« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月30日

アルナスライン 久々に新聞載る

アルナスラインの名前が久々に新聞(スポニチ)に載りました。
内容はごく短いですが。
__________________________________
アルナスライン、ファリダットは来春まで休養

松元厩舎のアルナスライン(牡5)、ファリダット(牡4)は状態が思わしくなく、来春まで休養に入る。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2009/10/30/14.html
__________________________________

なんて悲しい載り方。
この厩舎問題あります、って思われても仕方ないなぁ・・・。

私も運下降中ですが、この厩舎自体もやばいかもー。

茂ちゃんまん、こうなりゃ一緒に浮上しようぜー。(笑)

鳥獣被害で檻出現

朝、きずみんを託児所に送っていく際に家の近くに見慣れないものが。

20091030_1.JPG

檻だ・・・。

近くの田んぼ所有者が市役所に被害を訴えにいったんでしょうね。
うちもサツマイモがイノシシにやられましたし・・・。

檻の看板には市役所の名前が書いてありました。

20091030_2.JPG

こんな凄く違和感ある檻で捕まるんでしょうかね?

中には柿やサツマイモが置いてありました。

近いうちにきずみんが捕獲されるかもしれません。(笑)

2009年10月29日

アルナスライン in 山元

放牧に出されたアルナスライン。


「山元TC到着後は午前と午後の1日2回、ウォーキングマシン60分間の運動を行っています。左トモの疲れが解消されていないため、騎乗運動は控えてレーザー治療を行っています。」


疲れって・・・。


何もしてないやん。


なんか嫌な感じ。


このまま消えるなんて事、ないよね。

だって私、今、運、下降中ですからー。

2009年10月28日

キャンプ 荷造り

9月にまともなキャンプには初めて出かけましたけど、その時に思ったのが荷物が多いこと。
車の中がえらい事になってしまいました。

持って行く物を適当に用意し、さぁ積み込むぞ!って積み込んだらこんな事になってしまいました。

20091028_3.jpg

もちろん、後ろの座席も足の踏み場がありません。(笑)
それでもまだ荷物が溢れてる・・・。
後部座席は子供3人だから良いものの、今後が不安になりました。
バックミラーも意味無しですしね。

パッキングの下手くそ加減もあるでしょう。
初めてでしたから適当に積み込みましたし、荷物を小さくしようなんて考えなんて気持ちはこれっぽっちもありませんでしたからー。


なので2回目は考えました。
だって福井県から本栖湖までですからねー。
何時間も運転するのに、バックミラー見えんと困るでしょー。
子供達、足をずっと浮かせてるのも辛いでしょー。

で、考え付いたのがこれ。
布団圧縮袋の利用。(笑)

20091028_1.jpg

だってね、意外とスペースとるのは柔らかい物なのですよ。
うちなら寝袋。
人数分を1つの袋に入れて掃除機で吸う!!!

20091028_2.jpg
どうだ!(笑)

めっちゃ減ったー!

厚みは1/3程度に減少。
・・・が、重さは変わらず。(当たり前)
でも、これは使えるんではないかえ???

・・・帰って来る時どうするかって?

ええ、もちろん考えました。

車を掃除する時用の、シガーライターから電源を取る小型の掃除機が我が車には常備してあります。パワーは劣りますが、厚みを半分くらいにするくらいは出来るはず。

実際、試しに実証試験もしたんですよ、前日に。
ちゃんと吸い込んでくれて、ずいぶん小さくなりました。
これならイケる!(笑)

で、2回目のキャンプに出発。
(でも結局バックミラーは見えない程の荷物でしたが・・・)

キャンプ最終日。
撤収時にいよいよ車掃除用の小型掃除機登場。

いけー!!!

ブゥィィィーーーン!!!

おお、キテるでー!


ブゥィィィーーーィィィィィンンン・・・

・・・おろ???


そっから、我が家の小型掃除機はピクリとも動かず・・・


Noooooo!!


負荷かけ過ぎた?


マジな話です。(苦笑)


で、行きより車中がパンパンに・・・。(泣)

少しでも容量を減らすために、インフレータブルカヤック用のポンプを利用し布団圧縮袋内の空気を外に吐き出しました。
家族総出で布団圧縮袋の上に乗って圧縮&ポンピング。
結構疲れた・・・。


アイデアは良かったたかぼー。

数日後、車屋さんでキャリアーをお買い上げ。(苦笑)

2009年10月26日

ファイヤフライ2 vs メイフライ2

ファイヤフライ2メイフライ2のインプレッションです。

結論から言ってしまえば、圧倒的にファイヤフライ2
値段はファイヤフライ2の方が高いですが、それを考慮しても結果は一緒。

メイフライ2は2人乗りですが、大人2人で乗ろうと考えない方が良いかもしれません。
やっぱり小さい。窮屈。足をずいぶん曲げないと乗れませんガーン
デビューとなった本栖湖では2時間ほど連続で乗りましたが、途中で膝が痛く汗なってきましたもんね。

それと乗った瞬間違和感があったのがその幅の広さ。
この写真で分かるかもしれませんが、小さい(長さが)のに、幅はファイヤフライ2に比べて広いビックリです。




確かにデータを見ると書いてあります。
ファイヤフライ2が86cmに対してメイフライ2は95cm。
この9cmの差は大きいです。

漕いでみると分かります。
擦れるんですよパドルが。ベルクロの部分に。

20091026_1.jpg

漕ぎ方の癖もあるのかもしれませんが、座高の高い大人が擦れてしまうのなら、子供はもっと駄目でしょう。
本栖湖では途中でベルクロが擦れて破れちゃうかもなーって心配になりながら漕いでました。
新品なのに。テヘッ
擦らないように・・・とそっちに気をとられて綺麗な景色を見逃すのは勿体無い。

私は後部座席にしか乗りませんでしたが、前も同様に狭いです。
前のスペースの方が足の自由度が制限される分、厳しいかも。
荷物を載せるスペースも無いです。
ファイヤフライ2は前座席の足元に、多少の荷物なら載せれます。
メイフライ2だけでは、漕いでどこかに着岸して昼飯を・・・というのも荷物を載せるスペースが無いので厳しいかもしれませんね。

あと好みでしょうが、格好良さも圧倒的にファイヤフライ2
メイフライ2はカヤックというよりゴムボートに近いかも。
当然スピードもファイヤフライ2です。

と、悪口ばかり書きましたが、あえて良い点を探すとその「小ささ」。
小さいのが悪い、と書いておいてなんですが、やはり車内に詰め込んで移動する事を考えると少しでも小さいほうが良いですもんね。
空気を抜いて畳んだ状態なら、ファイヤフライ2の半分とまでは行きませんが、それに近いほど小さくなるのはやはり長所と言えるのではないでしょうかね。

アドバンスドエレメンツ メイフライ 2 コンバーチブル(パドル ベストセット)
アドバンスドエレメンツ メイフライ 2 コンバーチブル(パドル ベストセット)

安物買いの・・・になるかも。最初に買う一艇にはしない事を薦めます。

アドバンスドエレメンツ ファイヤフライ 2 コンバーチブル(パドル ベストセット)
アドバンスドエレメンツ ファイヤフライ 2 コンバーチブル(パドル ベストセット)

お薦めは圧倒的にこっち。買って後悔してません。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ドラゴンフライ2 カヤック ポンプ付
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ドラゴンフライ2 カヤック ポンプ付

最近安くなったようなので、メイフライを買うならこっちという選択肢もありかも。


と言いつつ、我が家はファイヤフライ2があるおかげで、大人はこっち、子供はメイフライ2へ、という住み分けが出来て不便はとりあえず感じていません。サブ艇で活路を見出すカヤックかも。

購入を考えている方は、メイフライ2はメインのカヤックにするには厳しいですので、とりあえずは別のもう少し大きい艇でいきましょう。

2009年10月25日

菊花賞ですが

もう2年も経つんですね。
あの菊花賞から。

親父と家の基礎をしてる真っ最中で、予定より早く仕事が片付き、社宅に帰って観戦した記憶がありますが、今年は全く関係ありません。
うちの3歳馬はダート馬専門ですので。(苦笑)

それどころか秋のG1シーズンが始まったというのにテンション上がらず。
興味がなかなか湧かない状態↓。
ダメージでかし。(苦笑)

馬券でも当たればなぁー。

もう薪棚は満杯です。

先日割り終えた薪を早速薪棚に収納しました。

薪棚2号・3号はすでに満杯。
1/3程度空いている4号棚に突っ込んだものの全部は入りきらず、家の軒下に一時保管したものもありますが今年は柳の木がメインになり、薪としての質は良くないので量的にはこのくらいは必要かもしれません。

ただ、使える薪かどうかは乾燥しだいで、今日はついでに水分測定を実施。
我が家のメイン薪棚である2号棚は心配してませんでしたが、水分16%前後。全く問題なし。
そして3号棚はやや不安でしたが、この時点で使えないと4号機は全滅。それは困ります。
結果23%程度で、良くはないですが薪としては使えます。
でもここで23%かー。

薪の保管していった順序は2号棚→3号棚→4号棚。当然乾燥度合いもこの順番になる。

さぁ、不安大の4号棚・・・

20091024_1.JPG

おぉぉーう!
30%オーバー!orz

全く使えない・・・。
4号棚はこの程度の薪が約半分あります。
やばいなー、今シーズン。

背に腹は代えられないので、足りなければシーズン終盤には使うしかありません。
ストーブ上に置いて強制乾燥しなあかんなー。
煙突掃除が大変そうだ・・・。

今日は数値で確認出来たので、分かっちゃあいましたが、薪棚3・4号は使えない事が判明です。なんたって日が当たらな過ぎる。場所は家裏の南側に位置しますが、うちの南側は林で日が当たりませんので。

20091024_2.JPG

年中こんな感じだからなぁ・・・。無理も無い。

一応2号棚も。(1号棚を壊して新規作成したのが2号棚)

20091024_3.JPG

ここは日当たり最高。文句無し。
来シーズンまでには、この2号棚の前に5号棚を作らねば。

日曜日で皆いますし、明日(もう今日か)の朝は薪ストーブの火入れをしようかと思っております。

2009年10月22日

今年最後?の薪割り

20091022_1.JPG
処理しないとあかんなーと数ヶ月雨ざらしにしていた薪を昨日ようやく処理。

登山明けの日で、ボーっと一日が過ぎちゃうなーって思っていたら、いくみんに「薪しようか」と言われ、それから行動。これが15時前。

2人(+α)でやりだすと早い早い。
一人じゃ1日掛かりだろうなーっと思っていた(だから腰が重かった)のに、やりだすと2時間ほどでほぼ終了。1+1=2では無いことを身を持って実感。
チェーンソーって一人じゃ効率悪いんだよなー。

あまり意味の無い一日を過ごすところを、いくみんに助けられた。
ズーッと心の隅に引っかかってた気掛かりがひとつ消えた。
ありがたい。

これで今年の薪割りは終了か?

いやいや、今からが来シーズンの薪準備が始まる時期。
木々は自分の身を凍結から守るため、体中から水分を吐き出す。
これが紅葉となり、やがて葉を落とす。
だからこの時期の木は水分が少ない。
この期間に来年の薪を準備出来ることが出来れば最高だ。

2009年10月21日

御嶽山(10/20)登山

福井県の敦賀から朝3:50に出発し、中央道から中津川ICでR19に乗り換え御嶽山無料駐車場についたのがちょうど8時くらい。
登山ルートはいくつかあるようだが、今回は一番手っ取り早い田の原登山口から。
車で一気に2100mほどの地点まで。
そこから900mほど上がるだけ、です。(でした 苦笑)

この高低差なら、先日登山した野坂山とあまり変わりませんからね。

駐車場に着き、車を出た瞬間、

「さっぶーーーぅ!!」

気温は6℃くらいでしたが、風がめちゃめちゃ強い。
でもここまできて引き返すわけにはいかん。
とりあえず出発し、厳しかったらすぐ引き返そうと相談。
他の登山者は5人ほど。しかもかなりの重装備・・・。

一方、登山未経験者揃いの我がチーム。

出発前に各々着替えて準備。


「・・・ジャージっすか!?」


我がチームの一人、唯一の先輩はなんと上下ジャージ姿に変身。
・・・日本で14番目に高い山ですよ。
3000mあるんですよ。

チームの参謀役の24歳が「僕の寝巻き姿ですよ、それ」と35歳先輩にボソッと暴言。
ま、それを言っても良いくらいの、その場に似つかわしくない格好です。(笑)

と言っても、その他のメンバーも大して変わりません。
登山姿じゃなくて、ごく普通の冬の姿です。(笑)

8:20登山スタート。
スタートした直後からずっと霧の中。雲の中を進みます。
景色なんてあったもんじゃなく、視界は10mほど。
最初は話しながら歩いていたメンバーもあっという間に無言。
なんでもそうですが、体が慣れるまでの30分ほどが一番辛い。

1時間ほど歩いた時点で森林限界地点に到着。
辺りが一気に開けます。
と言っても霧で大した景色は見えませんが。。。

20091020_1.jpg

この白いのは霧。この中をずーっと歩いて行きました。
なんだか白いものが見えてきました・・・。最初は露かと思っていたんですが。。。

メンバー達の元部活紹介
35歳男 元ブラスバンド部 ジャージ姿
33歳男 元テニス部 たかぼー(姿はまとも)
31歳男 元サッカー部 袖なしダウン
24歳男 元帰宅部 だぶだぶジーパン
20歳男 元野球部 ニット帽

歩き始めて1時間半。
一口水と言うポイントに到着。
文字通り、一口分の水がチョロチョロ流れてる場所。

20091020_2.jpg

・・・凍ってる・・・。

この辺りから危険なのではないか・・・という思いが脳裏に。
ジャージ姿は「止まってると寒い」とずんずん進む。
みんなが「これ着て下さい」と言っても「大丈夫。歩いてれば寒くない」との問答数回。
結局、無理やり私がニット帽のダウンジャケットをジャージ姿に着させました。
「なんやこれ、あったけー!」とジャージ姿。そりゃそうでしょう。
10月後半の3000m級の山にジャージで歩くのはあなただけだわ。(笑)

歩き始めて1時間40分ほどで9合目の休憩地点に。

20091020_3.jpg

この辺りからは完全に銀世界に変わっていきます。

辺りは相変わらず霧の中で、ジャージ姿とだぶだぶジーパンは帽子が無いので頭に付いた霧雨が凍って真っ白に。
袖なしダウンは「袖が無いから腕が寒い」と当たり前の事をブツブツ。
ニット帽の長袖シャツを借り、着込みます。
(ニット帽、どんだけ服持ってきた?)

休憩所は木造の簡単な小屋ですが、風を遮ってくれるだけで天国。
体感温度はもちろんの事、気温は普通に氷点下(−1℃)です。

再出発後すぐに長袖シャツを着込んだ袖なしダウンが「指が・・・指が・・・」と泣き言。
私が何か無いかな?とザックを探し、下山後の温泉入った後に履こうと思っていた予備の靴下を手袋代わりに提供。(笑)

若干元気を取り戻した袖なしダウン。
元気に登ってきますが、鼻水を手ですすっています。オーノー!!ヽ(  ̄д ̄;)ノ

素人集団の私達はどこで引き返したら良いのか分からないままここまで上がってきましたが、ほぼ同じような感じで登って来たおじさんと話していたら、大滝頂上まで行って引き上げるのが無難と言う事。
まー、その方は完全装備ですが、私達はジャージ姿引き連れてますからね。
素直にそのアドバイスに従う事に。

大滝山頂は標高2936m。
惜しくも3000mには到達出来ませんでしたが、無理は禁物。
と言うか、ジャージ姿を引き連れた素人集団が氷点下の中ここまで来たというだけですでに相当無茶をしてるわけで・・・。

20091020_4.jpg

大滝山頂付近の看板ですが、氷でバリバリ。

大滝山頂付近では凍っていて歩くのも厳しい状態へ。
一歩一歩足元を確認しながら進みます。
そして到着。
登山を始めて2時間40分。
(雨を避けるため引き返したり、寒さを凌ぐ為休憩時間を長く取ったりした時間含)

20091020_5.jpg

氷点下の中、ジャージで大滝山頂まで上り詰めた強者。(笑)

20091020_6.jpg
私の温度計で、大滝山頂での気温は−4℃。

一応、この先に剣ヶ峰と言う御嶽山の本物の頂上があるので、登山道を確認しに行きましたが、そこはさらに別天地。まさに雪山。登山道が数cm程の氷で覆われてました・・・。
アイゼンなどの装備が必要ですが、我がチームの大半がランニングシューズですからー↑

「どうする?」と一応聞いたが、だぶだぶジーパンが「帰りましょう」と即答。(笑)
そうと決まったら早い早い。すぐ下山開始。

20091020_7.jpg

まー、確かにこんな感じの足元なので、ね。

20091020_8.jpg
登山中には気付かなかったが、こんな崖の際を歩いていたとは。

そして下山しだすと不思議なもので晴れ間が・・・。
あまりの晴れ間に体力的には全く問題無かった私が「一人で走って山頂まで行ってこようかな・・・」と言ったら、だぶだぶジーパンが「この借りは来年返しましょう」と言って制止。
危険だから、と先輩を気遣うよりは「寒いから早く帰ろう」という感じがありあり。(笑)

ちょっと下山して、先ほどの9合目の休憩所で昼食。

20091020_9.jpg

お湯を沸かしてカップラーメンとコーヒー。
そりゃ、うまいわな。

20091020_10.jpg
ラーメン食って外に出たらちょっとした晴れ間が。 おー!雲の上にいる!とみんな実感。

そこからはノンストップで下山。
みんなが意外と楽しみ?にしていた高山病は全く無し。
ジャージ姿はビール片手に下山。やはり強者。
(気圧により高山でビール飲むとゲップがやたら出る事と、口の中でビールが泡だらけになる事が判明 苦笑)

20091020_11.jpg
下山後、駐車場から御嶽山を見上げるとやはり頂上付近は雲。 やはりだぶだぶジーパンの判断は正しかった。(笑)

帰宅途中、こもれびの湯という温泉があったので立ち寄り。
鉄泉になっていて、湯船はまっ茶っ茶。

20091020_12.jpg

鉄分が多く、入ってしばらくすると体全身が鉄棒した時の手のにおい臭に。
温泉に入って温泉をすべて洗い流して出る、という温泉効能台無しの入り方。(笑)
こういう温泉もたまには良い。

そして帰路。御嶽山周辺の山々は紅葉がピークで、素晴らしかった。
敦賀に着いたのは19時過ぎ。

素人集団の思い付き登山で、予期せず冬山を登るというすごい体験をしましたが、私自身はその全てが非常に楽しく、最高の思い出になりました。付き合った皆は大変だったでしょうが、私はすでに来春の計画を考案中です。付き合ってくれるかな?(笑)

ジャージ姿が去り際に「装備揃えておくわ」と言っていたのが印象的です。(笑)

2009年10月20日

御嶽山は真冬

091020_1006~01.jpg

御嶽山の頂上付近は真冬のようでビックリ。(笑)

写真はまだまだ入口だった・・・(苦笑)

昨日は天気が良かったようですが。
いや、今日も下界は良かったんですが、2300mからは駄目。ずーっと雲の中。

天気予報の晴れ時々曇りって、高い山には全然通じないことを今回の登山で知りました。(苦笑)

でも楽しかったー!

2009年10月19日

御嶽山へ

あと6時間後に御嶽山へ行ってきます。

会社の後輩達と5人で挑みます。
素人集団で、いきなり3000m級。
体力的に無謀かもしれませんが・・・途中棄権ありで行って来ます。

あるヤツは「登山靴ってサッカースパイクでも良いんですか?」とか、あるヤツは「リュック(ザック)なんて無いですよ。」とか、「ジーパンで?」とかとかとか・・・。

ある意味、数時間後の彼らの姿が楽しみ。
ま、無理せずに楽しみに行って来ます。

そして昨日、ちょうどタイミングを合わせたかのようにオーダーしていた登山靴が届きました。
まだまっさらのピカピカです。

ゴローという靴屋さんのダックライトと言うモデル。
結局なんだかんだと細かいオーダーになってしまい、足形に合わせてもらうのはもちろん、くるぶしのパットを片方だけ抜いてもらったりと自分仕様に仕上がっているようです。

ま、シックリくるかどうかは履いてみないと分かりませんけど。

20091019_1.jpg

行って来ます。

2009年10月18日

ラインオブナイト 競馬にならず

私の秋競馬は終わりました・・・

寝よ・・・。

ラインオブナイト 復帰戦!

ラインオブナイトが今日の京都12Rで復帰です。

今日は夜勤ですが、それを見るまで寝れません!


勝つ!


もうアルナスラインで鬱憤が溜まってるので、これくらいじゃないと収まりません。
今の時点で人気はオッズ10倍ほどの7番人気前後ですか。
意外と人気になってるな・・・って印象。

・・・馬券で儲けるからもっと人気無くても良いのに。(笑)

休養明けだろうと、大外だろうと関係なし。
メンツもずいぶん揃ってますが、ダートの重賞をこの馬で狙ってます。
ここで四の五の言ってられません。勝つ!足踏みなし!

・・・内心はこの馬の将来性が分かってしまう一戦なので、結構びびってます。(笑)

2009年10月16日

本栖湖キャンプ 2日目はカヤック

本栖湖キャンプの2日目です。

この日は一日中カヤックをする予定。
天気が心配でしたが、朝起きたら最高の天気。富士山もバッチリ。
運が良いなー。ありがたいなーって思いました。

20091011_1.jpg

湖畔サイトでも日の出を眺めてる方たちが数名おられました。
意外ですが、早起きしてる方は少数だったのが不思議。
みんな結構ゆっくりとテントで寝てるんですね。

さぁ、はやる気持ちを抑えて朝食です。
定番のホットサンドとコーヒーで簡単に済ませます。
・・・でもこのホットサンドがキャンプで冗談抜きで一番おいしく感じます。(笑)

いよいよ出発。8時過ぎかな?
インフレータブルカヤックのファイヤフライ2とメイフライ2に命を吹き込みます。
・・・人力ポンプでシュポシュポと。
さすがに慣れてきて、あっという間に完成です。

20091011_2.jpg

さぁ、いくでいくでー!

最初のメンツはファイヤフライ艇にいくみんきずみんいぶの3名。
メイフライ艇にゆうの2人。(ある意味危険な組み合わせ)

私、メイフライに乗るのは初めてでしたが、いやー漕ぎ難かった。
(メイフライ艇のインプレッションはまた別の機会に)

20091011_3.jpg
ファイヤフライ艇の3人。 長男坊といくみんは似たもの同士の慎重派で、メイフライ艇の挑発にまったく乗ってこず、マイペースに楽しんでました。 メイフライ艇は幾度となくファイヤフライに競争を申し込みますが、ファイヤフライ艇はまったく無視・・・。 危険なメイフライ艇の似たもの2人組は内部抗争まで勃発し、ついには次男坊が「もう漕がん!」とまで言い出す始末。(笑)

まー、そんな事も若干有りましたが、楽しんでましたよ。

そしてやはり本栖湖。水がきれい!

20091011_4.jpg

ここで1.5m程の深さがあると思いますが、まるで浮いてるよう。

ゆっくりと時間を費やし、浩庵キャンプ場の対岸まで艇を進め、そこの湖畔で昼飯。
ま、カップラーメンですけど。(笑)

昼からはメンバー交代。
なんと愚連隊の2人が自分達だけで漕ぐと言い出し、メイフライ艇に乗り込みます。
ファイヤフライ艇は私といくみん&きずみん。
大丈夫かなぁ〜といくみんと心配してましたが、その心配をよそにズンズン進んでいくメイフライ艇。
やるなー。

20091011_5.jpg

愚連隊の雄姿。
小学2年生と幼稚園の年長さんです。
勇気あるなー。(というか、その2人に漕がせる親って・・・苦笑)

調子こいて我々の艇に体当たりやパドルで水をかける暴挙が多々あり。(笑)

20091011_6.jpg

それにしても本当に水が綺麗。分かりますかね。青く見えるんですよ。水が。
日本にもあるんですね、こんな場所が。
いつまでも残しておきたい場所です。大切にしないと。

疲れはやはりあったようですが、ちゃんと愚連隊2人で対岸から対岸まで無事帰還。
逆に我々に艇の方が重量オーバー(大人2人&きずみん&荷物)で危険だったかもしれません。
これずいぶん沈んじゃいないかい!?と湖の真ん中で思ったものです。(笑)

15時前に帰還し、その後は車で30分くらいの場所にある下部温泉で汗を流しました。
近いと思ってましたが、結構時間がかかりますね。浩庵から下部温泉は。
帰って来たら17時前でしたからね。
お湯も単純泉で、極普通?
時間を考えるとあまりお勧めはいたしません。(笑)
でもそこで買った温泉饅頭をみんなであぶって食べたのは美味しかった。

20091011_7.jpg

この日は最後まで富士山がきれいでした。

そしてまたキャンプファイヤー!

20091011_8.jpg

一応、家から薪ストーブ用の薪を数本持参しては行ったのですが、我が家の薪ハンターがまた活躍してくれ何とか形にはなりました。
ただ、このキャンプ場では乾燥した木が少なく、多くの人が生木を焚くので煙いですね・・・。お隣さんは火を付けるのにずいぶん苦労してる様子で、ガスバーナーでゴーゴー火を付けてまししたが・・・ガスボンベ1本丸々使いきっちゃったんじゃないかな。
売店でも薪を取り扱ってるようですし、自信の無い方は素直に買った方が良いかもしれませんね。

2009年10月15日

アルナスライン 最悪

もう騎手が誰かなんて気にしなくて良くなりました。

今年は全休。来年の天皇賞・春を目指すらしい。

最悪です。


左トモは筋肉痛と言ってたのですが、2ヶ月以上その状態って・・・。
なんか嫌な感じです。
何事もなく復帰してくれたら良いのですが・・・。

うーん、なんか面白くなくなっちゃったな・・・。

2009年10月13日

本栖湖キャンプ初日

初日はひたすら移動のみ。

夜勤明けで帰ってきて、最後の準備やら買出しやらで結局11時頃に出発。
1000円高速をひた走る。

中央道を走りましたが、結構渋滞してます。
でもそのまま走り抜け、結局本栖湖浩庵キャンプ場に着いたのが16時過ぎ。
浩庵は事前予約を受け付けていないようなので飛び込み。
3連休でしたがとりあえず入る事は出来ました。

このキャンプ場は湖畔サイトと林間サイトがあり、教えて頂いた情報から林間サイトに直接入場しました。奥の方まで車で一度は突っ込んでみましたが・・・かなり厳しい状況。
16時過ぎでしたしね。仕方ないけど、どうしよぉーって状態。(苦笑)

私が林間に入り過ぎたため、ハンドルを切り返し切り返し引き返してる途中に、いくみんが良い場所を発見。林間入口付近の開けた場所。16時過ぎに入ってここなら言う事なしって感じの場所でした。最初に入って来た時はまったく気付きませんでしたから不思議。

ランドブリーズ6LXのテント設営は2度目ですが、すでに16時を大幅に過ぎた時間。
初回のようなモタモタぶりだと日が暮れます。(笑)
いくみんと二人で1ヶ月前を思い出しながら約30分ほどで完成。
2時間かけた初回からはずいぶんと早くなりましたし、暗くなる前に完成出来ましたしね。上出来です。ポールも曲げなかったし・・・。(笑)

そしてランタンの準備や炭起こしをしてる間にあたりは真っ暗に。
写真もほとんど撮らないまま初日は過ぎて行きました。(笑)
子供達は「富士山見えてた」と言ってましたが、大人2人は見てる余裕無し。(笑)

数少ない初日の写真から一枚。

20091010_1.jpg

夜飯の出来合いおでんを温めてる写真。(笑)
そして隣は出来合いのスープ用のお湯を沸かしてます。(笑)

左はキャンプ初使用のフェザーストーブ。
キャンプ道具を揃え出した時から、何故かこのストーブに惚れてました。
キャンプ道具はすべて必要なものだけを揃えたつもりですが、これだけは今回のキャンプ前に趣味で買いました。(笑)
使用感は別エントリーにて。

初日はこれだけの写真では寂しいので、翌日夜明け前に見えた富士山を。

20091010_2.jpg

関東の人は見慣れていて大した感動は無いでしょうが、北陸の田舎者には最高の風景ですよ。
富士山がこんなにはっきり見えて感動。
翌日は天気に恵まれました。

野坂山登頂!

091013_1210~01.jpg

登ったどー!

再挑戦

091013_1043~01.jpg

キャンプの翌日ですが、以前敗北した野坂山登山に再挑戦開始!(笑)

2009年10月12日

アルナスライン 鞍上空白に

キャンプから帰ってきました。

そしたら天皇賞・秋「マツリダに蛯名」って書いてあるじゃあないですか。


・・・ええ!?(笑)


まぁ、個人的には良いんですけどね。
そんなに思い入れがあるわけじゃなく、どちらかと言えば・・・なので。(苦笑)

ただ、そして誰も居なくなった・・・って状態ですねぇ。


さすがに天・秋→JC→有馬とトップジョッキーの連続確保はいまさら無理ですよねぇ。
誰も居ないもんねぇ・・・。

まさか、和田?いやーん。(笑)
それはあかんで。

スポットでアンカツさんで、後は一度乗ってもらったペリエっちてのは有りだなぁ。
と贅沢な妄想をしてみたり。
意外な楽しみが出てきたぞー。(笑)

2009年10月11日

キャンプファイアー

091011_1950~01.jpg

最後の夜。
キャンプファイアーしてます。
直火オッケーです。

キャンプ

091011_0610~01.jpg

最高ーです。富士山。

2009年10月09日

本栖湖キャンプへ

この連休に本栖湖へキャンプに行ってきます。
本栖湖は本州ではトップクラスの水の透明度ということで期待。
ここでカヤックするために2艇目も買ったわけですしー。

一応、本栖湖にある浩庵というキャンプ場に行こうかなーと思ってるんですが、事前予約は受付けていないようなので直接現場入りになります。ちょっと不安・・・。

あと、どうもトイレの評判がよろしくない様で・・・。
(来春改修予定らしいですが・・・)

うちにはトイレにはかなり敏感なお嬢様(いくみん)がいるんで・・・

いくみんに言わずにおこうとも思ったんですが、後々発狂されるのも困るのでさっき伝えました。

そしたら「場所変えよー」ですって。即答ですよ。(笑)

本栖湖キャンプなら景色が良いここの方が・・・と話してると「じゃあ、本栖湖じゃなくて西湖にしよう」と根底を覆す発言で参ります。(笑)

まー、そこは大黒柱(かなり怪しげ)の権力で敢行しますがね。

・・・後日のレポートでは場所変わってたりしてー!(笑)

2009年10月08日

ラインオブナイト 復帰戦延期

ラインオブナイトの復帰戦が今週だということで喜んでいたんですが、万全を期して来週10/18(日)に延期となりました。

本当にこの調教師さんは慎重ですねぇ。堅い。(笑)

騎手は予定通り岩田騎手で。
騎手はいつも良い騎手をチョイスしてくれます。
・・・騎手の都合に合わせるからレースが延びてるのか?(笑)

ただ距離が1200mから1400mに変更になるので、この点は良かった。
復帰戦でいきなり忙しいレースをさせるよりは1400mの方が全然ありがたい。
万全を期しているそうですから、いきなりの勝ち負け、です。(笑)

2009年10月06日

2艇目 メイフライ2

2艇目のカヤック、メイフライ2が先日届きましたー。

愚連隊の上2人(長男坊・次男坊)には「自分達のカヤックを買ったよ」と伝えてあったので、2人は自分達専用のカヤックに喜んでました。

早速届いたダンボールを開けて空気を入れます。(もちろん家の中です 苦笑)
ファイアフライ2は4箇所入れる部分がありますが、このメイフライ2は2箇所。
それ以外にも所々で安い理由が見えてきます。(苦笑)
ま、値段相応なので仕方なし。

愚連隊はそんな事全く気にしておらず、黄色い自分達専用の艇に乗り込みます。
(もちろんそんな事(安い)伝えませんが・・・笑)

出来上がった艇がこれ。

20091006_1.jpg

まー、こうやって見るとファイヤフライ2と色が違うだけの様な気もしますが、簡単に言えばずんぐりむっくり。
長さは短く、幅が広い。

幅が広いんで沈没する可能性はまず無いんではないでしょうか。
逆にスピードは出そうにありません。

さて、どの大人がこれに乗るのか・・・。
さすがに愚連隊2人じゃ危ないので、大人+子供になりますが、この艇をファイアフライ2と一緒に漕ぐのはなかなか辛いぞ。
結構漕がないと引き離される一方な様な気がする。(苦笑)

ま、使用感は10月10日から行くキャンプレポートで。
アドバンスドエレメンツ メイフライ 2 コンバーチブル(パドル ベストセット)
アドバンスドエレメンツ メイフライ 2 コンバーチブル(パドル ベストセット)

あら?値上げしてる?

2009年10月05日

三方五湖でカヤック

今日は次男坊だけが運動会の振り替え休日と言う事で休み。
あいにく、私もたまたま休み。(苦笑)

次男坊と私だけの休日になったので「何したい?」と聞いたら即「カヤック!」と言う事でしたので、あまり乗り気ではなかったものの、せっかく2人だけの時間だし・・・と思い行動する事に。

家から数時間で行って帰って来れるカヤックが出来そうな場所は三方五湖と琵琶湖。
琵琶湖はいつか家族みんなで行きたいと思ってる場所なので、今回は三方五湖に挑戦する事にしました。

先日、新しいカヤック「メイフライ2」が届いており、次男坊は「黄色いやつで行きたい」と言うのですが、このメイフライ、見た目からしてどうもスピードはあまり出そうにありません。
結局はほとんど自分が漕ぐ事になるであろう今日は、少しでもスピードの出る艇にしたいと思いファイヤフライ2を選択。

当然三方五湖も初めてなので、着水できる良い場所が無いかをグルグル1時間ほど車で探しまわり、ようやく水月湖の西側に手頃な場所を発見。次男坊と共に空気を入れいざ出発!

20091005_3.jpg

しょぼいカメラなので写りが良くないですが、天気はまずまず。
湖なので川と違い流れも殆どなく穏やかです。
次男坊は中途中途でジュースを飲んだりおやつを食べたりして楽しんでます。
贅沢な時間ですねー。漕がなくても進みますし!(その分父は辛い)

目標は水月湖から久々子湖に抜ける水路。(地図上では切追と書かれた場所)

20091005_5.GIF

事前に水月湖と久々子湖は水路で繋がってる事は知っていたので、カヤックで行くには良いポイントになるんではないかと思っていたのです。(この時点では多少ヤバイ事にも気付いてました)

地図で見ると2kmほど漕いだ事になるようです。
そんなに漕いだ感覚は無いですが、小一時間ほどで着いたでしょうか。
そのポイントに。

ようやく着いたというその安心感と達成感で「ヤバイ事」の存在をこの時は忘れていたのです・・・。

そのまま水路に入っていきます。

20091005_2.jpg

いやー、ちょっとした感動でした。
木々に囲まれたその空間は入った瞬間ヒヤッとした感覚で、崖と崖の間を水路がはしり、湖と湖を繋いでいます。幅は10m位でしょうか。
こんな場所があるんだー!すごいねー!と次男坊と一緒になってはしゃいでました。
・・・その時までは。(苦笑)

幅が狭くなっているその水路は、先ほどの穏やかな湖と違い気付けば流れがかなりあります。パドルを漕がなくてもサーーーと艇が流れていきます。

そしてふと気付くのです。あの「ヤバイ事」に。


「あ・・・まずい!遊覧船が通るかも!」


そう、この水路、1時間に1本遊覧船が通るのです。
最初は1時間に一本の遊覧船をやり過ごしてから水路に進入する計画でしたが、すっかり失念しておりました。しかもこの日はまだ遊覧船を見かけていませんでした・・・。

この幅10m程の水路に遊覧船なんて通ったら・・・。
しかしすでに水路も半分以上過ぎてます。
流れも知らない間にかなりの速さで流れています。
もちろん久々子湖方面に向かってです。

そこからはもう必死です!

ヤバイ!早く戻ろう!早く早く!!

逆流の流れがかなり堪えます。
次男坊も私の必死さが伝わったようで、頑張って漕いでますが息が合いません。
ガツン!ガツン!とパドル同士がぶつかり合います。
当然です。
こっちは今まで漕いだ事が無いくらいのパワーとスピードで漕いでいるのです。
幼稚園児と合う訳がありません。
それくらい必死やったんです。(笑)

そしてようやく水路を脱出出来たかな・・・と思った時に背後からエンジン音が。

ババババババババババババ・・・

そして水路から姿を現した遊覧船。徐行していた水路から一気にスピードアップ!

ブゥーブヴァーーーーン!

間一髪!!
それでもかなりの波が我らのカヤックを襲って来ました。
「うおーあぶねー!」と私。
「でも面白かったー」と次男坊。
遊覧船のお客さんに手を振る余裕。(苦笑)
こっちはヒヤヒヤしますわ。

逆流を遡って来た疲れもあり、湖岸で休憩する事に。
でも良い場所も無く、ちょっとした岩の上で昼飯。
昼飯は持って来た新アイテム、コールマンのフェザーストーブでお湯を沸かしカップラーメン。(笑)
ま、何食べてもうまいっすわー!

20091005_1.jpg

その間も何度か遊覧船は通り、その都度波が押し寄せます。
帰る頃には真剣な話、動力音が聞こえると怖かった。(苦笑)

帰りも小一時間で帰りましたが、風が出てくるし、動力音にビクビクするわで・・・。
でも何よりも次男坊が相当楽しんでいたようで、それが嬉しかったな。
こんな経験をたくさんたくさんさせてあげれたら良いなと思う。
将来、自分の子供達にこんな経験したんだ、って言ってくれたら最高だ。
ま、でも一番楽しんでるのは自分かもしれないなー。(笑)

おまけ。

20091005_6.jpg

これが今回苦しめられた遊覧船だ!
この写真は帰り道、ちょっと寄り道して水路の真上の橋から撮った物。
こんな幅でこの波に飲まれたら・・・沈没だ。(笑)
次男坊も「これは駄目だねー!」って言っておりましたよ。

この遊覧船に乗りたい方はこちらをどうぞ。(笑)

2009年10月01日

ラインオブナイト 勘違い(私の)

ラインオブナイトの近況が更新されてビックリ。

何がって、ラインオブナイト来週出走予定ですって。

はぁ?ですね。

ええ、これまでの更新でも10/10に出走予定と出てたんですけど、10月なんてまだまだ先だと思ってたんですよねー。
感覚的には1ヶ月以上先だとばかり。
たぶん11月頭くらいの感覚だったんでしょうねー。

もう10月なんですねー。はやー。(笑)

嬉しい誤算。
来週出走予定かー。嬉しー。ようやくだー。

いきなり1200m(ダ)らしく、もう少しゆっくり行かせてあげたい気はしますが、岩田騎手を予定しているとの事で何とかならんもんかと思とります。(笑)

アルナスラインがどうも順調さを欠いてるようなので、この馬の一発に大いに期待。

カヤック2艇目買います。

どだけ金使うんじゃー!と思ってます。私自身が。(苦笑)

急遽10月10日からの3連休に連休(私自身の)が取れる事となったので、キャンプ&カヤックに行く事になりました。

それでいくみんとカヤックの話をしていると当然2艇目の話題に。
子供が小さいうちに色んな経験をさせてあげたい、と言う意見で一致している私達。
子供達と一緒にカヤックを楽しむのに1艇ではどうしても残ってる者に対して気兼ねするので、2艇目買いますか?という事に。

安い買い物ではないので、しかも短期間の間に最近随分出費しているので迷いが在りましたが、最終的にはいくみんのGoサインで決定。
ま、今の子供達との時間はプライスレスですからー!(苦笑)

と言っても本格的なカヤックはとても手が出ないので、またインフレータブルカヤックです。
本当はエアフレーム2という艇が欲しいのですが、まさかこんなに早くカヤックに再び乗る機会が訪れるとは思っていなかったので完璧に資金不足。
それに遊び程度の私達にこんな上等な物は不釣合いのような気がします。

と言う事で、どうもあまり人気が無いのですがメイフライ2という艇に決定。
アドバンスドエレメンツ メイフライ 2 コンバーチブル(パドル ベストセット)
アドバンスドエレメンツ メイフライ 2 コンバーチブル(パドル ベストセット)

2人乗りにしては短過ぎるとか、フニャフニャ感があるとかで良い所がなかなか書かれていないのですが、安さとその軽さは私には魅力です。キャンプ用品と一緒に車に乗せるの場所取るんすよねー!(笑)あと短さに関しては、うちは子供が1人は乗る事を想定してるので、今はとりあえず良いかな・・・と。

場所は本栖湖を想定してます。(あくまでの現時点での妄想 苦笑)
キャンプの場所も今から選んでいきまーす。