メイン

2009年02月16日

松田国英調教師

「またやってもたん!?」

これが正直な感想だ。
今度は歴史的名牝ダイワスカーレット。
これでこの厩舎から何頭の名馬が屈腱炎で引退しただろう。
引退した馬も現役で闘病を続けてる馬も、とにかく屈腱炎が飛び切り多い。

名馬が多い厩舎だから故障するのか、この調教師だから故障するのか。
いつもなら「どっちも」と言うところだけど、今回ばかりは「この調教師だから」という比率の方が相当高いと個人的には思う。ただ間違いなく、この調教師だからあそこまで馬を走らせる事が出来るんだけど、とも。

私、この調教師さん好きですよ。
コメントを聞いていても馬の事をよく考えてる人だと分かりますし、何より馬体を良く分かってる人だという事が言葉の端々から感じます。差し障り無い馬体の話をする調教師さんは沢山居ますが、松国さんみたいに(周りの空気を読まず)突っ込んだ話をする調教師は居ません。だから好きです。

ただ、これだけ屈腱炎が多発するのは、もう偶然たまたまじゃすみません。
競馬界の宝馬です。有馬記念を見て競馬に興味を持ったファンも多いでしょうよ。
ファンにとって一番面白くないのは、戦わず怪我して引退する事じゃないですか?
クロフネやキンカメ、タニノギムレット。
どの馬もまだまだ見たかった。楽しみになってきた矢先にいつもガッカリさせられました。

昔から言ってますが、この厩舎の馬は極端に言えば全部同じ馬に見えます。
筋肉の付き方が一緒。ただ不思議な事に、同じ環境で同じ調教を受けているからか、筋肉だけじゃなく、頭の高さや立ち姿、無駄肉の付き方までそっくりになってきます。ホント不思議です。
だから屈腱炎になる確立が高いのは偶然じゃないと思うんです、私は。

だから好きでもこの厩舎に自分の出資馬を預かって欲しいな、とはあまり思わんのです。
嫌な言い方をすれば、どの馬も同じような馬になってしまうから。
馬体好きな私ですから、この厩舎の馬体に強制的にされてしまうのは勘弁です。

もう何かを大きく変えていかないと駄目でしょう。
腕は最上の調教師という事に疑いようは無いですから、このままでも今の地位は安泰です。
でもこの方はすでに競馬界の事を考えないといけない人物です。

今後、この厩舎が変わって行くかどうかは馬体を見てれば分かります。

2007年03月06日

重い腰を上げますか・・・

覚えてる方は皆無だと思いますが、トップページの「New馬体診断」廃止のお知らせ。
以前のブログに書きましたが、企画廃止→新企画として社台の募集馬が重賞に勝ったら、昔からたびたびしている「懺悔の部屋」をメイン企画に格上げするというお知らせをしました。

今年に入って、「いつ社台馬が重賞勝つんだろう〜」「めんどくさいから勝たんほうが良いか〜」など思っていたんですが、とうとう先日ローゼンクロイツが中京記念を勝ってしまいました。(勝ちました 笑)
(先々週のローエングリン(カーリング99)は募集時の馬体を知らないので対象外)

続きを読む "重い腰を上げますか・・・" »

2007年02月19日

白毛デビューは3着

あのシラユキヒメの次男坊、ホワイトベッセルが昨日デビューしました。
シラユキヒメの仔がもう2頭もデビューしてるんですから、いつもながら競馬は楽しいです。このサイクルの早さは、長いようで早いと感じる絶妙な時間。良いです、競馬。(苦笑)

シラユキヒメの仔ですからやはり白毛です。大したもんです、その遺伝力。
子供に白毛を見せるのも楽しみだったんですが(きっと食いつくでしょー)、個人的には毛色の遺伝が馬体の遺伝とどれくらいリンクしているのか?を見るのも興味深いのです。
通常の毛色は、なかなかどちら(父or母)の毛色が遺伝したのか判断し難いですからね。
ホワイトベッセルの場合は、ほぼ間違いなく母が遺伝してると分かりますから。(笑)
20070219_siroge.jpg
競馬サーチ.com

続きを読む "白毛デビューは3着" »

2007年02月03日

やっぱギムレット産駒

今日は久々に家族でぶらぶら出かけてきました。
回ってるお寿司と薬草風呂に浸かってまいりましたよ。
ちょっと出掛けただけで出費がかさむねー。(苦笑)

ただ出掛け中も京都10R エルフィンSの結果が気になってました。
2歳女王ウオッカが気になってたんです。
詳細にはウオッカの馬体の成長具合を見たかった。

帰って録画パドックを確認したんすけど、いやー、可愛そうですね他馬が。
先週の京都牝馬Sのパドックに似たような印象を受けました。抜けてます。
他の馬たちは桜花賞に向けて賞金を加算したいでしょうに「なんであなたが出てくるのよ?」と言いたいでしょう。実際勝たれちゃいましたしね。「あんた賞金いらんやーん!」みたいな。(笑)

ウオッカの馬体は阪神JFの時にはまだ全然華奢で、立派な下地だけがある状態でした。
下地は相当なもんを持っていたんで「オークスくらいまで見守りたい」と書いた記憶があるんですが・・・いやはやこんなに早く変わってくるんですね。大したもんです。やっぱりこの短期間でこの方向に出てくるんですからタニノギムレット産駒はこうなんでしょうなぁ〜。

ウチにもタニノギムレットの2歳馬が控えているんですが、下地やスケールを考えると、なんだかその方向性が合ってないような気がして不安になってきました。(苦笑)

馬体に興味無い人には意味無いこと書いてすんまそん。m(_ _)m
【JTB】北海道の牧場見学に

2006年12月06日

馬体だけの限界 その2

前回の続きです。
そこから五十嵐理論というものを調べました。その方は五十嵐理論をアレンジしてるという事ですからその理論を知ることからまず始めたわけです。

そうすると不思議と、自分が「悪いと判断した馬が良い方向に成長し活躍した馬」に五十嵐理論で評価が高い馬が多くいる事に気付きました。この理論は自分の求めてる「良い方向に成長する血統」を見抜く可能性がある理論ではないか?

続きを読む "馬体だけの限界 その2" »

2006年12月05日

馬体だけの限界 その1

今更言わなくても・・・ですが、私は昔から相当な馬体バカです。
昔は馬体だけで馬の能力は把握できると思ってた時期もありましたが、数年前から馬体だけで馬を見ることの限界を感じ始めました。

良いと思ってた馬が悪い方向に成長していく。
良い馬体なのに全然走らない。
悪いと思ってた馬が、どんどん良い方向に成長していく。
決して褒められた馬体では無いのに、レースではもの凄いスピードを発揮する。

ただ「良い馬体の馬が、良い成績を収める確率が高い」というのは間違いないです。
それが大前提としてありますが、なかにはそういう予想外の馬もいるという事です。

で、経験から行きついた答えがお馬の選び方でも書いてるように、馬体の成長に血統はかなり影響しているという事。

続きを読む "馬体だけの限界 その1" »

2006年10月24日

さて、懺悔の部屋です・・・

もう何回やったでしょう、懺悔の部屋。
馬体診断で、
馬体★★
総合★★
を付けてしまったメモリアルサマー03ことソングオブウインドが菊花賞を勝ちました。
またしても菊花賞馬に低評価を付けてしまいました・・・懺悔の部屋行きます。
私の個人的な反省・意見なのでその辺は流してください。

続きを読む "さて、懺悔の部屋です・・・" »

2006年06月05日

社台募集(05年産)その5

昨日の続きです。

その産駒が良い方向に変化したか?またそのベクトルがどの程度か?
その大小が繁殖牝馬として大きな割合を占める能力だと思います。

名牝といわれる有名どころの繁殖牝馬は間違いなくこの能力が高いわけでして・・・。
ベガしかり、エアグルーヴしかり。まだまだ沢山居ますわな。
エアグルーヴはアドマイヤグルーヴをあそこまで変化させ走らせたわけですから大したもんだと思います。

続きを読む "社台募集(05年産)その5" »

2006年06月04日

社台募集(05年産)その4

明日以降、DVDが届けば本格的に社台募集の盛り上がる期間に突入ですが、私が行なってる出資馬選定の判別方法を参考までに紹介です。もちろん判別に関しては自分のこれまで培ってきた相馬眼が必要ですが、誰でも出来るんで後は自分を信じて行なうだけです。(笑)

今回は出資馬自体ではなく繁殖牝馬からの選別方法です。

自分が言う「良い方向に成長」っていうのはお母さんによるところが大なんですよね。
種牡馬は同じでも悪い方向に成長する馬とそうでない馬が居ます。
これは血統の力です。(と思ってます)

続きを読む "社台募集(05年産)その4" »

2006年05月29日

重賞勝馬 ポップロック

目黒記念を勝ったポップロック
個人的な趣味が大きいとは思いますが、かなり好みの馬体なんです。
ここ最近は3連勝と調子が良かったですけど、それまではなかなか勝てない馬でしたから、好みの馬体というのが災いして昔からずいぶん馬券でやられてます。(笑)

この馬、今まで個人で持ってるものとばかり勝手に思ってたんですけど、オーナーズの馬なんですね。昨日それを知ってオーナーズのパンフを引っ張り出して来ました。

続きを読む "重賞勝馬 ポップロック" »

2006年05月23日

情熱が無くなったのか、否か

最近、時期的にPOGの話題が豊富です。
赤本とか青本とか、実は最近まであまりよく知りませんでした。
「POGの本には赤鬼・青鬼みたいな種類があるのか?」って状態ね。(笑)
たぶん昔はそんなん無かったような・・・。馬体写真が豊富に載ってる様な本。
だからずいぶんいろんな雑誌の切抜きをストックしておいたもんです。

今でもとって置いてありますよ。
久々にさっき開いて見てみたんですけど、昔は「凄いぞこれは!」って思ってた馬を久々に見て「なんて馬にイレ込んでいたんだー!」とショックを受けたところです。(苦笑)

続きを読む "情熱が無くなったのか、否か" »