« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月29日

クリスマスに買ったボードゲームに苦しむ

クリスマスプレゼントに買ったボードゲームを以後、毎日のようにやってます。
さっきまでやってました。

子供達がはまってしまって帰って来たらそればかり。

1ゲームに1時間半ほど掛かるので、結構疲れる。(笑)

それでも我々大人も楽しめるので、付き合ってしまいます。

でも毎日やらされると結構苦しい。
もうそろそろ飽きちゃうんでは?と思うんですが、子供達は全然飽きる気配なし。

もう少し大きくなってきずみんも出来たら最高なんだけどね。

今はきずみんが寝るのを待って、ゲームプレイです。(笑)


もう一つ買おうかな・・・。(笑)
大人がはまってる?

2009年12月28日

ある調教師のコメントから

一口馬主ではまず走る能力を持った馬を見つけるのが最重要ポイント。
当たり前。
そしてその能力を発揮させてくれる調教師に預けるのが大切な事です。
その2点に尽きるのはないか。

今回の有馬記念で、ある調教師のコメントが私の心のモヤモヤを飛ばしてくれたので紹介。

フォゲッタブルの池江父調教師の話。

「馬もアスリート。調教を休んだらハンデになる」

私が受けた意味なので原文のままじゃないですが、これを見た時に私のモヤモヤは飛びました。

やっぱりそうなんだ。

私が競馬を始めた時から当たり前だったのが「休養したから強くなった」という発言などから休養=○というイメージ。夏の北海道で・・・馬がひと回り大きくなって・・・とか言って、休養はさも良いように書かれています。
私も昔はそのまま受け入れていたんですが、最近それが疑問に。

競技者も競走馬もアスリート。
なんで人間のアスリートは日々鍛錬してるのに、馬は休養するのがプラスになるんじゃ?
人間のアスリート、筋肉を休める事はあっても緩める事はしません。
すなわち能力低下に直結するから。
馬も人間も同じ動物。同じでしょ?

そのモヤモヤがこの一言で晴れました。

同じ考えを持つであろう、池江Jr調教師の管理馬ドリームジャーニーを例に。
馬体派の私はこの馬を「変わったなぁ」って目で見てました。
馬体派の人達は同じ感想を持ってるのではないでしょうか。
若い頃に比べると全然違います。

人気厩舎という事を考えてもドリームジャーニーの調教は単純明快です。
レースの2〜3週間前に入厩し、追って、レース。
レース後は短期放牧に。
もちろん放牧とは言っても近くのグリーンウッドで緩める事なく調教に励む。

こんなんで良いの?って位ギリギリまでGWにいて、2本ほど追って大レースへ。
ずっとこんな感じ。
ただ場所は違えど休む事なく、日々鍛錬を怠りません。
これがアスリートでしょう。

人間の世界でもよく見ます。
高校時代から活躍していた選手が、プロになり順調に更に活躍。
でも体が全然違います。筋力アップし、太く、たくましく。

ドリームジャーニーはまさにそれ。
馬体が変わった訳じゃなく(変わる訳無いですが)、若い頃に比べてたくましさが全然違います。
走るために日々鍛錬し、走るための筋力が向上し、更に走れる体になる。
北海道へ休養なんて怪我でもしない限りありえません。
昔よく見かけた調教師のコメント、ご褒美に北海道での休養?
ありえん。

ただこれには時間が掛かります。アスリートは一日してならず。
じっくりと日々の鍛練を行い、走るために必要な筋力と、目立ちませんがそれをサポートする筋力が一緒に向上していかないと故障に繋がります。
まさに「無事これ名馬」。

これからアルナスラインがなぜ長距離レースで(だけで)活躍するのかが見えてきます。
本質的には中距離の彼がなぜステイヤーと見られてしまうのか。
(ま、馬体を見れば答えは出てるのですが)

来年の社台募集ではこの辺りをポイントに出資馬を狙いたい。
人気厩舎は無理ですから、データなどからこのような認識のある穴厩舎を探し出し、馬の実力はあるのに発揮できん!というヤキモキするような厩舎とはおさらばしたい次第です。

2009年12月27日

有馬記念を前に復活

ブログのシステムが死んでる間にクリスマスも終わってしまいました。(笑)

今年はクリスマスプレゼントがあたった子供達。
昨日はそのプレゼントであったボードゲームを5時間ほどぶっ通しでやりました。(やらされました)

夜勤明けだったので最後のほうはヘロヘロ。(苦笑)

でも今までの子供用のゲームとは違い、なかなか難しい。
プレイヤー同士が仲間となって、協力し合い敵を打ち負かす、というなかなか珍しいタイプのゲームなんですが、終止敵に圧倒されて敗北・・・。
それでも「またやりたい」と思えるようなボードゲームでした。

さて、今日は有馬記念。
今日は実家で餅ツキ大会があるので、大掃除は明日かな。

アルナスラインの出ない有馬記念でやや気合不足ですが、とりたいレースには変わりなし。
今年ならドリームジャーニーが順当だとは思いますが、パドックで穴馬を探してみたいと思います。
中山巧者というのは抑えておきたいポイントです。

2009年12月26日

とりあえずテスト

数字前にブログのシステムをさわってたら復旧できなくなりました・・・。

余計な事するんじゃなかった(涙)

ようやくここまでたどり着いたが、2年前のシステムです・・・。

2009年12月20日

バケモンからのクリスマスプレゼント

メインレースだけ馬券買いました。

今年はズーッとこんな感じの馬券生活でした。

なにかと競馬以外に忙しい1年でしたしね。

それにサッパリ当たらん。
これは勉強不足。
知ってる。
昔に比べて馬を見なくなったせいだ。

で、さっき成績を見てみたら今年は去年の1/4程度しか購入してませんでした。
大きな声ではいえませんが、去年は100万円オーバー。
今年は20万そこそこ。

しかも万馬券無し。酷い。(苦笑)


・・・今、なんでこんな成績を見たか?
阪神カップ当たったからー!(笑)

20091220_1.jpg

去年まではそこそこ買ってたから、3連単が出来てから万馬券は普通になってた。
でも今年初めての万馬券は嬉しかったよぉー。(涙)


長男坊と2人で阪神カップ観戦。

たかぼー 「2番からいったしな。2番が一着じゃないとハズレ」

たかぼー 「あっ!おえぇ〜!出遅れたやんけー」


長男坊 「でもめっちゃ追い抜いて来たで」

たかぼー 「うわ、最悪。持ってかれてるやん。これで勝ったらバケモンや」

長男坊 「ばけんもんなん?」

たかぼー 「バケンモンや」

たかぼー 「おっ、来てる!」

2人共 「うきょぉー!」

たかぼー 「うおぉーバケモンやー!」

長男坊 「ばけもんやー」

長男坊 「いくみーん、ばけもんやでー!」(誰がよ)

以上、小話終わり。(実話)


えらい長い審議で、ヒヤヒヤしたけど、2着は同着。

「うーわ、最悪。」

今まで同着で馬券当たって良い思いした事無し。
単純に配当が半分になってしまう・・・ような気がする。

結局払戻しは合計12.3+14.6=27万ほど。

もし片一方だけだったら・・・と思ってJRAのHPで調べるも最終オッズが見れない。
(昔は見れたと思うのに、今は最終オッズって見れなくなった!?)
色々苦労して netkeiba.com で見れる事が分かった。

2→13→17 なら 2461.9倍
2→17→13 なら 2928.5倍

・・・う〜ん、得したような損したような・・・。

untitled.jpg

私には17が出てるようにしか見えない。(笑)


これで今年の競馬はプラス収支ほぼ確定。

良かったぁ。

ヒヤヒヤするクリスマスプレゼントをどうもありがとー!(笑)

2009年12月19日

雪が来た!

091219_0825~01.jpg

起きたらこんなことに。

遅い冬がようやくです。

2009年12月16日

カルカソンヌ

カルカソンヌ。

・・・残念ながらキャロットの馬の話じゃありません。

ボードゲームの話です。テヘッ

先日、家族全員で久しぶりに大阪にでも遊びに行こうか?という話になり、敦賀〜大阪までの新快速に乗って電車の旅に出かけました。
最近子供達に喜ぶような事をしてあげれて無いなぁ・・・って負い目があったのでクリスマスプレゼントでも・・・と思って行ったんですが、帰って来た時に手元にあったのは自分がやりたかったこのボードゲームのみ。ガーン

だって、考えもせず目に付いたくだらんもんばかり欲しがるから・・・。パンチ

私の馬の血統の師匠がボードゲームに詳しい事もあって、おすすめしてもらったチケットトゥライド
このゲームは今でもずっと事ある毎に楽しんでまして、昔は我々親が圧倒的にニコニコ強かったんですが、最近は子供達が強くなってきて負ける事もしょっちゅう。
新しいゲームが欲しくなってきました。

とういう事で、今回狙っていたのはカルカソンヌというボードゲーム、という訳です。

元はドイツのボードゲームらしく、普通のおもちゃ屋では売ってませんので、大阪に出たついでに買う事に。
イエローサブマリンという、なんばにある店で購入。
(なかなかディープなお店で、緊張したタラ〜
なかなか行く機会も無いので、ついでにカルカソンヌの拡張セットも買いました。

そしたら子供達がこのゲームに食いつき、「帰って早くしたい」と言い出し、予定を早めて帰ってきました。・・・という事で、これが子供達へのクリスマスプレゼント!?テヘッ

購入して4日ほど経ちましたが、すでに10時間以上プレイしたのではないだろうか・・・。
子供達がはまっちゃって・・・
付き合ういくみん&たかぼー疲れる。




子供でも慣れればすぐにルールは把握できる、陣地拡大ゲーム?
街や草原・道等が書かれたカードをランダムに組み合わせて街や道を拡大していきます。
1プレイに1時間程度。
拡張セットを入れたらさらに30分延長。
なかなか面白いです。

でも、いくみん&たかぼー疲れる。ダウン

ただ、こういうゲームならOK牧場。
親は疲れるが(楽しいけど)、家族団欒でよろしい。
テレビゲームには無い良さがたくさん。
こういう時間は必要だ。


という訳で、うちにはテレビゲームが無いので、こんなにハマるのなら・・・と、昨日内緒でボードゲームをもう一つ買いました。
今度は子供達にはちょっと難しめのゲームですが、彼らならこなすでしょう。

今年はクリスマスプレゼントが当たるようで、よかったね。(笑)

2009年12月12日

薪ストーブでホットサンド

北陸地方では来週から雪雪が降るような天気予報になってます。
確かに最近、ようやく寒くなってきたかなーって気が。

暖かいとね、暑いんですよ、家が。
いくみん、とにかく薪ストーブを焚きたい願望が高く、少し肌寒いだけで薪投入。
仕事から帰ってくるとあまりに暑さにビックリします。
酷い時は30℃オーバー・・・。ビックリ
マジですよ。汗

だからここ最近、ようやく適正な室温になって来たかと・・・。(苦笑)

今朝は家でホットサンドをしました。
このホットサンドメーカーはキャンプ用に以前に購入したものですが、薪ストーブにでも使えます。
(キャンプでのホットサンドは最高ですね。なんであんなにうまいのか?不思議。)

家でも何度かしてるんですが、良いもんです。




ただ、我が家で使ってるタイプは持ち手が短いのが難点。
もう少し奥まで突っ込めると良いのだけれど・・・。
ま、それでもうまく焼けるのでいいのですがね。(やや手がアチーんですよテヘッ



具材は何でもOK。
適当に入れてもうまい。
このホットサンドメーカーの長所はパンの耳まで一緒に焼けること。(てか、普通?)
ただ有名なホットサンドメーカーである、スノーピークのトラメジーノってヤツはパンの耳を切らないといけないという話。私には意味が分からない。耳を切るのをデフォルトにする意味が。普通はキャンプで使うんでしょ???

それに安いんだ。このホットサンドメーカー。
1700円ほど。
トラメジーノを7000円以上も出して使うのであれば、最初はこれを買って使ったらいいのでは?
そんな簡単に壊れるような作りにはなってませんし、壊れてもこの値段なら、ね。
実際、我が家族は何の不満(あ、柄が短いのは不満か)も無いですし、我が家は耳も食べたい。ニコニコ

当初は、まず手始めに1つ買ってみて、良かったら2つ目を買おうと思ってましたが、1つで十分かも。
キャンプで使ってても、すぐに1枚焼けますし、意外とボリュームあるんで1枚目を切り分けてみんなで食べてる間に2枚目が焼けるって感じで、冷めて無い2枚目が食べられますしね。
当然、我が家の薪ストーブでは2枚入れるスペースも無くて、家でやる時にも必要はなし。




本来は薪ストーブの薪がオキになった時(キャンプでも一緒)、にやるのが一番ですが、今朝はタイミング的に直火に当てる感じになってしまい、ややムラある仕上がりになりましたが、いつもはもっとキレイです汗

休日の朝、家族みんなでホットサンドと挽きたて淹れたてコーヒーコーヒーカップ(子供達は牛乳牛
幸せな時間ですねぇ。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ホットサンドトースター
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ホットサンドトースター

我が家のホットサンドメーカー。安くて、耳まで焼けてシンプル。キャンプなどでは汚くなりますから、安いのはありがたい。ただ、もう少し柄が長ければ。。。ま、キャンプで使う分にはまったく問題ありません。おすすめです。

スノーピーク(snow peak) ホットサンドクッカートラメジーノ
スノーピーク(snow peak) ホットサンドクッカートラメジーノ

人気のトラメジーノ。これだけのHPがあるくらい。スノーピークというだけでこの値段?我が家ではさすがに買えないなー。柄も短いし。スノーピークユーザー向け。

エバニュー(EVERNEW) ホットサンドメーカー
エバニュー(EVERNEW) ホットサンドメーカー

我が家がホットサンドメーカーを探していた時には取り扱ってなかったはず。今ならこれ買ってたなぁ。欲しいな。柄もキャプテンスタッグのヤツよりやや長い。個人的に購入検討中。

2009年12月08日

ホールオブフェーム08 初記事

さて・・・なかなか手が進まないホールオブフェーム08の初記事。(笑)

いや馬体自体はそんなに悲観はしていないんですけど、小さいんですよねー。
小さいのはあかんよ。小さいのは。
(1歳の12月で404キロ。こんなにお腹大きいのに・・・)

・・・いや、最初から大きくはならんと分かりきって出資してるんですが、小さ過ぎる。
このままいってもデビュー時には420キロ台かな?
420台ならまだ許せるものの、400台ってのも十分にありえる・・・。
3月生まれだしね。

83118.jpg

ウィッチフルシンキング08の記事で書いた「未来の桜花賞馬」というのは無いですね。(苦笑)
距離的にはオークスですねー。(笑)

あっちは桜花賞で、こっちはオークスかー?

・・・なんて事を書いててもむなしくなるくらいの成長力。
ほかの一歳馬がズンズン成長してるのに比べ、ずいぶん遅れをとってるなぁ。

そして・・・小さい割には脚元に関して、もうすでに気になる部分が出現。
大丈夫だろうか・・・?(苦笑)


で、一応この馬のライバルに設定してるのはこの馬。
似たような価格帯で、重賞を勝ってるお兄ちゃんがいるというのが共通点。

83006.jpg

サイレントプレアー08

出資候補の一頭だった馬です。
キャパより200万円ほどお値段が高かった事と、なんと言っても厩舎を嫌って出資は諦めました。この厩舎よりはホールオブフェーム08の厩舎でしょー!って考えたことは覚えているのですが、肝心のそのホールオブフェーム08の厩舎が思い出せません。(笑)
お兄ちゃんと一緒だったかな?
マジで思い出せない・・・。
といって、調べる気力も無し。いつか分かるさ。(苦笑)

この馬は良いですねー。
適正は完全に桜花賞ですが、期待したくなる馬体。
早くから動けそうだし、こっちにしとくべきだったかー!?
ま、最後には勝つけどね・・・・・・(-。-) ボソッ

早くデビューせんかなぁ・・・。

2009年12月05日

アルナスライン 休養中

不本意ながら今年の後半を全休しているアルナスライン。

先月、アルナスラインの名付け親であるうえPさんが、山元TCに会いに行って来たそうで、その時の写真を送って頂いたのでここでちょっと紹介。

先月半ばの話なのですが、その時点ではまだ左トモに疲れがある状態だったらしく、運動不足からか毛艶も悪かったとの事。
笹針後だったこともあり、ガレて山元に帰って来たけど、その後回復。
行った時にはすでにブクブクになっていたそうで・・・。(苦笑)

まぁ、なんせどの馬にも言える事ですが、やっぱり「食べられる」というのは強みですね。
回復度合いも変わってきますし、調教してもへこたれない。
やはり募集時にはこういう部分にも注目しないといけませんね。

で、今回の休養になった原因はやはり「右後脚の挫石が完治しないまま調教を行った影響」という事だったそうです。
GWで挫石した直後にトレセンに移動しましたからね。
なんで?って思いましたもん。逆やん、と。(苦笑)
怪我を庇って調教を続けた結果、元々弱い部分であるトモを更に酷使したという事なんでしょう。

何となくそうなんじゃないかなーって思ってましたけど、こうやって現場の声で聞けると納得。
調教師のせい、という事ですな。(笑)
良い情報をありがとうございました。

もう2度と同じ過ちは起こさないで欲しいもんです。
今はもう回復に専念してもらい、来年に万全を、です。

20091114_1.jpg

でっかい花火を来年、楽しみにしています。

2009年12月04日

ウィッチフルシンキング08 初記事

私の今年の競馬も終わった事ですし、1歳馬の初記事。

まずはウィッチフルシンキング08
サーゲイロードの申し子ですな。(笑)

父はキングヘイロー
短距離なのか、中距離なのか、強いのか、弱いのか、今でもよく分からない部分が多い馬ですが人気のあった馬でした。
でも種牡馬になってからは大活躍。
ローレルゲレイロカワカミプリンセス等多数輩出。
良血馬はやはり繁殖にあがってから強いなぁ。
社台SSにいないのに、この成績を収めているところがステキ。(笑)

で、当の本馬ですが、最近公にされた馬体。

83070.jpg

うーん、まぁ、こんなもんなんだろうなぁ。
まじめそうな顔は良いです。
ま、遅生まれですし、これからに期待しましょ。


で、気になるライバルですが!

サンデーTCで同じような募集価格で募集されたキングヘイロー産駒。
ヴェイルデラルナの2008
この馬には絶対負けられません。

83175.jpg


・・・かっごよぐね?


ま、負けるのか?・・・orz


・・・ちょ、調子んのってんじゃねぇかんな(by 赤プル)


・・・もう一頭はもっと厳しいしなぁ・・・。(半泣)

2009年12月03日

今年の競馬が終わった・・・

公式HPにコメントを確認しに行ったら、在厩場所がグリーンWになってた・・・。

あぁ、今年の競馬は終わったなぁ・・・。


せっかくラインオブナイトが好走して、「さぁ、年内に後一戦!」って期待が高まっていたのに・・・万全を期しての短期放牧か。相変わらず慎重だ、この調教師さん。
ま、前向きな放牧だと思うので良しとせねば。


ふり返れば、今年の愛馬の成績は、過去最高の成績だった去年の4勝に比べ1勝。
エイプリルウインドの引退もあって、決して良い年ではなかったですが、ただその1勝が日経賞(G2) ですからね。文句言うのは贅沢ってもんです。

さぁ、来年はどうなるか?
アルナスラインとラインオブナイトに未来の桜花賞馬が2頭も控えてます。(笑)
間違いなく良い年になる、はずです。

2009年12月02日

ラインオブナイト 復調

いよいよ仕事が忙しい時期に突入しており、なかなかえろーございます。

そんな中先週末ラインオブナイトが頑張ってくれまして、心を病んでる私に希望をくれました。(笑)

復帰してからのここ2戦、全く良いところがなかった(馬体からは走れても良い出来)ので期待しつつも、希望はあまり持っていなかったのですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。
僅差の4着。

騎手が良かったのかな?(笑)

たかが4着かもしれませんが、馬体は問題ないものの負け方が良くなく、もう終わったのかもしれない・・・って落胆していた私にとっては嬉しい嬉しい4着です。

走りを見ていると、募集に掛かっていた時より予想以上に柔味が薄れ、手脚の稼動域がやや狭い馬になっている本馬。
1800mはこなしているものの、やはりマイル以下かな。
京都より阪神って気がしてます。

まだ今年の楽しみが残っているようです。
阪神開催で頑張りましょう。