« 社台募集(07年産)その14 | メイン | げげっ!? »

2008年07月05日

帰ってきた4月風

ようやく、ようやく帰ってきそうな気配です。

78087_00028650.jpg
4月風こと、エイプリルウインド

この馬で菊花賞を夢見て、翌年アルナスラインの菊花賞へと続きます。
なんだか普段はのほほーんとしていて、レースではビシッと決める格好良い奴。
私にとっては一番思い出深い愛馬です。まだたった4戦ですが。

しかし、もう丸々2年以上遠ざかってますか、実戦から。
早かったようで、長かった。うん、長かった。
アルナスラインがその時間を埋めてくれたから良かったようなものの、嫌ですね屈腱炎は。

屈腱炎ですから、再発すれば即引退でしょう。
これからは常にこの恐怖と一緒に歩んでいかねばなりません。
少しでも長い競争生活を歩ませてあげたいと思います。

今のところ調教も坂路で52秒台をマークするなど、順調です。
いや、順調でした。
・・・先週、鼻出血したとの事。
肺からじゃない様ですので、大事には至らないと思いますけど、ヒヤッとします。
問題なければ復帰戦は近いです。
この馬の復帰戦はもの凄く楽しみです。(ちょっと怖さも 苦笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://umakichiguy.orz.ne.jp/movable_type/mt-tb.cgi/895

コメント

エビなので一戦一戦が文字通り勝負ですね。
ただ、クラブ・師ともに治療に賭けたわけですから、結果はある程度出してくれる
のではないか、と期待できるような気もします。
二年ぶりは厳しいですけど、早速坂路強めで52秒台。
走る馬は違いますね。

走りますよー、この馬は。(笑)
・・・脚さえ持てば。(笑)

この調教師さんもちょっと無理してでも使うところが怖い。
丈夫な馬なら良いんですけど、この馬にはやめてー。(笑)

コメントを投稿