« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月31日

勝利数は上等

今年は初めて社台オンリーで迎えた1年でした。
デビュー前のラインオブナイトを入れて愛馬は4頭。

振り返ると勝利数は4勝。
アルナスラインがOP戦を1勝。
エイプリルウインドが長期復帰戦から3戦目で勝ち上がり。
そしてデビューしたラインオブナイトが3戦して2勝。
トータル4勝です。
出来過ぎなくらい活躍してくれました。
また、どの馬もまだまだ上を目指せる馬達で来年以降も楽しみは尽きません。

ただ、残念な事に引退した馬もいました。
あのカジノドライブとデビュー戦が一緒だったザナドゥ
4戦して3着4回と素晴らしいと言うか、どもならんと言うか、そんな成績。
最後は骨折で引退。
この馬は脚元を見誤ってしまいました。
今後に生かさなければいけません。

そして、これまでと大きく違うのが今年出資した馬がゼロという事。
毎年毎年、懐具合が辛くても種を蒔く事だけは頑張ってきましたが、今年は出資が叶いませんでした。
しなかったと言うより実績で落とされて出来なかったんですが、私はいかに安い馬で楽しむかを目指してるので、今後も実績は落ちて行く一方です。社台にいる限り、来年以降も苦しい種まきとなりそうです。

そしてそして、今年はとうとう地方馬主資格を取得しました。
なんだかラミネートされたしょぼい証明書が1枚送られて来ただけですが、これでとりあえず来年の地方オーナーズに目を向ける事は出来ます。ま、こちらも実績が無いと辛いという事には変わり無いですが、選択肢は広がります。

来年は良い種を蒔く事が最大の目標です。

2008年12月28日

アルナスライン 有馬で6着

予定通り、午前中から家族みんなで家の大掃除をして有馬記念にそなえました。

体重は+14キロ。
出来ればもう数キロ減っていて欲しかったかな。
でもパドックでは気合が入ってるようにも見え、短期間ではこれでOKでしょう。

レースは、う〜ん・・・。なんとも微妙。
マツリダゴッホを意識し過ぎたのかな?
あんな後ろでレースを進めるとは思ってなかった。
ちょっと残念だったな。

ただ結果的に前に行ってダイワスカーレットに勝負を挑んだ馬達はことごとく馬群に飲まれ、後方待機の馬達の出番に。何故か後方にいたアルナスラインは、2着のアドマイヤモナークや3着エアシェイディと一緒に進出するも6着まで。
まざまざと決め手の違いを見せつけられる結果になりました。
後ろからの勝負は分が悪い。今回でそれがよっく分かりましたね。

アルナスラインの脚質で、いくら展開が向いても後ろにいたら他の決め手を持ってる馬にやられます。
やはり前々での勝負がこの馬には必要です。

そして、今回一番負けたくない相手にも先着されてしまいました。
同斤量だったのに。
ま、一番流れに乗ったのは、デムーロ騎乗のこの馬だったと思います。
あれで勝てないのは完全に実力。強いですダイワスカーレットは。

とりあえず今年はお疲れ様でした。最高に楽しめました。
今回先着を許した馬たちには、また来年勝負を挑みましょう。
来年は少しでも勝てるように。
ダート競馬に挑戦というのも見てみたいな。
でもまずは、とにかく重賞制覇だー。(笑)

追記
中山競馬場に行った名付け親のうえPさんから、パドックの様子メールを頂きました。
ただ、パドックにいるとレースは見れないほどの人の入りだったようで・・・(笑)

20081228_1.jpg

うえPさん、↑勝手に使いました。御免なさい。<(_ _)>

2008年12月27日

アルナスライン 決戦!

いよいよグランプリ有馬記念が明日に迫りました。
こんな場に出るだけで十分楽しませて頂きましたが、明日の結果も楽しみです。

重賞は勝っていないですが、力はあると信じています。
どうのこうの言うより明日の結果が証明してくれるはずです。

体重は+10キロ位なら問題なし。
そこそこ良いペースでダイワスカーレットが引っ張るでしょうから引っかかる可能性も低いでしょう。
スタートさえ決まれば5・6番手に付けて、あとはペリエっちがどこで仕掛けるか。
最後の直線入口では5番手以内に居ないと苦しいでしょう。
それで伸びなかったら仕方ありません。実力です。

今、えどさんが北新地のダーツバーからTELくれました。
「明日(アルナスライン)来るんですか?買って良いですか?」と。
「買ってください。頭でね。」と言いましたが、その後ろでバーのママさんが
「私は買わんでー!」と叫んでました。(笑)

楽しいですね。
こういう大きなレースでは皆が注目し、楽しんでくれます。
なんなんでしょう。。。
もう十分過ぎるほど楽しんでます。はい。

よーし、いくぞアルナスライン

2008年12月25日

アルナスライン 絶好枠

有馬記念出走予定のアルナスライン
昨日の追い切りではペリエっちが騎乗して坂路53秒台前半でまずまず。
ラストは13秒台後半と止まった感じですが、個人的にはこの馬に関して、調教はあまり重要視していないので気になりません。
さすがにフラフラしてるのは嫌ですけどね。

ペリエっちのコメントでは「この馬は馬群を縫うような走りは合わない。直線では前に馬が居ないようなコース取りが重要」と、まさに我が意を得たり、という感じ。ファーストライディングでキッチリ感触を掴むあたり、この辺はさすが・・・と唸ります。鞍上に関してはもう何も言う事ありません。後はお任せするだけです。

そしてかなり気にしていた枠順。
個人的には外枠に行ったら絶望的で、絶対に真ん中よ内枠が好走の絶対条件と思っていましたが、ペリエっちは「最内は嫌。6・7枠辺りが希望」という事でした。
今日、その気になる枠順が発表されましたが、アルナスラインはペリエっちの希望通り7番枠。よしっ!
まだ運は尽きていないようです。
私的には最も恐れるマツリダゴッホが10番枠。
ダイワスカーレットが13番枠と、これも歓迎材料。

最終追い切りも終了し、枠順も決定。
あと気になるのは天候・馬場状態だけ。
多分この馬は雨が降ったらそこで「終了」です。
ただ、今のところ日曜日までは天気が持ちそうです。
なんだか全てがうまく行っていて、これで負けたら仕方が無いと思うくらいの状況になってます。

2008年12月24日

エイプリルウインド 脚痛い

連闘したエイプリルウインド。
特別登録されており、まさかまさかの3連闘!?とビビッてましたが、放牧です。
「ソエを痛がってるが、大した事は無い」と言うことですが、心配です。
2年前は若干ソエを痛がっているというコメントの後、検査で屈腱炎が判明しました。
今回もかなり嫌な予感がします。

まだ長期休養から復帰して1ヵ月半。
まだまだ走れる馬です。
こんな所で戦線離脱は勘弁です。

2008年12月23日

さぁ、有馬ウィークです。

朝日杯FSが終わり、とうとう有馬ウィークです。
有馬記念というだけでワクワクしますが、今年はその非ではありませんわね。
でも、今のところさっぱり良い記事は見かけません。(苦笑)
まさか、競馬ブックのフォトパドックにも出してもらえんとは・・・。(泣)

ま、良いんです。
お忘れかもしれませんが、人気薄のアルナスラインは走りますよ。
お忘れかもしれませんが、休養明けのアルナスラインは走りますよ。
お忘れかもしれませんが、有馬男のペリエっちですよ。(笑)
逆に、アルゼンチン共和国杯で負けて休養に出た事が良い方に転ぶかもしれません。
厩舎に居れば居るほど調子落ちして行く馬ですから。(笑えない)

一方、先週頑張ったエイプリルウインド。
これで今年はお役御免となるはずが、何かの間違いなのか特別登録されてます。
中京の名古屋日刊スポーツ杯に。
あなたはいったいどこへ向かってるのぉー。。。

何かと楽しみなラストウィークになりそうです。

2008年12月20日

エイプリルウインド 漢になれず

情けない。
故障すればバッシング覚悟の泰寿調教師の期待に応えられんとは・・・。
漢になれんかったかー。まだまだじゃの。
しかも敗因が距離とは・・・。
3000mまでは行けると思ってたんだけどなぁ・・・。誤算。
でも池江泰寿厩舎、今日だけで3勝。もう完全に突き放しにかかってます。
うちの一勝が無くても全然大丈夫そうな気配です。(笑)
ここまで来たら獲って貰いましょう、リーディング。

・・・ま、と言いつつも、4月風、十分に頑張ってくれました。
脚元の無事はまだ確認出来ていませんが、これで放牧に出るでしょう。
今年の競馬はこれで終わり。今年は11月に復帰して4戦消化。
戦績も(1.2.1.0)という素晴らしいものです。
長期休養明けでこの成績は胸を張っていいでしょう。
頑張りました。

来年は6歳ですが、まだ7戦。
まだまだ頑張ってもらわねば。(苦笑)
とりあえず、今年はお疲れー。

2008年12月19日

アルナスライン 有馬まであと9日

有馬記念まで後9日になりました。
どうしても勝手に気分が盛り上がってしまいます。
なんたって有馬記念。
あの有馬記念です。

間違いなく一年中を通して一番好きなレースです。
格とか世界価値とか関係ないんですよね。
個人的にはダービーとかより有馬記念が好き。
私を競馬にズッポリと嵌めてくれたのも有馬記念でした。

なぜかね、年末の大掃除が一息ついた時にテレビ付けるとやってたんですよ有馬。
子供ながらに楽しみにしてましたよ。競馬といったら有馬です。
だからね、このログハウスで初めて見る今年の有馬記念の日は大掃除するつもり。(笑)
これは今後、うちの年間行事にしようと思ってる。(笑)

今日、コンビニ行ったらニッカンの有馬記念特集号が売っていたので買いました。
いつもは出資馬が出てる新聞なんかも普通に捨ててしまう人ですが、これはとって置こうかなって思ってます。アルナスラインの記事なんて大した扱いにはなっていませんけど、そこに名前があるだけで凄いよねー。

有馬記念まであと9日まで来ました。
去年は12月の上旬で回避が決定してしまいましたが、今年はもうあと9日。
無事に迎えられますように。。。

2008年12月18日

エイプリルウインド またまた連闘

先日走ったばかりのエイプリルウインドの次走ですが、どうも今週末になりそうです。
えーー、またまた連闘!?
特別戦に登録してあったので、当然名前だけかと思ってましたが、まさか本気とは・・・。

泰寿さんも本気でリーディングを獲りに行ってるんでしょう。
脚元は心配ではありますが、競走馬は走ってなんぼ。
調教師さんがここまで本気なら、それに応えるのがってもんでしょう。
で、また即放牧かな?

場所はまた中京競馬場(未だに主場で走った事無し)で、20日(土)の天竜川特別に行くそうです。
注目していた騎手はルメールを手配。やる気だ・・・。
芝の2500m戦ですが、この馬は距離が長ければ長いほど良いと思っている馬なので歓迎。
昇級戦になりますが、この条件なら十分戦えると思っています。
こここそが馬券勝負のタイミングか。(笑)

20081218_1.jpg

2008年12月17日

記念樹

我が家に記念樹が来ました。新築の記念樹です。
いくみんのブログ写真にあるような姿でしばらく放置されてましたが、ようやく3角コーナーに植えられました。
・・・我が家に来て早々の放置プレイ。先行き不安です。(笑)

何と言っても我が家は植物が育たない家ですからね。(苦笑)

20081217_1.jpg

いくみんが希望した「もみじ」(左)と私が希望した「ライラック」(右)。
私はずいぶんと「食えるものが良い」とミカン等の実がなる木を要望していたのですがいくみんが断固反対。
全く聞き入れられませんでした。(泣)
「もっさーって感じになりそうでイヤ」という理由なのですが、モミジも手入れせな一緒でしょ。ねぇ。┐(-。-;)┌

二人の共通意見は「季節感がある木」ということ。
モミジの秋の紅葉はもちろん、ライラックも初夏にきれいな花が咲くらしい。
ま、正直、私のライラックは選考時間切れで「もーこれでいいやー」とかなり適当に選んだんですけどね。(苦笑)

まだまだ小さい木ですが、子供の成長と共に大きくなっていくのかな?
今まで花や小さな植物はよく枯らしていましたが、こんな木が枯れたら我が家も終わりです。(笑)

どうかすくすくと育ちますように・・・。

2008年12月15日

エイプリルウインド 2年半越し

中京7R 500万クラスの芝2000mに出走したエイプリルウインド
単勝2倍の1番人気に見事応えて勝利しました。

若手騎手限定戦だったのですが、鞍上の丸田恭介騎手もソツ無い騎乗でした。感謝。
そういう訳もあって、この日の午前中は丸田騎手に注目して見ていましたが馬上でも上体は揺れませんし、直線でも落ち着いた追い出し、進路決めをしていました。やはり注目して行くべき騎手でしょう。

エイプリルウインドは2年半振りの勝利。
長かったなぁー。
2年半前は菊花賞出走を夢見てたもんなー。(笑)

この馬には屈腱炎という影は常に付きまといますが、カネヒキリやフラムドパシオンなど、最近やたらと屈腱炎明けの馬が活躍しています。医療も進歩して昔ほどの再発する可能性は少なくなっているのかもしれません。
ま、油断してると「脚元に熱が・・・」というのがセオリーです。(笑)

来年への期待が膨らみますが、調子も悪くなさそうなので今年中にもう一戦走るかもしれません。
何と言っても調教師さんが1勝欲しいでしょう。(笑)
(12/14現在、藤沢調教師と44勝で調教師リーディング1位タイ)
「道中はまだ遊びながら走ってる余裕がある」という騎手のコメントもありますし、次走も期待してしまいます。
(リーディングも大切でしょうが、壊さないでね泰寿さん 苦笑)

2008年12月14日

エイプリルウインド 3戦目の正直

屈腱炎明けのエイプリルウインドの復帰3戦目です。
ここまで良いところまで行くものの勝ちきれず、2着→2着と来てますからここは勝ちたい。

少しエンジンが掛かるまでに時間が掛かる馬で、勝負どころで少し置いていかれちゃうところが前走は見られました。その騎乗振りが余りお気に召さなかった池江Jr調教師が、復帰3戦目には中京の若手騎手限定戦をチョイス。
これなら赤木騎手も仕方ありません。
無事ならこの上のクラスでも勝負になる馬だと思いますから、このレース以降、赤木騎手の手に帰ってくるかどうかは見ものです。(苦笑)

さて、その若手限定戦の騎手は丸田恭介騎手。
関東の騎手で、宗像厩舎所属。
今年ずいぶん力を付けた騎手で、関東リーディングでも現時点で18位に付けてます。立派。
それでいて減量騎手の恩恵もありますし、これはますます勝機あり?(笑)

ただ、冷静に考えても力はありますし、中京に競馬場が変わるのは良いかもしれません。
中京ではどうしても追っ付けるような競馬になりますから、この馬に合ってる気がします。
実際に2勝目は中京競馬場で鮮やかな勝ち方でしたので、馬券も勝負するつもります。

エイプリルウインド 12/14(日) 中京7R 芝2000m戦です。

2008年12月11日

ラインオブナイト 朝日杯出走断たれる

朝日杯FSを目指して調教を積んでいたラインオブナイトですが、蕁麻疹を発症、朝日杯を回避する事になりました。体質的にもまだまだ馬が若いと言うことです。

ま、個人的には2歳芝のチャンピオンレースはさすがに荷が重いと思っていたのですが、出ないと分かるとそれはそれで残念です。勝手ですねー。(笑)

それにしてもこの路線はいただけません。
まったく出れるレースが無いんですから。
そりゃ、朝日杯にでも出とこかな?って気にもなりますわね。

いつまで待機すりゃいいんでしょうか。
別に中央じゃなくて良いんですよ。
地方でもっと出られるレースを作って、この路線組はこっちへどうぞーってな具合にして欲しいす。
・・・これも贅沢か。(笑)

2008年12月10日

キター! アルナスライン有馬参戦決定

アルナスラインが予定を急遽変更して有馬記念への出走を決めました。

JCでスクリーンヒーローが勝った事が大きかったのかも知れません。
そうならスクリーンヒーローには感謝しないと。(苦笑)

重賞は未勝利ですが、重賞でも1番人気になるオープン馬。
こんなにコロコロ予定を変えるのは節操が無いと言われるかもしれませんが、良いんです。
言いたい人は言っていてください。
結果が全てですから!と言いたいところですが、スーパーウーマンが出てきますし、中山の鬼もいます。
とてもそんな強気になれるようなメンツではありません。

でもアルナスラインにとっては消化不良の1年でしたし、ここで有馬記念に出走させて頂けるのは敗者復活戦みたいな感じでありがたい。
去年のファン投票30位程度から、今年はメトロポリタンSしか勝ってないのに16位程度にいます。
賞金無しのアルナスラインにとって、この順位がなければ無かった話です。
投票してくださった皆さんに感謝。

とにかく決まってしまった今はワクワクしてきました。
これで年末の楽しみができました。

年明けを予定していた復帰戦が急遽有馬ですし、仕上げは心配ですが、有馬記念が終わった時には「アルゼンチン共和国杯組はレベルが高かった」と言われる様な結果を期待したいっす。(笑)

2008年12月09日

アルナスライン アル共後の次走

なんかおもしろい事になってるの?かな。

「それはあかんやろ」と思う気持ち半分、期待してる気持ち半分。(笑)

ま、11日にメンツが発表されるまでだんまり、かな。

2008年12月08日

燻製に挑戦

最近やたらと「燻製」絡みの記事が目に付いたり、仲間内で話題になったり不思議な事が続きました。
個人的には燻製というものには全く情報がなく、どんなものなのか???って感じ。
「ハムや魚を燻すヤツでしょ?」ってくらいのレベルです。
燻製を知ってる方と話すと、皆「旨い」と言います。
ホンマかいなぁ〜。匂いするだけっしょ!?

ということで、最近、ホームセンターに行ったら手軽に出来そうな燻製セットが売っていたので、騙されたと思って買ってみました。元々アウトドアやこういう事には興味ある人なんです。(苦笑)

が、買っては来たもののやり方がわからない・・・。
パッケージについてる説明も大雑把で80〜120℃で10分〜2時間ほど燻すとしか書いてません。
・・・10分〜2時間て!どだけタイムラグあるねやー!

ま、適当にやってみようと、適当にやりました。
ベビーチーズとベーコン、ソーセージを網にのせ、チップを皿に。
その皿の下からコンロであぶりました。

20081207_1.jpg

途中、中を見ながら15分程度。
温度はだいたい100℃くらいかな。
色が付いたようなので終了に。ええんかな?これで。
20081207_2.jpg

ビール片手に食してみるが、こんなもんなんかえ?
香りは付いたよね。
燻製ってこんなもんなんかな?
おいしいけど、ここまで手間掛けてまでするもん何やろか?
やり方間違ってるんやろか。

次回の予定はしばらくなさそうな気がした燻製に挑戦でした。(苦笑)

2008年12月05日

ラインオブナイト 朝日杯へ

3戦目で良い勝ち方をしたラインオブナイトですが、川崎で行われる全日本2歳優駿(Jpn1)に目標を定めていたものの、今年は賞金持ってる馬の出走表明が多く補欠の4番手に。(苦笑)

どう回避馬が出ても補欠の4番手ではさすがに無理ですねぇ。
現地に行くつもりもありましたし、出れれば・・・と、かなり期待していたんですが、叶いませんでした。
まー、豊っちも骨折休養中ですし、よしとしましょう。(笑)

それで次走ですが、こんどは目標を朝日杯にするそうです。
・・・かなり無謀な挑戦です。(苦笑)

いや、もし出れれば出資者としては楽しいですが、さすがにチャレンジャー過ぎるかと・・・。
まぁ、ダートのこの路線は出たくても出れるレースが他にありませんからねぇ。仕方ありません。

ただ、スクリーンヒーローの例もありますし、好走する可能性も無くはありません。
レースは何が起きるか分かりませんし、ひょっとしたら芝メチャ走るかもー。(笑)
どこかで芝適正は試さないといけないでしょうし(ここで無くてもいい気がするが・・・)、期待はします。
出走出来ますように・・・。抽選かなー?

20081205_1.jpg

2008年12月02日

いやー寒い!

またまた出張中です。
今度は近場ですが1週間家を空ける事になります。
家でゆっくりしたいです。

で、こっちでは宿泊棟に泊まっているんですが、とにかく寒い。
何でこんなに寒いんだ?
エアコンをつけても上が暖まるだけで足元寒々。
ベッドに入ってもなかなか温まらない。
空気が悪くてエアコン止めたら、即、元の寒さに逆戻り。

やっぱりウチは暖かいんだ・・・と実感してます。
最近は薪ストーブを断続的にですが焚いてます。
家中では寒いと感じる事は無いので、家中が暖まってるんでしょう。
ログ全体が暖かさをキープしてくれてるんでしょうねー。

ここに居るとそれが実感できます。
コンクリートに囲まれた建物は寒いっす。

2008年12月01日

アルナスライン 相手悪し

ジャパンカップはなんとなんとスクリーンヒーロー
展開やら成長、体調などがすべて向いた勝利なのか。
でないと、前前走まで準OPで走っていた馬が勝つとは考えづらい。
騎手の好騎乗もあるかもしれんが、間違いないのは実力と運があるという事。
正直、この馬が勝つとはまったく予想出来なかったなぁ・・・。

そんな馬が前走のアルゼンチン共和国杯では53キロ。(アル 58キロ)

おかしなハンデやー!(苦笑)

なんとも運の無い馬です。
実力はもちろんの事、運も無いとOPクラスでは活躍出来ないっすね。
一年を振り返ると、そこまで勝たなくても良いのにメトロポリタンでの圧勝でレーティング↑(ハンデ↑)。しかも賞金は小。目黒で賞金上積みのはずが2キロ減に逃げ粘られ、宝塚記念は雨。京都大賞典ではアンカツにブロックされ、無理やり出たアルゼンチンでは未来のJC馬が出走しており、しかも5キロ減。賞金加算失敗で、今は行く道が無く来年まで休養です。
すべてが裏目裏目に出たこの1年。運が無い。

来年は運が良くなくてもいいですから、悪く無い一年でありますように・・・。