« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月31日

牝馬が主役?

さすがに今週の天皇賞・秋は楽しみですね。
昔ほど競馬に没頭する事がなくなった私ですが、このレースは良い面子が揃い、自然と興味がわきます。

やはりウオッカとダイワスカーレットの対決。
それだけでも十分なのに、菊を回避したディープスカイ。
(お、ダービー馬対決なんすね)
その菊、前年覇者のアサクサキングス。
グランプリホースを鋭い差し脚で倒した絶好調のタスカータソルテ。
ドリームジャーニーも復活してきており、まー楽しみ。

個人的にはウオッカに、さすが!と思わしてくれるレースを期待してますが、アサクサキングスにも頑張って欲しい。この世代が弱いと言われないためにも。(苦笑)
ダイワスカーレットは休養明けが心配。
さっぱり走らない可能性もあり、そうなるとレース価値という点で残念ですしね。
でも、やっぱつえーっ!てのも有り。(どっちやねん)

そしてこのレースの激戦で消耗したところを、アルナスラインがJCをかっさらうというシナリオだ。はっはっはぁぁぁ・・・。

2008年10月29日

疲れてる方は

最近、仕事がハードで少々お疲れ気味です。

先日の休み、実家付近で開催してた紅葉祭りに行ってきました。
まぁ、ちょっと暇潰しに・・・って感じで出かけたんですが、良かったです。
予想以上に紅葉していたという驚きも手伝ったのかも知れませんが、きれいな風景の中、木々に囲まれ歩いているだけで癒されました。
トゲトゲしていた気持ちが柔らかくなった気がします。

紅葉はまだこれからという所も多いでしょうし、疲れてる方はもちろん、日々の仕事に追い回されてる方には是非オススメします。ゆったりとした時間を木々が提供してくれると思いますよ。

やっぱ、その季節毎の楽しみ方と言うか、その季節に身を置く事を大切にすべきです。

20081025_1.JPG

2008年10月26日

乱菊制した内田騎手のコメントに思う

乱菊と言われた今年の菊花賞はオウケンブルースリでした。
騎手は内田騎手。

勝利騎手インタビューを聞いていたら「大きな舞台で1番人気で人気に応えるのが騎手として・・・」とか「馬込みには入れない様に・・・」とか、4コーナー手前でグイグイ追った事に対して「京都はノンビリ後ろで構えてたら差し切れないので・・・」とかどこぞの騎手にでも言ってるかのようなコメントしてました。

そういや、京都大賞典に乗りに来てたもんなー。
ひょっとして松元調教師のボヤキを聞いてたのかも知れないな・・・とか勝手な想像を、この勝利騎手インタビューを聞いて思ってしまいました。(苦笑)

アルナスラインに乗ってくれませんかねー。(笑)

2008年10月25日

アドマイヤジュピタ写ってた

adjp.JPG
最初の1週目ですが写ってました。アドマイヤジュピタ。

最初の一周目は勝負服だけ目印にして写真撮ってたらアルナスラインじゃなくて同クラブのアイポッパーを撮っていた、という失敗があったんですが、その失敗写真の端っこにアドマイヤジュピタが写ってました。

失敗写真、たとえば今回のような写真の端っこに写っているような厳しい状況下においても、画素が大きい事や、最近DPPにレンズ収差補正の調整機能が付いた事などである程度補正できます。
ブログに載せるような写真なら全然問題なさそうです。
技術の進歩は大したものですねー。

ここまで来ると競馬写真は数打ちゃ当たる、というような傾向が他のジャンルに比べて高い気がします。
逆に数打たないと話にならないので、やはり連射機能が求められる機体が向いてるなぁ。

2008年10月21日

アドマイヤジュピタ引退

アドマイヤジュピタが屈腱炎で引退ですって。
うーん、こわー。

いつ、こちら側がこうなってもおかしくない状況。
あと何回走れるか。
一走一走をしっかり応援せねば。

つーわけで、次走のアルゼンチン共和国杯も無理して行こうかなーって少し考え中。
東京に着くのは10Rくらいになりそうだけど、こんな機会じゃないとねぇ。
ま、いくみんと要相談ですが。(苦笑)

奇しくもアドマイヤジュピタの引退レースに行った訳だが、一枚も写真撮ってない。
G1馬くらいは撮っておかんと・・・とちょっと後悔。(苦笑)

2008年10月20日

ペーパーログの重量変化

ペーパーログを作ってからほぼ1ヶ月経ちました。
適当に乾燥させておいたら水分が抜けてずいぶん堅く&軽くなりました。

9月15日に作ったものの重さを量っておいたので、それを確認。

20081013_1.jpg

9月15日では983gだったものが、10月13日には305gまで減量。
ほぼ1ヶ月で1/3まで重さが減りました。
(体重もこれくらい簡単に落ちれば良いのー)

薪ストーブには広葉樹が良いとされていますが、薪の重量が同じであれば広葉樹も針葉樹も得られる熱量は同じという実験結果があるようです。熱量としてはね。
その考えでこのペーパーログを見れば、305gの薪と同じ熱量を持つと言う事です。
305gってメチャ軽いっすよ。
どだけちっちゃい薪なんだろー。

今度305gの薪、作ってみます。(笑)

2008年10月19日

薪棚4号

薪棚4号を製作。

現在家にあるのは薪棚2号と3号。
これじゃ1シーズン分には足りないだろうし、実際前に取って来た薪は入れる場所が無く放置されてる。
2日ほど掛けて薪棚4号の製作に取り掛かった。

いつも通り図面も無しの行き当たりばったり製作。
家の余り材置き場を眺めてるうちに、これ使える…これ使える…と頭の中で材料を組み立てて行く。
唯一イメージ出来なかった部分が屋根。
波板を使用するのが一番手っ取り早いが、今回の4号機は家の後ろに設置する予定。
ログ壁との相性がどうもよろしくない。見た目がね。

良い案も浮かばず、とりあえず本体部分の製作に取り掛かった時に思い出した。
あった、あった、あの余り材が!

20081018_1.jpg
と言うわけで、今回も全て余り物。 屋根は家に使われている天井板。 大工さんがグルニエを隠していた時(謎)に使用した物を再利用。 実はこれをどこに使うかを一番悩んでいて、ずっと家の中に放置されてた。 半年経ってようやく使われる事に。

ここはすでに軒下の部分なので、雨は余り当たらない。
と言っても屋根に木の板を使うのはやはり腐りが気になるので防腐剤をしっかり塗布。

防腐剤が乾いてから2回前先日取ってきた薪も薪割りし、ここに収めました。
全部収めてもまだ空きがある状態で、意外にも収納力がある事が判明。
これなら薪棚2・3・4号で、1シーズンの薪は賄えそうな気がします。

20081018_2.jpg

当然ここの薪棚の木は完全に乾いてないのですが、シーズンに入ればストーブの前にでも置いて強制乾燥させ、使用する事になりそうな予感がしています。だって薪が足り無いんですもの。(笑)

2008年10月17日

アルナスライン乗り代わり決定

アルナスラインの乗り代わりが決定しました。
勝負事の世界です。仕方ありません。

次走のアルゼンチン共和国杯は関東の横山典弘騎手だそうです。

好きな騎手ですし、実力的には全く異論は無いのですが、ちょっと微妙です。
どう考えてもホクトスルタンの主戦ジョッキーですからね。
今年一杯は乗ってくれるとしても、来年はホクトスルタンが帰ってきます。
ホクトスルタンとアルナスラインでは、メジロが絡んでるだけに負けるのは必至。
長く最後まで乗ってくれるような騎手は居ないものなのでしょうか。
若手でも良いんだけどな。

どうしてわざわざ同じ主戦場の、乗る馬が決まってる騎手に依頼したのか?
・・・来年はひょっとしてメイショウサムソン無き後の騎手を狙ってる?(苦笑)

2008年10月15日

アルナスラインの次走

アルナスラインの次走が決定しました。
アルゼンチン共和国杯だそうです・・・やはり。(苦笑)

いや、でも仕方ないです。
賞金をGETしに行かなくてはなりません。
前走あんな事になっちゃいましたからね。
余裕を持った万全の体制で進める立場ではなくなりました。
無理してでも攻めて行かねば。
なんて言うんでしょう。あの騎乗で全ての予定が狂いました。
ここで1つ挟んだ事で、この秋どうなるか。
ここで賞金をもう一度稼ぐ算段でJCなんでしょうが、中2週です。

馬には辛いローテになってしまいますが、頑張ってもらわねば。

でも騎手は変えてください。(苦笑)

20081012_7.jpg

おまけ。
やっちまった和田騎手。(苦笑)

2008年10月13日

2008年秋 京都競馬場

と言うわけで、京都大賞典を見に京都競馬場まで行ってきました。
個人的にはどう考えても勝ち負け出来ると思ってたアルナスラインの応援と、先日購入したレンズ、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMの試し撮りを兼ねての遠征です。

久々の競馬撮影で、カメラの設定はどうすりゃ良いんだ?全然わかんねー・・・で始まった1R。
とり合えずシャッタースピード優先モードの1/160秒のAI SERVOに設定。
ISOはかなり天気も良かったので100でいけるべや、と安易に決定。
(・・・結局、ISO以外の設定は最後までこれで突き通します。だってカメラのモニターじゃ良し悪しの判断出来なかったんですもの・・・自分の腕ならシャッタースピードは1/200位が良い様子)

3Rではえどさんのキャロ馬、ドナシュラークが出走。
撮る馬が決まってると言うのはやり易いもんです。
で、パドック見てたら、太て〜。(笑)
馬体は悪くないんですが、いかにも太い。
逃げるようなんですが、最後は飲まれるんかなー?と思ってました。
そのドナシュラーク、最後の直線ファインダー越しで見る彼の脚色は衰えません。
飲み込まれる様子も無く、「あら?あら?あら?」と写真を撮ってました。
まさかまさかの逃げ切り!
ファインダー越しでは周りが見えないので、結構興奮しますね。(笑)

20081012_3.jpg

えどさん、F1見に行ってる場合じゃないですよー。

その後、アルナスラインの名付け親うえPさんと合流。
誕生日祝いに、と生ビールを奢ってもらいました。
これが超ーうめー!サイコー!
競馬場ビールは初体験でしたが、あれマズイッすねー。
テンション上がる上がる!
馬券何買ってるんかわかんねーし!(笑)

今後、競馬場では生ビール。ハマッてしまいそうです。(苦笑)
うえPさん、誕生日プレゼントどうもありがとうございました。
家族もあわせて、初めて貰ったプレゼントがこれでした。(泣笑)

それに、競馬場って競馬仲間と一緒っていうのがやはり面白いです。
なんだかんだバカな事言ってるだけで面白いし、楽しい。

アルナスラインの京都大賞典パドック。
悪くなかったです。休養明け、これで負けたら仕方ない、と思える出来。

20081012_4.jpg

20081012_5.jpg
20081012_6.jpg

レースでは良いところがありませんでした。
ファインダーを覗きながら、「何しとんよー、出さなまじーぞ、今出せる、、、あー包まれた・・・京都外回りやね?内行けるか?行かんのか?外行くんなら行けや!おいおいおい!おいおい!!何しとんよー!!最悪!最悪!!最後方やんけー!」って感じです。(笑)
直線は祈るような気持ちでした。
でもアルナスラインはディープインパクトじゃないんで。(苦笑)

20081012_1.JPG

正直、勝ててたレースだと思います。

一口なんで騎手云々は言えませんが、次も和田騎手で!とは40名の内何人が言うでしょうか?
まず殆ど言わないんじゃないかな。
なんたって馬が可哀想です。自分の将来がかかってる訳ですから。
今後の行方、騎手はどうなるのか、馬は問題ないのか?と、気になる事が一杯です。

・・・とまぁ、最後はケチが付きましたが、一日を通してはかなり楽しかったです。
レンズもかなり使える事が分かりましたし、次回はもう少しまともな写真を撮れそうです。
何より、愛馬を一緒に応援出来る方と一日競馬を楽しめたのが最高でした。
またの機会を楽しみにしています。もちろんビール付きで。(笑)

2008年10月12日

怒!

淀から帰ってきました。

私、これまで負けた事を騎手のせいする事は殆どなかったと思いますが、今回はさすがに駄目です。
もう和田は勘弁。

10頭立てを捌けんとは・・・。

酷すぎます。

なんか、アドマイヤのおっさんにやられた気がする・・・。

写真はまた次回。

2008年10月11日

ミニキャブトラ ステアリング交換

愛車、ミニキャブトラのステアリングを交換しました。
これまでのステアリングは細くて・・・。
パワステ付いてない車に、この細さは辛いです。

20081011_1.jpg

細いでしょ?
自分色を出すために少しづつカスタムしていくつもりですが、まずはハンドルからです。
(2人でお留守番の時にサクサクっと交換したので横に助手(長女)が写ってますが、お気になさらず)

(あ、破れていたシートは交換済みです。ヤフオクで中古シートを落札して。交換時に、この車のシートってボルト2本だけで留められている事を知って、少々ビビリ。急ブレーキで前に飛んでいかないか心配だ。(笑))

ステアリングを交換するにはハンドルはもちろんの事、ボスと言う部材が必要です。
さすがに近所のカーセンターにはこの年式に合うボスは売ってなかったのでネットで注文。
ハンドルはタダで譲り受けました。
(友人に車きちGuy!(笑)がいて、もう捨てるつもりだったと言うハンドルを頂きました)
momoのRACEというハンドルで、私が昔の愛車に使っていた事のあるハンドルで懐かしい。

20分くらいで作業終了。
やってるうちに昔、交換した記憶が甦ってきました。
(昔の愛車はスプリンタートレノ AE111 BZ-G だったかな?結構気に入ってました)
交換後の写真がこちら。

20081011_2.jpg

全然違う!これは良い!

まだ走ってないので使用感は分かりませんが、間違い無く良いはずです。
(ただ、取り付け不良で運転中にポロッ!て外れないかかなり心配。助手が相当手伝ってくれましたから…汗)

今後はコンソールボックスなどのプラ類が相当劣化してるので、塗装してごまかそうかと思案中。(笑)

アルナスライン いざ京都大賞典

なんと前売り2.2倍で1番人気。
天皇賞馬を差し置いて重賞未勝利馬が1番人気とは。
いくらなんでも人気にさせ過ぎでは。
(馬券を買う気が失せてしまいます 苦笑)

スポーツ新聞紙もかなり推してます。
やはり賞金面が足らず、勝負気配がムンムンである事&逆にアドマイヤジュピタは相当ステップレースの感が強い事が原因なんでしょう。そしてそれに追従する方が多く馬券を買ったという事でしょうか。

まぁ人気はどうでも良いんですが、和田騎手が必要以上に気にしてしまわないか気になります。
去年と違って他の馬もアルナスラインの出方を気にしているでしょうしねぇ。

とにかく明日、京都に行ってきます。
実は競馬場で見るのは明日が初めて。
久しぶりの競馬場という事もあってとても楽しみにしています。
帰りもハッピーだと良いなぁ。(笑)

2008年10月10日

初仕事

我が愛車、ミニキャブトラの初仕事。
夜勤明けで山に薪取りに行ってきました。
今日は一人だったんで大変でした。
自分との戦い。

登っては降り、降りては登る。
原木を引きずり出して玉切りし、また降りる。
3時間ほど繰り返してミニキャブトラの荷台に一杯に。
さすがに帰りは重そうでしたが、しっかり運び終えてくれました。
十分自分の仕事をこなしてます。

薪自体は、ナラはあまり無く、なんだか分からない雑木半分といったところ。
まぁ、木にはそれ程拘ってないんで(手に入るものであれば贅沢言わず)、これでOKです。

わざと喉カラカラで帰って来て、冷たい缶ビールを。苦いがうまい。
でも夜勤明けも手伝ってあっという間に酔っ払い。
しかも真昼に。(笑)

これからもよろしくお願いします、相棒。

2008年10月09日

すみれステークスを思い出せ

京都大賞典を狙ってるアルナスライン、でも実は結構崖っぷち。
ここを勝つ、もしくは最低でも2着に入って賞金を加算しない事には今後のローテーションがまったく狂って来ます。JCなんて大それた事言ってますが、ここで結果を出さない事には急遽「アルゼンチン共和国杯に出ます」なんて事になりかねません。それは寂しく、悲しい。(笑)

ただ、この馬はやってくれます。
すみれステークスがそうでした。
強力メンバーに恐れをなして弥生賞を回避。
そして皐月賞に出るために向かったすみれステークス。
重賞じゃないので勝つ事しか皐月賞に出られない、崖っぷちの一戦。
そして彼は勝ちました。
やってくれました。

そして骨折。
・・・やってくれました。

だから今度もやってくれるはずです。
崖っぷちには強いんです。

今日は私の誕生日。
誕生祝に間違いなくやってくれるはずです。(笑)

20060908_3.jpg

2008年10月08日

2008年秋 アルナスライン出動!

アルナスラインの復帰戦が迫ってきました。
今週末に行われる京都大賞典。

今日最終追い切りが行われ、まぁまぁそこそこの数字だったようです。
なかなか皆の期待に応えられない、見かけより繊細な彼で、道悪下手。
でも特技もあって、デカいのにポン駆けが上手。

その特技が生かされる今回の復帰戦にはかなり期待しています。
・・・と言うか、ここで賞金を加算しておかないと秋のG1、賞金不足で出られません。
京都大賞典→JC→有馬 とローテを考えてるようですが、いやいやいや、先生お金は?って感じがしないでもありません。気持ちはかなりの王道路線ですが、実際は重賞未勝利馬です。(苦笑)

相手関係はやはり1番人気になるであろう、アドマイヤジュピタが強力。
ただ一緒に戦ったホクトスルタンを基準に考えれば十分戦えるはずです。

去年のこのレースは古馬の力をまざまざと見せつけられた一戦でした。
今回は自分がその立場。馬体もパワーアップしてますし、更に進化した重戦車ぶりに期待です。

どうも天気も悪くなさそうなので、京都ですから久しぶりに当日は現地に観戦予定。
新しいレンズを持っていきます。(笑)

2008年10月07日

やっちまったぜー

買ったばかりのミニキャブトラでやっちまいました。
鍵を車内に閉じ込め、インロック・・・。

まだほとんど乗ってないのに・・・。

昔、いくみんが同じ事をしてロック解除してもらうのに7千円ほど取られた記憶があり、このボロ軽トラごときに・・・と思うものの、スペアキーも持って無く・・・。

駄目もとで車屋の担当さんにヘルプTELを入れたら「大丈夫です。なんとかします。」と、すぐに業者さんを手配してくれて解決。しかも無料。
助かったー。
感謝。

しかし、さすがプロですね。
来て30秒ほどですか?
我が家での滞在時間、2分ほどしかなかったんちゃうかなぁ?
ブログネタに・・・と、写真撮る瞬間には開いてましたもの。(笑)

20081007_1.jpg

でも使い方一つで、正義にも悪にもなれる特技ですねぇ。(笑)

2008年10月05日

凱旋門賞

明日当然ながら朝から仕事ですが凱旋門賞見てます。
さすがにメイショウサムソンを応援です。
・・・これ以降はライバルですけどね。(笑)

人気は7番人気ほどらしいですが、どうでしょうか。
ディープインパクトに比べたら場馬適正は高いと思ってますから楽しみです。

強い牝馬がいるみたいですが、牝馬ですから・・・とは行かないのが凱旋門。
簡単に牝馬が勝ったりしますからね。
あっちの女馬は強烈です。(苦笑)

勝たないまでも、起きてて良かったと思えるレースをして欲しいです。(笑)

2008年10月04日

運動会は疲れる

次男坊の運動会でした。

疲れました・・・。

太陽に一日中当たってるだけでも疲れます。
なのに写真撮ったり、一緒に競技に参加したり、テント張りのお手伝いしたり・・・ぐったり。
ただ、最近長男坊君がきずみんを見てくれるので非常に助かってます。
小学校1年生にもなると頼りになるもんですね。
良く頑張りました。

今回はいくみんもスタッフとして頑張りました。
ずいぶんと以前から準備もしており、苦労が報われた一日になったと思います。
おかげであったか味のある良い運動会でした。
お疲れさま。

今日はぐっすり休みましょう。
明日は仕事です。(泣)

20081004_1.JPG

2008年10月03日

たかぼー専用車

先日お知らせした高い買い物のうちの一つ。
セカンドカーが本日納車されました。
もちろん中古です。

この車はたかぼー専用車両。(笑)

エアウェイブの車検を受けに行った時、車屋の担当さんに「薪を運ぶのに使うので、めちゃ安い軽トラないかな?いつでもいいし探しておいてやー」とお願いしたら1週間くらいで探して来てくれました。

「良いのありました。今から持って行きます!」と自宅まで持って来て見せてくれたのがこの車。

三菱 キャブトラック 4WD
平成4年式 走行距離29000km
車体価格14万5千円

20081003_1.jpg

もう少し安い軽トラ情報も知っていたのですが、若いですがよく頑張ってくれる担当さんで、これからも長い付き合いになるでしょうしこれに決めました。
結局、車検や夏タイヤ&冬タイヤ新品購入と点検など含めて全て込みで30万円。
想定していたより10万円ほど高くなりましたが、OKです。

本日納車と言う事で取りに行きましたが、持って来てくれた時に比べて見違えていてビックリ。
錆もキレイにしてくれてるし、マフラーは新品に交換済み。
ビシッと各部も調整してくれたようで「まだまだ現役でいけます!」との事。いいねー。
難点は運転席のシート破れとオーディオの調子が悪い事らしい。

ただシートはヤフオクで安く出てたのですでに個人的に購入済だし、オーディオは担当さんが買い替えで捨てるものを取り置きしておいてくれるらしい。と言う事で、ほぼ問題は解決済みだ。

これからこの車で薪ストーブライフを楽しむぜぇ。
もちろん、パワステ無し、エアコン無しの漢仕様でござい!(笑)

2008年10月01日

ラインオブナイトの勝利メダル

・・・のお知らせがきました。

もちろんいつも通り静観ですが、ゼッケン応募は是が非でも。(笑)
なんたって我が家の家宝になりそうな武豊ゼッケンですから!(苦笑)

・・・やっぱメダル買わないと駄目?もらう資格なし?(笑)


メダルの重さは87.3gで260,666円ですと。

・・・って、めちゃめちゃ落ちてるしー!
エイプリルウインドの時が約130g。
アルナスラインの時も同じ約130gだったから・・・ひどい・・・ひどすぎる。

金の価格が上がり過ぎ。
これでメダル買う人要るんだろうか・・・?

と、私には全く無用の詮索をしてみた。
ゼッケン当たれ〜。(笑)