« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月30日

松山城と道後温泉

■松山城

20081128_1.jpg

現存する天守閣12城のうちの一つということで行ってきました。
客寄せに造られたお城には興味ありませんが、ここは行く価値ありと。
(知らない間に12城のうち6城に行った事になるんだなぁ・・・)

朝、6時過ぎに徒歩で移動。まだ外は暗かったです。
暗い中で歩いていたもので、知らない間にお城を通り過ぎ、結局城がある山をぐるっと1周近く移動する事になってしまってました。
裏にも登城口があるだろう・・・と予想で歩き続けたのが裏目に出て、出勤時間に間に合わないかも・・・と途中からは駆け足になってました。(笑)

まー、上り下りの坂がキツイお城です。
雪が降った時は怪我人が出る(冗談抜きで)んではないかなー。


■道後温泉本館
帰省日に急遽、予定を入れた温泉。
宿泊先(松本市駅周辺)からタクシーで15分程で行けるということで、勤務が終了後、飛行機までの2時間弱で急いで行ってきました。
なにやら「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルになったのではないかと言われている温泉らしく、ジブリ好きな我が家の長としては、これは絶対に行って家族に自慢げに話さねば!という思いで行ってきました。(笑)

20081128_2.jpg

やはり言われてるだけあって雰囲気あります。
30過ぎの後輩と湯船に浸かっているとガリガリのおじいちゃんが隣に。
湯上がりに後輩と喋ってみると、どうやら同じようなこと考えていたらしい。
「あれは釜爺だ」(苦笑)

油屋のモデルといわれている温泉はいくつかあるらしく、多分いくつかの温泉の良いとこ取りをしたのが油屋らしいですが、十分に満喫し良い思い出になりましたよ。

2008年11月28日

松山から帰宅

松山から帰ってきました、

強行軍でしたが、松山城と温泉に行ってきました。
温泉は予定に入ってなかったんですが、「千と千尋の神隠し」のモデルじゃないかと言われてる温泉が近くにあるという情報を聞いて、我慢出来ず無理やり行ってきました。

また携帯写真ですが、次回UPします。

2008年11月26日

四国発上陸

伊丹空港に来ています。
今から仕事で愛媛の松山まで出張です。
人生、四国発上陸。

あまり面白くない出張ですが、楽しまねば。(苦笑)
暇もあまりないんですが、宿泊先の近くに松山城があるみたいなんで時間を見つけて行ってくるつもり。
天守閣があるお城の中では行く価値のあるお城だと思いますので、ぜひ行かないと。

・・・でもやっぱちょっとだるい。(苦笑)

2008年11月23日

朝起きたら真っ白

2日前、寒くなるとニュースで言っていたので、薪ストーブに火を入れて就寝。

いつもより早く目が覚め、布団の中で外の様子を伺うも無音。
聞こえるのは長男坊のはしゃぎ声。
(長男坊はいつも起きるの早いっす)

はしゃぎ声で(多分雪降ったなー)と感じました。

顔を洗いに行くと長男坊が「顔洗ったら外見てみたら」と嬉しそう。
私に感付かれまいと隠してるようですが、ワクワク感が溢れ出てます。

20081120_1.JPG

こりゃ、今日は歩いて出勤せなあかんなぁーと悟りました。
(いつもはバス停までチャリンコです)
でも、嫌ではありません。
この歳でも雪道を歩くのは少しワクワクするみたい。
(もちろん最初だけですが・・・)

ちょっと降るのが早過ぎやしませんか?
タイヤは2台とも普通タイヤのままですよ。(苦笑)

家の中は薪ストーブでぽかぽかでした。
でも薪が今シーズンもつかどうか心配です。

2008年11月20日

アルナスライン 日経新春杯へ

都落ちしたアルナスライン
次走は年明けの日経新春杯というアナウンスがありました。

新春杯?またハンデ戦やんけー!懲りんのー。

と思う私の反応は普通では。(笑)

でもチラホラ「豊」って名前が出てます。
マジ!?

それならエエで。

そう思ってしまう私は普通か!?

でもそんな情報、どこ探しても見つかりません。
ガセネタじゃありませんように・・・。(苦笑)

2008年11月19日

カメムシ進入経路発見!

いくみんのブログにもありましたが、カメムシが大量発生しています。
まー、外にいるぶんには仕方ないのですが、勝手に家の中に入ってきます。
ひどい時は一日に10匹程度進入してきます。
私はいくみんほど拒絶反応はありませんが、もー、最悪です。
窓や扉を閉め切っていても、ですよ。

カメムシが進入を開始してから2ヶ月程。
私も彼らの行動を観察し続けました。
一番分かりやすい窓や扉から入ってる形跡はありませんでした。
でも一日に10匹という量はおかしい。
絶対にどこかに進入経路があるはずです。

でもこの家を手掛けてくれた大工さんは隙間などに関しては物凄い慎重な方でした。
実際に、これでもか!というくらい隙間にシール材を注入していた事も知ってます。
そんな大工さんが手掛けた家にカメムシが入る隙間があるのか?
あるとしたら、たぶん私にはどうしようも無い箇所でしょう。
だから、進入経路があるんだろうけど、侵入を防止するのは無理だな、と半ば諦めていたんです。

しかし、カメムシ君も2ヶ月以上観察してると行動パターンが読めてきます。
夜はいつも家内の電灯の周りを飛び回りますし、日中の明るい時には窓に集まります。
彼らは一応昆虫なので、明るいところに集まるんです。

夜は不特定の明るい場所(電灯)に集まるのですが、何故か日中に集まる窓は決まっていました。いつも2階の一つの窓と天窓に集中してるんです。何故?
明るい窓は他にもあるはずなのに・・・。
ひょっとしてこの付近に進入経路があるということか・・・!?

そして全ての情報が一つに繋がりました。

・・・ここかっ!!

そう、煙突っす。

そして、家内から煙突をずーっと眺めてました。
ここは我々(大工さん&私)が手掛けた部分じゃないので構造が分かりません。
(煙突の外周部は我々ですが、薪ストーブの設置&煙突工事はハウスメーカー)
でもここなら大工さんが手掛けた部分じゃないので、逆に進入経路であっても不思議じゃありません。
そして私はパソコンを起動し、撮り貯めてたログハウス建築記録のある写真を探しました。
そして発見。唯一一枚。煙突内部の構造写真。
よく撮ってたたかぼー!偉いぞたかぼー!
これが煙突の内部。

entotu_kamemusitaiji.jpg

煙突内部は当然外の明かりが漏れて来てますが、その外周部も明るいですよね。
この写真を見たとき「おっしゃー、ここかー!」って感じです。(笑)

薪ストーブを焚くようになり暖かい煙突周辺にカメムシが集まり、たまたまそこにあった隙間から内部に侵入。夜になったらどうも下の方が明るい。カメちゃん、下(家内)に移動(進入)。明るい電灯へ飛来。昼間は暖かい下(家内)に移動後、最も近くの明るい場所(決まった窓&天窓)に移動。
そういう行動パターンなんでしょう。

そこから安全帯つけて、シーリングガン担いで屋根登って、煙突の角トップ外して問題の当該部に付けられたスカート外して・・・カメムシ!ハケーン!!
ありました、煙突周囲にすいた8mmほどの隙間が。
そしてそこに10匹程度のカメムシが休んでました。
見えるだけでその数ですから、内部にはまだ沢山居るでしょう。
仕方ないのでそのままその隙間をシール。
内部に残ってるカメちゃんたちは、1・2日で家内に入ってくるでしょ。
そしてその後は出ない筈です。手応えあり!(笑)

いやー、それにしても強風の中、カネ勾配の足場が無い煙突での作業は怖いっす。

20081118_1.jpg

この写真もかなり無理な体勢で撮ってます。さすがに作業中の写真は無理でした。(苦笑)

まだ施工後1日目ですが、確実に減ってる気がします。
数日後の効果が今から楽しみです。(笑)

2008年11月18日

アルナスライン 今年は終了

JCへの望みを絶たれたアルナスライン
今後の予定が決まりました。山元TCへ放牧です。

JCには重賞未勝利馬は登録すら出来ない規定があるらしく「登録しませんでした」とのこと。いやいや、登録出来ませんでした、でしょー。(苦笑)
そんな規定があったとはー。
というか、陣営も今までそんな事一言も言ってなかったのだから、重賞未勝利馬はJCへの登録が出来ない事を直前まで知らなかったんでしょうね、きっと。(苦笑)

それにしても放牧かぁ・・・。
今年は5戦で終了。なんか物足りないなぁ・・・。
チグハグな1年で終了してしまった感じ。
まぁ、G1にも人気で出れたし、重賞でも2・3着。
贅沢言っちゃいけないけど、今年は最低重賞勝ちが目標だっただけに、ねぇ。

勝てる時に勝たないと、こうなるってこっちゃ。
つくづく騎手っていうのは重要ですのぉ。
ま、馬に飛び抜けた実力があれば全然問題ないんですけどね。(苦笑)

ファン投票で有馬に出れても出んのかね?
出たいのー。(苦笑)

2008年11月17日

エイプリルウインド 進歩無し!

福島8R 圧倒的一番人気に支持されたエイプリルウインド
パドックでは前走と同じような感じで、まだ体が出来てはいないものの、ここでは抜けている印象。
前日のラインオブナイトの「勝てる可能性は十分ある」という信頼度以上の「まず勝てる」くらいの信頼度。しかししかし、3コーナーくらいではメチャ手応え怪しく掲示板確保くらいか!?と心配したほど。
そこから底力で直線伸びて来るも届かず2着。
この結果にはガックリ・・・。

前日貯め込んだPAT資金がずいぶん減りました。(苦笑)
さすがに単勝1.6倍(最終1.9倍)のオッズを見て単勝は気が引け、頭固定の3連単を数万円分・・・。
アホしたー・・・。(笑)

現在調教師リーディング争いを演じている調教師のコメント
「前走と全く同じ負け方ですね。勝負どころでスッと行かないところがあるので、しっかり乗ってエンジンをかけていってもらいたかったです。」
と、泰っさんやや怒ってる!?コメント。(苦笑)

ヤバイっすよ、赤木さん。
降ろされちゃいますよー。
もう一度チャンスあるかな?
調教師の厳しさ、優しさを見れる次走となりそうです。
・・・つーか、脚元大丈夫ー?(笑)

2008年11月15日

ラインオブナイト 接戦制す

時間が無いので簡単に。
本日出走したラインオブナイトが勝利!!うおぉー!

最後の直線はアツかった。
いつものパターンだと差し届かずですが、届いてくれました。
いや、実際には負けたと思いました。
リプレイで「うおぉー!」です。(笑)

パドックでは解説の米満さんにバッサリ切られましたが、私的には良かったです。
(でも、この方の解説はズバッと明瞭で聞いてて感じが良いですね)
確かに若干太い気はしましたが、それ以上に腰以降の安定感が段違い。
1戦目2戦目はどーも頼りない腰〜後躯でしたが、今日は全然違いました。
馬体はこれまで出資して来た馬の中でもトップクラスになりそうです。

にしても人気無かった。
あまりの人気の無さにちょっとビビって金額下げちゃいました。
それでも相当プラスになりましたし、なによりこの日、久々に一人で集中して家庭内PAT馬券してたんですが、当たる当たる。万馬券連発、10万馬券も3発的中でPAT資金恐ろしい事になってます。
・・・・・・どうせ元々無かったお金。この半分を明日の4月風にぶち込みます!(マヂデツカ)

考えてみりゃ、3連単を全レースで買える事になって初めてまともに馬券買いました。
この調子で調子こいて突き進んで行こうと思います。(笑)

で、ラインオブナイトはこれで面白くなりました。
これはもう狙うは12月のG1でしょー!
豊っーち!かもんべいべーかむばーっく!!
いざ川崎じゃー!(笑)

2008年11月14日

ラインオブナイト 振られる

ラインオブナイトの3戦目が明日(土)です。
(当初予定していたエイプリルウインドは日曜に変更で同日出走ならず)

豊っちに騎乗依頼を打診していたらしいですが、見事に振られました。
同レースに出走する山内厩舎のゼットサンサンという馬に騎乗するようです。むむむ・・・。
まぁ、新馬戦勝馬なので仕方ありませんのぉ。
それでも庄野調教師、きっちりとルメ−ル騎手を確保してくれまして、準備はOKです。

メンツはソコソコ集まってるみたいですが、相手達はまだ適正が芝かダートか?もう少し長い距離が良いのか?と見極めてる最中の馬も多いでしょうから、すでにこの路線ケテーイのラインオブナイトとしては有利・・・なはず。(笑)

2歳のうちに稼げるだけ稼いでおかにゃ、後が辛い。
勝利を期待。(笑)

2008年11月12日

エイプリルウインド なんとまぁ・・・

先日復帰したエイプリルウインド
なんと連闘です。

登録だけでしょ!?って思てたら、どうも本気らしい。
屈腱炎からの休養明けですよ。(苦笑)

いやいや、個人的には楽しめて良いですよ。
それに頭の悪い調教師でもないですから、使うという事はそういう事なんでしょう。
馬が健康であるならば使わねば。
ビビッててもあきません。使ってなんぼ。(笑)

場所はまた福島なんですけど、この馬、全然関西馬っぽくありません。
中京→福島→新潟→中京→福島→福島。
阪神や京都ではいつ走ってくれるのか。(苦笑)

騎手は相変わらず赤木さん。
この馬はずっとこのままで良いっす。(笑)

20081112_1.jpg

今回はさすがに人気になるんで、馬券は買えん。

2008年11月11日

またやっちまったぜー

ミニキャブトラを購入したすぐ後に、インロックをして車屋さんにヘルプしてもらいましたが、またやっちまいました。
なんとも懲りない。
恥ずかしくて電話も出来んわ。(苦笑)

ただ今回は私ちゃいますよ。
きずみん(1歳8ヶ月)です。

車中で遊んでいたから別な用事を車外でしてたら、きずみん、中から鍵閉めてしまいました。
鍵は車に差したまま。オーマイガー!
インロック完了ー。

昔の車なんで閉めるのは押し込むタイプ。

一緒に車外で用事をしていたいくみんが気が付き、「それを引っ張って、それそれ。こうやって」とジェスチャー付きで教えるんですが、車内のきずみんは「えへへ」と笑ってるだけ。(笑)
私も一緒になって「それ、それ!こう、こう!引っ張れ。引っ張れって!おーい」と頑張りますが、同じような親の行動に飽きたきずみん、途中から相手もしてくれません。(苦笑)

仕方なく車屋さんにTEL。またやっちまいました・・・。
20分ほどで、また前回と一緒の方が助けに来てくれました。
その頃には、いつまでたってもドアを開けてくれない親にきずみん号泣。
号泣してても親は何も出来ませんがな。(苦笑)

さすがにその方も「スペアキー作った方が良いですね」と、発注してくれました。

2度も同じ事を繰り返す、駄目男たかぼー。
3度目は無い事を祈りたい。(笑)

2008年11月10日

アルナスライン 望み絶たれる

アルゼンチン共和国杯を見に現場に行ってきました。
いやー、めっちゃ寒かったっす。東京。こっちより寒いんちゃうかな?

なんとか迷子にもならず、13時過ぎに府中に到着。
着いたらポツポツ雨が降ってるしー。なんか嫌な感じー。(苦笑)

ま、結果はご存知の通り。
これでJCへの道は絶たれ、行く道がなくなりました。
放牧か、はたまたステイヤーズSか?別路線か?
まー、何にせよ明るい未来ではありません。

今回の敗戦はショックでした。
斤量うんぬんはハナから分かってた事で、それでも勝たないといけない一戦。
いや、勝てると思っていた一戦でした。
それだけにそのショックたるや・・・。(苦笑)

う〜ん、スクリーンヒーローに負けたのは仕方ないかな?とは思うところもあるんです。
ジャガーメイルと殆ど差のない勝負をしての斤量53キロ。
恵まれ過ぎだろー、と。

ただ、ジャガーメイルに差されたのがショック大です。
2キロの斤量差で片付けられる物ではありません。
正直、これが実力かな?と思わねばならない差され方でした。
・・・ですね、これが今の実力です。

あと、体調面については、なんだか厩舎で調整されればされるほど、調子落ちして行く馬のような気がしてなりません。別に厩舎批判ではなく、そんな馬なのかなー?と感じつつあります。何でなんかな?

そして写真です。
前回と違い、今回の撮影は厳しかったー。
ぶ厚い雲に太陽光は遮られ、パドックですら被写体ブレをおこすような状況。
メインレースの時刻ではすでに夕方のような暗さ。
ブレた写真は撮ってる意味が無いですから、仕方なく感度を1000まで上げました。
レースも、前回の反省を踏まえるつもりだったのですが、この暗さでシャッタースピードを上げる事が出来ず、結局1/200秒で我慢。その分、感度で調整するような感じ。

パドックはなんか微妙でした。個人的にはやや太めながらも京都大賞典の方が良かったような・・・。

20081109_1.JPG

一周目。前回、間違えて同じ勝負服のアイポッパーを撮影するという失敗を犯していましたが、今回は同じ勝負服も無く撮りやすかったです。天気状況は厳しかったですが。

20081109_2.JPG

最後の直線。ファインダー越しに見ていましたが、まだ前に馬が一頭いるのは分かりました。誰かは知りませんでしたがね。その馬を差す事無く終わったので、負けた事実はすぐに判断つきました。(苦笑)

20081109_3.JPG

最後までジャガーメイルと体が被っていたので、今回撮影した中で一番迫力ある写真(この写真じゃないですよ)がジャガーメイルが主になってしまいました。(泣)

20081109_4.JPG

さぁ、茂ちゃんまん。
どうすんべや?

2008年11月08日

エイプリルウインド 復帰戦

今日はエイプリルウインドの復帰戦でした。

どんな姿でパドックに出てくるだろうと楽しみにしていた訳ですが、+18kgで姿を見せました。
一通り相手を確認し、エイプリルウインドを確認。
「あ、これは下手すりゃ勝つな・・・」と感じ、3連単の頭で馬券を購入。
馬体からでは、このクラスなら力上位。

結果、最後の直線で体が重く、抜け出した相手を捕らえきれず2着。
苦しみながらも伸びて来たって感じの伸び方。
久々の実戦と、プラス体重が影響した様子。

うちの馬達はいつも良いところまで行くんですが、勝ちきれません。(泣)
勝てるときに勝っておかないと駄目なんです、この世界。
特にこの馬は一戦一戦が勝負。
次走は無いかも知れない馬です。

なんともなければ良いですが・・・。

と言いつつも、2年半近くの療養明けで2着。立派です。
負けはしましたが、頑張ってくれた彼に感謝。

木枯らし吹く中、4月の風は健在です。

2008年11月07日

土曜日にも期待

アルナスラインのアルゼンチン共和国杯にどうしても気が行ってしまいますが、実は福島 土曜日 6Rにエイプリルウインドが復活します。
ついに、ついに帰ってきます。
長かった・・・。(嬉泣)

かなりお気に入りの愛馬でして、実力もあると信じております。
屈腱炎からの復帰で、2年4ヶ月振りのレースです。
普通なら、長期休養明けだし、最初はサラッと行って帰ってくれば・・・と言うところでしょうが、脚に爆弾を抱えてる本馬はそんな悠長な事を言ってられません。
正直、脚元の作りから見ても再発の可能性はかなり高い気がしてます。
まさに一戦一戦が勝負なのです。
あと何回走れるかなぁ・・・。

と言うわけで、今回は最初から好勝負を期待してます。
相手関係もそんなに強力なメンバーではなさそうです。
パドック次第で馬券もガツンと行こうと思っておる次第でございます。

・・・と、私だけがイレ込んでいても仕方ないのでありますが、翌日のアルゼンチン共和国杯へ良い流れでタスキをつないでもらいたいもんです。

2008年11月04日

名勝負の裏で

ここ数日、色々と忙しく競馬も天皇賞を見ただけ。

でもその天皇賞が凄かったすね。さすがに興奮しました。
で、こんな馬達がジャパンカップ出てきたらさすがに勝てんぞ・・・とも。(笑)

アルナスラインが、そのジャパンカップに出るために必要なレース、アルゼンチン共和国杯が今週末東京で開催されます。現地に行く予定をしてますが、先ほど久しぶりにパソコンを開いたもんで、ブログのコメントで横典さんが騎乗停止という事を知りました。(笑)
天皇賞の裏でこんな重要な騎乗停止があったとは。(苦笑)

公式HPでは内田騎手に騎乗依頼したとの事。
横典さんから内田騎手の乗り代わりですが、個人的にはより良い騎手になった気がします。
横典<内田というのではなく、アルナスラインには内田騎手みたいなタイプの方が合ってると。
今後乗ってくれるかどうかは怪しいですが、とりあえず今週末です。
落としたら・・・終わりです。(苦笑)