。
真面目な他の受講生は「いえ、結構です」とか断ってましたが、なんでー!?不思議。
君達一体何しにきたんよ。月桂冠に。(講習でしょ)

大人として、勧められたら飲みませう。

この講習で、日本酒の作られ方を理解しました。
ボイラーは・・・くぅぅ〜zzzz。。。

2008年07月29日

社台募集(07年産)その18

今日、ようやく地方競馬馬主登録に必要な書類が全部集まりました。
まー、ものすごい面倒くさいもんです。

東京の法務局から必要書類を取り寄せたり、本籍地から取り寄せたり。
後は自分の住んでる市役所だけだと思ったら、この書類は以前住んでたところの役場へ、と言われたり。

さすがにいくみんにバレました。

最近は住民票や戸籍謄本を取得するのに、何に使用するのか書く欄があるんすね。
仕方なしに「地方馬主資格取得」と書いたら、市役所に一緒に行っていたいくみんに目撃されました。

「ほぉぉぉー、ちほーうまぬししかくー!?」

他には何も言いません。それだけです。
私も何も言いません。

凄い信頼関係。(汗)

申請が受理されるかどうか分かりませんが、とりあえず新たな目標に向け走り出しました。

2008年07月28日

薪棚2号製作 その3

薪棚2号の屋根を取り付けました。
屋根と言っても波板ですが。

屋根材の中でやや低く見られがちな波板ですが、何回か波板を施工しているうちに波板の難しさを痛感。
他の屋根材なら直角が出ていなくてもソコソコ誤魔化すことが出来るように思いますが、波板は「最初ズレたら全部ズレる」という難しさがありますし、そもそも直角が出てなかったら最初から上手くいくはずがありません。
上手く合わせたつもりでも、途中であらっ!?となり、最後まで行かなくてもやり直す羽目になります。
ええ、何度も経験しています。(笑)

20080726_2.jpg
今回はそうならないように棚を作る段階から水平垂直、直角をきっちり出してやってきました。 ですからソコソコ自信があり、今回は会社の仲間達とのBBQ終了後、酒を抜く運動として波板付けを手伝ってもらいました。誰がやってもソコソコまともに貼れるだろうと。(笑)

で、直属の後輩に全権を委任しやらせたら、えらい事になりました。
波板が、最後の一枚の時点で屋根に被ってない部分が20cm程出て薪が露出。
何のために屋根つけてるんだか。
全部最初からやり直し。(波板に釘の穴が無数に・・・苦笑)
・・・というか、酔っ払ってる人間にやらせた時点で間違いですね。(苦笑)

いいんです。楽しみながらみんなでわいわい言ってするのが楽しいんです。

やっぱり普段トンカチなんて持たないもんですから、みんな楽しそうにやってました。
屋根はその分変なところがありますけど、雨さえ掛からなければそれでOKです。

その後、台風並みの風と同時に大雨が直撃しましたが、何とか耐えてます。
波板の1枚や2枚は飛ぶかな・・・と心配してましたが、土台となる棚を作った人が素晴らしかったんでしょう。(笑)
しばらく雨の様子を見て、改良を加えていく予定です。

2008年07月27日

あさがお

20080726_1.jpg
昨日は疲れて、気が付いたら寝てました。

さすがに起きるのは早く、4時半にヒグラシの鳴き声で起きました。
夕方のヒグラシは大好きですが、朝のヒグラシは少々迷惑ですねぇ。(笑)

暇だったので外に出てぶらぶらしてたら、昨日しぼんでいたアサガオが復活してました。
アサガオって朝咲くのは知ってましたが、しぼんだ後に復活するんすね。
花なんかに全く興味が無い小学校時代を送っていたのでそんな常識を知りません。(苦笑)

じゃが子ちゃんも居る事だし、無骨な事ばかりじゃなく、もう少し綺麗な事も覚えよう。

2008年07月25日

ウッドデッキ オイル塗付

我が家のウッドデッキはイペ材を使用しています。
凄く堅い木で、デッキ製作も釘を打つのに一苦労したもんです。
ここの4月15日参照

その時、釘を曲げない工夫としてあみ出したのが釘に少々オリーブオイルを付けて打つ事。
ま、オリーブオイルはそこにたまたまあっただけで、オイル系なら何でも良いのですが。

ハウスメーカーの担当さんからは「イペ材は木が堅いので防腐防虫塗装はいりませんし、その前に(色が)乗りません。」と言われていました。ただ、そのまま雨ざらしで放っておくと腐りはしないものの、灰色に変色してくるとの事。

変色くらいは仕方ないかなー、と思っていたんですが、ここ最近、イペ材が乾燥してきて小さいトゲが刺さることが何度かあり、何かいい手が無いかと探していました。

で、以前オリーブオイルを釘に付けた事を思い出しました。
「塗装は乗らない」と聞いていたのに、あの時オイルは染込んでいました。
「塗料は駄目でも、オイルは有りかも?」と思い、駄目もとでオスモウッドプロテクターを購入。
ウッドプロテクターは木を保護するオイルです。

試しに塗ったらコレがまたヒット。ちゃんと染込んでくれ、次の日には乾きました。
ベタベタする事もありませんし、保湿出来たおかげでトゲも無くなりました。
若干灰色に変色しつつあったイペ材も、元の輝きを取り戻し、新品同様。(苦笑)
雨の日も、オイルですから当然の事ながら水を弾いてくれました。ナイスです。

20080712_5.jpg
先日、私が途中まで塗っていたデッキを子供たちが塗ってくれました。 ま、遊び半分て感じですが、オイルは無色でムラになる事もないですし子供でもOK。 写真右側2列が私が以前塗った場所。乾いてます。 真ん中の艶々してるのが子供たちが塗ってくれている場所。 左端が無塗装場所です。

イペ材を使用している方にはオススメです。

2008年07月21日

薪棚2号製作 その2

3連休の最終日。今日も元気に薪棚製作です。

20080721_1.jpg
昨日の土台から柱を立ち上げて、柱同士を連結。 (地面からの湿気を防止するためビニールシート敷きました) 同時進行でいくみんが防腐防虫塗装を施していきます。 午前中には何とか屋根施工の前まで行きました。 初めてまともな屋根を作るので、どうしたもんか悩みながらの製作。 何度か板の取り付け位置を変更しながらの悪戦苦闘。 それでもスタートが早かった甲斐もあり、予定以上に工程が進む。 (ま、工程と言っても頭の中のイメージだけですが・・・)

天気も良く、昼飯を食べてる間に塗装もそこそこ乾き、昼からは薪の運び入れ。
屋根は薪を運び入れた後に施工するのです。大変ですから!

屋根が無い薪棚に、2日前に運んだ場所からせっせせっせと運び入れ。
長男・次男が大活躍。
怒ったり、なだめたり、おだてたりと、なかなか思い通りには動いてくれず大変ではありますが、この2人の手を完全に期待してしまっている自分がおります。いやー、大きくなりました。
さすがに2日前にやってる作業の逆という事もあり、運び入れはサクサク運び、17時には小枝を残して終了。

20080721_2.jpg
「17時なら屋根組みまでいけるか?」と、そこから急いで屋根の垂木掛けまで。 本日の最終的な姿がこれです。頑張りました。 なるべく雨が掛からないように屋根を伸ばしたんですが・・・果たして雪に耐えられるのか、この長さで。。。(汗)

屋根は後日施工予定。
(屋根はさすがに購入せなあかんなー。くそー、ここまで費用ゼロだったのに。)
しばらくは雨降らなさそうですし、何とかなるっしょ。
この状態であればこの上からシートを被せる事は簡単ですしね。

この3日間、家族全員頑張りました。
どうもありがとう。良い休日でした。
さ、働こう!(笑)

薪棚2号製作 その1

現在施工中のカーポートは、屋根の折板を取り付けたところで休日に突入。
その間にも我々はせっせと色塗り。
キシラデコール(スプルース)を3回塗りまで仕上げます。
冬と違って、夏は揮発分が多いのか臭いがキツイっす。
しかも鼻の通りは良くなってるし。(笑)

先日、担当さんが来てくれて「来週頭までに薪を移動させておいてください」と言って帰りました。

現在、カーポートの奥の部分には薪が積んであります。(写真
以前(去年の夏)、地鎮祭の前に薪棚(1号)を製作し、家族皆でせっせと運んだ薪です。
当時のブログへ

担当さんは簡単に言って帰りますが(苦笑)、むちゃくちゃ大変だったんですよ。ここに移動するの。
それをまた移動しなくてはなりません。
カーポートを作るついでに一緒にお願いした、家から薪棚&カーポートへのショートカット階段を作るためです。ショートカット階段を作るためには薪棚が邪魔だったという訳です。
まぁ、薪棚1号はもともと必要に迫られて突貫で作った簡易な物で、いずれ作り直そうと思ってはいたので良い機会です。

昨日、皆で薪を全てログハウスのそばへ仮移動させました。
スペース的に全ては無理だったので、小枝類は屋根がついたのを良い事に施工中のカーポートの中へ。(苦笑)

そして今日、その勢いで薪棚作りに突入しました。
材料は全てあり合わせ。建築時に出た端材を使用です。
端材と言っても、今回使用するのは全てログ材を梱包していた材。
すなわちすぐに廃材となる材だったのですが、この日のために捨てずにとっておきました。
当然無骨で、カビも生え、見栄えはよろしくないですが、目的は薪棚です。
適材適所でOK牧場。頑丈さだけは折り紙つき。
なんたって、材料費ゼロ。

とは言いつつ、今日はその部材の移動と土台の水平出しでほぼ一日が終わってしまいました。
頑張って明日で大体の形までは持っていく予定です。

20080720_1.jpg
カーポートの入口から。移動した薪が写真右側と左側に見えます。家族総出で丸半日、大変でした。こんな真夏日に毎日のように外で作業してるんで、腕・足・顔がサンコンさんに近付きつつあります。(笑)

2008年07月18日

2008 薪割り初め

以前、山から刈りだして来たナラをようやく薪割りました。
家がまだ全然出来ていない頃からなので、半年近くでしょうか。

長い間放って置かれたナラで、ちゃんと割れるか不安でしたよ。
(乾燥が進むと木は堅くなり、割れ難くなります)
切れ端を見ると相当ヒビが入っていて、かなり乾燥しているようでしたから。

とりあえず薪割りの前日に玉切りの状態にし、翌日の薪割りに備えます。
薪割りは子供達と一緒にやる事を約束していましたので。

また久々にじいちゃんの形見、共立エコー CS-362の登場です。
これまで一度もすんなりとは掛かった事のないエンジンですが、しかししかし、さすがに私もこのチェーンソーに慣れてきました。
家を作ってる間も2回ほどエンジンを駆け、この日のために備えて来たのです。
そんな努力もあり、なんかこのチェーンソーの癖が分かってきました。

しばらく強制的に燃料を供給しておき、チョークを引いて始動。
手応えとしてブルッと来たらチョークを戻す。
そして燃料も切り、本格的にスターターを引く!
ババババッーン!

てなもんです。(苦笑)

20080711_2.jpg
勢いよくエンジンの掛かったチェーンソーで、玉切り開始。(あきらかにチェーンソーを舐めてる姿です。(汗)天国のじいちゃんに怒られそうなので、次回からはちゃんと防御してやります。。。) ここで我が家の薪ストーブ(ダッチ FA225)に入る大きさ、約40cmを目標に切ります。 いやー、腰が痛い。 重いチェーンソーを持って切るだけでも腰に負担が来るのに、合間合間に木を玉切りしやすい場所に移動させるのがまた負担。木は当然ながらチェーンソーより重いし。。。 チェーンソーを扱う時は危なくて、辛くても家族の手を借りる訳にも行きませんので自力で何とかやっつけました。 さすがにこの時期、汗だく・木くずまみれになってましたが、この後に飲むお茶(笑)は最高です。

翌日、子供も楽しみにしていた薪割り開始です。
心配していた堅さもそれほど無く、私は問題なく割る事ができました。
いくみんは1本の木を割るのに

「何投、振り下ろすの!?」
というくらい悪戦苦闘していましたが、いやいや、楽しいもんです。

20080712_2.jpg
子供たちも薪運びを手伝ってくれ、大助かり。 さすがに一人で割る事は出来ませんが、一緒に何本か割りました。 暑くて、手が痛くて、激しい筋肉痛に襲われますが、薪割りって楽しいもんです。 もっとしたいのに、もう割る木がありません。寂しい・・・。 誰か木をください。(笑)

冬が来る前に、あと何回出来るかな。
今回の薪は来シーズン用ですが、後今回分を5回くらいは必要だなぁ。。。(苦笑)

2008年07月17日

社台募集(07年産)その17

2次募集も終わり、皆さん一息ついたところでしょうが、私の社台募集(07年産)はまだ終わっておりませぬ・・・。(苦笑)

まー、残るっしょ。
と、軽い気持ちでいたティエッチダンサー07も知らない間に売り切れ。
もー狙うはスカレディかエアグルくらいになってしまいました。(笑)
もち、そんなもん買えないんで、視線は地方です。

地方競馬オーナーズ。
以前からかなり興味はありましたが、北陸地方という所在地がネックとなりなかなか踏み出す事が出来ませんでしたが、今回の募集全滅を受けていよいよ踏み出してみようかなーって考えています。

つーても現在残ってる馬は3頭で、この中から選ぶのはさすがにちょっと・・・。
仮に地方馬主資格を取ったとしても1年間登録馬がいないと抹消されてしまうらしいですし、どうなの?と思って確認してみましたが、今後馬を買う気持ちがあるのであれば4年間くらいは継続できるとの事。
それなら今後の募集でクラブ馬を選びつつ、視線を変えて地方馬からも選ぶ事が出来るというメリットが出てきます。

税金もたくさん取られますし、こんだけクラブの募集価格が上がってしまった今、黒字化するのは更に至難の業。
新規会員も多くなり、今回のように私が常時狙っている安い価格帯の牡馬にずいぶん流れて来ており、昔のようにこのテリトリーで勝負出来る場すら与えてくれなくなってます。

これだけリスクが高まっている今、賞金が安いと言われる地方競馬もそんなに変わらんのでは?と思い始めました。
中央のクラブ側では今後さらに頭数制限がかかる可能性もあり、これまでのラインナップをみても地方競馬に力をいれざるを得ない気がします。クラブ側に取られるマージンも若干減りますしね。
勢いで行くなら今だな・・・です。(笑)
資料請求はしました。
とりあえずは来年の募集に向け準備です。
気が向けば3頭のどれかに行くかもしれません。

でもいくみんの許可はとっておりませぬ。
それが一番の問題です。。。

2008年07月15日

カーポート施工中

現在ハウスメーカーさんに我が家のカーポートを作って頂いています。
ずいぶん以前にお願いしたんですが、あちらの都合もありこの時期になってしまいました。
梅雨前には何とか欲しかったんですけどね。

うちは車に拘ってないので車は野ざらしでも全然良いのですが、倉庫が無くて困ってるんです。
バーベキューセットや遊び道具関係、日曜大工工具関係等、常時家に入れて置く事が出来ないものが沢山あり、今はあり合わせの材料で

適当に作った小屋
でしのいでるという感じ。

ええ、車庫は倉庫代わりに使う予定です。(苦笑)
なので普通のカーポートだけ、では無くて物を収納できる棚を一緒に作ってもらってます。
その分高くつきましたけど、長く使うもんなので仕方ないかなー。
と言っても80万円です。高い・・・。

少しでも浮かすために塗装は自分でする事にしました。
・・・と言う事で、また塗装だー。(苦笑)

20080711_1.jpg
初日でここまで来ました。部材はメーカーさんの工場で刻み済なので早いです。柱脚金物は以前に設置して頂いていましたが。
20080712_1.jpg
二日目でここまで。後は板金屋さんと電気屋さんで終了です。(どうも設計が宜しくなかった様で、板金屋さんと大工さんとが現場合わせで調整し、破風板を板金仕様に変更する事になりました) さ、後は我々の塗装です。 (2日前からいくみん&子分2人が頑張ってくれています) 今週末には完成かな?

2008年07月13日

下駄箱完成・・・

前日作っておいた扉にオスモ エキストラクリアーを塗装。
天気も良かった事から昼過ぎに扉の取付けを実施し、とりあえず下駄箱完成。

・・・組み上げてみたらその出来の悪さに驚き・・・。
扉を作ってるときはそれほど悪くないと思っていたものの、一体物としての完成度は・・・驚くほど低い。(笑)
癖のある余り材で作っていたので、若干の反りや曲がりが製作中に気にはなっていたものの、まさかコレほどまでとは・・・。
ログハウスを作ってくれた大工さんが、木の反りや曲がりを吟味・排除し、間違いの無い材だけで家を作っていったのが今になって理解出来た気がする。

20080711.jpg
パッと見ではなかなか分かりませんが、良く見ると「あら?」って感じです。 人目に付く玄関にこの下駄箱はちょっと失敗しちゃったかな? まぁ、これがハンドメイドの良いところと言う事で、そのまま完成にしました。 作り直す気は全くありませぬ。(笑)

初めての扉にしては上出来、という事にしておく。(笑)

2008年07月11日

社台募集(07年産)その16

気付けば明日が1.5次募集。
やはり今更DVD・血統等を見直す気にもなれず、下駄箱作ってました。(笑)

いや、結構良い馬残ってると思うんすよ。
超高額馬はさすがに除いたとしても、タイキシャトル牡馬やフジキセキ牡馬、ネオユニ牡馬等、結構自分の評価も高い馬残ってます。
でも自分にはどうしてもちと高いんすよね・・・。
なので今回は1.5次には参加しないことにしました。
安い牝馬は1.5次でガツガツ行かなくても残るでしょうしね。
それにキャンセル馬が出る可能性もあります。(電話勝てませんけど・・・)

そんな事でクラブ募集馬ではない、地方オーナーズを見ていたら良い馬いるー!
「これ1.5次でいけるんかな?」と本気で考えましたけど、申請してないと駄目みたいすね。
なんだよぉ〜・・・って感じ。(苦笑)
「申請するからこれキープ!」なんて出来たらいってたのになー。
たとえ2次募集で残ったとしても、馬主登録申請中に満口になったら寂しいよね。

申請しておきゃ良かったと今頃思ってます。

2008年07月10日

下駄箱の扉作り

夜勤から帰って来て、気が付いたらソファーで寝てた。
起きたら昼過ぎ・・・。やばい寝過ごした。

そこから下駄箱の扉製作に取り掛かる。
まともな扉を作るのは初めてで、さてどうすれば良いのか・・・?
今日中に間に合うのか?

見よう見まねで作り始めたものの大苦戦。
なんだか、扉というよりは板?って感じ。(笑)
扉3枚作るのに19時前までバタバタしてました。
・・・寝てるからだよ。(苦笑)

20080710.jpg
いつの頃からかここが私の作業場になりました。 なにもこんな狭いところで・・・と思いますが、車庫を作るまでの我慢。車庫が出来ればそっちに作業場所を移す予定。(現在、車庫製作依頼中です。←これはハウスメーカーさんに)

そう言えば車が置いてあるスペースのコンクリ打ちもUPしてないすね。
親父(一応私も 苦笑)が頑張って仕上げてくれたので、また記録を残しておかねば。

明日はこの扉を仕上げて、塗装するまでかな?
扉を付けて見るまでは下駄箱のイメージが湧かない。
出来は悪いが、楽しみだ。(笑)

2008年07月09日

下駄箱作り

ログハウスに引っ越してきてから3ヶ月目に突入しました。
(ログハウスの梅雨はすこぶるすごしやすいですよー)
ちょこちょこと棚やなんやと作っていますが、いまだに我が家に下駄箱がありません。
玄関に靴を置きっぱなしの状態が続いております。
一番最初に作ろうと思っていたもんなんですけどね。(苦笑)

さすがに重い腰を上げ、製作を開始しました。
今まで作らなかったのは良い案が浮かばなかったからなんです。
なんせ下駄箱のスペースとなる場所は幅が30cmしかなく、靴を平らにしては置けません。
(下駄箱のために玄関を狭くしたくない、という大前提)
余ってるスペースに何とかして下駄箱をすんなり収めたい。

考えた案は45°の角度で靴置き場を作る事なんですが、これも扉を作るとなると30cmのスペースがさらに2cmほどは狭くなるし・・・何か良い案ないかなーと、これまで製作を延ばし延ばしにしてきた訳です。
(28cmの幅では、26.5cmのサイズの靴は絶対に入りません)

でもさすがに3ヶ月目に突入しすでに梅雨入り。
下駄箱用の部材をいつまでも屋外に放置しておく訳にも行きません。
早く使わないとカビが生えて使い物にならなくなるのは目に見えてますからね。

20080709.jpg
とにかく重い腰を上げる事。 前回の休みについに製作開始。 案なんて作ってる間に浮かんでくるもんですわ。(笑) 部材を刻みながら、なんとか叩き台だけ作りました。

今日は発注していた塗料が届いたので、いくみんと一緒に塗装開始。
明日からは扉の製作に取り掛かります。
さてさて、どんな仕上がりになるでしょうかね。
自分でもどんな感じに仕上がるのか掴めないので、楽しみなのです。

2008年07月08日

社台募集(07年産)その15

結果通知書が届きました。

結果は全滅でした。
・・・やってしまいました。
ま、毎年安い馬ばかり買ってるので仕方ありません。

ただこれまで毎年出資していたのが、ここで潰えてしまいそうで悲しい。
ただでさえしょぼい実績なのに、さらに負のループに陥るのか。(笑)
と言って、無理やり余ってる馬を買うのも一口馬主生活の寿命を縮める事にもなりかねないし・・・。

とりあえず今年は「見」で行こうかなーと、今は考えています。
今年は体力をためて来年勝負かな。
・・・でもどんどん実績無くなるのに勝負できるのか?という不安はある。(苦笑)

余ってる馬をざーっと見ると、買えるのはティエッチダンサー07くらいかなー。
好きではないマンハッタンカフェ産駒なんですが・・・。
それになんかずーっと残りそうな気もするし、急いで選ぶ馬でもないような気がする・・・。
キャンセル馬を待つという手もある。
・・・という事はとりあえず「見」か。

ま、とりあえず馬に出資するつもりだったお金の一部で、カメラのレンズでも買う事にスッぺか、とレンズを物色し始めている浮気な私です。(苦笑)

2008年07月07日

げげっ!?

昨日、ちょっと手持ち無沙汰な時間が出来たので、カメラを持って外へ。
マクロレンズを付けて行ったので、その辺の花や蝶、カエル等を適当に数枚。

帰って来てからモニターで確認したら・・・ゴミだらけ・・・。

昔(1年ほど前?)、大阪に行ったついでにCanonのカスタマーセンターで画像素子の清掃をしてもらったけど、こりゃーまた行かんとあかんかー!?

とりあえずブロアーで飛ぶかな?と思って駄目もとでシュッシュしたら意外と飛んで行ってくれました。
が、どうしても気になるゴミがまだ1つ2つ、取れていません。
ま、こんなの気にしちゃ負け(?)ですが、気付いてると気になってしまう性格。うー。

20080707.jpg
画像素子の清掃(無料)を受けるのに、大阪までの交通費が辛い。(苦笑) ま。気にせんとこ・・・。

2008年07月05日

帰ってきた4月風

ようやく、ようやく帰ってきそうな気配です。

78087_00028650.jpg
4月風こと、エイプリルウインド

この馬で菊花賞を夢見て、翌年アルナスラインの菊花賞へと続きます。
なんだか普段はのほほーんとしていて、レースではビシッと決める格好良い奴。
私にとっては一番思い出深い愛馬です。まだたった4戦ですが。

しかし、もう丸々2年以上遠ざかってますか、実戦から。
早かったようで、長かった。うん、長かった。
アルナスラインがその時間を埋めてくれたから良かったようなものの、嫌ですね屈腱炎は。

屈腱炎ですから、再発すれば即引退でしょう。
これからは常にこの恐怖と一緒に歩んでいかねばなりません。
少しでも長い競争生活を歩ませてあげたいと思います。

今のところ調教も坂路で52秒台をマークするなど、順調です。
いや、順調でした。
・・・先週、鼻出血したとの事。
肺からじゃない様ですので、大事には至らないと思いますけど、ヒヤッとします。
問題なければ復帰戦は近いです。
この馬の復帰戦はもの凄く楽しみです。(ちょっと怖さも 苦笑)

2008年07月04日

社台募集(07年産)その14

私の第一希望馬です。
凄い人気してて書くのをためらったんですが、価格・厩舎・血統・関西などを考慮してこの馬を一番手に持ってきました。

182 リリカルモメント07

自分の評価は☆3の4と、抜けて高評価だった訳じゃありません。
馬体に関しては「まぁまぁ」といった感じで、厩舎や価格などで総合4へ。
パンフの写真が綺麗に撮れてるんで、実馬より人気し過ぎた感があります。
まぁ、この辺りの価格帯の牡馬はもともと争奪戦が激しいですが。

最終人気でサンデーTCでは3番人気ですか。70票くらい入ったのかな?
過去4年の出資額は200万円に満たない弱小会員なんで厳しいですわー。(苦笑)
第2希望、第3希望もあんな状況なんで、この馬が外れると・・・全滅か?

sunday07_182.jpg
182 リリカルモメント07 もともとパンフから狙いの候補でしたので、ツアーではじっくり観察しました。周回展示を確認していたらどうもスケールが小さい。バネも足りないし、柔味も物足りない。想像していたより小さくまとまってしまってる感じで、「あ痛ー、こりゃねーな」と残念に思ってたら実はその馬、179 フォルクローレ07でした。ホッとして、今度は本当にこの馬を見たら問題なし。大体事前に想像していたくらいの馬だったので、有力候補の一頭に。 この馬も馬の中に入ると勝気な部分があるらしいですが、人間に対しては問題ないとの事。

血統はどうしても気になるエガオヲミセテの血脈。
あの馬に会ったのも何かの縁と、血統表にこの名前が出るとどうしても気になってしまいます。
ただ、私の素人血統評価では、どうしてもSpecialのクロスが発生するところがネック。
でも逆にこのクロスがこの馬の面白さのような気がして賭けてみる事にしました。
父ジャングルポケットの産駒にも一度は出資してみたいと思っていましたし、価格も守備範囲。
兄弟が走ってないのはハナから馬体しか興味の無い私には余り関係なく、厩舎も藤原厩舎。

後は結果を待つだけです。
初の1.5次募集にまわされてしまうのかどうか?
社台募集の最終結果ですが、超良血馬(超高馬)がのきなみ残ってるのが面白いですね。
今の世を反映してるでしょうし、社台側ももう少しこの結果を良い方に考慮してくれると有難いのですけどね。今回のように、中途半端な血統馬をアホほど高くするような事は止めてくださいね。(苦笑)

2008年07月03日

社台募集(07年産)その13

では第1希望の前に私の第3希望馬を書いておきます。

40%程度の開票率の時点では1位票が12〜13票ってところでしょうか。
第3希望までまわってくるかは・・・厳しい状況です。(苦笑)
もう第1希望をゲットする他には道は無いようです・・・。

でも正直、この第3希望馬は正直ツアーでも確認不足気味。
周回展示で予想外にフェートデュヴァン07に気を取られてしまい・・・。
ユーロスターの弟も居ましたし。(タイムパラドックスの弟でしょ!)

周回展示では「うん、まずまず」でして、自分の評価が大体そのまま使えると判断したからか、ちょっと他の馬に時間を割きすぎました。結局ちょっと見ただけで、じつはツアーでの印象は余りありません・・・。そんな馬を第3希望して良いのか?と思いましたけど、入院が迫っていたもので・・・。(笑)
正直ここまで票が伸びるとは思っていなかった。甘い判断でした。(苦笑)

shadai07_43.jpg
43 ダンスティルドーン07 です。 血統も地味ーであまり派手さは無いですが、造りのメリハリがはっきりしていて歩様も良い馬です。 お尻が大きく、バランスから距離には限界があるでしょうが、3歳のクラシックに限っては大丈夫でしょう。(クラシックロードに乗れるかどうかはまた別。(笑))


キングカメハメハは繁殖にも恵まれましたし、普通に活躍すると思ってます。
ただいかんせん高すぎる。。。
キンカメで私のような貧乏会員が出資できるのはこの馬くらいかな?という意識が第3希望に書いた要因の一つでもありました。(苦笑)

おまけ写真 ユーロスターの弟(笑)

shadai07_75.jpg

ジョリーザザ07
小さいですが、柔らかい良い動きましてました。
ユーロスターと違い、社台TCでの募集ですし走るかもー。(笑)

2008年07月02日

社台募集(07年産)その12

さて、ここからはいよいよ私の出資希望馬に迫ります。(笑)

まずは第2希望から!(笑)
何故かというと、私の第2希望馬は捨て票になったと思われます(泣)ので・・・。
私の現状は、実績で第1希望馬がギリギリ当選するか、または第3希望馬が運良く残っているか?という状況のようです。
いつもはもう少し人気を吟味してから投函するんですが、何せ今回は入院が決まっていたので人気をあまり気にせず投函してしまいました。
今回はひょっとして第2次募集に回る組に入ってしまったかもしれません。

さて、その第2希望馬ですが、実は今回の募集馬中での私の一番馬です。
何で一番馬を第2希望にもっていたのか?
はい、牝馬だからですねー。
結局私、今回も牡馬に行ってます。(笑)

sunday07_154.jpg
前々からちょこちょこ話題に出していた、牝馬ならバシッ!と来た馬が居るというのがこの馬。 サンデーTCの 154 ピンクパピヨン です。 父シンボリクリスエスですが、これまでの産駒の傾向を見た感じでは、募集時には薄く見せるくらいの馬体が良いと私は判断しています。父がそうであった様に、総じて3歳以降にグッと成長していく様子。 本馬はちょっと薄過ぎるくらいですが、歩様を見た瞬間惹かれるものがありました。 きっと良い馬になります。(ホントか!? 苦笑)

気になっていたのが気性です。母が強烈だった覚えがありますからね。
ツアーではその辺に気を付けて見て来たのですが、全然問題なさそうでしたね。
シンボリクリスエスで中和されたみたいです、と引き手の方は言っていましたが、うむ確かに。
ただ、やはり馬の中に入るとキツイ面があって、競馬には良い方向に出るのでは?と言う事でしたね。
結構人だかりが出来ていて、取るなら第1じゃないとキツイな・・・とその時に分かっていたんですけど、もしかしたら・・・と第2で書いちゃいました。大失敗です。(笑)

どんな馬になっていくのか?
個人的に大注目して見ていきます。

2008年07月01日

第49回 宝塚記念

私の書いた社台募集希望馬を発表するつもりでしたが、時代遅れになる前に宝塚記念の感想を。(ってすでに遅いか)

宝塚ウイークは病院のベッドの上でしたので、病院で購入できるスポニチを穴が開くほど読んでました。まー、時間だけはアホほどありましたからねー。(苦笑)
同じアル出資者のうえPさんから「追いきりは賛否両論」とシャバの雰囲気をメールで教えて頂きましたが、個人的には悪くない追い切りだと思っていました。もう3戦目ですし調教タイムが重要ではありません。和田騎手が言うように、折り合いに重点を置く事も正解だと。
ただ、木曜日の15-15の微調整はここ一番の調教としては恥ずかしいかも知れません。(笑)

私が一番心配していたのが馬場状態。
ここでも書いたとおり、これまでのこの馬の動きを観察してると、どうもこの馬は重い馬場が苦手なんでは無いかと思っていたからです。
新聞では大型馬のパワータイプ。重馬場は問題なしとか、陣営も「ダートも走ってるし、問題ない」との事でしたが、デカけりゃ重馬場得意な訳じゃないですし、ダート走れば云々も同様。上手く無い馬は上手く無い。
重馬場だけは勘弁やでーと願っていたんですが、日曜日起きたら雨。やっぱり雨。
仁川の天気予報を携帯で確認するも雨。うー、最悪。

宝塚記念発走の15:40。
まだ病院のベッドに居ました。(笑)
結局ライブで見れずです。
帰って録画で確認しましたさ。

パドックは明らかに前走よりは上。
これならこの馬場さえこなせれば・・・と正直思いました。
スタートも上手く決め、道中も手応えは悪く無いように見えました。
・・・というか、悪くなかったようです。(和田騎手談)
メイショウサムソンと一緒に、さぁこれから!という4コーナー。
・・・伸びませんでしたね。ショックでした。

馬場を気にしたのかどうかは騎手のコメントからも分かりません。
ただ私には自分でやめてしまった様な直線の走りに見えました。
過去にも前と差が開き過ぎてしまった時など、全然走らず大敗したレースもありますし。
変なプライドがある馬なのかもー。(笑)

現時点ではまだ脚元どうのという情報は入ってきてません。
このまま次の公式コメントまで行って欲しいもんです。

一緒に見ていた子供が教えてくれました。「10番目や」と。
・・・重賞レースって10着まで賞金配当あるんですよね。(笑)
良くやったぞ、アルナスライン。(笑)

さぁ、今度は秋です。
ただ如何せん賞金が足りません。
どこかで補充しないと。。。
厳しく、また楽しみな秋になりそうです。

20080629150631.jpg
現場からえどさんが写メを送ってくれました。 お気遣い感謝。(誕生日おめおめ 笑)