メイン

2009年02月16日

松田国英調教師

「またやってもたん!?」

これが正直な感想だ。
今度は歴史的名牝ダイワスカーレット。
これでこの厩舎から何頭の名馬が屈腱炎で引退しただろう。
引退した馬も現役で闘病を続けてる馬も、とにかく屈腱炎が飛び切り多い。

名馬が多い厩舎だから故障するのか、この調教師だから故障するのか。
いつもなら「どっちも」と言うところだけど、今回ばかりは「この調教師だから」という比率の方が相当高いと個人的には思う。ただ間違いなく、この調教師だからあそこまで馬を走らせる事が出来るんだけど、とも。

私、この調教師さん好きですよ。
コメントを聞いていても馬の事をよく考えてる人だと分かりますし、何より馬体を良く分かってる人だという事が言葉の端々から感じます。差し障り無い馬体の話をする調教師さんは沢山居ますが、松国さんみたいに(周りの空気を読まず)突っ込んだ話をする調教師は居ません。だから好きです。

ただ、これだけ屈腱炎が多発するのは、もう偶然たまたまじゃすみません。
競馬界の宝馬です。有馬記念を見て競馬に興味を持ったファンも多いでしょうよ。
ファンにとって一番面白くないのは、戦わず怪我して引退する事じゃないですか?
クロフネやキンカメ、タニノギムレット。
どの馬もまだまだ見たかった。楽しみになってきた矢先にいつもガッカリさせられました。

昔から言ってますが、この厩舎の馬は極端に言えば全部同じ馬に見えます。
筋肉の付き方が一緒。ただ不思議な事に、同じ環境で同じ調教を受けているからか、筋肉だけじゃなく、頭の高さや立ち姿、無駄肉の付き方までそっくりになってきます。ホント不思議です。
だから屈腱炎になる確立が高いのは偶然じゃないと思うんです、私は。

だから好きでもこの厩舎に自分の出資馬を預かって欲しいな、とはあまり思わんのです。
嫌な言い方をすれば、どの馬も同じような馬になってしまうから。
馬体好きな私ですから、この厩舎の馬体に強制的にされてしまうのは勘弁です。

もう何かを大きく変えていかないと駄目でしょう。
腕は最上の調教師という事に疑いようは無いですから、このままでも今の地位は安泰です。
でもこの方はすでに競馬界の事を考えないといけない人物です。

今後、この厩舎が変わって行くかどうかは馬体を見てれば分かります。

2008年03月05日

ディアデラノビア引退で思う

JRAのHPで正式にディアデラノビアの引退が発表されていました。
うちでは常連さんのマロンさんの持馬で、古くから見続けてる馬の一頭です。

25戦ですか。
内容の濃い25戦ですよ。
25戦のうち23戦がグレードレース。
クラシック出走に海外遠征。牝馬ですからねぇ。凄い馬です。

この馬の同期、同厩、同馬主にシーザリオが居ますが、果たしてどちらが名馬か?と少し考えてしまいます。
名馬というか、自分ならどちらの馬に出資したいだろうか?と。
もちろんどちらの馬も名馬です。それは間違いありません。
価値観も人それぞれですから、G1勝馬がやはり上と見る人もいるでしょう。

パーフェクト連対のG1勝馬か、25戦5勝のG1未勝利馬。
わずか6戦で志半ばに引退してしまう馬と、クラブ規定の競争年齢まで走りきった馬。

シーザリオに出資されてた方は気を悪くしてしまわれるかもしれませんが、やはり私の中での名馬はディアデラノビアです。
最後まで走りぬいた彼女は出資者にとって誇りでしょう。
一口ですから本当の馬主ではありません。
大事なのは、どれだけその馬に思い込めるかです。
クラブ規定の引退期限まで走りぬけば名馬と言うことではなく、やりきったか。

こんな馬を見つけたいものですね。
きれい事じゃなく、心の底からお疲れ様といえる馬。
一口辞めるまでに何頭と出会えるだろうか。

2008年01月27日

「静寂の日」ではない

最近家ばかりに忙しくて競馬は一休み状態。
でも気になるレースだけは録画して見てます。

平安ステークス(G3)、クワイエットデイが勝ちました。
・・・くそー。(笑)
常連さんの中では今年一番最初に重賞勝とうと思っていたのに・・・。
けいすけさんにやられてしまいました。
(先日のTCK女王盃の反則(武豊)ペディクラリスもかなり危なかったよ)

私には今年しかなかったんです。みんなに勝てるのは。
後は屈腱炎1頭とデビュー前の2頭だけですもん。(苦笑)
そんなアルナスラインも春は黄色信号・・・。
来年ガンバロー。(笑)

まぁ、それは冗談としてもクワイエットデイの真骨頂。
渋太い!
スタートを見てても、この馬の特徴を把握した鞍上はさすが。
ただ、結果的に降ろされてしまった騎手が悪い訳じゃないんでしょうね。
ある意味、上で暴れた方が(語弊あるが)ファイトする馬も居ると言うことで。
全ての馬に武豊が乗れば、全馬が良い方向に行くわけでは無いという事。
面白いすね、競馬。

クワイエットデイ、最後の最後まで売れ残ってた馬ですよ。
こういう馬を確保するのが腕の見せ所。
そういう意味で、けいすけさんはさすがと言うべき。
去ってく調教師さんにも、もう一つ頑張って欲しいですね。
おめでとうです。

2007年02月08日

目標ダービー1本!?

ぬおおおー!
ダイレクトキャッチが皐月回避→ダービー1本!?
マジや、マジやこの調教師。
やるやるとは思ってたけど、ホントにやるぜぇ〜。

と、今日の新聞見て思いました。(笑)
皐月のタイトルをすでに持ってる強みですかね?
中山で行なわれたホープフルSと京成杯の2戦だけで判断すか。
出資者としてはどうかなぁ?
気持ちは皐月。だけど冷静に判断したらその選択がBESTと思ってるでしょう。
NHKマイル → 日本ダービー なら楽しみは減らんし良いかな。

いやー、クラシックロードに自分の馬絡んでるとおもしろい。
やっぱ、これからもクラシックディスタンスの出資馬選びをしようと思た。
(と言いつつ、今年の出資馬バクシンオー産駒だったり・・・苦笑)
ますますサウス撤退→社台オンリーの気持ちが強まってきてます。
それにしてもアルナスライン、全然話題に上がらん。
・・・話題はいいさ、身を頂く。(泣)
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年02月03日

やっぱギムレット産駒

今日は久々に家族でぶらぶら出かけてきました。
回ってるお寿司と薬草風呂に浸かってまいりましたよ。
ちょっと出掛けただけで出費がかさむねー。(苦笑)

ただ出掛け中も京都10R エルフィンSの結果が気になってました。
2歳女王ウオッカが気になってたんです。
詳細にはウオッカの馬体の成長具合を見たかった。

帰って録画パドックを確認したんすけど、いやー、可愛そうですね他馬が。
先週の京都牝馬Sのパドックに似たような印象を受けました。抜けてます。
他の馬たちは桜花賞に向けて賞金を加算したいでしょうに「なんであなたが出てくるのよ?」と言いたいでしょう。実際勝たれちゃいましたしね。「あんた賞金いらんやーん!」みたいな。(笑)

ウオッカの馬体は阪神JFの時にはまだ全然華奢で、立派な下地だけがある状態でした。
下地は相当なもんを持っていたんで「オークスくらいまで見守りたい」と書いた記憶があるんですが・・・いやはやこんなに早く変わってくるんですね。大したもんです。やっぱりこの短期間でこの方向に出てくるんですからタニノギムレット産駒はこうなんでしょうなぁ〜。

ウチにもタニノギムレットの2歳馬が控えているんですが、下地やスケールを考えると、なんだかその方向性が合ってないような気がして不安になってきました。(苦笑)

馬体に興味無い人には意味無いこと書いてすんまそん。m(_ _)m
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年01月28日

名馬やねぇ

もう今日ですか?根岸ステークスと京都牝馬ステークス。
どちらもうちの常連さんの持ち馬が勝ってしまいそうな可能性大です。ぴんち。(笑)
怖くておすすめ好馬体に選べませんでしたよ。選ぶとろくな事無いからなぁ・・・。(苦笑)

根岸ステークスはボードスウィーパー
京都牝馬ステークスはディアデラノビア

何が凄いって、この馬の出資者である事が凄い。なんだそれ。(苦笑)

ボードスウィーパーはもう40戦近く走ってますよ。それで7勝。
サンデーTCで1600万円の募集馬ですもの。すげぇすげぇ。(ぼびー)
長く楽しませてくれて、それで重賞に手が届く位置にとうとう登りつめました。脱帽。

ディアデラノビアは出るレース出るレース重賞ばっか。この前は海外まで行っちゃった。
それもそれらの重賞レースで殆ど上位に食い込んでくるんですから恐れ入ります。
こんだけ重賞出たら出資者の方々も麻痺するでしょうよ。
一口やる人間にとって、重賞に出る大変さはどれほどのもんか。(泣笑)

ホント、名馬です。紛れも無く名馬。
一生もんの出資馬やと思います。この馬に出会えた事を誇りにして欲しい。
私もそんな馬に早く出会いたいです。でも運も相当必要なんだろうなぁ。
・・・決して今の出資馬たちを否定してるんじゃないですよ。
でもね、色々な意味でこの世界は走らなければダメやと思うんです。
ここまで来たからには頑張って欲しい。今日は一生懸命応援したいと思ってます!
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年01月24日

TCK女王盃(GV)

あと約1時間後に大井競馬場でTCK女王盃(GIII)が開催されます。
TCK女王盃はその昔、私の持ち馬だったタイキコメットさんが引退レースに予定していたレースでして、毎年今の時期になるとその当時のワクワク感を思い出します。
結局レース直前に脚元の故障を発症し出走出来なかったわけですが、上手く事が運べばこのレースが私自身初の重賞レース出走になっていただけに普通の重賞レースより気になってしまいます。

さて、今年の女王盃は社台TCからペディクラリスが出走予定になってます。
東京ダ1700さんの持ち馬ですし、仕事もたまたま休みですから生で応援するつもり。
でも人気を見たら1番人気になりそうな勢いじゃないですか!

・・・くそぉ。
あわよくば頭で・・・と狙っていたのに。。。(苦笑)

今の勢い&メンバー的にも破竹の4連勝は十分可能性高いです。
さて、どうなるでしょうか、楽しみです。ガンバるんば!
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年01月20日

海猿

今さっき帰って来てJRAのHPでレース結果を確認してたら京都6Rで武豊今年初勝利。
おめ。でも6Rまでズレ込みましたかー、と思ってたら勝ったオーシャンエイプス8馬身差の圧勝っぽい。なんだこの馬は、と調べたらマヤノトップガン産駒なんすね。
なんかマヤノトップガンも渋く良い産駒出してきますよね〜。
ナリタブライアンの分まで種牡馬として活躍して欲しいですわ。ガンバ!

今から録画してたこの馬のパドックを見てこようと思ってます。
どうも毛色は鹿毛みたいなのでトップガンとは似ていないのかな?
どんな馬なのか楽しみです。
競馬の裏のウラ

2007年01月08日

よしよーし!

年明けから良い連絡があって個人的にナイススタートですが、馬券はダメ。(笑)
京都金杯はエイシンドーバーからいくもMスケルツィを頭に買えずダメ。
日曜は夜勤明けで8割方寝ながら馬券を買って、気が付いたらPAT残金半分に。(泣)
気合入れて見ているようで、パドックの途中で記憶が遠のく始末。(苦笑)
月曜こそは・・・と意気込んでるが、ただ今月曜のAM4時前。起きれるのか俺?

個人的に注目してる馬が今日出走します。
京都3Rのサラバンド。オンヴァダンセ04です。出資しようかと真剣に考えた馬。(当時馬体)
1000万円の安い馬で、2勝すれば万々歳。
これは・・・と思って北海道まで見に行ったんですが、あまりに地味すぎて止めました。
その馬が年末に出走し5着。ただし調教本数が足りていない状況でのこの着順。
パドックでは硬い印象でしたが、このくらいの短いダートなら今後も問題ないでしょう。
とりあえずパドック見てみて馬券買ってみようと思ってます。
出資出来なかったけど、頑張れよ〜!
【JTB】北海道の牧場見学に

2006年12月10日

しびれたー

香港はアドマイヤムーンの2着が最高位。
またしてもプライドにやられてしまいました。
プライドの父パントレセレブルは日本ではあんまり良い印象が無い種牡馬なんで、なんか違和感有りますけど、日本で走っても強いんかなぁ?プライドをパドックで見る限り、日本で走っているパントレセレブル産駒と本質は変わらない気がしましたが。(まるっきり母方が出ていると言う事でもなさそう)
ディアデラは7着。悪くなかったと思います。彼女らしさは見えました。
・・・昨日のアルナスラインと同じ着順という事で良しとしましょう。(いや、価値が全然違うし・・・)

朝日杯FSの方は意外と楽しめました。
昨日の馬券失敗で残金に乏しかったので絞りに絞った3連単20点。
パドックでドリームジャーニーと運命を共にしようと頭で購入。
怖かった鞍上が見事に出遅れ「全ては終わった・・・」と悟ったものの切れ味炸裂。
昨日の負け分チャラ!わ〜い!
大したもんですね。エラティス04よりこっちだったかぁ〜。(苦笑)

にしても以前から気になっていた通り(以前1以前2)、やはりステイゴールド産駒は良いですね。
何が良いって、競走馬としてのハートが段違いでしょ。
多少馬体が悪かろうが、体調が悪かろうが、レースになったら闘争心メラメラ。
最近の馬券では、人気薄のステゴ産駒が出てたら買ってしまいます。意外と来ます。

そうそう、オリエンタルアート04馬体評価は☆3つづつ。なんて中途半端な!(苦笑)
話が長くなりそうなんで、この話の続きは別エントリーで。
競馬の裏のウラ

2006年10月25日

ようやく帰厩

アルナスライン、ようやく帰厩しました。
グリーンウッドで聞いてた話だとすぐにでも帰れるような話だったのに。
大丈夫なんかな・・・。

ノド鳴りで不安のある馬ですけど、社台馬の入厩はちと気合が入ります。
今後の一口ライフの明暗は社台馬の活躍如何に掛かっていますから・・・。(笑)

そのアルナスラインと同じ募集にかかっていたルミナスハーバーが新馬2着後の未勝利戦をレコードタイムで圧勝してしまいました。
動き絶品で牝馬ながら出資を真剣に考えていた馬でした。
アルナスラインに出資後もこの馬の動向は気になっており、ずーっと確認してました。
芝しか走れない馬でしょうけど、この分なら来年のクラシックが楽しめそうです。
すでに阪神ジュベナイルを視野に入れている様子。
片やこっちはノド鳴り・・・。素直に悲しいです。(苦笑)

いや、まだ2歳戦は始まったばかり。未勝利戦はまだまだあるぞー!おー!
競馬の裏のウラ

2006年10月24日

さて、懺悔の部屋です・・・

もう何回やったでしょう、懺悔の部屋。
馬体診断で、
馬体★★
総合★★
を付けてしまったメモリアルサマー03ことソングオブウインドが菊花賞を勝ちました。
またしても菊花賞馬に低評価を付けてしまいました・・・懺悔の部屋行きます。
私の個人的な反省・意見なのでその辺は流してください。

続きを読む "さて、懺悔の部屋です・・・" »

2006年10月12日

ディープインパクト 〜引退〜

ディープインパクトの年内引退が発表されました。
その可能性がある事は予想してはいたものの・・・。

ただ調教師のインタビューを見てると関係者サイドにも突然だったようで。
馬の引退時期に関してどうのこうの言えないですが、今まで一番身近で育てて来た人たちに何も無いのはどうなんでしょ。
なんか考えがあっての事なんでしょうかね。う〜ん、なんともねぇ・・・。寂しいねぇ。

社台側と金子オーナー側だけで話をちゃっちゃとまとめて決定報告だけ。人間としてどうよ。悲しいねぇ。
(なんか考えがあっての事なら申し訳ない)

JCのメンツによりますけど、ハーツに勝つことくらいしか彼の価値としてはUPしないんでしょう。とにかく残りのレースを無事に走ってもらいたいですね。
競馬の裏のウラ

2006年10月05日

今更ながら・・・

仕事繁忙&あまり触れたくなかったのとで今更ながらですけど、ディープの凱旋門賞。
触れたく無いんですけど、自分の記録用にもちゃんと残しておかねば。

仕掛けの早い遅いやポジショニングなど結果論としては色々あるんでしょうけど、自分としてはあれで良かったと思ってます。
とにかくしっかり勝負してくれた、勝負になったという事にとりあえず感謝。
で、無事に帰ってきてくれる事にホッと一安心。

ただ、これだけは・・・と思うのが斤量だなぁ・・・。
エルコンの時もそう感じたけれど、これは日本馬が負けたから思うのではなく、この時期の3歳馬にこんなにハンデをあげるのはどうなの?過去の実績からも3歳馬の独壇場。凱旋門賞自体のおもしろさも半減なのでは?古馬の人気馬がこんなにコロッと負けちゃうハンデ差じゃ・・・ねぇ。

あ、そうそう。
最後の直線で「まだまだ!」って叫んだ時、同時にTVから流れてくる岡部っちの「まだまだ!」の声と被ったのが何故か妙に嬉しかった。そんなところで喜べるなんて私もまだまだピュアな心を持ち合わせてるんだなー!っと思った。(笑)
競馬の裏のウラ

2006年09月30日

こころは仏へ

ディープインパクトの凱旋門賞がいよいよです。
心はすでに日本のスプリンターズSを飛び越えフランスです。(笑)
次の日は朝早くから仕事ですけど、もちろんこの日ばかりは生で見ます。

エルコンドルパサーの凱旋門賞の時は独身でテレビ環境がまだ整っていなかった時でしたから、家庭持ちの先輩の家に転がり込んでNHKの衛星放送で見ていました。深夜、散々叫んでレース後スッと帰るという先輩にとっては非常に迷惑な訪問者になってた記憶があります。ぺこりん。
今回は大丈夫、家で叫びますから。いくみんも寝かしませんよ。(笑)

あ、スプリンターズS。
テイクオーバーターゲットの父を見て感動。
ラムタラ世代のCeltic Swingです。格好イイ馬だったなー。
・・・海外つながりという事で。(苦笑)
競馬の裏のウラ

2006年07月31日

世界はすごい

今更ながらハーツクライですが、良いレースでしたね。
結果論として「早仕掛け」と言われちゃっても仕方ないかもしれませんけど、多少遅らせたところでどうだったか。それほど先着した2頭は図太い神経しとるね。スピードには対応出来ても、そういうタフネスさはまだまだ日本馬は敵わないと思い知らされるレースでした。

ただ、悔しかったけどまだ世界の頂点はあるんだ、と嬉しくもありちと複雑な感じ。(苦笑)
今後の海外遠征が楽しみです。

ディープにはますますみんなの期待がかかりそうで、大変だぁ。。。
競馬の裏のウラ

2006年04月03日

逝ってもうたか・・・

メジロマックイーンが逝ってしまいました。

これまで数々の名馬が死んでいったのを聞いてきた訳ですが、今までとは少し自分が受けてる感覚が違います。トウカイテイオー世代だからでしょうか。なんだかズシンと心に響きます。

そんなに時が過ぎてるのか・・・。
お疲れさま。

2006年03月05日

敗戦サムライハート

中山の10R アクアマリンS 1600mにサムライハートが出走するんで楽しみにしていました。
個人的にはこの馬に頑張って欲しいのです。
是非種牡馬になって欲しいので。
(ま、今の時点でもなるでしょうけど。放っておいても。)

続きを読む "敗戦サムライハート" »