« カーポート扉自動化計画スタート | メイン | カーポート扉電動化 取説 »

2010年02月12日

カーポート扉電動化その1

カーポートの跳ね上げ式扉を電動化。
Chamberlainのガレージドアオープナーを使用。




今日一日、朝からずっとしてました。
取扱説明書は当然英語で、挿絵だけが頼みの綱。
まぁ、現物を見ればどのように動くかはイメージ出来るので、設置は挿絵だけでいける。
ただ、今日つまづいたのは最後の設定。
そして電動オープナーじゃなくて、自分で作った跳ね上げの扉ガーン

ま、今日は疲れた汗ので出来たものだけ写真で。

とりあえず取り付けただけで調整や動かし方はまだ分かってません・・・。ZZZ…




不具合は沢山あるのですが、とりあえず自動で動いてます。汗



自分のカーポートに合わせる為にずいぶん勝手なことをして、とりあえず取り付けた写真。ニコニコ 配線とかはまだこれからです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://umakichiguy.orz.ne.jp/movable_type/mt-tb.cgi/1499

コメント

おっ、すごいですねお見事です。
ちなみに文中にある「不具合は沢山ある」との事ですが、どんな点ですか?

それともう一点伺いたいのですが、
跳ね上げ式は、どうですか?
私も見た目に引かれ、跳ね上げ式でずっと検討していましたが、
欧米では、一般的に幅広シャッター型が多いようですよね?
見た目でWOODのようにも加工できるようですし、
実感としてはいかがなのか伺いと思いまして...

差し支えなければ教えてください。

沢山ありますが、扉が重すぎるというのが一番の問題点です。(苦笑)
またUPしていきます。

跳ね上げ式ですか?個人的には気に入っていますよ。
自分が作った、自分だけのカーポートですもの。(笑)
私は自分で(安く)施工することしか考えていなかったので、出来るヤツと言えば跳ね上げ式かな?と思っただけで、シャッターとかは自分のDIYの範疇を越えていたので最初から除外でした。

ただバネの力で開閉させているので、屋外でこのバネが何年持つのか?という不安はありますね。
たぶん5年くらいでバネ取寄せないとあかんような気がしてます。(苦笑)

ちなみにシャッターのようなヤツって、自分で作ること出来るんですか?
施工してもらわないとあかんのですか?

欧米では、跳ね上げ式より一般的になっているようですよ。
もちろん、DIY可能みたいです。
シャッタータイプ(Sectional door)のメリットは、
支点が多いため安定しているようです。
また、跳ね上げ式のように前に突き出ないので
ギリギリまで車庫を前に出せると言ったメリットもあるようです。
(うちは住宅街の中なので土地も小さいもので...)
見た目も一枚扉と同じように加工できるようです。
ただ、部品数が多く、日本でDIYされている方が、いらっしゃらないみたいなので
一発勝負の個人輸入ではリスクが高いなと決めあぐねておりました。

でも課題は、扉をいかに軽く、しかし歪まない工夫をするところにあるようですね。
とても参考になります。
ありがとうございます。

うちの近所でもこの手のタイプのガレージ扉は結構見ますからDIYや輸入にこだわらなくても良いかもしれないですね。
こんな田舎でも見かけるくらいですから、意外と取り扱ってるところも多いんじゃないですかね。
部材だけ手配してくれるところもありそうなもんですが。。。
自分だけのオリジナルガレージにこだわるんなら別ですけど。

扉は軽く丈夫に。まさに。
人が乗って飛び跳ねるわけじゃないですからねー。(笑)

そうですね、オリジナルにこだわりたいですね。
私も頑張って跳ね上げ式に挑戦してみます。

いろいろアドバイスありがとうございました。
これからもサイト拝見させていただきます。
頑張ってください!

ええ、自分が作ったものは既製品に負けない良さがあります。
自分だけのガレージです。

また色んな事をUPしていきますし、私がこれまでで知った事はいくらでもお伝えしますよ。
何かあったら何なりとどうぞ。
応援してますよー。頑張りましょう!

コメントを投稿