メイン

2009年12月08日

ホールオブフェーム08 初記事

さて・・・なかなか手が進まないホールオブフェーム08の初記事。(笑)

いや馬体自体はそんなに悲観はしていないんですけど、小さいんですよねー。
小さいのはあかんよ。小さいのは。
(1歳の12月で404キロ。こんなにお腹大きいのに・・・)

・・・いや、最初から大きくはならんと分かりきって出資してるんですが、小さ過ぎる。
このままいってもデビュー時には420キロ台かな?
420台ならまだ許せるものの、400台ってのも十分にありえる・・・。
3月生まれだしね。

83118.jpg

ウィッチフルシンキング08の記事で書いた「未来の桜花賞馬」というのは無いですね。(苦笑)
距離的にはオークスですねー。(笑)

あっちは桜花賞で、こっちはオークスかー?

・・・なんて事を書いててもむなしくなるくらいの成長力。
ほかの一歳馬がズンズン成長してるのに比べ、ずいぶん遅れをとってるなぁ。

そして・・・小さい割には脚元に関して、もうすでに気になる部分が出現。
大丈夫だろうか・・・?(苦笑)


で、一応この馬のライバルに設定してるのはこの馬。
似たような価格帯で、重賞を勝ってるお兄ちゃんがいるというのが共通点。

83006.jpg

サイレントプレアー08

出資候補の一頭だった馬です。
キャパより200万円ほどお値段が高かった事と、なんと言っても厩舎を嫌って出資は諦めました。この厩舎よりはホールオブフェーム08の厩舎でしょー!って考えたことは覚えているのですが、肝心のそのホールオブフェーム08の厩舎が思い出せません。(笑)
お兄ちゃんと一緒だったかな?
マジで思い出せない・・・。
といって、調べる気力も無し。いつか分かるさ。(苦笑)

この馬は良いですねー。
適正は完全に桜花賞ですが、期待したくなる馬体。
早くから動けそうだし、こっちにしとくべきだったかー!?
ま、最後には勝つけどね・・・・・・(-。-) ボソッ

早くデビューせんかなぁ・・・。

2009年12月05日

アルナスライン 休養中

不本意ながら今年の後半を全休しているアルナスライン。

先月、アルナスラインの名付け親であるうえPさんが、山元TCに会いに行って来たそうで、その時の写真を送って頂いたのでここでちょっと紹介。

先月半ばの話なのですが、その時点ではまだ左トモに疲れがある状態だったらしく、運動不足からか毛艶も悪かったとの事。
笹針後だったこともあり、ガレて山元に帰って来たけど、その後回復。
行った時にはすでにブクブクになっていたそうで・・・。(苦笑)

まぁ、なんせどの馬にも言える事ですが、やっぱり「食べられる」というのは強みですね。
回復度合いも変わってきますし、調教してもへこたれない。
やはり募集時にはこういう部分にも注目しないといけませんね。

で、今回の休養になった原因はやはり「右後脚の挫石が完治しないまま調教を行った影響」という事だったそうです。
GWで挫石した直後にトレセンに移動しましたからね。
なんで?って思いましたもん。逆やん、と。(苦笑)
怪我を庇って調教を続けた結果、元々弱い部分であるトモを更に酷使したという事なんでしょう。

何となくそうなんじゃないかなーって思ってましたけど、こうやって現場の声で聞けると納得。
調教師のせい、という事ですな。(笑)
良い情報をありがとうございました。

もう2度と同じ過ちは起こさないで欲しいもんです。
今はもう回復に専念してもらい、来年に万全を、です。

20091114_1.jpg

でっかい花火を来年、楽しみにしています。

2009年12月04日

ウィッチフルシンキング08 初記事

私の今年の競馬も終わった事ですし、1歳馬の初記事。

まずはウィッチフルシンキング08
サーゲイロードの申し子ですな。(笑)

父はキングヘイロー
短距離なのか、中距離なのか、強いのか、弱いのか、今でもよく分からない部分が多い馬ですが人気のあった馬でした。
でも種牡馬になってからは大活躍。
ローレルゲレイロカワカミプリンセス等多数輩出。
良血馬はやはり繁殖にあがってから強いなぁ。
社台SSにいないのに、この成績を収めているところがステキ。(笑)

で、当の本馬ですが、最近公にされた馬体。

83070.jpg

うーん、まぁ、こんなもんなんだろうなぁ。
まじめそうな顔は良いです。
ま、遅生まれですし、これからに期待しましょ。


で、気になるライバルですが!

サンデーTCで同じような募集価格で募集されたキングヘイロー産駒。
ヴェイルデラルナの2008
この馬には絶対負けられません。

83175.jpg


・・・かっごよぐね?


ま、負けるのか?・・・orz


・・・ちょ、調子んのってんじゃねぇかんな(by 赤プル)


・・・もう一頭はもっと厳しいしなぁ・・・。(半泣)

2009年12月03日

今年の競馬が終わった・・・

公式HPにコメントを確認しに行ったら、在厩場所がグリーンWになってた・・・。

あぁ、今年の競馬は終わったなぁ・・・。


せっかくラインオブナイトが好走して、「さぁ、年内に後一戦!」って期待が高まっていたのに・・・万全を期しての短期放牧か。相変わらず慎重だ、この調教師さん。
ま、前向きな放牧だと思うので良しとせねば。


ふり返れば、今年の愛馬の成績は、過去最高の成績だった去年の4勝に比べ1勝。
エイプリルウインドの引退もあって、決して良い年ではなかったですが、ただその1勝が日経賞(G2) ですからね。文句言うのは贅沢ってもんです。

さぁ、来年はどうなるか?
アルナスラインとラインオブナイトに未来の桜花賞馬が2頭も控えてます。(笑)
間違いなく良い年になる、はずです。

2009年12月02日

ラインオブナイト 復調

いよいよ仕事が忙しい時期に突入しており、なかなかえろーございます。

そんな中先週末ラインオブナイトが頑張ってくれまして、心を病んでる私に希望をくれました。(笑)

復帰してからのここ2戦、全く良いところがなかった(馬体からは走れても良い出来)ので期待しつつも、希望はあまり持っていなかったのですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。
僅差の4着。

騎手が良かったのかな?(笑)

たかが4着かもしれませんが、馬体は問題ないものの負け方が良くなく、もう終わったのかもしれない・・・って落胆していた私にとっては嬉しい嬉しい4着です。

走りを見ていると、募集に掛かっていた時より予想以上に柔味が薄れ、手脚の稼動域がやや狭い馬になっている本馬。
1800mはこなしているものの、やはりマイル以下かな。
京都より阪神って気がしてます。

まだ今年の楽しみが残っているようです。
阪神開催で頑張りましょう。

2009年11月26日

ラインオブナイト 叩いて叩いて3走目

最近忙しくて、またご無沙汰でしたが、公式HPをひらくと出走確定!

ひゃっほー!(笑)

ラインオブナイト、11月28日(土)京都8レースのダート1200m戦。

成績が悪くたって、楽しみは楽しみ。

そしたら鞍上、豊っちですって!

ひぃーーーーひゃっほー!!(笑)

なんだかんだいって、武豊が好きな我が家。
嬉しい。嬉しすぎる。贅沢過ぎだ。(苦笑)


先週、とうとう底を付いたPAT資金。
調子悪いし、今週は馬券も止めとこうかな。。。と思ってたところでしたが、変更。
PATに資金入れてまうぞー!おー!

・・・資金が底を付く一番の元凶はラインオブナイトだったりします。(笑)


常連さんの活躍馬が引退。弔い合戦です。

20091018_1.jpg

2009年11月17日

叔母はG1ホース

エリザベス女王杯をあれよあれよと逃げ切ったクィーンスプマンテ

いったいどんな血統なのかとチラッと見てみたら母センボンザクラ。

なんか聞いた事ある・・・気がする。

産駆を調べてみたら見たことある名前が出てきました。

モスフロックス

ラインオブナイトのお母さんでした。
という事で、クィーンスプマンテはラインオブナイトの叔母さんになるのですね。

・・・ただそれだけ。

君も頑張れ、ラインオブナイト。
まだ3歳馬。あきらめるなー!(オレ)

2009年11月09日

ラインオブナイト 終了

戻るか、戻らぬか。

希望を込めた一戦でしたが、凡退。

正直、もう厳しい。
ここで終了、か・・・。


怖がりな面があるということだけど、単に早熟だったのか?

怖がりが原因としても、精神的なもんはなかなか治らないだろうね。


楽しみがどんどん薄れていく・・・


楽しみは・・・アルナスラインが先か、新馬のデビューが先かってところか。


毎年社台1頭体制はズレだしたら辛いのぉ。
といって、新しいクラブに入るつもりも現時点では全くない。
たぶんこれが私にとって一番良い状況。

うまく行き出したら全てうまく行くさ。
我慢我慢。
何とかなるさ。

2009年11月07日

ラインオブナイト 不安な一戦

出張から帰ってきたらラインオブナイトの復帰第2戦がすんなり決まっていました。

11/7 京都12R ダート1400m 藤岡祐騎手

前走がサッパリで、期待外れもいいところでしたが、休養明けでいきなり古馬との一戦。戸惑いもあったでしょうし、今回は変わる可能性があります。
もちろん変わることを期待しているのですが、逆に今回変わらなかったら、ずっとこのままだろうな・・・という不安もあります。

・・・むしろ不安の方が大きい。(苦笑)

ひとつのバロメーターである調教タイムは・・・あんまりです。

あんまりというか、サッパリか。

ますます不安になってきました・・・。

でも馬券は買います・・・。(笑)

自分が信じなくて誰がー!

2009年10月30日

アルナスライン 久々に新聞載る

アルナスラインの名前が久々に新聞(スポニチ)に載りました。
内容はごく短いですが。
__________________________________
アルナスライン、ファリダットは来春まで休養

松元厩舎のアルナスライン(牡5)、ファリダット(牡4)は状態が思わしくなく、来春まで休養に入る。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2009/10/30/14.html
__________________________________

なんて悲しい載り方。
この厩舎問題あります、って思われても仕方ないなぁ・・・。

私も運下降中ですが、この厩舎自体もやばいかもー。

茂ちゃんまん、こうなりゃ一緒に浮上しようぜー。(笑)

2009年10月29日

アルナスライン in 山元

放牧に出されたアルナスライン。


「山元TC到着後は午前と午後の1日2回、ウォーキングマシン60分間の運動を行っています。左トモの疲れが解消されていないため、騎乗運動は控えてレーザー治療を行っています。」


疲れって・・・。


何もしてないやん。


なんか嫌な感じ。


このまま消えるなんて事、ないよね。

だって私、今、運、下降中ですからー。

2009年10月18日

ラインオブナイト 競馬にならず

私の秋競馬は終わりました・・・

寝よ・・・。

ラインオブナイト 復帰戦!

ラインオブナイトが今日の京都12Rで復帰です。

今日は夜勤ですが、それを見るまで寝れません!


勝つ!


もうアルナスラインで鬱憤が溜まってるので、これくらいじゃないと収まりません。
今の時点で人気はオッズ10倍ほどの7番人気前後ですか。
意外と人気になってるな・・・って印象。

・・・馬券で儲けるからもっと人気無くても良いのに。(笑)

休養明けだろうと、大外だろうと関係なし。
メンツもずいぶん揃ってますが、ダートの重賞をこの馬で狙ってます。
ここで四の五の言ってられません。勝つ!足踏みなし!

・・・内心はこの馬の将来性が分かってしまう一戦なので、結構びびってます。(笑)

2009年10月15日

アルナスライン 最悪

もう騎手が誰かなんて気にしなくて良くなりました。

今年は全休。来年の天皇賞・春を目指すらしい。

最悪です。


左トモは筋肉痛と言ってたのですが、2ヶ月以上その状態って・・・。
なんか嫌な感じです。
何事もなく復帰してくれたら良いのですが・・・。

うーん、なんか面白くなくなっちゃったな・・・。

2009年10月12日

アルナスライン 鞍上空白に

キャンプから帰ってきました。

そしたら天皇賞・秋「マツリダに蛯名」って書いてあるじゃあないですか。


・・・ええ!?(笑)


まぁ、個人的には良いんですけどね。
そんなに思い入れがあるわけじゃなく、どちらかと言えば・・・なので。(苦笑)

ただ、そして誰も居なくなった・・・って状態ですねぇ。


さすがに天・秋→JC→有馬とトップジョッキーの連続確保はいまさら無理ですよねぇ。
誰も居ないもんねぇ・・・。

まさか、和田?いやーん。(笑)
それはあかんで。

スポットでアンカツさんで、後は一度乗ってもらったペリエっちてのは有りだなぁ。
と贅沢な妄想をしてみたり。
意外な楽しみが出てきたぞー。(笑)

2009年10月08日

ラインオブナイト 復帰戦延期

ラインオブナイトの復帰戦が今週だということで喜んでいたんですが、万全を期して来週10/18(日)に延期となりました。

本当にこの調教師さんは慎重ですねぇ。堅い。(笑)

騎手は予定通り岩田騎手で。
騎手はいつも良い騎手をチョイスしてくれます。
・・・騎手の都合に合わせるからレースが延びてるのか?(笑)

ただ距離が1200mから1400mに変更になるので、この点は良かった。
復帰戦でいきなり忙しいレースをさせるよりは1400mの方が全然ありがたい。
万全を期しているそうですから、いきなりの勝ち負け、です。(笑)

2009年10月01日

ラインオブナイト 勘違い(私の)

ラインオブナイトの近況が更新されてビックリ。

何がって、ラインオブナイト来週出走予定ですって。

はぁ?ですね。

ええ、これまでの更新でも10/10に出走予定と出てたんですけど、10月なんてまだまだ先だと思ってたんですよねー。
感覚的には1ヶ月以上先だとばかり。
たぶん11月頭くらいの感覚だったんでしょうねー。

もう10月なんですねー。はやー。(笑)

嬉しい誤算。
来週出走予定かー。嬉しー。ようやくだー。

いきなり1200m(ダ)らしく、もう少しゆっくり行かせてあげたい気はしますが、岩田騎手を予定しているとの事で何とかならんもんかと思とります。(笑)

アルナスラインがどうも順調さを欠いてるようなので、この馬の一発に大いに期待。

2009年09月27日

秋競馬開始

さて、ようやく秋競馬らしい競馬が開始されました。
オールカマーに神戸新聞杯。

夏競馬はとんとリアルタイムで競馬を見なくなりましたが、さすがに今日は気になる。(笑)
ドリームジャーニーにマツリダゴッホ。
アンライバルドにリーチザクラウン等。

でもやはり古馬戦線に注目してしまう。
オールカマーは逃げたマツリダゴッホが圧倒。
昔のゴッホならもっと離して勝った気もするが、十分にさすが。
復活させた陣営も騎手も嬉しいでしょう。

蛯名っちは複雑?
アルナスラインで頑張ろう。(笑)

ドリームジャーニーもあの体で59キロ背負ってるんだから仕方ない。
シンゲンには着差以上の差がある2着でしょう。やるなー。

うちのアルナスラインはいずこ?
ライバル達は順調ですよ。(笑)

2009年09月17日

アルナスライン 今週も・・・

アルナスラインあきません。。。
今週の更新では希望が見えるかな?と期待してたんですが、期待は落胆へ。

目標レースまで1ヶ月を切ったのにキャンターです。

来週から速めを→延期→来週から速めを→延期→来週から・・・
・・・もういいです、と言いたい。(苦笑)

いままで坂路で仕上げてきた馬なのに、1ヶ月を切って坂路にすら入れないとは・・・
まだ目標は京都大賞典と掲げてますが、正直無理でしょう。
厩舎サイドはもう分かってるでしょうに。
なんでいつまでも京都大賞典と書くのか。

なんかさすがにイライラしてきた!(笑)

20090916_1.jpg

2009年09月10日

アルナスライン どうなってんのか

京都大賞典を目標にしているアルナスライン。
それでもまだ軽めのキャンターしか出来てません。
あと1ヶ月なんですが・・・。

宝塚記念後、すぐ出せば(放牧)良いものを出さずに挫跖。
なのでGWに出したと思ったら、すぐに自分の手元に置いて調整する、まだ時間はたっぷりあるとか言って、結局この有様です・・・。
GWに任せておいた方が良い仕上がりになると思うんだけどなー。
・・・これまでの経緯からして。

今年の秋がラストチャンス?と思ってるんですが、この分じゃ・・・はぁ。
先が思いやられます。

2009年08月10日

ウェルシュステラの仔が・・・

ウェルシュステラの仔が函館2歳ステークスを勝ったみたいです。

・・・みたい?(笑)

いや、一応昨日見てたんですよ、レースは。

でもウェルシュステラの仔が走ってる事は知らんかった・・・。

馬券すら買ってなかった。
今、私は完全に夏競馬モードですから・・・。

でね、レース確定後に勝馬の紹介するでしょ。GCでは。
そこで父と母が呼ばれた訳ですよ。

・・・私、その時子供の工作手伝ってたんですけど、テレビから「母ウェルシュ・・・」って聞こえたような気がしたんです。
うん?
いくみんに「今、母ウェルシュステラって言ってなかった!?」って聞いたんですけど「違うでしょ」って言うんですよ。私もまさかな・・・って思ってたんですけど、まさか本当にウェルシュステラの仔だったとは・・・。今、さっき知りました。(笑)

あのウェルシュステラさんの仔がねぇ。嬉しいなぁ。
ウェルシュステラは母父の影響からか、器用な競馬が出来ずに、いつも最高方からの競馬で、でも必ず伸びてくる馬でした。
いつも歯がゆい思いしてたなぁ・・・。
でも良い馬だった。
頭が高い走りで、特徴的な走りをする馬だったなぁ。

今はノーザンFに居るんじゃなかったのかな?
あれ?違ったっけな。
いつかサンデーTCで募集されないかなーって思ってたんですけど、残念ながらこれで私の手の届く馬では無くなっちゃったな。
いや、本来喜ばしい事ではあるのですが、残念だ。(笑)

WEL07.jpg

ステラリード(スペシャルウィーク×ウェルシュステラ)の募集時
DSC005271.jpg

ウェルシュステラの募集時。似てるかな?

これからも血を継承して行って欲しいな。

2009年07月25日

ラインオブナイト 帰厩

ラインオブナイトが帰って来ました。

グリーンウッドから栗東トレセンに帰厩です。
(アルナスラインもラインオブナイトもグリーンウッドにいたんで、子供達が夏休みの間に見学でも行こうかと思ってたら帰厩。なかなかタイミングがあわないですねぇ)

さて、ここからどこを使っていくのか楽しみです。
春と違って番組は沢山ありますからねぇ。
前走でダートの1800mをこなしたのは大きい。
使える番組に幅がずいぶん出ました。
ダートの1700・1800は数多く組まれてますしね。

20090223_ln.jpg

馬体もどんどん筋肉質になってきて、父方の影響力がうかがえます。
この休養でどのくらい成長したのか、最近出資馬のレースが無いんで待ち遠しいです。(苦笑)

2009年07月18日

ラインオブナイト まだかな

ラインオブナイトがなかなか帰ってきません。
うちにはアルナスラインとこの馬の2頭しかいないので、完全休業状態です。
(その反動で、今年の社台募集は2頭いってしまいましたが、大概失敗するパターン 苦笑)

ちょっと背中が痛たーい、と言ってグリーンウッドに出てもう2ヶ月。
早く帰って来てくれないものか。暇過ぎる。(笑)

でも順調に回復し、乗り込まれてはいます。
入厩の声が待ち遠しい。

馬体もずいぶん立派になり、大人になりつつあります。
復帰戦が楽しみです。

20070618_ln.jpg

2009年07月09日

アルナスライン 休養へ

宝塚記念で不本意ながら負けたアルナスライン。(苦笑)
次走は新潟記念や札幌記念を一時は考えていたのですが、結局夏は休養に。
陣営の迷いが感じられますねぇ。

と言う事で、近々山元トレセン経由で久々に北海道へ帰る予定でした。

・・・でしたが、挫跖を発症して急遽グリーンウッド経由の山元トレセンへ変更。

厩舎に置いておいてもろくな事無いなぁ。
さっさと移動させないからこんな事になる。
宝塚終わってからずいぶん経つもの。
この厩舎、対応が全て後手後手に回ってる印象が否めません。(苦笑)

復帰戦は今のところ京都大賞典。
3年連続の出走となります。
騎手はどうなるのか?
そのままか?

前に行きたいけど行けない馬を行かす事が出来る有力馬に乗って居ない騎手いませんかね。
前に行ったら後ろから差される可能性は相当少ない馬だと思います。
いつも実力を発揮出来ずにレースを終える馬。
もう5歳後半に突入です。時間が限られてます。
これ以上フラストレーションが溜まらない秋競馬と行きたいところです。

20090709_1.jpg

2009年07月03日

社台募集(08年産)その16

宝塚記念の後、今週ずっと出張でした。
しんどい出張だったので精神的に病んでます。(笑)

さて、社台募集ですが、私の結果はすでに決定したようです。
第2・第3希望馬が残口あり。
すなわち1.5次募集には参戦しない事が決定です。
両馬とも残口有りかぁ・・・。

・・・一応それを狙ってはいたんですが、残ると残るでなんか寂しい。(苦笑)

第3希望馬はお知らせした通りホールオブフェーム08。

83118[1].jpg

ただ、これはちょっと失敗した気が・・・。
自分で送っておいてなんですが・・・やっちゃった!?(笑)
第1希望通ってー!

で、まだお知らせしてなかった第2希望。

83070[1].jpg

ええ、ウィッチフルシンキング08です。
これは私自身の馬体評価は☆3つと高くは無いんですが、勝負しました。
個人的に馬体評価以外のポイントが高くて、最後の最後で第2希望に抜擢です。
一番の決め手は配合。9代血統表
これは Sir Gaylord の申し子か。(笑)
ただ、Sir Gaylord 自身はアメリカで走り早々に引退してしまった馬で、少々パンチ力に欠ける印象は否めないものの、それをバックアップする血が豊富で方向性が合ってると判断しました。
(・・・血統派の方、どうでしょうか? 笑)
馬体派の私が血統で馬を決めるとろくな事が無い気がしますが、馬体も悪い箇所は無いですし、良い方向に向かってくれれば大化けするかもしれない馬です。

あと、預託先がポイント高かった。
笹田和秀厩舎。私みたいな貧乏人は先物買いしか出来ませんからね。
あの伊藤雄二厩舎で調教助手をしてた人で、タイキマスカレードが一時お世話に。
悪い印象は全く無い人物です。

と言う事で、とりあえず2頭希望なのでこのウィッチフルシンキング08は出資確定です。
ご一緒の方宜しくお願い致します。
後は第1希望が通るか通らないかだけ。
まだ希望は残されています。(苦笑)

2009年06月29日

アルナスライン 敗戦

アルナスライン、宝塚記念で負けました。

前日から常連さんのえどさん宅に泊まらせて頂き、宝塚記念に備えました。
(えどさん宅は阪神競馬場から徒歩10分以内の距離にあり、競馬好きには危険な環境)
でも、宝塚記念の話以上に、血統(配合)理論の話で盛り上がってしまいました。
2人とも完璧に馬体派なんで最後には「よー分からんねぇ。」って感じ。(笑)

えどさん家族には良くしてもらって、なんか自分でも余り気を使わなくてもすんなり溶け込めた気もして、宝塚記念もあわせてなんか良い感じの休日でしたよ。感謝感謝。


宝塚記念当日は昼前から競馬場参戦。
凄い人でしたが、それ以上に暑かった・・・。
「こんな暑いと口取りでジャケット着たら死んでしまう・・・」と無駄な事を考えるくらい。

パドックのアルナスラインは良い感じでした。
やはり馬自体の調子は間違いなく良い様子。
天気も持ってくれましたし、何も心配は要らなかったです。
(パドック写真はまた後日。出張中なもんで・・・。)

カメラを持っていましたが、レースは撮れなかった・・・。
人が多過ぎ。
でも、それより阪神競馬場の構造が悪いです。
本館の方に移動しても観客席の高低差が少なく、前が見えません。
府中とか淀では階段状になっていて人が多くてもレース(写真)は見えるんですけどねぇ。
最後の直線は皆が手を挙げたり背伸びしたりするので全く駄目。
ノーファインダーで手を上げて取りましたが、おっさんの頭しか写ってなかった・・・。

で、レースですが、スタートでやや遅れたのが結局仇となった感じ。
御存知の通り、絶対に前に居ないと勝てない馬です。
それがディープスカイやドリームジャーニーと同じ位置では・・・。
4コーナーでも同じような位置取りで、正直「ここじゃ駄目やな・・・」と感じてはいましたが、手応えは悪くなかったのでかすかな希望が芽生え応援しました。
しかしやはりあの2頭の決め脚には勝てませんでしたね。強いです。
ディープスカイの四位騎手も進路を譲らず、我が馬も伸びてはいたんですが前が壁で最後は追えず、ジ・エンド。

でもアルナスラインはしっかり走ってると思います。
自分の力は出してます。
少なくとも前のようにレースをやめる事はしなかった。
前に行けなかったのも3200mの前走のペースを憶えていたのか、距離適正か。
4コーナーで2・3番手に付けてたらドリームジャーニーには勝てなかったでしょうが、2着3着は十分にあったと思うレースでした。
負けた事は残念ですが、諦めはつくレースだった気がしてます。

帰りの電車の中ではグッタリでしたが、良い休日を過ごせた充実感がありました。
今度は暑い時期じゃない時に行きたいと思います。(笑)
さ、今度は秋です。
天皇賞は短い。JCからでOKよ。(笑)

2009年06月26日

アルナスライン 宝塚記念

社台募集が一段落し、次は宝塚記念。

アルナスラインが出走します。

一時はウオッカディープスカイが出走を予定していて豪華メンバーになる可能性があったのですが、ウオッカが回避。
結局ディープスカイの1本被りになる様子の宝塚記念に。

ディープスカイ陣営は「ウオッカが出ないんなら負けられないし、ここを勝って凱旋門賞に」みたいな事を言って、もう勝ったような算段までしています。

正直、今までのアルナスラインなら「好勝負を期待」、「何とか馬券圏内に」とか私もコメントするんでしょうけど、今回は違います。

「たぶん勝てるんじゃないかな?」

・・・これが正直なところです。(笑)

大きく出たわけじゃなくて、本気でそう思ってます。
アルナスラインをしっかり見てきた人には分かるはず。
あきらかに馬が変わってます。
これが本格化というのかな?って感じです。

なので、相手関係じゃなくて、一番気になるのが雨。
日曜日、なんだか雨マークが付いてます。ムムム・・・。
あとは展開も気になるかな。
やっぱり少しでも早い方が良い。

とりあえず現地に見に行く予定です。
勝てるかもしれないな、と思ってるだけに負けたときに凄いショックを受けそうなんで、あまり調子に乗らないように行って来ます。(笑)

2009年06月03日

エイプリルウインド 引退

エイプリルウインドの引退が決定しました。
結局、重度の屈腱炎再発と言う事で、やむなく競争生命を終えました。
脚元の造りからも再発の可能性は高いと踏んでいたので、仕方ないと思う気持ちと、もう少し上手くやれなかったものか、と思う気持ちがあります。

結果論としては、昨年暮れの連闘→連闘が尾を引いたのは否めんでしょう。
屈腱炎持ちの馬の使い方としては信じられないローテでした。
リーディングトレーナーですから腕があるのは確かでしょうし、現に馬の体調管理に関しては抜群の腕を持ってると思います。ただ自身のリーディングが掛かっていると、こういう愛情が無い使い方もする調教師なんだと私は思う事になりました。

エイプリルウインドに出資する時点ではまだ駆け出しの調教師さんでしたが、今では押しも押されぬ人気の調教師。もうなかなかこの調教師さんの元に行く馬には出資出来ないでしょうが、こっちも気持ち良く出資する気持ちには今のところなりません。

さて、エイプリルウインドですが、出資する時点では物凄い人気馬でした。
駄目元で第一希望に書いたんですが、まさかまさかの当選。
実績は無いに等しかったですから、ラッキーナンバーに引っかかったのかな?と思います。
募集価格1600万円に関わらず、(3-2-1-2)と素晴らしい成績を残してくれました。
タラレバですが、正直、無事ならばまだまだ勝ち星は量産出来たはず。
今まで引退して行った愛馬の中では断トツで無念です。

最後までローカル開催でしか走らなかったエイプリルウインド。
一度、広いコースで伸び伸びと走らせてあげたかった気がします。
十分に私の中では名馬です。長い間お疲れさんでしたね。

78087_00035617.jpg

2009年05月27日

エイプリルウインド やったか…

ひっそりと今週出走予定だったエイプリルウインド。
調教師のリーディング争いに巻き込まれた感じで、去年の暮れに連走後にソエで休養。
ようやく帰って来て今週の東京・青嵐賞に出走予定でしたが、今日の調教後にやってしまった様子。
右前脚に腫れが出て出走回避。
エコー検査をするみたい。

昔やった右前脚ですから、ほぼ確定でしょう。

ここでリタイヤとは・・・。
まだまだ走れる馬だったのに。
・・・無念。

2009年05月04日

アルナスライン 天皇賞・春結果

天皇賞・春を見に京都競馬場に行って来ました。

パドックに出てきたアルナスラインの体調は良さそう。
私が見た中で一番の出来だったかな。

パドックで気になったのはドリームジャーニーがチャカチャカしてた事くらい。
これ以上うるさくなると3200m走れんぞぉー、と。
(結果、それでも3着に来るんですから立派)
アサクサキングスも体調面は良さそうです。
ただ本気で馬体的に負けるような気はしませんです。
スクリーンヒーローは良い体調じゃなかったんでしょう。平凡。
調子の良し悪しが激しいタイプかな?
ジャガーメイルはやっぱり良い馬でした。
順調なら今後一番怖い馬になるかもしれないです。

20090503_3.jpg

なぜかみんな笑顔。(笑)








20090503_2.jpg

アルセーヌさんの持ち馬 デルタブルース
このレースが最後かもしれないとの事。
うえPさんと「さすがに良い馬だね」と話してました。
大きな馬なのに顔がちっちゃくて羨ましい。(苦笑)





レースはゴール前のスタンドで見てました。凄い人でここが限界。
勝った時に移動できんかも知れんな・・・って余計な事を考えるくらい。(笑)
400mmのレンズを持って行きましたがさすがに厳しい。遠い。

スタートでやや出遅れました。
それでも何とか掛かる事無く良い感じ。
最後の4コーナーでは右前にアサクサキングス。

菊花賞の再現!

ただ脚色は完全に勝ってました。
あっという間に抜き去るアルナスライン。
「勝った」
そう思いました。

でもカメラのレンズ越し、ファインダーの左隅には別の一頭が。
マイネルキッツ!?

20090503_1.JPG

なぜかこの先、写真が無いんです。(苦笑)
一緒に観戦していたうえPさん曰く、「最後はカメラ下ろしてましたよ」との事。
・・・まったく記憶が無いんですよね。(苦笑)
それだけ気持ちが入ってたという事ですね。
最後は脚色が一緒になってしまい2着・・・。

コース取りは人気を背負ってる馬と背負っていない馬との差。
負けは負けですが、間違いなくアルナスラインが一番強い走りでした。

レース後、落鉄していた事が分かり、更に納得。
納得はしたものの、なんてツイて無い馬なんだと・・・悲しくなりました。(苦笑)
なにもこの舞台で・・・ね。

帰って来てテレビで確認しましたが、4コーナーで落としたみたいです。
アサクサキングスに並びかけたくらいでもうありません。
最後の直線は全て裸足だったという事です。

でもね、京都の料亭で愚痴りながら言ってたんですよ。
「色々あるけど、本当に良い馬だね」って。

現在進行中で、私達は良い時間を過ごしてます。
タイトルは、また次回に挑戦です!

2009年04月30日

アルナスライン 天春最終追い

今仕事から帰って来て最終追い切りのタイムだけ確認。
坂路で52.8 -38.7 -25.3 -13.1の3頭追いかな?
良いんじゃないかな。
この馬が52秒台で走るって事は走る気があるって事でしょう。
最後も13.1でまとめてるんなら、ま、良いのでは。

競馬ブックのフォトパドック見る限り、私の中ではこれまでで一番良い状態にありそうですし、これで負けたら今後G1は遠いかもしれないな、と思います。
調教が変わったとか、体調が良いとかではなく、馬の気持ちが乗ってきたという事が体が出来て来た一番の要因ではないかと。

後は蛯名っちにお任せ。
必殺技が炸裂しない事を祈るだけ。(笑)

2009年04月28日

アルナスライン 週末の天気

先週から一番気にしていたのが天気。
距離とか調教とか気になる所は多々ありますが、まず駄目なのが道悪では無いかと昔から思ってる次第でして、ずっと気にしておりました。

どうやら今週一杯天気は良さそうで、日曜日も何とか大丈夫そうです。
良馬場でやれるでしょう。
個人的に大きな難関を突破した気持ちです。(笑)
お天道様には逆らえませんからね。

さて、明日は調教だ。

2009年04月27日

アルナスライン リベンジ

天皇賞・春が日曜日に迫りました。
前走勝った事と混戦模様のメンバーという事で、そこそこ人気になりそうです。

最近やる気も今一つに感じられましたが、前走チークPを着けて変わってくれました。
これは素直に陣営のファインプレー。
そして今回はチークPは着けません。
さてどうなるのか。

2着に敗れた菊花賞でも道中ずっと行きたがっていたそうですから、3200mとなるこのレースでは間違った判断じゃないと思います。ただ、それで道中は折り合って走れるでしょうが、最後の直線の反応がどうなるか?それだけが心配なところです。

楽しみなのは菊花賞の勝馬が人気で出てくるところ。
アサクサキングス
あの菊花賞は大きな大きなアタマ差でした。

タイトルも獲得できず、アルナスラインは体調を崩しその後長期の休養。
そして賞金の加算も最低限で、その後ずっと賞金に苦しみ歯車が狂います。
1年以上の時間を費やし、ようやく前走で復活V。
これでこちらも堂々と人気を背負っての挑戦。

両馬が人気を背負い、体調面が良いという事に意味があります。
場所は菊花賞と同じ京都競馬場。
その再戦が見られると思うとワクワクしてしまいます。

強い相手が揃いそうな宝塚の前に、相手がゆるいと見たドリームジャーニーの急遽参戦はやな感じですが、同期の賞金王です。この距離では負けられませんし、何とかなるとも思っています。

そしてどうもサンデーRが重賞6週連続中らしい。
個人的にはストームファングで藤澤厩舎のデビュー戦10連勝を達成してます。
こういう記録を更新する機会に恵まれたのは偶然じゃないかもしれませんよ。(苦笑)

2009年04月15日

ラインオブナイト 人騒がせな!

伏竜Sで5着と健闘したラインオブナイト
「次走は5/3の端午Sを予定」と言うもんだから「・・・これは!」と頑張って動いた訳ですよ。

5月3日は天皇賞・春の開催日ですからね。
アルナスラインとラインオブナイトが京都で揃って出走。
しかも両馬ともそこそこ勝負になりそうな気配。
この日に競馬場に見に行かなくて何が一口馬主だ!という事です。
結構無理言って仕事休みにしてもらったんだけどなぁ・・・。

ラインオブナイトですが、疲れが残っており無理せず予定を変更し5/23の昇竜Sだそうで・・・orz。
おーまいごーっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

たまには無理してもいいんじゃないかえ・・・?(笑)

・・・仕方ない。
アルナスラインだけで我慢しよう。(苦笑)

20090405_1.jpg

ラインオブナイト 伏竜Sのパドック写真(けいすけさん提供)

2009年04月11日

アルナスライン パネル注文

重賞勝ちということで、初めてパネルの注文をしました。電話で。

初めての注文だったので、どういった感じで注文すれば良いのか分からず、「日経賞のアルナスラインのヤツを・・・」と言ったら凄く良い感じの対応で「おめでとうございます」と言って頂けました。写真の注文より先に次走の天皇賞の話なども出て、久々に電話で良い気持ちになったなぁ。対応で。

写真は半切というヤツをお願いしたのですが、ハンギリじゃなくてハンセツと言うんですってね。
四切はヨツギリ、六切はムツギリなのに半切はハンセツ。へ〜。
そんな事も丁寧に教えてくれるおじさんでした。
良い感じです。
天皇賞勝ったらまた注文します。(笑)

・・・でも値段は高い。
半切で18900円・・・。(苦笑)
この辺が出せる限界です。

2009年04月06日

ラインオブナイト 最低人気

ラインオブナイトの復帰戦、伏竜ステークスでした。

テレビでの観戦でしたが、パドックの気配は・・・やる気なし。(苦笑)
のろのろ歩いて、前を歩いてる馬から離される離される。。。(汗)
解説もそんな感じで、私も大丈夫かなぁ・・・って思いましたが、馬体はまずまず。
2勝目を挙げた時と同じような出来で、悪くなかったように思います。
もう少し絞れた方が良いですが、復帰戦ならこれでOK。
さて人気は・・・と思って見たら10番人気。11頭中のですよ。(苦笑)
どんだけ〜
馬体だけ見たらこんな人気な馬じゃないでしょう。
どこ見てんのよー?って思いました。
いくら気合乗りが悪くても人気無さ過ぎ。
新聞の印と、父のマイナーさに惑わされてる。
私は逆にこのオッズの低さに馬券購入額をUPさせる事に。

パドックが終わりに近付き、騎手の騎乗が開始。
ここで気合が乗ってくれば完璧・・・と思ってたら、キチッと気合が乗って来ました。
おお、良い馬だぁー!!ON-OFFがきっちりしてる!(←バカ)
帰し馬もそういう目で再確認。
うん、間違いない!

馬券購入額を更に大幅にUP!
もうPATにカネねーぜ!って状態に。
だって、こんなおいしい馬券なかなか無いですぜ。
この時点で最低人気に。なぜ!?(馬券的にはおいしいが!)

3着までに入ってくればOKでーす!って買い方を馬鹿みたいに買いました。

・・・最低人気じゃなかったらこんなに買わなかったのに・・・orz。

結果、4コーナーまでは良い感じでしたが、そこからがキレません。
伸びてはいるけど、じわじわ。
休養明けの影響か、この馬の実力かは分かりませんが、5着。
いや、馬券を除けば良い競馬でしたよ。
休養明けの1800mであれだけ走れればバッチリです。
次走が楽しみになった一戦になりました。
(PAT資金は底つきました・・・orz)

次走は5月3日の端午S。
5月3日。天皇賞の日かいなー。
こりゃぁ。。。

2009年04月05日

大阪杯

まさかドリームジャーニーがディープスカイに競り勝つとは思わんかった。
ドリームジャーニー出資者はシビれただろうなぁー。
ま、この馬の勝ち方はいつも気持ちが良いだろうけど。
斤量差や休養明けとかいうのもあっただろうが、良い勝ち方だった。

マツリダゴッホがサッパリ。
次走どこ行く?
豊っちが乗るのか?
天皇賞、豊っち空いたりする!?(笑)
もうそんな事を考えてしまうような負け方。
中間は順調さを欠いたみたいだから分からんけど、次走も乗りたいと思うようなレースは出来なかったんじゃないのかな。
蛯名っちとトレードしてもエエよ。(笑)

2009年04月04日

ラインオブナイト 復帰戦

バトルライン産駒のラインオブナイトの復帰戦が明日に迫りました。
復帰レースは中山9R 伏竜ステークス ダ1800m。
距離はやっぱり長いだろうなぁ・・・。
「こなせる範囲」であってくれれば良いのですが。

ほぼダートのOP競争が無いに等しいこの時期なので、現在の3歳ダート界のトップホースのスーニがここに出てきます。
この馬、アルナスラインの京都大賞典を見に行った日に、たまたまデビュー戦だったので記憶にあるんですが、随分人気を被ってる割にはこの仕上がりで勝てるの?って感じでしたが、結果は圧勝。結局、全日本2歳優駿まで無敗で駆け上がりました。
芝を試した前走のアーリントンカップでは負けましたが、やはりダートではトップ。

今回はこの馬と斤量差が3キロもあります。
トップホースとの力の差を計る良い機会になるのでは。
休養明けで距離も長くて直線まったく・・・という気もかなりしますがどういう馬体で出てきて、どういうレースをするのか、かなり期待しています。

2009年04月01日

アルナスライン 純金カップ

出張から帰って来たら、アルナスラインの日経賞優勝賞品のお知らせが届いていました。

さすがに「おお〜」って感じです。(苦笑)
495gで1,404,450円ですと。
高いけど、いつものメダルとは違って欲しい気がする。買えんけど。

20090328_1.jpg

そして、昔から公言していた約束をようやく実行する時が来ました。
お待たせしましたがようやくです。
GU優勝記念としてクオカードを作ってくれるようなので、昔からこんなくだらないHPをずっと見てくださってる常連さんの方々に感謝の意を込めて差し上げたいと思っています。常連さんだけでなく、昔からずっと見てくださってるという方でもOKです。(私が認めれば(苦笑))
ただ常識の無い方は拒否しますんで。
私が信用出来る方(笑)はメールに宛先を記入し連絡くださいね。
(たかぼーの感謝期間は1週間ほどで終了します・・・笑)

↑終了しました。

常連さんの方は是非連絡ください。

2009年03月29日

アルナスライン 一夜明け

結果を知ったあとに録画でレースを見たので、それ程興奮してはいませんでしたが、一夜明けて本当に勝ったのかどうかJRAのHPで調べました。

だってね、今日こちらの新聞のスポーツ欄に「ドバイ・デューティー・フリーでウオッカ勝利」って書いてあったんですよ。いや、本当に。昨日遅くまでDWCの中継をビール飲みながら・半分眠りながら見てたけど、勝ってねーぞ。負けとったぞ。
ひょっとして、昨日のアルナスラインも夢か幻か?
そう思ったのも不思議ないでしょ?
恐ろしい間違えするなぁ、この新聞。大丈夫か。。。
ある意味、明日の新聞に興味が。どんな訂正記事にするんだろ。

この勝利は正直なところ助かりました。
数日前に家のローンの繰り上げ返済の申し込みをしまして、結構気合入れて返したんですよね。
残り資金でここ数ヶ月をなんとか凌がんと・・・って状態だったもんで。(笑)
勝つ事は余り期待していなかったんですが、やっぱりそういう時の方が走るんだなぁ。
競馬って不思議。
これで今年の社台募集も何とかなります。
この馬には随分助けられてるなぁ。。。

で、次の天皇賞は5月3日なんですって。
私、そこは思いっきり仕事でして、GWなんてもんはありません。
休むって言ったら怒られるかなぁ・・・。(苦笑)

2009年03月28日

アルナスライン 重賞制覇

やったぞ。ようやく勝てたぞ。(苦笑)

レースを見終えての正直な気持ちは「良かった。。。」ってのが正直なところ。
今まで散々期待だけさせられましたからね。(苦笑)
ホント、良かった。。。

レース振りとか、状態とかより、今は勝った事を喜んでます。

実家の法事から帰ってきたのが20時ほどで、風呂に入ってからゆっくり録画を見ようと思っていたんですが、入浴中に会社の後輩からTEL。飲み会の誘いかな?と思って出たら「おめでとうございます」って、何の事なのか???って感じ。(苦笑)
「・・・アルナスちゃん勝ったみたいなんで・・・」(原文まま)という言葉でテンションMAX。(全裸)
結果を知らなかった私を知り、後輩は(やべー最悪やー。結果言ってもーたー・・・)って気を使ってくれていましたが、こういう良い結果なら問題なし!
即効、服着替えていくみんと観戦。やったぜ。(笑)

そんな一口歴、重賞初制覇の瞬間でした。


第57回 日経賞(GII)勝馬 アルナスライン おめでとう!

2009年03月26日

アルナスライン 瀬戸際

今週の日経賞に出ます。アルナスライン。
G2なのにG1と被ってるのでほとんど記事が出てこないです。(笑)

相変わらず調教悪かったみたい。
ま、悪いと言っても500万クラスの馬に先行して1馬身遅れただけですが。(苦笑)
時計は53秒台前半なんでヨシとしましょう。
あまり調教時計は関係無い馬ですから。
やる気があるかどうかだけ。

あとは走れる体になっているかどうかが問題。
これは調教師さんが仕上げるもんで、この歳になってもこの馬の事を掴めていない人だけにかなり心配。今回もDWを途中でいれて来たので少しは考えてくれてるとは思いますが.、最終追いは結局坂路。もっと変えても良い気がする。

最近馬もズブくなって良い結果が出てません。
このままズルズルと行くのか、再びG1戦線を歩めるのかの瀬戸際。
続々と天皇賞・春へ出走表明する馬達が出て来ており、賞金的にも勝たないと厳しい感じ。
正直このメンバーには恵まれました。ここで駄目なら私の戦闘意欲も激減です。(苦笑)

当日は実家で法事があって見れません。
帰って来てから録画を見ます。
瀬戸際ライン、良い結果が出てますように。

2009年03月22日

アサクサキングス 強い

アサクサキングスの強さが戻って来ました。
前走の京都記念でもあの菊花賞を思い出す勝ち方でしたが、今日の阪神大賞典もこの馬の勝ちパターンに持っていかれました。あの形になるとさすがに強い。
アルナスラインの同期が頑張ってるのを見ると嬉しくなります。

ただ強いのは確かですが、G1レベルの馬たちになるとあの形にはなかなか持ち込めませんわね。
天皇賞・春でもそこそこ人気になるでしょうが、みんな敏感に勝つまでは・・・って感じてるはず。
馬場が渋ったりすれば別なんでしょうけど。

同期が頑張ってるのに、どうもアルナスラインは下降線?
来週の日経賞は今までと違って、あきらかに期待よりも不安の方が大きい。
レースではやる気を失っていない姿が見たいものです。
なんとかアサクサキングスと天皇賞の舞台で対戦したいのぉ。

2009年03月19日

ラインオブナイト おなか一杯

4月5日の伏竜ステークス出走を目指して調教中のラインオブナイト。

順調に調教をこなしてる様で、体調は良さそう。
あと気になるのは騎手だな、って思ってたら蛯名騎手だそーで。。。

もうおなか一杯なんですけど。(苦笑)

2009年03月14日

ははは、思い出した。

たまたま昔の写真を見ていたら面白いもんを見つけました。

引っ越して来た時に「これ誰のだったけなー?」って思い出せなかったのを、「これストーブのトリペット(焦げ付きを防ぐ道具。こんなの)にちょうど良いべ?」とストーブの上に置いて使用してました。
これがどうして、ストーブとの相性もバッチリで雰囲気も良く、役にも立つという事でなかなか良い感じだ、と自己満足に浸っていたんですが、「・・・で誰のよ?」という疑問が付きまとってたんですよね・・・。(苦笑)

ここの2枚目の写真にも載っていたので気付いてる方が居るかも知れませんが、はい、蹄鉄です。

昔、大樹レーシングクラブから頂いた記憶はあるのですが、誰のかは覚えてなかったです。
飾られもせず、仕舞っておくだけならこういう使い方も悪くないですよね。

で、その疑問が今さっき解けました。
古い アルバムの中〜に〜♪

199710_1.jpg
この紙が無くなってたから分からんかったんよ。どこいってん?


サドンフラッシュ95。後にタイキレインボーと名付けられました。
我が一口馬主歴での初出資馬となった馬です。
デビューも出来ずに去って行った彼ですが、こうやって貢献してくれました。
なんだかタイキリメンバーやタイキコメットさんなんかの蹄鉄よりも、彼の蹄鉄と分かってちょっと嬉しかった。何でですかね?これで忘れないからかな?自分の原点になる馬だからかな?
これで誰かが家に遊びに来た時、彼の話題も出来るしね。

他にも頂いたゼッケン等が眠ってます。
こういうのも何とかして使っていきたいな。

2009年02月27日

ラインオブナイト 不安無し

出張から帰って来たらラインオブナイトの馬体写真が更新されてました。
疲れて帰って来たけど、家族の顔を見て、この馬体見たら元気になりました。(笑)

3歳のこの時期でこれ以上求めたらバチ当たるでしょう。
余裕が無いのは気になるが、そういうタイプよ。
何より顔。顔が良い。目つきが良い。
なかなか良い馬に出資したな、と自己満足に浸っております。(苦笑)

これ見てたら不安はあるが多少の距離はいけそうだ。
スプリンターじゃない。大丈夫!

20090226_1.jpg

2009年02月10日

エイプリルウインド 復帰はまだか

連闘後に脚が痛いと言い出したエイプリルウインド
大した事は無いと言われても、前科もんだけに心配してましたが、1ヶ月以上たった今もよく分からん状態。ただソエを気にしているというコメントはあまり変わらないものの、1ヶ月以上経ってますし、ひとまず最悪のシナリオ(屈腱炎)は何とか避けられたのではないかと思っておる次第。

ここはゆっくり休養を・・・と言いたい所ですが、もう年齢的にも6歳ですし、のんびりとはいきません。
池江泰調教師もゆっくり休ませる気は無いでしょう。

前走負けた相手のドリームフライトはその後連勝し、重賞レースに出走するまでになりました。
今週のダイヤモンドSにも登録しています。
こういう活躍を見せられると、こっちも頑張らなと思いますね。

20090129_5.jpg
馬体はまだまだ若い若い。 これからこれから。

2009年02月08日

ラインオブナイト 目標レースすら無し

さて、ダート短距離で2勝を挙げた期待のラインオブナイトですが、2勝目を挙げた後は出るレースが無く(一時は朝日杯をも考え)、ここまで待機してました。とりあえずの目標レースはヒヤシンスステークス。
ラインオブナイトは1400mくらいまでがベスト!?と思われてるようなので、ヒヤシンスステークスでも距離の不安はあるのですが、なんせこの時期のダート短距離界は酷いんです。マジで。
全く出れるレースがありません。
ヒヤシンスステークスを目標に置くのはごく自然流れです。

で、ようやく目標レースだぁ・・・と思ってたら蕁麻疹の治りが悪く回避ですって。(涙)
ま、それは仕方ありませんわね。馬ですもの。

ただね、その後、次の目標はどこかなー、ってレースを探しても探しても見つからない。
ええ、無いんですよ。全くと言い切れるくらい出れるレースが。
悲しいほど無い。
地方交流レースも無い。
どうなってんの???

無い無いとは聞いてはいたものの、自分の出資馬がその立場になって初めてこの酷さが分かりました。
ダート馬が目指す唯一と言って良い道はジャパンダートダービーを目指す事なんでしょうが、2000mです。
うちはまず無理。(苦笑)
JRAにあるレースも1600m以下は無し。
JRAはもうちょっと考えた方がいいすね。
・・・ダート馬にダービー出られると困る、って位のくだらない考えしかなさそうに思えるが。

もう、秋まで待機か、芝短距離路線を無理やり歩ませる他ありません。
ただ、募集価格1400万円のバトルライン産駒ですよ。
走ってナンボなんです。

・・・芝短距離路線走るっきゃねーのー!

20090129_4.jpg

2009年02月06日

アルナスライン 意味不明

エイプリルウインドとラインオブナイトの事でも書こうと思ってたら、アルナスラインのコメントが更新されていて急遽変更。阪神大賞典を目指すと言っていた目標レースを変更し、日経賞に変更し、騎手は蛯名騎手で行くとの事。

もう???ばっかりです。

また中山?
今さら蛯名って何よ?

これって調教師が決めてるんすかね?
オーナーサイドが決めてる部分もあるのかな?

調教師が決めてるんならさすがにちょっと・・・。
馬主体じゃなくて、それ以外に振り回されてるのがハッキリ分かりますね。

なにか理由を見つけるとするならば相手関係だけ。
阪神大賞典や他のレースには面子が集まるので、そこを避けようという意識か。
・・・コースや騎手はそっちのけで相手関係ってのも寂しい。
相手関係云々より、まずキチッと仕上げる事が先にすべき事かと。

で、豊っちが大阪杯→天皇賞・春(もしくは宝塚)までマツリダゴッホに行ってしまったので、空いた蛯名騎手を天皇賞まで見込んで確保って事なんかと。
正直、この騎手起用には「ええぇ〜・・・」って感じ。
ま、個人的な好みがかなり含まれますが。
ただ真剣に、この人の場合はスタートでレースが終わる事もあるので怖いです。

迷走を続ける松元茂厩舎のアルナスライン。
このまま今年突っ走るのか。
飽きの来ない厩舎です。(苦笑)

2009年02月03日

アルナスライン 武豊去る?

AJCCで6着後のアルナスライン。
一旦放牧に出て、3月22日の阪神大賞典に行く様子。
現在はすでにグリーンウッドです。

調教師さんはまだこの馬の適正を掴みかねてるような発言を連発してまして、なんとも心許ないですが目標に向けて頑張って欲しいところ。とりあえずキチッと仕上げてあげて欲しいですわぁ。(GWさん、お願い 苦笑)

ジョッキーですが、前回乗ってくれた豊っちの争奪戦が始まってまして、マツリダゴッホ陣営が豊っちで大阪杯に向かうとの事。豊っちのエージェントも、武豊に古馬長距離路線でどの馬に乗せるか思案中ってところなんでしょうか。
大阪杯を良い感じでいければそのまま天皇賞・春みたいですから、アルナスラインの阪神大賞典→天皇賞・春に被ります。だから大阪杯はちょっと気になるなぁ。

ただ、うちは前走かなり下手な負け方をしてしまったのでかなりマイナスイメージ。
エージェントもパドックの時点で「かなりガッカリ」というコメントを残してますし、どうももう無いな・・・って位の大マイナスイメージですが!(苦笑)

もう、大阪杯でゴッホが下手な負け方を演じてくれるのを待つ、という人任せな鞍上事情になりそうです。(笑)

2009年01月25日

アルナスライン 無駄な一戦

ま、競馬に無駄なレースなんて無いですが、そう思ってしまう一戦になりました。
確かに調教も走らなかったけど、馬自体が出来てない。
まともなのは武豊の騎乗だけ。

馬場適性や何やら言う前に馬を仕上げて。
言い過ぎかな?
ただ単に太いだけの馬になってる。アスリートじゃない。
「もともと体型的に・・・」とか最近パドック解説で聞きますが、ちゃいますよ。
本来の体型はあんなんちゃいます。
すみれステークスの馬体とかを思い出して欲しい。
もっと早い動きが出来る馬なんですよ、本来は。

東京など広いコースが合うというより、キレが無い体に仕上がってるので小回りなコースでは不利になってる、と言うのが現状だと私は見てます。アスリートの体に戻してくれるなら中山でも全然やれるはずです。

こういう仕上げをするんなら、今後も無駄な一戦が増えるだけでは。
休養明けが走るのもそういう事でしょう。

・・・と、最近の仕上げに不満を持っているところに今回だったのでこう書きましたが、これが馬自体の成長過程でこうなってるのなら仕方ありません。ただ、まだ老け込むには早すぎるだろ。(苦笑)

う〜ん、負けたのは仕方ないにしても、惜しいのはこの負け方じゃもう豊っち乗ってくれないかも。
せっかくのアピールの場だったのに・・・。。。くそぉ。

とりあえず、故障してませんように。。。

タイトル奪取へ アルナスライン

とりあえずなんとか一つタイトルが欲しいアルナスライン。
今日のAJCCへ出走です。

これまで重賞で善戦を続けているものの、タイトルは無し。
といってハンデ重賞に出走すればかなり背負わされるので、この別定戦が生きる道。
中山適性がある強い馬が何頭か出ていて簡単には行きませんが、G1を目指すなら撃破せねば。
なんとかタイトルを奪取して、今年のジャパンカップへコマを進めたいところ。

あと、なぜか2年前の京成杯1・2着が出てきます。
京成杯3着のアルナスラインにとって、リベンジの一戦。
(ま、こんな事気にしてるの出資だけだと思うけど・・・)

最強の鞍上を迎えましたし、調教は気にしなくても大丈夫。(というか、分からん)
この馬に関しては当日のパドックが調子を知る一番の近道です。
さて、どんな馬体で出てくるのか?楽しみです。

気になるのは馬場(雨)ですが、昨日は雨が残ってたみたい。
日曜はあがってるみたいですが、どの程度影響するか。
濡れてるとまったく伸びないってこともありえる。
ただ、一番怖いのは故障で、やはり冬場の馬場は怖い。
故障もやっぱり冬が多い気がします。
とりあえずは無事に、です。

さ、豊っちに後は任せて、楽しみます。

2009年01月22日

アルナスライン 追い切り悪し

AJCC出走予定のアルナスライン
昨日の調教は坂路で55秒ほどで上がってきました。
仕舞いも14秒近く掛かってフィニッシュ。
新馬が馬ナリで走るのにあわせて叩いて叩いて何とか同入。
調教はあまり気にしないですが、さすがに・・・。(苦笑)

ズブくなってるという話ですが、気が付けば5歳。
もう後、どれだけ走れるか。
成長すれば成長すれば・・・と思いながらすでに5歳。
もう成長どころかゆっくり下降して行くくらい?(苦笑)

茂ちゃんマンも、たまには坂路じゃなくて違うコースに入らんものか。(苦笑)
後ろが弱い馬だし、脚元も気にしてるんだろうけど・・・。

厩舎に居れば居るほど調子が落ちるといわれないように、今回のAJCCは勝つぞー!
・・・とは思うものの、調教VTRを見れば見るほど他の馬が良く見える今回です。(笑)

2009年01月19日

アルナスライン AJCCへ

私の出資馬、今年一発目の出走です。
アルナスラインがAJCCへ。

得意とは言えない中山コース。
しかも人気馬2頭が中山巧者と来たもんで不安ですが、そこは鞍上にお任せ。
両馬とも後ろから来る馬なんで、その辺りを突けば勝機はあると思います。

そして楽しみにしていた競馬ブックのフォトパドック・・・。
ぼさぼさの馬体で出てきました。
他の人気馬たちはピカピカの馬体。はぁ。。。
別に見栄えが良いから勝てる、とかじゃないですが「魅せる」ことも調教師の腕。
この辺りをもちっと頑張って欲しいなぁ。

最近はフォトパドックの背景を綺麗にしている厩舎が多くなってきました。
やはりそういう厩舎は色々なところに気が行き届いているはずです。
「格好つけて」と思ってる厩舎は置いていかれますよ。

フォトパドックの背景を見てるだけでも、将来有望な厩舎が見えて来たりするんです。


話がズレましたが、AJCCはどうもテレビ観戦になりそうな感じです。

2009年01月05日

出資馬の予定と私の予定

去年は稼動馬が少ない割には4勝と上出来でした。
ただ、これはもう馬が確定してる分なので、次を目指さないといけません。
放っておいても出資馬は勝手に走ります。
自分は次の募集を考えて精進しなければいけません。

一応、出資馬たちの今後の予定をザッとあげると、
アルナスラインは1月25日の中山 AJCCを武豊で出走予定。
鞍上が鞍上だけに、このレースの出来如何で今年の明暗が決まりそうな感じがします。
ちょうど仕事が休みなのでちょっと考えてしまいます。

エイプリルウインド、気になっていたソエは今のところ大丈夫なようです。
でもまだまだ安心は出来ません。騎乗を開始したら即ソエが・・・ってコメントはもう嫌です。
屈腱炎の影が常に付きまとう馬。
今年もレース以外でハラハラさせてくれるのか、泰寿リーディングトレーナーさん。

ラインオブナイトの2勝目は、出資馬が去年あげた4勝のうちのベストレース。
今年の初戦は2月15日のヒヤシンスSから。
距離が1600mに伸びるものの、ルメール騎手もそこまでならOKと言ってくれてるし、大丈夫かな。
たかぼー厩舎の次期エース候補として、今年の活躍を期待してます。


で、私ですが、今年は出資しますよ。出資しないと楽しみがありません。
幸い、出資馬達がちょこちょこ賞金を稼いでくれてますし、クラシック路線を楽しめる馬を狙いたい。
仕事の都合があえば、去年楽しかった社台ツアーにも出来れば参加したいと思ってます。
今年は地方オーナーズにも目を向ける事が出来ますし、忙しいぞー。

・・・と書いておいて、実績で2年連続落とされる辛い年になる可能性も。(笑)

2008年12月31日

勝利数は上等

今年は初めて社台オンリーで迎えた1年でした。
デビュー前のラインオブナイトを入れて愛馬は4頭。

振り返ると勝利数は4勝。
アルナスラインがOP戦を1勝。
エイプリルウインドが長期復帰戦から3戦目で勝ち上がり。
そしてデビューしたラインオブナイトが3戦して2勝。
トータル4勝です。
出来過ぎなくらい活躍してくれました。
また、どの馬もまだまだ上を目指せる馬達で来年以降も楽しみは尽きません。

ただ、残念な事に引退した馬もいました。
あのカジノドライブとデビュー戦が一緒だったザナドゥ
4戦して3着4回と素晴らしいと言うか、どもならんと言うか、そんな成績。
最後は骨折で引退。
この馬は脚元を見誤ってしまいました。
今後に生かさなければいけません。

そして、これまでと大きく違うのが今年出資した馬がゼロという事。
毎年毎年、懐具合が辛くても種を蒔く事だけは頑張ってきましたが、今年は出資が叶いませんでした。
しなかったと言うより実績で落とされて出来なかったんですが、私はいかに安い馬で楽しむかを目指してるので、今後も実績は落ちて行く一方です。社台にいる限り、来年以降も苦しい種まきとなりそうです。

そしてそして、今年はとうとう地方馬主資格を取得しました。
なんだかラミネートされたしょぼい証明書が1枚送られて来ただけですが、これでとりあえず来年の地方オーナーズに目を向ける事は出来ます。ま、こちらも実績が無いと辛いという事には変わり無いですが、選択肢は広がります。

来年は良い種を蒔く事が最大の目標です。

2008年12月28日

アルナスライン 有馬で6着

予定通り、午前中から家族みんなで家の大掃除をして有馬記念にそなえました。

体重は+14キロ。
出来ればもう数キロ減っていて欲しかったかな。
でもパドックでは気合が入ってるようにも見え、短期間ではこれでOKでしょう。

レースは、う〜ん・・・。なんとも微妙。
マツリダゴッホを意識し過ぎたのかな?
あんな後ろでレースを進めるとは思ってなかった。
ちょっと残念だったな。

ただ結果的に前に行ってダイワスカーレットに勝負を挑んだ馬達はことごとく馬群に飲まれ、後方待機の馬達の出番に。何故か後方にいたアルナスラインは、2着のアドマイヤモナークや3着エアシェイディと一緒に進出するも6着まで。
まざまざと決め手の違いを見せつけられる結果になりました。
後ろからの勝負は分が悪い。今回でそれがよっく分かりましたね。

アルナスラインの脚質で、いくら展開が向いても後ろにいたら他の決め手を持ってる馬にやられます。
やはり前々での勝負がこの馬には必要です。

そして、今回一番負けたくない相手にも先着されてしまいました。
同斤量だったのに。
ま、一番流れに乗ったのは、デムーロ騎乗のこの馬だったと思います。
あれで勝てないのは完全に実力。強いですダイワスカーレットは。

とりあえず今年はお疲れ様でした。最高に楽しめました。
今回先着を許した馬たちには、また来年勝負を挑みましょう。
来年は少しでも勝てるように。
ダート競馬に挑戦というのも見てみたいな。
でもまずは、とにかく重賞制覇だー。(笑)

追記
中山競馬場に行った名付け親のうえPさんから、パドックの様子メールを頂きました。
ただ、パドックにいるとレースは見れないほどの人の入りだったようで・・・(笑)

20081228_1.jpg

うえPさん、↑勝手に使いました。御免なさい。<(_ _)>

2008年12月27日

アルナスライン 決戦!

いよいよグランプリ有馬記念が明日に迫りました。
こんな場に出るだけで十分楽しませて頂きましたが、明日の結果も楽しみです。

重賞は勝っていないですが、力はあると信じています。
どうのこうの言うより明日の結果が証明してくれるはずです。

体重は+10キロ位なら問題なし。
そこそこ良いペースでダイワスカーレットが引っ張るでしょうから引っかかる可能性も低いでしょう。
スタートさえ決まれば5・6番手に付けて、あとはペリエっちがどこで仕掛けるか。
最後の直線入口では5番手以内に居ないと苦しいでしょう。
それで伸びなかったら仕方ありません。実力です。

今、えどさんが北新地のダーツバーからTELくれました。
「明日(アルナスライン)来るんですか?買って良いですか?」と。
「買ってください。頭でね。」と言いましたが、その後ろでバーのママさんが
「私は買わんでー!」と叫んでました。(笑)

楽しいですね。
こういう大きなレースでは皆が注目し、楽しんでくれます。
なんなんでしょう。。。
もう十分過ぎるほど楽しんでます。はい。

よーし、いくぞアルナスライン

2008年12月25日

アルナスライン 絶好枠

有馬記念出走予定のアルナスライン
昨日の追い切りではペリエっちが騎乗して坂路53秒台前半でまずまず。
ラストは13秒台後半と止まった感じですが、個人的にはこの馬に関して、調教はあまり重要視していないので気になりません。
さすがにフラフラしてるのは嫌ですけどね。

ペリエっちのコメントでは「この馬は馬群を縫うような走りは合わない。直線では前に馬が居ないようなコース取りが重要」と、まさに我が意を得たり、という感じ。ファーストライディングでキッチリ感触を掴むあたり、この辺はさすが・・・と唸ります。鞍上に関してはもう何も言う事ありません。後はお任せするだけです。

そしてかなり気にしていた枠順。
個人的には外枠に行ったら絶望的で、絶対に真ん中よ内枠が好走の絶対条件と思っていましたが、ペリエっちは「最内は嫌。6・7枠辺りが希望」という事でした。
今日、その気になる枠順が発表されましたが、アルナスラインはペリエっちの希望通り7番枠。よしっ!
まだ運は尽きていないようです。
私的には最も恐れるマツリダゴッホが10番枠。
ダイワスカーレットが13番枠と、これも歓迎材料。

最終追い切りも終了し、枠順も決定。
あと気になるのは天候・馬場状態だけ。
多分この馬は雨が降ったらそこで「終了」です。
ただ、今のところ日曜日までは天気が持ちそうです。
なんだか全てがうまく行っていて、これで負けたら仕方が無いと思うくらいの状況になってます。

2008年12月24日

エイプリルウインド 脚痛い

連闘したエイプリルウインド。
特別登録されており、まさかまさかの3連闘!?とビビッてましたが、放牧です。
「ソエを痛がってるが、大した事は無い」と言うことですが、心配です。
2年前は若干ソエを痛がっているというコメントの後、検査で屈腱炎が判明しました。
今回もかなり嫌な予感がします。

まだ長期休養から復帰して1ヵ月半。
まだまだ走れる馬です。
こんな所で戦線離脱は勘弁です。

2008年12月23日

さぁ、有馬ウィークです。

朝日杯FSが終わり、とうとう有馬ウィークです。
有馬記念というだけでワクワクしますが、今年はその非ではありませんわね。
でも、今のところさっぱり良い記事は見かけません。(苦笑)
まさか、競馬ブックのフォトパドックにも出してもらえんとは・・・。(泣)

ま、良いんです。
お忘れかもしれませんが、人気薄のアルナスラインは走りますよ。
お忘れかもしれませんが、休養明けのアルナスラインは走りますよ。
お忘れかもしれませんが、有馬男のペリエっちですよ。(笑)
逆に、アルゼンチン共和国杯で負けて休養に出た事が良い方に転ぶかもしれません。
厩舎に居れば居るほど調子落ちして行く馬ですから。(笑えない)

一方、先週頑張ったエイプリルウインド。
これで今年はお役御免となるはずが、何かの間違いなのか特別登録されてます。
中京の名古屋日刊スポーツ杯に。
あなたはいったいどこへ向かってるのぉー。。。

何かと楽しみなラストウィークになりそうです。

2008年12月20日

エイプリルウインド 漢になれず

情けない。
故障すればバッシング覚悟の泰寿調教師の期待に応えられんとは・・・。
漢になれんかったかー。まだまだじゃの。
しかも敗因が距離とは・・・。
3000mまでは行けると思ってたんだけどなぁ・・・。誤算。
でも池江泰寿厩舎、今日だけで3勝。もう完全に突き放しにかかってます。
うちの一勝が無くても全然大丈夫そうな気配です。(笑)
ここまで来たら獲って貰いましょう、リーディング。

・・・ま、と言いつつも、4月風、十分に頑張ってくれました。
脚元の無事はまだ確認出来ていませんが、これで放牧に出るでしょう。
今年の競馬はこれで終わり。今年は11月に復帰して4戦消化。
戦績も(1.2.1.0)という素晴らしいものです。
長期休養明けでこの成績は胸を張っていいでしょう。
頑張りました。

来年は6歳ですが、まだ7戦。
まだまだ頑張ってもらわねば。(苦笑)
とりあえず、今年はお疲れー。

2008年12月19日

アルナスライン 有馬まであと9日

有馬記念まで後9日になりました。
どうしても勝手に気分が盛り上がってしまいます。
なんたって有馬記念。
あの有馬記念です。

間違いなく一年中を通して一番好きなレースです。
格とか世界価値とか関係ないんですよね。
個人的にはダービーとかより有馬記念が好き。
私を競馬にズッポリと嵌めてくれたのも有馬記念でした。

なぜかね、年末の大掃除が一息ついた時にテレビ付けるとやってたんですよ有馬。
子供ながらに楽しみにしてましたよ。競馬といったら有馬です。
だからね、このログハウスで初めて見る今年の有馬記念の日は大掃除するつもり。(笑)
これは今後、うちの年間行事にしようと思ってる。(笑)

今日、コンビニ行ったらニッカンの有馬記念特集号が売っていたので買いました。
いつもは出資馬が出てる新聞なんかも普通に捨ててしまう人ですが、これはとって置こうかなって思ってます。アルナスラインの記事なんて大した扱いにはなっていませんけど、そこに名前があるだけで凄いよねー。

有馬記念まであと9日まで来ました。
去年は12月の上旬で回避が決定してしまいましたが、今年はもうあと9日。
無事に迎えられますように。。。

2008年12月18日

エイプリルウインド またまた連闘

先日走ったばかりのエイプリルウインドの次走ですが、どうも今週末になりそうです。
えーー、またまた連闘!?
特別戦に登録してあったので、当然名前だけかと思ってましたが、まさか本気とは・・・。

泰寿さんも本気でリーディングを獲りに行ってるんでしょう。
脚元は心配ではありますが、競走馬は走ってなんぼ。
調教師さんがここまで本気なら、それに応えるのがってもんでしょう。
で、また即放牧かな?

場所はまた中京競馬場(未だに主場で走った事無し)で、20日(土)の天竜川特別に行くそうです。
注目していた騎手はルメールを手配。やる気だ・・・。
芝の2500m戦ですが、この馬は距離が長ければ長いほど良いと思っている馬なので歓迎。
昇級戦になりますが、この条件なら十分戦えると思っています。
こここそが馬券勝負のタイミングか。(笑)

20081218_1.jpg

2008年12月15日

エイプリルウインド 2年半越し

中京7R 500万クラスの芝2000mに出走したエイプリルウインド
単勝2倍の1番人気に見事応えて勝利しました。

若手騎手限定戦だったのですが、鞍上の丸田恭介騎手もソツ無い騎乗でした。感謝。
そういう訳もあって、この日の午前中は丸田騎手に注目して見ていましたが馬上でも上体は揺れませんし、直線でも落ち着いた追い出し、進路決めをしていました。やはり注目して行くべき騎手でしょう。

エイプリルウインドは2年半振りの勝利。
長かったなぁー。
2年半前は菊花賞出走を夢見てたもんなー。(笑)

この馬には屈腱炎という影は常に付きまといますが、カネヒキリやフラムドパシオンなど、最近やたらと屈腱炎明けの馬が活躍しています。医療も進歩して昔ほどの再発する可能性は少なくなっているのかもしれません。
ま、油断してると「脚元に熱が・・・」というのがセオリーです。(笑)

来年への期待が膨らみますが、調子も悪くなさそうなので今年中にもう一戦走るかもしれません。
何と言っても調教師さんが1勝欲しいでしょう。(笑)
(12/14現在、藤沢調教師と44勝で調教師リーディング1位タイ)
「道中はまだ遊びながら走ってる余裕がある」という騎手のコメントもありますし、次走も期待してしまいます。
(リーディングも大切でしょうが、壊さないでね泰寿さん 苦笑)

2008年12月14日

エイプリルウインド 3戦目の正直

屈腱炎明けのエイプリルウインドの復帰3戦目です。
ここまで良いところまで行くものの勝ちきれず、2着→2着と来てますからここは勝ちたい。

少しエンジンが掛かるまでに時間が掛かる馬で、勝負どころで少し置いていかれちゃうところが前走は見られました。その騎乗振りが余りお気に召さなかった池江Jr調教師が、復帰3戦目には中京の若手騎手限定戦をチョイス。
これなら赤木騎手も仕方ありません。
無事ならこの上のクラスでも勝負になる馬だと思いますから、このレース以降、赤木騎手の手に帰ってくるかどうかは見ものです。(苦笑)

さて、その若手限定戦の騎手は丸田恭介騎手。
関東の騎手で、宗像厩舎所属。
今年ずいぶん力を付けた騎手で、関東リーディングでも現時点で18位に付けてます。立派。
それでいて減量騎手の恩恵もありますし、これはますます勝機あり?(笑)

ただ、冷静に考えても力はありますし、中京に競馬場が変わるのは良いかもしれません。
中京ではどうしても追っ付けるような競馬になりますから、この馬に合ってる気がします。
実際に2勝目は中京競馬場で鮮やかな勝ち方でしたので、馬券も勝負するつもります。

エイプリルウインド 12/14(日) 中京7R 芝2000m戦です。

2008年12月11日

ラインオブナイト 朝日杯出走断たれる

朝日杯FSを目指して調教を積んでいたラインオブナイトですが、蕁麻疹を発症、朝日杯を回避する事になりました。体質的にもまだまだ馬が若いと言うことです。

ま、個人的には2歳芝のチャンピオンレースはさすがに荷が重いと思っていたのですが、出ないと分かるとそれはそれで残念です。勝手ですねー。(笑)

それにしてもこの路線はいただけません。
まったく出れるレースが無いんですから。
そりゃ、朝日杯にでも出とこかな?って気にもなりますわね。

いつまで待機すりゃいいんでしょうか。
別に中央じゃなくて良いんですよ。
地方でもっと出られるレースを作って、この路線組はこっちへどうぞーってな具合にして欲しいす。
・・・これも贅沢か。(笑)

2008年12月10日

キター! アルナスライン有馬参戦決定

アルナスラインが予定を急遽変更して有馬記念への出走を決めました。

JCでスクリーンヒーローが勝った事が大きかったのかも知れません。
そうならスクリーンヒーローには感謝しないと。(苦笑)

重賞は未勝利ですが、重賞でも1番人気になるオープン馬。
こんなにコロコロ予定を変えるのは節操が無いと言われるかもしれませんが、良いんです。
言いたい人は言っていてください。
結果が全てですから!と言いたいところですが、スーパーウーマンが出てきますし、中山の鬼もいます。
とてもそんな強気になれるようなメンツではありません。

でもアルナスラインにとっては消化不良の1年でしたし、ここで有馬記念に出走させて頂けるのは敗者復活戦みたいな感じでありがたい。
去年のファン投票30位程度から、今年はメトロポリタンSしか勝ってないのに16位程度にいます。
賞金無しのアルナスラインにとって、この順位がなければ無かった話です。
投票してくださった皆さんに感謝。

とにかく決まってしまった今はワクワクしてきました。
これで年末の楽しみができました。

年明けを予定していた復帰戦が急遽有馬ですし、仕上げは心配ですが、有馬記念が終わった時には「アルゼンチン共和国杯組はレベルが高かった」と言われる様な結果を期待したいっす。(笑)

2008年12月09日

アルナスライン アル共後の次走

なんかおもしろい事になってるの?かな。

「それはあかんやろ」と思う気持ち半分、期待してる気持ち半分。(笑)

ま、11日にメンツが発表されるまでだんまり、かな。

2008年12月05日

ラインオブナイト 朝日杯へ

3戦目で良い勝ち方をしたラインオブナイトですが、川崎で行われる全日本2歳優駿(Jpn1)に目標を定めていたものの、今年は賞金持ってる馬の出走表明が多く補欠の4番手に。(苦笑)

どう回避馬が出ても補欠の4番手ではさすがに無理ですねぇ。
現地に行くつもりもありましたし、出れれば・・・と、かなり期待していたんですが、叶いませんでした。
まー、豊っちも骨折休養中ですし、よしとしましょう。(笑)

続きを読む "ラインオブナイト 朝日杯へ" »

2008年12月01日

アルナスライン 相手悪し

ジャパンカップはなんとなんとスクリーンヒーロー
展開やら成長、体調などがすべて向いた勝利なのか。
でないと、前前走まで準OPで走っていた馬が勝つとは考えづらい。
騎手の好騎乗もあるかもしれんが、間違いないのは実力と運があるという事。
正直、この馬が勝つとはまったく予想出来なかったなぁ・・・。

そんな馬が前走のアルゼンチン共和国杯では53キロ。(アル 58キロ)

おかしなハンデやー!(苦笑)

なんとも運の無い馬です。
実力はもちろんの事、運も無いとOPクラスでは活躍出来ないっすね。
一年を振り返ると、そこまで勝たなくても良いのにメトロポリタンでの圧勝でレーティング↑(ハンデ↑)。しかも賞金は小。目黒で賞金上積みのはずが2キロ減に逃げ粘られ、宝塚記念は雨。京都大賞典ではアンカツにブロックされ、無理やり出たアルゼンチンでは未来のJC馬が出走しており、しかも5キロ減。賞金加算失敗で、今は行く道が無く来年まで休養です。
すべてが裏目裏目に出たこの1年。運が無い。

来年は運が良くなくてもいいですから、悪く無い一年でありますように・・・。

2008年11月20日

アルナスライン 日経新春杯へ

都落ちしたアルナスライン
次走は年明けの日経新春杯というアナウンスがありました。

新春杯?またハンデ戦やんけー!懲りんのー。

と思う私の反応は普通では。(笑)

でもチラホラ「豊」って名前が出てます。
マジ!?

それならエエで。

そう思ってしまう私は普通か!?

でもそんな情報、どこ探しても見つかりません。
ガセネタじゃありませんように・・・。(苦笑)

2008年11月18日

アルナスライン 今年は終了

JCへの望みを絶たれたアルナスライン
今後の予定が決まりました。山元TCへ放牧です。

JCには重賞未勝利馬は登録すら出来ない規定があるらしく「登録しませんでした」とのこと。いやいや、登録出来ませんでした、でしょー。(苦笑)
そんな規定があったとはー。
というか、陣営も今までそんな事一言も言ってなかったのだから、重賞未勝利馬はJCへの登録が出来ない事を直前まで知らなかったんでしょうね、きっと。(苦笑)

それにしても放牧かぁ・・・。
今年は5戦で終了。なんか物足りないなぁ・・・。
チグハグな1年で終了してしまった感じ。
まぁ、G1にも人気で出れたし、重賞でも2・3着。
贅沢言っちゃいけないけど、今年は最低重賞勝ちが目標だっただけに、ねぇ。

勝てる時に勝たないと、こうなるってこっちゃ。
つくづく騎手っていうのは重要ですのぉ。
ま、馬に飛び抜けた実力があれば全然問題ないんですけどね。(苦笑)

ファン投票で有馬に出れても出んのかね?
出たいのー。(苦笑)

2008年11月17日

エイプリルウインド 進歩無し!

福島8R 圧倒的一番人気に支持されたエイプリルウインド
パドックでは前走と同じような感じで、まだ体が出来てはいないものの、ここでは抜けている印象。
前日のラインオブナイトの「勝てる可能性は十分ある」という信頼度以上の「まず勝てる」くらいの信頼度。しかししかし、3コーナーくらいではメチャ手応え怪しく掲示板確保くらいか!?と心配したほど。
そこから底力で直線伸びて来るも届かず2着。
この結果にはガックリ・・・。

前日貯め込んだPAT資金がずいぶん減りました。(苦笑)
さすがに単勝1.6倍(最終1.9倍)のオッズを見て単勝は気が引け、頭固定の3連単を数万円分・・・。
アホしたー・・・。(笑)

現在調教師リーディング争いを演じている調教師のコメント
「前走と全く同じ負け方ですね。勝負どころでスッと行かないところがあるので、しっかり乗ってエンジンをかけていってもらいたかったです。」
と、泰っさんやや怒ってる!?コメント。(苦笑)

ヤバイっすよ、赤木さん。
降ろされちゃいますよー。
もう一度チャンスあるかな?
調教師の厳しさ、優しさを見れる次走となりそうです。
・・・つーか、脚元大丈夫ー?(笑)

2008年11月15日

ラインオブナイト 接戦制す

時間が無いので簡単に。
本日出走したラインオブナイトが勝利!!うおぉー!

最後の直線はアツかった。
いつものパターンだと差し届かずですが、届いてくれました。
いや、実際には負けたと思いました。
リプレイで「うおぉー!」です。(笑)

パドックでは解説の米満さんにバッサリ切られましたが、私的には良かったです。
(でも、この方の解説はズバッと明瞭で聞いてて感じが良いですね)
確かに若干太い気はしましたが、それ以上に腰以降の安定感が段違い。
1戦目2戦目はどーも頼りない腰〜後躯でしたが、今日は全然違いました。
馬体はこれまで出資して来た馬の中でもトップクラスになりそうです。

にしても人気無かった。
あまりの人気の無さにちょっとビビって金額下げちゃいました。
それでも相当プラスになりましたし、なによりこの日、久々に一人で集中して家庭内PAT馬券してたんですが、当たる当たる。万馬券連発、10万馬券も3発的中でPAT資金恐ろしい事になってます。
・・・・・・どうせ元々無かったお金。この半分を明日の4月風にぶち込みます!(マヂデツカ)

考えてみりゃ、3連単を全レースで買える事になって初めてまともに馬券買いました。
この調子で調子こいて突き進んで行こうと思います。(笑)

で、ラインオブナイトはこれで面白くなりました。
これはもう狙うは12月のG1でしょー!
豊っーち!かもんべいべーかむばーっく!!
いざ川崎じゃー!(笑)

2008年11月14日

ラインオブナイト 振られる

ラインオブナイトの3戦目が明日(土)です。
(当初予定していたエイプリルウインドは日曜に変更で同日出走ならず)

豊っちに騎乗依頼を打診していたらしいですが、見事に振られました。
同レースに出走する山内厩舎のゼットサンサンという馬に騎乗するようです。むむむ・・・。
まぁ、新馬戦勝馬なので仕方ありませんのぉ。
それでも庄野調教師、きっちりとルメ−ル騎手を確保してくれまして、準備はOKです。

メンツはソコソコ集まってるみたいですが、相手達はまだ適正が芝かダートか?もう少し長い距離が良いのか?と見極めてる最中の馬も多いでしょうから、すでにこの路線ケテーイのラインオブナイトとしては有利・・・なはず。(笑)

2歳のうちに稼げるだけ稼いでおかにゃ、後が辛い。
勝利を期待。(笑)

2008年11月12日

エイプリルウインド なんとまぁ・・・

先日復帰したエイプリルウインド
なんと連闘です。

登録だけでしょ!?って思てたら、どうも本気らしい。
屈腱炎からの休養明けですよ。(苦笑)

いやいや、個人的には楽しめて良いですよ。
それに頭の悪い調教師でもないですから、使うという事はそういう事なんでしょう。
馬が健康であるならば使わねば。
ビビッててもあきません。使ってなんぼ。(笑)

場所はまた福島なんですけど、この馬、全然関西馬っぽくありません。
中京→福島→新潟→中京→福島→福島。
阪神や京都ではいつ走ってくれるのか。(苦笑)

騎手は相変わらず赤木さん。
この馬はずっとこのままで良いっす。(笑)

20081112_1.jpg

今回はさすがに人気になるんで、馬券は買えん。

2008年11月10日

アルナスライン 望み絶たれる

アルゼンチン共和国杯を見に現場に行ってきました。
いやー、めっちゃ寒かったっす。東京。こっちより寒いんちゃうかな?

なんとか迷子にもならず、13時過ぎに府中に到着。
着いたらポツポツ雨が降ってるしー。なんか嫌な感じー。(苦笑)

ま、結果はご存知の通り。
これでJCへの道は絶たれ、行く道がなくなりました。
放牧か、はたまたステイヤーズSか?別路線か?
まー、何にせよ明るい未来ではありません。

続きを読む "アルナスライン 望み絶たれる" »

2008年11月08日

エイプリルウインド 復帰戦

今日はエイプリルウインドの復帰戦でした。

どんな姿でパドックに出てくるだろうと楽しみにしていた訳ですが、+18kgで姿を見せました。
一通り相手を確認し、エイプリルウインドを確認。
「あ、これは下手すりゃ勝つな・・・」と感じ、3連単の頭で馬券を購入。
馬体からでは、このクラスなら力上位。

結果、最後の直線で体が重く、抜け出した相手を捕らえきれず2着。
苦しみながらも伸びて来たって感じの伸び方。
久々の実戦と、プラス体重が影響した様子。

うちの馬達はいつも良いところまで行くんですが、勝ちきれません。(泣)
勝てるときに勝っておかないと駄目なんです、この世界。
特にこの馬は一戦一戦が勝負。
次走は無いかも知れない馬です。

なんともなければ良いですが・・・。

と言いつつも、2年半近くの療養明けで2着。立派です。
負けはしましたが、頑張ってくれた彼に感謝。

木枯らし吹く中、4月の風は健在です。

2008年11月07日

土曜日にも期待

アルナスラインのアルゼンチン共和国杯にどうしても気が行ってしまいますが、実は福島 土曜日 6Rにエイプリルウインドが復活します。
ついに、ついに帰ってきます。
長かった・・・。(嬉泣)

かなりお気に入りの愛馬でして、実力もあると信じております。
屈腱炎からの復帰で、2年4ヶ月振りのレースです。
普通なら、長期休養明けだし、最初はサラッと行って帰ってくれば・・・と言うところでしょうが、脚に爆弾を抱えてる本馬はそんな悠長な事を言ってられません。
正直、脚元の作りから見ても再発の可能性はかなり高い気がしてます。
まさに一戦一戦が勝負なのです。
あと何回走れるかなぁ・・・。

と言うわけで、今回は最初から好勝負を期待してます。
相手関係もそんなに強力なメンバーではなさそうです。
パドック次第で馬券もガツンと行こうと思っておる次第でございます。

・・・と、私だけがイレ込んでいても仕方ないのでありますが、翌日のアルゼンチン共和国杯へ良い流れでタスキをつないでもらいたいもんです。

2008年11月04日

名勝負の裏で

ここ数日、色々と忙しく競馬も天皇賞を見ただけ。

でもその天皇賞が凄かったすね。さすがに興奮しました。
で、こんな馬達がジャパンカップ出てきたらさすがに勝てんぞ・・・とも。(笑)

アルナスラインが、そのジャパンカップに出るために必要なレース、アルゼンチン共和国杯が今週末東京で開催されます。現地に行く予定をしてますが、先ほど久しぶりにパソコンを開いたもんで、ブログのコメントで横典さんが騎乗停止という事を知りました。(笑)
天皇賞の裏でこんな重要な騎乗停止があったとは。(苦笑)

公式HPでは内田騎手に騎乗依頼したとの事。
横典さんから内田騎手の乗り代わりですが、個人的にはより良い騎手になった気がします。
横典<内田というのではなく、アルナスラインには内田騎手みたいなタイプの方が合ってると。
今後乗ってくれるかどうかは怪しいですが、とりあえず今週末です。
落としたら・・・終わりです。(苦笑)

2008年10月21日

アドマイヤジュピタ引退

アドマイヤジュピタが屈腱炎で引退ですって。
うーん、こわー。

いつ、こちら側がこうなってもおかしくない状況。
あと何回走れるか。
一走一走をしっかり応援せねば。

つーわけで、次走のアルゼンチン共和国杯も無理して行こうかなーって少し考え中。
東京に着くのは10Rくらいになりそうだけど、こんな機会じゃないとねぇ。
ま、いくみんと要相談ですが。(苦笑)

奇しくもアドマイヤジュピタの引退レースに行った訳だが、一枚も写真撮ってない。
G1馬くらいは撮っておかんと・・・とちょっと後悔。(苦笑)

2008年10月17日

アルナスライン乗り代わり決定

アルナスラインの乗り代わりが決定しました。
勝負事の世界です。仕方ありません。

次走のアルゼンチン共和国杯は関東の横山典弘騎手だそうです。

好きな騎手ですし、実力的には全く異論は無いのですが、ちょっと微妙です。
どう考えてもホクトスルタンの主戦ジョッキーですからね。
今年一杯は乗ってくれるとしても、来年はホクトスルタンが帰ってきます。
ホクトスルタンとアルナスラインでは、メジロが絡んでるだけに負けるのは必至。
長く最後まで乗ってくれるような騎手は居ないものなのでしょうか。
若手でも良いんだけどな。

どうしてわざわざ同じ主戦場の、乗る馬が決まってる騎手に依頼したのか?
・・・来年はひょっとしてメイショウサムソン無き後の騎手を狙ってる?(苦笑)

2008年10月15日

アルナスラインの次走

アルナスラインの次走が決定しました。
アルゼンチン共和国杯だそうです・・・やはり。(苦笑)

いや、でも仕方ないです。
賞金をGETしに行かなくてはなりません。
前走あんな事になっちゃいましたからね。
余裕を持った万全の体制で進める立場ではなくなりました。
無理してでも攻めて行かねば。
なんて言うんでしょう。あの騎乗で全ての予定が狂いました。
ここで1つ挟んだ事で、この秋どうなるか。
ここで賞金をもう一度稼ぐ算段でJCなんでしょうが、中2週です。

馬には辛いローテになってしまいますが、頑張ってもらわねば。

でも騎手は変えてください。(苦笑)

20081012_7.jpg

おまけ。
やっちまった和田騎手。(苦笑)

2008年10月13日

2008年秋 京都競馬場

と言うわけで、京都大賞典を見に京都競馬場まで行ってきました。
個人的にはどう考えても勝ち負け出来ると思ってたアルナスラインの応援と、先日購入したレンズ、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMの試し撮りを兼ねての遠征です。

久々の競馬撮影で、カメラの設定はどうすりゃ良いんだ?全然わかんねー・・・で始まった1R。
とり合えずシャッタースピード優先モードの1/160秒のAI SERVOに設定。
ISOはかなり天気も良かったので100でいけるべや、と安易に決定。
(・・・結局、ISO以外の設定は最後までこれで突き通します。だってカメラのモニターじゃ良し悪しの判断出来なかったんですもの・・・自分の腕ならシャッタースピードは1/200位が良い様子)

3Rではえどさんのキャロ馬、ドナシュラークが出走。
撮る馬が決まってると言うのはやり易いもんです。
で、パドック見てたら、太て〜。(笑)
馬体は悪くないんですが、いかにも太い。
逃げるようなんですが、最後は飲まれるんかなー?と思ってました。
そのドナシュラーク、最後の直線ファインダー越しで見る彼の脚色は衰えません。
飲み込まれる様子も無く、「あら?あら?あら?」と写真を撮ってました。
まさかまさかの逃げ切り!
ファインダー越しでは周りが見えないので、結構興奮しますね。(笑)

20081012_3.jpg

えどさん、F1見に行ってる場合じゃないですよー。

続きを読む "2008年秋 京都競馬場" »

2008年10月12日

怒!

淀から帰ってきました。

私、これまで負けた事を騎手のせいする事は殆どなかったと思いますが、今回はさすがに駄目です。
もう和田は勘弁。

10頭立てを捌けんとは・・・。

酷すぎます。

なんか、アドマイヤのおっさんにやられた気がする・・・。

写真はまた次回。

2008年10月11日

アルナスライン いざ京都大賞典

なんと前売り2.2倍で1番人気。
天皇賞馬を差し置いて重賞未勝利馬が1番人気とは。
いくらなんでも人気にさせ過ぎでは。
(馬券を買う気が失せてしまいます 苦笑)

スポーツ新聞紙もかなり推してます。
やはり賞金面が足らず、勝負気配がムンムンである事&逆にアドマイヤジュピタは相当ステップレースの感が強い事が原因なんでしょう。そしてそれに追従する方が多く馬券を買ったという事でしょうか。

まぁ人気はどうでも良いんですが、和田騎手が必要以上に気にしてしまわないか気になります。
去年と違って他の馬もアルナスラインの出方を気にしているでしょうしねぇ。

とにかく明日、京都に行ってきます。
実は競馬場で見るのは明日が初めて。
久しぶりの競馬場という事もあってとても楽しみにしています。
帰りもハッピーだと良いなぁ。(笑)

2008年10月09日

すみれステークスを思い出せ

京都大賞典を狙ってるアルナスライン、でも実は結構崖っぷち。
ここを勝つ、もしくは最低でも2着に入って賞金を加算しない事には今後のローテーションがまったく狂って来ます。JCなんて大それた事言ってますが、ここで結果を出さない事には急遽「アルゼンチン共和国杯に出ます」なんて事になりかねません。それは寂しく、悲しい。(笑)

ただ、この馬はやってくれます。
すみれステークスがそうでした。
強力メンバーに恐れをなして弥生賞を回避。
そして皐月賞に出るために向かったすみれステークス。
重賞じゃないので勝つ事しか皐月賞に出られない、崖っぷちの一戦。
そして彼は勝ちました。
やってくれました。

そして骨折。
・・・やってくれました。

だから今度もやってくれるはずです。
崖っぷちには強いんです。

今日は私の誕生日。
誕生祝に間違いなくやってくれるはずです。(笑)

20060908_3.jpg

2008年10月08日

2008年秋 アルナスライン出動!

アルナスラインの復帰戦が迫ってきました。
今週末に行われる京都大賞典。

今日最終追い切りが行われ、まぁまぁそこそこの数字だったようです。
なかなか皆の期待に応えられない、見かけより繊細な彼で、道悪下手。
でも特技もあって、デカいのにポン駆けが上手。

その特技が生かされる今回の復帰戦にはかなり期待しています。
・・・と言うか、ここで賞金を加算しておかないと秋のG1、賞金不足で出られません。
京都大賞典→JC→有馬 とローテを考えてるようですが、いやいやいや、先生お金は?って感じがしないでもありません。気持ちはかなりの王道路線ですが、実際は重賞未勝利馬です。(苦笑)

相手関係はやはり1番人気になるであろう、アドマイヤジュピタが強力。
ただ一緒に戦ったホクトスルタンを基準に考えれば十分戦えるはずです。

去年のこのレースは古馬の力をまざまざと見せつけられた一戦でした。
今回は自分がその立場。馬体もパワーアップしてますし、更に進化した重戦車ぶりに期待です。

どうも天気も悪くなさそうなので、京都ですから久しぶりに当日は現地に観戦予定。
新しいレンズを持っていきます。(笑)

2008年10月01日

ラインオブナイトの勝利メダル

・・・のお知らせがきました。

もちろんいつも通り静観ですが、ゼッケン応募は是が非でも。(笑)
なんたって我が家の家宝になりそうな武豊ゼッケンですから!(苦笑)

・・・やっぱメダル買わないと駄目?もらう資格なし?(笑)


メダルの重さは87.3gで260,666円ですと。

・・・って、めちゃめちゃ落ちてるしー!
エイプリルウインドの時が約130g。
アルナスラインの時も同じ約130gだったから・・・ひどい・・・ひどすぎる。

金の価格が上がり過ぎ。
これでメダル買う人要るんだろうか・・・?

と、私には全く無用の詮索をしてみた。
ゼッケン当たれ〜。(笑)

2008年09月29日

ラインオブナイト初勝利!

ラインオブナイトが2戦目で勝ちあがりました。わーい。
2歳のこの時期に勝ち上がるって素晴らしい。気持ちが楽。(笑)

勝てる時に勝つ。簡単そうでなかなか出来ない事です。
内容などには目を瞑って、今は素直に喜んでます。

この日は一日中仕事だったので、出勤時に携帯で単勝にドバッと。
被った1番人気になるものだと思っていたので、それだけ入れたんですけど、1番人気が他に居てちょっとビビリ・・・。(笑)
仕事じゃなくライブ観戦してたらもう少し抑えた額にしてたかもしれません。
結果的には3.6倍も付いて思わぬ臨時収入。ありがたい。

次走はどこに行くのか。
この時期のダート戦線は寂しいもんですからね。
地方に行くのか?
ひょっとして12月まで休んじゃう?(それはやめて)

↑追記 11月15日の京都ダート1200mに向かうとの事。

楽しみが増えました。
最近の悪い波は確実に良い方向に向かってます。
このままアルナスラインに向かって突き進みます。(笑)

2008年09月28日

ラインオブナイト2戦目

ラインオブナイトの2戦目です。
日曜阪神1Rダート1200m。
鞍上は引き続き武豊。(うーん、こう書けるのもこれが最後か?笑)

あいにく一日中仕事でライブ観戦も無理ですが、それを楽しみに夜遅く帰って来ます。

強い馬はたとえ初戦で負けたとしても、競馬と言うものを知った2戦目では本来の競馬センスと実力で簡単に勝ってしまうもんです。なので私の中では2戦目で勝ちあがる馬は相当楽しめる馬だと思っています。

と言うわけで、明日が試金石。


・・・車とレンズ買ったんでよろしく。(笑)

2008年09月18日

来た!豊っち確保!

ラインオブナイトの次走が9月28日の阪神ダ1200mになりそうです。
すでに鞍上 武豊を確保した模様。
嬉しー。

クラシック路線では間違いなく良血馬の強馬から取捨選択する騎手。
デビュー戦乗ってくれたとしてもすぐに乗り変わるのは目に見えてますが、この路線は意外と乗り続けてくれるかもしんない、、、と思ってみたり。
さすがに馬が全然弱っちかったらあかんけどねぇ。

前走で完全なダ1200mだけの馬じゃないことも分かりましたし、今後もそこそこ選択肢はありそうです。
とにかく1勝を。
もともと思い入れの強い馬ではありますが、次走次第で更にのめり込みそうな気配。
末永く楽しませてくれる馬になって欲しいです。

2008年09月17日

ラインオブナイトデビュー結果

2着でした。
上等じゃないですか。2着ですよ。
離された2着じゃなくて、接戦の2着です。上等。

・・・と心が言い聞かせる。(苦笑)
ああ、700万円が。。。(笑)

武豊って騎手はあそこで計ったように差し切るんですけどね。
なんでうちの馬じゃ差さんのだ?(苦笑)

スタート悪く後方から。
そして新馬戦にありがちな砂を被って頭を上げ、追走もそこそこに。
直線差せると思ったら、あら?ゴール。

豊っちのコメントでは、先頭に立とうとすると躊躇した、と。
・・・根性出せやー!(笑)

ま、2着は良いとしても、タイムが悪いのが気になる。
それよりも気になるのは次走、豊っちが乗ってくれるかどうかだ。うむ。

2008年09月11日

ついにデビュー しかも豊っち

ラインオブナイト(バトルライン×モスフロックス)のデビュー戦が決まりました。
6月に入厩してもう9月ですから、まるまる3ヶ月間調教してました。
じっくり調教を積んできたというよりは、調教師さんが手元で仕上げて行きたいために早めの入厩をしたという事なんでしょう。最近の調教タイムを見ているとなんかそんな気がしてます。
徐々に走れるようになってきました。

それになにより武豊です。
デビュー戦で武豊。
走る走らん別に、厩舎が気合入っているのは確かでしょう。
見てるほうも期待してしまいます。

続きを読む "ついにデビュー しかも豊っち" »

2008年09月05日

ザナドゥ 競走能力喪失

ザナドゥ、右前脚の管骨々折で競走能力喪失ですって。。。

復帰したと思いきやこの結果。
最悪の結果になってしまいました。

1つ勝てればまだまだ楽しめた馬。
馬体もこれからってところだったのに。

右前。昔から気にしていた泣きどころがここでした。(過去ブログ参照  
脚元の確認不足。それに尽きます。

タイムリミットが迫ってる、また未勝利で終わる程度の馬ではないと言う事で、多少無理してでも1つ勝たして・・・って感じでここ最近は調整されて来ました。
結果的には最悪の結果にはなりましたが、その調整過程が間違ってるとは個人的には思いません。
むしろ、そんな調教師さんの方が好みです。
結果は仕方ない事です。

お疲れさん。

ここんとこ、公私ともども悪い事ばかり。
そろそろ浮上したいところです。

2008年09月03日

ザナドゥ 故障

やってしまいました。
4戦連続3着。

それよりなにより故障発生・・・?

参った。

残業して帰って来て、ダブルパンチです。(苦笑)

軽症で済みますように。。。

2008年09月02日

ザナドゥ 4戦目は名古屋競馬

これまで3戦連続3着の未勝利馬、ザナドゥの4戦目が決まりました。
指定交流競走 名古屋チャレンジカップグレープ賞ダ1400mです。
小牧騎手で初勝利を目指します。

なんだかスカッとしない臨戦過程で、万全とは言い難い出来ですが、初勝利を期待。
何と言ってもタイムリミットが近づいてるんス。
一戦たりとも無駄には出来ないんすよ。
1つ勝てれば上のクラスでもまだまだやっていける馬です。
消えていくには勿体無い馬です。

距離は1400m。
これまで使ってきた1700や1800に比べ、この馬には合ってそう。
これまでの鬱憤を晴らすべく、スカッと決めてもらいたいの−。

明日(9/3)の10Rとの事ですが、当然ながら仕事(激務のヨカーン)。
ネットで見れるようですし、ヘロヘロになって帰って来た後の楽しみにしておきます。
(ダブルパンチになったりしてー 苦笑)

2008年08月25日

不調な愛馬たち

出資馬が不調です。

復帰が近いと思われたエイプリルウインドが鼻出血で栗東から退去。
デビューが近いと思われていたラインオブナイトは足が遅そうで、ズルズル予定が延び。
万全の状態にと師は言うが、能力が無くて調教走らないだけと思える・・・。(苦笑)
アルナスラインは秋まで放牧中で動きなし。(秋に必要な賞金もなし・・・)
そのわりにはクラブから届いた出資維持費が3万円弱。金食い虫め!(苦笑)
3戦すべてに3着のザナドゥは、調教師さんの出したい気持ちに応えられず、少し強くやるとあっちこっち痛くなるという有様で、こんな状態で無理やり出走しても・・・という状況。

ただ、ザナドゥの方は中央での初勝利は諦めるのか、地方の指定交流に出る様子。
9月3日らしいので、ようやく愛馬に具体的な復帰目途が立ったかな。

9月からは仕事が忙しくなります。
気を使わずに、愛馬の方も出走ラッシュを期待しています。

2008年08月06日

バトルライン産駒 ラインオブナイト

今週末にデビュー予定だった、バトルライン産駒のラインオブナイト、ここに間に合わせるには急仕上げになるという理由でデビューは8月終わりに先延ばしになりました。

6月の早い時期から入厩していて「ここに間に合わせるには急仕上げ」という理由も苦しいものがあります。・・・いや、別に厩舎批判じゃなく、庄野先生も調教であまりに走らないから困ってるんだろうなーと。(苦笑)

先週、今までそこそこ乗り込まれているのに、栗東坂路で 55.1-41.0-27.7-14.4 稍一杯 ですしね・・・。
デビューしようかという週に、さすがにこの調教時計では不安になるでしょう。

私もこの馬には自信を持っていただけにショックです。
馬代金は回収するという自信が、デビュー前の調教ですでに崩れてます。(苦笑)
期待が大きかっただけに、悲しいなぁ。

ま、まだ結果が出た訳でもなく、レースに行ってのやる気さえある馬であるなら、1400万円の馬代金なら回収する可能性も残されています。これが高額馬なら凹みようもハンパないでしょうけど。(苦笑)

激しく不安ですが、そのデビューが近づいてきているのは確かです。
良い意味で裏切ってくれます様に・・・。

2008年07月05日

帰ってきた4月風

ようやく、ようやく帰ってきそうな気配です。

78087_00028650.jpg
4月風こと、エイプリルウインド

この馬で菊花賞を夢見て、翌年アルナスラインの菊花賞へと続きます。
なんだか普段はのほほーんとしていて、レースではビシッと決める格好良い奴。
私にとっては一番思い出深い愛馬です。まだたった4戦ですが。

しかし、もう丸々2年以上遠ざかってますか、実戦から。
早かったようで、長かった。うん、長かった。
アルナスラインがその時間を埋めてくれたから良かったようなものの、嫌ですね屈腱炎は。

屈腱炎ですから、再発すれば即引退でしょう。
これからは常にこの恐怖と一緒に歩んでいかねばなりません。
少しでも長い競争生活を歩ませてあげたいと思います。

今のところ調教も坂路で52秒台をマークするなど、順調です。
いや、順調でした。
・・・先週、鼻出血したとの事。
肺からじゃない様ですので、大事には至らないと思いますけど、ヒヤッとします。
問題なければ復帰戦は近いです。
この馬の復帰戦はもの凄く楽しみです。(ちょっと怖さも 苦笑)

2008年07月01日

第49回 宝塚記念

私の書いた社台募集希望馬を発表するつもりでしたが、時代遅れになる前に宝塚記念の感想を。(ってすでに遅いか)

宝塚ウイークは病院のベッドの上でしたので、病院で購入できるスポニチを穴が開くほど読んでました。まー、時間だけはアホほどありましたからねー。(苦笑)
同じアル出資者のうえPさんから「追いきりは賛否両論」とシャバの雰囲気をメールで教えて頂きましたが、個人的には悪くない追い切りだと思っていました。もう3戦目ですし調教タイムが重要ではありません。和田騎手が言うように、折り合いに重点を置く事も正解だと。
ただ、木曜日の15-15の微調整はここ一番の調教としては恥ずかしいかも知れません。(笑)

私が一番心配していたのが馬場状態。
ここでも書いたとおり、これまでのこの馬の動きを観察してると、どうもこの馬は重い馬場が苦手なんでは無いかと思っていたからです。
新聞では大型馬のパワータイプ。重馬場は問題なしとか、陣営も「ダートも走ってるし、問題ない」との事でしたが、デカけりゃ重馬場得意な訳じゃないですし、ダート走れば云々も同様。上手く無い馬は上手く無い。
重馬場だけは勘弁やでーと願っていたんですが、日曜日起きたら雨。やっぱり雨。
仁川の天気予報を携帯で確認するも雨。うー、最悪。

宝塚記念発走の15:40。
まだ病院のベッドに居ました。(笑)
結局ライブで見れずです。
帰って録画で確認しましたさ。

パドックは明らかに前走よりは上。
これならこの馬場さえこなせれば・・・と正直思いました。
スタートも上手く決め、道中も手応えは悪く無いように見えました。
・・・というか、悪くなかったようです。(和田騎手談)
メイショウサムソンと一緒に、さぁこれから!という4コーナー。
・・・伸びませんでしたね。ショックでした。

馬場を気にしたのかどうかは騎手のコメントからも分かりません。
ただ私には自分でやめてしまった様な直線の走りに見えました。
過去にも前と差が開き過ぎてしまった時など、全然走らず大敗したレースもありますし。
変なプライドがある馬なのかもー。(笑)

現時点ではまだ脚元どうのという情報は入ってきてません。
このまま次の公式コメントまで行って欲しいもんです。

一緒に見ていた子供が教えてくれました。「10番目や」と。
・・・重賞レースって10着まで賞金配当あるんですよね。(笑)
良くやったぞ、アルナスライン。(笑)

さぁ、今度は秋です。
ただ如何せん賞金が足りません。
どこかで補充しないと。。。
厳しく、また楽しみな秋になりそうです。

20080629150631.jpg
現場からえどさんが写メを送ってくれました。 お気遣い感謝。(誕生日おめおめ 笑)

2008年06月03日

また2着

目黒記念に出走したアルナスライン、また2着でした。

騎手は普通に問題無く乗ってもらえたと思います。
(超一流が乗ると1・2馬身は平気で違うんでしょうが、贅沢は言いませぬ(笑))
横典さんに上手く乗られ、馬に負けたというよりジョッキーに負けた感じ。
いやー、やっぱりこの騎手を敵にまわすと怖いすね。
特に今回のようなメンツ、脚質では気配ムンムンです。
(メジロの血をひいた馬に、この騎手が跨って勝ってくれたのは素直に嬉しい。ただ、うちの馬が居ない時にして欲しいなー 苦笑)

斤量云々は無いでしょう。
あっちに2キロ増やしてくれたら結果は違ったかもしれませんが、うちの馬を2キロ減らしてくれてもあんまり変わんないでしょうし。(苦笑)

私なりの敗因ですが、馬の出来かな?
パドックを見ていて「あら?」と思いました。
頂いたDVD(前走のメトロポリタンS映像)とは明らかに落ちてる。
筋肉が落ちたのか何なのか分からず、不安のままレースへ。
休養明けより2走目が悪いという状況が理解できず、気のせいかとは思いましたが・・・。
前走後疲れが出ていたそうですし、骨膜の関係もあって上手く調整できなかったのかもしれません。

なんにせよ、馬の実力がまだ足りないと言う事でしょう。
反動が出るというのも馬がまだ幼いという事。
調子に乗らず、精進しましょ。(笑)
家のローンをこの馬に返してもらおうなんて考えてちゃ、そりゃ馬も走る気なくしますわな。(笑)

ただ、この馬がバシッと走る時はパンパンの良馬場なような気がしてきた・・・。
ダート戦であんだけ強い勝ち方をしていたので、重い馬場も走るだろうと勝手に想像してましたが、振り返ると脚捌きが軽かったのは全て馬場が良い時のような・・・。
宝塚は良馬場でお願いしましょう。(笑)

とにかく、水曜日のコメントまだ何もありませんように・・・。

2008年06月01日

目黒記念Day

正直なところ、心はダービーよりも目黒記念・・・。
ただ、ダービーはもちろんの事、その後の11Rも楽しみです。
あの馬が復帰してきますし、そこに横典さんの馬がどのように絡むかも見ものです。(笑)
という訳で10R〜12Rまで、今日は夜勤の谷間ですがとても寝ていられそうにもありません。

先日、いつもお世話になってるSさんからアルナスラインの前走、メトロポリタンSのパドック〜レースを録画したDVDを頂ました。(Sさん、ありがとうございました m(_ _)m)
引越しの日で見れなかったらメトロポリタンSのパドックを遅ればせながら確認。
いやー、成長しましたねー。
頼りなかった後ろが前に追いついて来ました。
後ろだけじゃなく、ちゃんと前もしっかり。
あのデカかった頭が目立たなくなってるのが何よりの証拠です。(笑)

着順も気にはなりますが、とにかく無事に。
目標はまだ先にありますから。

さ、寝て、起きます。(笑)

2008年05月28日

目黒記念へ!

前走を圧勝したアルナスライン。今週いよいよ目黒記念です。
やはり今週はダービーよりも、その後にあるレース、目黒記念す。私は。
目標はあくまでも宝塚記念ですが、相手も強いですし、ここはしっかり仕上げないと。
アルナスラインもそうですが、私も一口での重賞初勝利がかかる一戦です。

菊花賞の時は少しでも上位を・・・と思っていましたが、今回は違います。
あれだけの勝ち方をされてしまうと、否が応にも色気が出てしいます。
でも正直な気持ち、勝てると思っちゃってるんですよねー。
怖いのは脚元だけです。ホント、レース後のコメントがいつも怖い。
(でも、勝てると思っちゃってるんで、負けた時の反動はかなり怖い 苦笑)

ここである程度賞金を稼いでくれないと社台募集に差し支えるんすよ。
(秋のG1戦線の為の賞金を・・・と言わないところが一口馬主失格 苦笑)

ただでさえ関西牡馬の価格がバカ高いんで、少しでも心の余裕が欲しい。(笑)
ただ・・・そんな事言ってると走んないんすよね、馬って。不思議。(笑)

ロックドゥカンブが出てきそうな気配です。
有馬記念4着で、人気(馬券じゃない)ももちろんこの馬のほうがあります。
決着をつけましょう。是非出てきて欲しい。
・・・賞金も多くなるし。(←ばか者 苦笑)

2008年05月22日

早さは武器

モスフロックス06こと、ラインオブナイトが北海道を旅立ち、山元TCでの調教へと移行しました。
早い早い。

この分だと6月の阪神開催にも間に合いそうな勢いです。
(まぁ、あと一週間で入厩というのはちょっと無理かもしれませんが)
宝塚記念と同日のダート戦に狙いを定めていてくれると個人的には嬉しい。(笑)

やっぱり安い馬(1400万円)ですし、クラシックもハナから想定外。
どれだけ楽しめるか、走ってくれるかが狙いの馬ですからここまでは順調という感じ。

こういう馬であれば、やはり早さ(速さではない)は武器。
能力の絶対値が抜けていないのであれば、生き残りサバイバルの未勝利戦を抜け出すには数を使える、早くから使えるというのはかなりのアドバンテージ。
・・・鬼のいぬ間に、か。(苦笑)

クラシックを狙わないのであれば、こういう選択もありだな・・・という、いい経験を積ましてくれる馬になりそうな予感です。

20080417.jpg










2008年04月26日

スカパー映らんやんけー(爆泣)

たかぼー@ログハウスです。
アルナスラインの勝利を知り、引越し荷物整理の手を休めブログ更新。(笑)
いくみんからは冷たい視線。。。

今日の最大の目標、メインレースまでにTVの設置を終えること。
(たかぼー、新居に引越し中です)
・・・で、昼前にはTV設置終わるも、TV見れず。映らず・・・。あら?
悪戦苦闘すること1時間。見れず。

スカパーはTVが見れなくてもアンテナ受信出来てれば見れる事に気付き、そこから急遽スカパー設置に向かうものの、「アンテナショート」のエラーメッセージ。・・・悲劇。
1時間程粘るものの、受信レベルは0レベルからピクリとも動かず。(泣)

このログハウス、TVもスカパーも映らんやんけー!!!(爆泣)
(もちろんログハウスのせいではない)

結局JRAのHPで録画動画を見て結果を知るという結果に。
勝ったのの、パドック見たかった。
録画し、記録に残したかった。。。
綺麗な映像で見たかった・・・。。。。。

もちろん馬券も買えませんでした。
まぁ、買えなかったから勝ったのか、勝ったから買えなかったのか。

とにかく、こ汚い動画で見ても強さはわかりました。
(鞭いれなくても勝てたんちゃう?また骨折しちゃうよ。苦笑)
正直なところ、予想通り。期待通り。(嫌味ではありません・・・)
後は無事に本番へ。
もう皐月賞前のようなことは御免です。
無事に無事に。。。

2008年04月25日

アルナスライン出走も

・・・すでにくたびれてます。もう眠い・・・。
夜勤明けで玄関のタイル貼り(追加分)&床のワックス掛け。
明日アルナスラインの復帰戦なのにそれどころでは無いという状況。
もちろん楽しみにしてますが、見れるかなー。

明日は引越し。
完全な引越しは止め、大型の物品のみを運び込みます。
冷蔵庫や洗濯機、TV等。
この「TV等」が問題。
スカパーやDVDレコーダーも含まれてるので、早めに運び入れ、設定まで実施。
メインレースまでに間に合うのか?っていう感じです。(笑)

ハンデ戦で、トップハンデという名誉。
何故かこんなところにココナッツパンチが出てきて、ちと厄介な相手。
気が付けば、ニュービギニングまでいる。しつこー。(笑)
菊花賞2着馬に恥じないレースをして欲しいと思ってます。

引っ越し祝いで、馬券も買います。当て(た)るぞ!

2008年04月21日

縦縞社台

去年まで調子が悪い悪いと言われていた縦縞。
高松宮記念や桜花賞を抜いて、とうとう皐月賞まで。
さすがの底力。

気が付けばフェブラリーもバッテンで社台グループの独壇場。
なんで募集前に走るのか。また混乱しそうな今年の出資馬選び。(苦笑)

いつもの紹介キャンペーンもはじまってます。
ただウチでは引越しも重なる事から5月に入ってからお知らせする予定。
やや期間が短くなります(5月終わりまで)が、よろしくお願いします。
ただでパンフ貰って動向を探ってるだけでも面白いと思いますよ。


さぁ、今週はようやくアルナスラインが登場します。
菊花賞以来ですからとりあえずの叩きですが、そんな余裕はありません。
天狗になってるわけじゃないですが、目標は高いところにあります。
この辺りで頭打ちになってもらっては困ります。狙うは優勝のみ。(苦笑)

先週の調教では驚きの4F 50.3s!目が点。
まぁ、和田ちゃん乗ってますが、この日の坂路一番時計。
まだ太め残りと聞いてますが、頑張ってます。

今週の土曜日は熱いぜ!と言いたい所ですが、その日は引越し予定日。(笑)
当然スカパーはもちろん、TVも映るかどうか知れません。
でも何とかします。もちろん!馬きちGuy!ですから。(笑)

2008年03月12日

アルナスライン ハンブルク?

・・・寝てしまった。
ログ記録の更新しようと思ってたのに・・・。溜まる一方だなぁ。
今日(昨日)も偽大工さんとして、活躍(と思ってる)しましたから疲れてるんです。(笑)

競馬ブックでアルナスラインの次走がハンブルクCとなっていたようです。へぇー。
乗り出してからは体調が良く、だいぶ戻って来てると言うことなんでしょう。
・・・天皇賞・春に間に合う?(苦笑)

どうも強いメンツを避けてるのか重賞スタートというプランは聞こえない。
重賞勝ち実績が無いだけにハンデスタートが有利と考え、またデカ馬だけに多少のハンデは苦にならないと考えているのかも知れない茂ちゃんまん。
とにかく故障は避けるべし。(笑)

個人的には出来れば天・春出て欲しいと言う気持ちもあるし、中一週菊花賞で体調↓という事を考えると、じっくり宝塚目標でも良いかな〜と揺れてます。
ま、どちらにしても贅沢なレース選択な訳で、今が我が人生の春かなー?(笑)
・・・後は下り坂があるだけ?今後の一口人生が怖い・・・。(苦笑)

気になるのは騎手ですね。
そのまま和田ちゃんかなー。
どうもそんな気がするなー。
天皇賞終わるまでは。
ちょっとしたサプライズが欲しい気がする・・・。
(実はメトロポリタンSならウチパクもある???と思ってただけに・・・苦笑)

弱い弱いと言われている現4歳牡馬達。
言わせておけーと思う反面、実績面から確かに弱っちいのも事実。
・・・マジで弱いのかも・・・と今はオドオド。
が、勝ったら鬼の首とったどー!状態になるのは明白。(笑)
先週はタスカータソルテも重賞勝ちましたし、これからが4歳牡馬達の本領発揮。
アルナスラインもそこに加わりたい。
今年の暮れには勢力図がどう変化してるのか、その辺りもちょっとした楽しみです。

2008年03月09日

ザナドゥ ううぅ3着・・・

ザナドゥの2戦目、3着でした・・・orz
単勝1.6倍に応えられず・・・。あうち。

パドック&レースぶりからも、先がちょっと見えてしまった敗戦でした。
3着という着順以上に凹んでます。(苦笑)

2年続けてクラシック血統から遠ざかっていたので、今年の社台募集はそこを狙うつもりでしたが、どうも資金繰りが厳しくなってきたなぁ・・。
馬が運んでくるお金は期待せず、地道に働こう・・・。(苦笑)

ザナドゥ2戦目 できん子か?

夜勤と夜勤の谷間です。
本来なら構わずログハウス建築現場に向かうのですが、今日はザナドゥの2戦目(人気)という事で勘弁してもらいました。

前走あれだけちぎられた3着なのに、かなり人気してます。
メンツを見渡すとかなり恵まれた感じ。
・・・というか、これだけ実績の薄いメンツと対戦するのは初めてかも。(苦笑)

相手はキャロットのグロッケンラインくらいしか見当たらない。
グロッケンラインの出資者には申し訳ないが、勝てる時にきちっと勝つ!
だって後が辛いからね・・・。(苦笑)

心配事は、学習能力が高い馬らしいので前走あれだけちぎられた事に凹んでいないかだけ。
「どうせ僕はできん子なんや・・・」と馬がいじけてしまってないか?(笑)
出来れば、そんな余計な事に頭を使って欲しくない。(苦笑)

さて、パドックでも見てこよー。

2008年02月29日

アルナスラインの復帰戦

スポニチを見てたらアルナスラインの復帰戦について書かれていました。
もちろん公式HPでのアナウンスは無し。(苦笑)

ただ、復帰戦はメトロポリタンSとの事。
・・・えっ、メトロナポリタン???
なんでー?重賞かと思ってたのになー。

と、思ってたらメトロポリタンは4月26日。
なんだか意外と早い復帰で、確かにその辺あんまり適鞍も無いですしね。
春・天はあきらめて目標は宝塚記念だとか。
宝塚までに2戦するつもりなのかな?

何にせよ、復帰戦のレース名が出てきたあたり確実に前進してます。
このまま順調に進んで欲しいものです。
メトロポリタンは社台募集の前にありますしね、稼がにゃ。(笑)

2008年02月28日

ザナドゥ 2戦目はローカルリーディングで

化け物に果敢に勝負を挑んで撃沈したザナドゥの2戦目は3月9日、中京のダート1700mで騎手はこの時点で中館騎手に依頼したとの事。
早めに動いてこの騎手を確保した池江Jr調教師。
次走はどうも人気になりそうだ。。。

脚元も心配だし、しばらくはダートでお願いしたい。
エイプリルウインドやアルナスラインが帰ってくるまで、何とか続戦していて欲しいなぁ。
この厩舎、一旦出たらなかなか帰ってこれなさそうな気がするしー。(苦笑)

もう3月です。
これから稼いだ賞金は、すなわち今年の社台募集への資金になります。
その為にはひたすら走ってもらわにゃ。(笑)
5月までにはなんとか2000万円クラスの馬を狙える賞金を手に入れるぞー。おー!

2008年02月24日

化け物退治失敗

ザナドゥのデビューは3着でした。

やはりグリグリの馬は強かった。
心置きなくどうぞアメリカへ行ってらっは〜い。

でもあんまり着差広げると泣くぞぉ。
デビュー戦で着差「大差」なんてつけられたら寂しいやろがー。
3着なのに、レースなんてめっちゃ小さくしか映らんかったやんけー!

20080223_xanadu_4r.jpg

「こんなん、豊じゃなくてコーシローでイイよなぁ」といくみんにボヤいてたら「コーシロー君に失礼だ」と怒られた。むむむ・・・。

まぁ、化け物はさて置き、ザナドゥも4着には4馬身付けてるんです。立派。
化け物をマークして結果2着馬に差された訳ですし、悪くないデビュー戦やったと思います。
パドックでも出来ればもう一追いあればという位の出来。十分です。
(まーそれにしても一頭古馬が混ざっていたので(苦笑)、その分スケールが小さく感じられてしまいましたけどね)
これなら2000万円の回収も夢ではないかなーと思ってたらクイーンカップで彼女が2着。
・・・やはりあっちかー!(苦笑)

なんだか、価値が薄くなってしまったデビュー戦3着。(笑)
2戦目は続戦で中京に行く様子。期待しよーっと。

20080223_xanadu.jpg


2008年02月23日

ザナドゥ デビュー!

ビックリしました。
今日デビューですって。ザナドゥ。(苦笑)
昨日公式サイトを見て知りました。(笑)

デビューが近いとは知っていたものの、まさかこんな早いとは。
来週やな、と勝手に思い込んでいたので。

で、騎手ペリエっちですって。やっほー!
「誰や誰や、他に誰が出るんやー」とメンツのぞいてたらカジノドライヴという馬が人気。
むむむ・・・藤沢厩舎。
こんな所までわざわざ来なくて良いのに・・・。ボソッ
騎手は・・・武豊・・・キタネーよぉぉぉ。(泣)

昨日、馬体写真が届きました。
エイプリルウインドの時から書いてますが、この厩舎は素晴らしい仕上げをします。
この状態で出走、鞍上がペリエも用意を用意とくれば言い訳出来ません。

ただ、その馬体で気になったのが脚元です。
こういう馬は避けて出資しないといけないと思う脚元。
気を付けてはいたつもりなんだけどなぁ・・・。
遅かれ早かれ脚元に泣かされると思います。

ま、とにかくデビュー戦。
たかぼー厩舎の今年一発目でもありますし、景気良くね。(笑)
今日もログハウス現場に行って来ますが、4Rには一時帰宅する予定です。(笑)

2008年01月13日

クラシックを捨ててまで

モスフロックス06(父バトルライン)はクラシックを捨ててまで去年社台で出資した馬です。
バタバタしてたので、これまで全然この馬にふれてなかったですが・・・。

今日のシンザン記念にドリームガードナーという、この馬のお兄ちゃん(父トワイニング)が出走します。
結構いい馬で、どんな走りをするのかちょっと期待して見ています。
頑張ってくれれば弟も少しは話題に上るでしょう。
・・・今はまったく話題になる要素が無い馬ですから・・・。(苦笑)

お兄ちゃんが重賞レースに出るからではないですが、このバトルライン産駒も実はかなり期待してるんです。なんたってクラシックを捨ててまで選んだ馬ですから。(笑)
クラシック狙いで狙っていた馬はシェーンクライト06(父ジャングルポケット)でしたが、当り外れが大きそうな馬なので、堅実そうなこの馬に。もちろん堅実以上を狙っていますけどね。(笑)

根拠が無いですけど、今回の馬選びには自信があるんです。元は取れると。(根拠ないんかい 笑)
なんで満口にならなかったかが不思議。
結果的に、馬選びの実力がもろに試される一頭となったので、ちと緊張です。

20070926_2.jpg
忘れてた馬体写真を記録に。去年の9月ですけど・・・。最近の写真が楽しみです。目標はダート短距離で2勝!大丈夫だぁ〜。(笑)

2008年01月08日

気付けば栗東

Xanadu.jpg
ログハウスで忙しくやってる間にザナドゥが栗東入りしました。 まぁ11月アタマに脱・北海道だったんでちょうど2ヶ月くらいですか。グリーンWに居たのは。 そのグリーンWでは、やはり出資の時に危惧していた体の硬さを指摘されながらも、良いスピードを持っていると言う嬉しいコメントも頂ました。(当てにならないことは百も承知ですが、言われないよりは嬉しい! 苦笑) あと頂いたのはネガティブなコメンツばかりなので載せません!(笑)

池江Jr先生の馬房の都合が付いた関係から予定より早く入厩の運びになったようですので、すぐさまデビューとまではいかないでしょうが、着実にデビューに近づいている事は確かです。

・・・今なら間に合います。(笑)

とにかく、早く稼動馬が欲しい今日この頃です。

2008年01月01日

アルナスラインの年へ?

今年も始まりました。またよろしくお願い致します。

去年は長女(3人目)が生まれ、ログハウスを建てる事になり、そしてアルナスラインが大活躍した年でした。今年はその後どうなるのか?の年になるんでしょう。
ログハウスはなる様にしかなりませんし、長女は今年どうなる?と一々気にしていてもキリがありません。(苦笑)
でもアルナスラインはどうなるのか非常に気になります。
今年が勝負の年です。

正直なところ親バカとかじゃなく、今まで競馬を見てきた経験からこの馬強いと踏んでます。決して完調では無いのに、馬体からはまだ完成された馬ではないのにいつもそこそこ走ります。それを証明してくれるか、今年が試金石。

al_gw.jpg
去年はたった4戦で1勝をあげただけですが、とても内容の濃い1年を送ってくれました。 まだ今後どうなるか分かりませんが、こんな馬に出資できた事を誇りに思います。 ひょっとしたらこんな馬に出資できる事はこの先無いかもしれません。 (毛頭そんな気持ちは無いですが・・・笑) この馬に出資できたのは偶然です。 自分の見る目が・・・なんて全然思ってません。 狙ってこんな馬を毎年見つけられるようにしなければいけませんね。 幸い、社台募集の最低限の資金はすでに稼いでくれてます。 今年の社台募集は狙いますよ。(苦笑)

ログハウスで忙しいけれど、アルの今をしっかり楽しまねば、と思ってます。
そのせいでブログなんかも前半は年末と同じような感じになってしまうかもしれませんが、アルナスラインが頑張れば書かないわけにもいきません。そのためにも怪我に注意して頑張ってもらいましょう。
今年はぜひ競馬場に見に行きたいものです。

今年も気長にお付き合いくださりませ。

2007年12月07日

有馬、さらに一頭回避出ましたー

有馬記念、回避馬一頭また出ました。

・・・アルナスラインが。。。orz

怪我とかじゃなくて良かったですけど、おもんなー。
ログハウス建築も良いこと無くて問題だらけだし、疲れ倍増。

まー、出走予想で数日間楽しめたからよしとする、か。
来年頑張ってもらいましょ。

2007年12月06日

いつもなんらかに絡んでくる馬だ・・・

昨日2頭回避馬が出たと思ったら、返り咲きがひとり。
・・・サンツェッペリン。
有馬から金杯へ向かうとな。
むむむ。こっちは有馬出れるか出れんかの瀬戸際なのに、有馬を金杯の叩き台のような扱いをしてからにー!(苦笑)

この馬はちょくちょくアルナスラインに絡んでる。もう戦うのは4度目か。(負け越し中)
目の上のタンコブのような存在だなー。

サンツェッペリンの存在で、これでまた有馬出走黄色信号?と思ったら1頭回避の噂。
どうもアサクサキングスが回避?
本当なら嬉しい様な残念なような。菊の再戦を果たしたかったのに。

もしこの状態であれば・・・

ウオッカ(確定)
メイショウサムソン(確定)
ダイワメジャー(確定)
ポップロック(確定)
ロックドゥカンブ(確定)
ドリームパスポート(確定)
ダイワスカーレット(確定)
インティライミ(確定)
デルタブルース(確定) →東京大賞典の可能性も
チョウサン(確定)
コスモバルク
フサイチパンドラ 9675
マツリダゴッホ 5850
ネヴァブション 4700
サンツェッペリン 4350
アルナスライン 4100

ギリギリ16番目。(笑)
今日発表された最終の人気投票は29位。
・・・可もなく不可もなく。

9日が有馬の最終登録日らしい。
鳴尾記念から流れてこないだろうな・・・。(苦笑)

2頭回避出ましたー

マキハタサイボーグとアドマイヤジュピタが有馬を回避してくれました。
ありがたやーありがたやー。
これで・・・

ウオッカ(確定)
メイショウサムソン(確定)
ダイワメジャー(確定)
ポップロック(確定)
アサクサキングス(確定)
ロックドゥカンブ(確定)
ドリームパスポート(確定)
ダイワスカーレット(確定)
インティライミ(確定)
マツリダゴッホ(確定)
コスモバルク
デルタブルース 18030 →東京大賞典の可能性も
フサイチパンドラ 9675
チョウサン 5450
ネヴァブション(?)4700
アルナスライン 4100

16頭中に入ってきたんちゃうやろか?
何か他に有馬狙ってる馬いるんやろか?

昨日の公式HPのコメントでは「賞金的に除外になる可能性が判明しました」との事。
随分とのんびりしたコメントですなー・・・。
何を今更・・・って思わなくも無いですが、2頭回避の情報が入っていないのか、はたまた他に出走意欲のある馬が出現したのか?
有馬行けなかったらダート路線に行くようですが、ダート路線は来年でも行けます。
ここまで来たら何とか有馬記念出たい。

・・・で、騎手は和田ちゃんすか?
・・・やっぱりそーなっちゃいます?(苦笑)

2007年12月03日

ログハウスと有馬記念で・・・

更新滞ってすいません・・・。

最近、現場(ログハウス)と社宅の往復で疲れてます。(苦笑)
そろそろ書き出します。(苦笑)

さてアルナスラインですが、有馬記念の人気順位で現在のところ30位と、これまで通りの人気なさっぷりで人気投票での出走は不可能。最終人気を見なくても。
ここまで人気が無いとはねぇ・・・。(苦笑)
後は残る6枠の収得賞金順位での出走可否になりますが、これも厳しー!!
ちなみに・・・

ウオッカ(確定)
メイショウサムソン(確定)
ダイワメジャー(確定)
ポップロック(確定)
アサクサキングス(確定)
ロックドゥカンブ(確定)
ドリームパスポート(確定)
ダイワスカーレット(確定)
インティライミ(確定)
マツリダゴッホ(確定)
コスモバルク
デルタブルース 18030
フサイチパンドラ 9675
チョウサン 5450
マキハタサイボーグ(?)5400
ネヴァブション(?)4700
アドマイヤジュピタ(?)4400
サンツェッペリン(?)4350
アルナスライン 4100

でした。数字は収得賞金です。
声高に有馬と言ってんのはこんなもんで、賞金順ではアルの上にまだまだ居ます。
賞金も収得賞金+1年間の収得賞金ですから、正確ではありませんが。
ざっと並べただけでもこんだけ居たのですが、昨日サンツェッペリンが金杯にまわるという情報が。

もう少しもう少し・・・。

・・・これは何となーく行けそうな気配が漂ってきた? ー ̄) ニヤッ

人気がねぇ?
でもそんなの関係ねぇー!!そんなの関係ねー!!

人気無い時のアルナスラインには要注意。(いつも? 笑)
なんか元気出てきたー!

2007年11月12日

北海道脱出

仁義無き戦い編を書こうと思いましたが、時間が掛かりそうなのでまた今度。(笑)

北海道脱出はザナドゥです。

・・・だれ?ザナドゥって???

って思った、あなた!正解!
自分も忘れそうな勢いの2歳馬です。
我が家の期待のホープです。
・・・一応。

20070909.jpg

駄目だこりゃ、って思ったあなた!正解!
この前、えどさんにも駄目出しされました・・・。
うちも東ックスにしておけば良かったか・・・。ちっ。(笑)

どうも悪い方へ悪い方へ行きたがるようで・・・。

馬体的には激しく先行き不安なタニノギムレット産駒ですが、驚くことに最近グリーンウッドに移動しました。脚元モヤモヤで、この前乗り出したばかりだと思ったのに・・・。
あの先生は自分の手元で管理したいタイプな様子。
ありがたい事で。

ひょっとしたら12月終わりくらいにデビューもありえるか?
アルナスラインも馬体的には一度崩れて戻して来ました。
崩れないと馬は変わりません。良いんですこれで。(・・・ううぅぅ。言ってて苦しい)

ウオッカが去った後、この馬がギムレット産駒を背負って立ちます。(わけねー)

2007年10月24日

アルナスライン次走

アルナスラインの次走はまだ未定みたいですが、どうも今後は年内1走する予定で、とりあえず有馬記念に目標を置いてるとのこと。

有馬記念。年末の、あのドリームレース。
素晴らしい・・・。(苦笑)

年末のG1でお祭り感覚、国際的に評価が難しい芝2500m戦の戦いで、馬によってはすでに疲弊してるものも居る位、世界から見たら評価されそうにも無いあのレース。
それでも競馬好きの日本人にはたまらない、無くてはならないあのレース、有馬記念。

そんな舞台に立てるのか?
嬉しいけど、ファン投票はされるのか?
菊花賞2着馬に入れてくれる方々は居るのか?(苦笑)
インティライミに一瞬にして交わされ感じた古馬との壁。
あんな猛者がゴロゴロ出てくる有馬記念に出て、勝負なるのか?

ま、まだ未定なのでなんとも言えませんけど、有馬記念の名前が出てくるほどの位置に彼は居るようです。嘘みたい。とにかく今は1走1走、無事に走ってくれることを祈ってます。
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年10月21日

ぐおおおおおぉぉぉー・・・・・・ 

アルナスライン 菊花賞2着!!

ぐわー!
2着かいっ!!

差せんかー・・・。

和田ちゃんは上手に乗ってくれました。文句はありません。感謝。

アタマ差か・・・。あのデカイアタマでも駄目ですか・・・。

さてはアサクサキングスの方がアタマデカいのかー!

あそこまで行ったら勝ちたかった。
勝ちたかったけど、2着は誇れるもの。
競馬を見ていて、あんなに声を出したことはありません。
終わったあと、喉が痛いことに気が付きました。

何度見てもドリームジャーニーロックドゥカンブが最後の直線どこにいるのか分かりません。
アルアサクサキングスしか見えません。
リプレイを何度見ても分かりません。
見えるのはアルとアサクサ、そして2着になったことだけ。

十分過ぎるほど良くやってくれたという思いがある反面、悔しいという思い半分。
この悔しさはどこで晴らそうか。次走の選択が気になります。

個人的に悔しさを晴らそうと京都12Rで馬券勝負したら跳ね返されました。
菊花賞の3連単の配当が半分に。
悔しさは晩酌で晴らそうと思います。(笑)

お疲れ様。最高でした。
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

いよいよ菊花賞当日

いよいよです。
いよいよ菊花賞です。
私の一口馬主歴で、初めてのG1出走がこの菊花賞になりました。
こんなレースを楽しませてくれるアルに感謝です。

あのデカ馬がー、脚元がー、喉鳴りがーと言っていた馬がここまで来るんですから、やっぱり走る馬はどんな事があっても走るもんだ。と、分かりきってる事を改めて確認してるところです。
素質はあるのにーってのは、やっぱりそれだけの実力が備わってないと言うことでしょう。
・・・と、今までの我が愛馬を見て思うのでありました。(笑)

さて、前日のオッズでは6番人気のようです。
まぁ人気は関係ないですけど、まったく無いよりは良いですわね。
人気無いほうが走りますから、この馬は。
・・・と言うか、人気になった事が無い。(笑)

急遽、今日中に仕上げないといけない仕事が出来て、ひょっとすると菊花賞をライブで観戦する事が出来なくなりそうです。超特急で仕上げるつもりですが、無理だろうなぁーってくらいの作業量です。
・・・まぁ、超特急で仕上げまーす。

菊花賞当日。
数時間後に祝い酒が飲めますように・・・。
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年10月19日

本日は雨

昨日から気にしてたのが今日の天気。

やっぱり雨。

親父は仕事ができんからと実家にいったん帰りました。
基礎作りは小休憩です。
明日また帰ってくるそうですけど。

天気といえば気になるのは日曜日の菊花賞。
道悪が駄目な訳じゃないでしょうけど、実際未知な領域。
重くなるよりは良馬場で競馬したいですわね。

枠順は6枠12番に決まりました。
ま、個人的にはもうちょっと内の方が良かったですけど、大外に行かされるよりは良し。
ちょっと京都大賞典で3着に入って、人気も上がって、陣営も我々も色気が出てきてる気配。
さくっと負けたときの反動が怖いですわ。(笑)

ただ、今後の為にも本賞金を稼いで来て欲しいんですよね。
G1だと3着までかな?いつも気にしなくても良い心配なんで覚えちゃいません。(笑)
頑張れ。

菊花賞まであと2日。
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年10月18日

菊花賞 決めました

当日、行くか行かないか迷っていた菊花賞。
決めました。行かないことにします。

行くなら家族全員で行きたい。
でも菊花賞となるとまずレース自体がまともに見れません。
それはディープの菊花賞時に悟りました。
背の低いいくみん以下はどうしても放ったらかしになってしまいます。
アルナスラインを応援してる気持ちはうちの家族全員一緒です。
自分はいくみんや子供たちとテレビの前で騒ぎたいと思います。
競馬場に会いに行くのはまた次回以降に持ち越しです。

・・・その代わり、競馬場以上にテレビ前で騒ぎ倒しますからね。(笑)

・・・そして当日、試験をブッチすることも決めました。(爆)

菊花賞まであと3日。
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年10月17日

さ、菊花賞です!

家の記録も残さなければいけないんですが、今週は菊花賞もあります。
忙しい一週間で嬉しい悲鳴です。

さて、菊花賞の追い切りが行われました。
京都大賞典から中一週という強行軍なんですが、アルナスラインは元気そうです。
きょうも坂路で51秒台を出しました。自己最高タイム更新です。
ま、和田ちゃん乗ってますけど。
更にラストが13秒台とかかっているのが気になります。
ただ前走時の追い切りの様にフラフラしてはいなかったので大丈夫でしょ。

馬体に関してはまずまず。
とって付けたような筋肉もまだ無いですし、この状態なら3000mも持つでしょう。
逆に今の時期なら長い方が良いかも知れません。
ただこの馬に関して想定外なのはトモの成長力と顔のデカさ。
顔のデカさに関してのみ言えば間違いなくG1級なのに・・・。(苦笑)
いつの間にこんなにデカくなったんだろう・・・。
馬体重のうち100キロくらいは顔なんでわ!

菊花賞まであと4日。
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年10月02日

もう少し

久々の更新。
来週の試験が終了すれば復活するつもりです。
もうしばらくお待ちください。

・・・が、試験は来週に控えてるのにも拘らず、頭は京都大賞典で一杯です。(笑)
京都大賞典 → 菊花賞なんて一口やっててなかなか味わえるもんじゃありません。
ホントは試験なんてやってられるかって心境です。(笑)

神戸新聞杯からの始動予定でしたが、インフルエンザで入厩が遅れ、京都大賞典。
古馬相手、菊へは中一週、柴山雄ちゃんには捨てられ(苦笑)、なかなかに厳しい条件が揃ってますが、先週も坂路で自己ベストを更新してますし、調子は上々。体重も予定より2週ズレただけあって絞れてきているようですし、厳しいとわかりつつも期待してしまいます。

個人的には雄ちゃんに捨てられたのは痛い。
代わりに和田騎手らしいですが・・・。なんでここで和田ちゃん?って感じですー。
ぴちぴちした若い騎手でも良かったなー。(笑)
いや、悪くないと思いますよ、和田騎手。
テイエムオペラオーの時よりぜんぜん安心して馬券買えますから。(笑)

というか、アルナスライン自身、菊花賞って柄じゃない気がする。
550キロ近い巨漢が淀の3000m走れるイメージが全然湧かない・・・。
いやいやいや、去年夢見た菊花賞だ。頑張ってもらわな。

・・・などなど、試験のことなんて忘れてます。(笑)
早く集中して競馬したい今日この頃です。

あ、家も着々(!?)と進行中です。書きたいことは山ほどあります。(笑)
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年07月23日

さらばファング

今月、2頭の愛馬が引退しました。
広尾TC(旧サウスニア)のヘンリーズフォークストームファングです。

まぁ、ヘンリーズフォークは仕方ないです。
もう少し変われる時間が欲しかったですけど、早目の判断をしてくれてスッキリしてます。
最後まで面倒見れたという自己満足だけが残りました。(苦笑)

で、ストームファングです。
この馬には随分思い入れがあるだけに複雑です。
「結局そういう結末かい」というファンタストへの思いと、よく頑張ったという馬への気持ち。

岡部さんの引退を早めた(?)のも彼の仕業。
フサイチの関口会長が彼について著書の中で暴露したのも話題になりました。
藤沢和雄厩舎のデビュー戦10連勝のトリを務めたのもこの馬。
華麗なデビュー戦を飾り「さぁクラシックへ!」と思ったら、喉ナリでかなり時間・レースを無駄に過ごしてしまったという時期もありました。
こんだけの競争成績でこれだけ人気になった馬はそう居ないんじゃないですかね?(苦笑)
他にもその世界的な血統から去勢誤情報が流れたり、ゼンノロブロイとの併せ馬でちょくちょくTVに映り(苦笑)、「スーパートレーナー藤沢和雄」でDVDデビューもしてくれました。

漆黒の馬体で、パドックではいつも抜きん出た馬体を誇っていました。
脚曲がりという事を知らない人なら羨ましがるほどの馬だと思います。(笑)
少なくとも私が出資者でなければ間違いなくそう思ったでしょう。
そんくらい彼が好きでしたね。性格も含めて。
本当にお疲れさまと言いたい。ありがとう。

彼の引退をもって広尾TC(旧サウスニア)の退会を決めました。
他にセヴンシーズが居るのですが、「ファング引退=クラブ退会」は随分前から決めてた事です。
先ほどその連絡をクラブの方にいたしました。
私の一口ライフの一時代が終わった気がします。
これからは純粋に社台1クラブ体制。
ま、これが一番効率の良い一口ライフだと思っています。
頑張るぞー。

そうそう、先ほどストームファング引退の通知が届きました。
引退は既に知ってる訳ですが、1つ最高に嬉しいお知らせが入っていました。
浦河のイーストスタッドで種牡馬になれるようです!おおぉぉー!!
与えられた状況が厳しいのは分かっていますが、こんな嬉しい事はありません。
彼に会えた事は最高に幸せです。
それだけでこのクラブに入った事に後悔はありません。
ホント、感謝感謝です。
頑張るんだぞぉ。(^―^)
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年07月04日

社台募集(06年産)その14

さて、06年産の社台募集もこれで最後のエントリーとなります。
寂しいですねー。(笑)

最後は私の第一希望馬を発表して終わりです。
一応、見たくない人の為に下に書いておこう・・・。

【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

続きを読む "社台募集(06年産)その14" »

2007年05月26日

第74回 日本優駿

いよいよダービーです。
今年のダービーは出走できる可能性があったので例年以上に気になります。
個人的には強い馬(フサイチホウオー)が勝って欲しいのですが、フィニステールが良い勝負してくれることもアルナスラインを持つものとしては思います。

馬券はフィニステール買うだろうな・・・。(苦笑)

牝馬のウオッカ
阪神JFの時点からオークスで狙いたいと思っていた馬。
まさかダービーに出るとは思いませんでしたが、十分勝機はあると思ってます。
馬体は素晴らしい物を持っていますから、牡馬達に一泡吹かせてもらいたいものです。

武豊が降ろされたアドマイヤオーラ
どうも人気がいまいち。やはり豊っちが乗らないと人気が伸びません。
狙う方としてはありがたいですが、豊っちを降ろすとはハイカラな馬主だこと。
武豊騎手と岩田騎手の実力云々ではなく、競馬界を見据えての事なんでしょうか。
それなら大した選択だと思います。馬主として立派。
ただ、勝ちを逃した事による単なる嫌がらせ(ある意味)ならやめて欲しいですわ。

などなど、色々な意味でも面白いダービーになりそうです。

でも、同日裏開催の中京7Rにはヘンリーズフォークが地味に出走予定してます。(苦笑)
再ファンド馬ですが、久々の愛馬出走になるんで楽しみです。
ちゃんとレースになってくれればO.Kです。多くは望みません。(苦笑)
あ、広尾の勝負服で愛馬が走るのは初めてだなぁ。
ダービー前の余興として暇な人は確認ください。(笑)

我が最強デインヒル産駒ツートップの実力見せます!おりゃー!
【NEW】探してた競馬サイト 競馬サーチ.com

2007年05月17日

久々に

死んでいません。何とか生きてます。(苦笑)
仕事と家庭で色々と忙しい一週間でした。
今日からようやく休みで、ホッと一息ですが、またすぐに戦場に逆戻りです。(笑)

で、忙しさにかまけて何にも手をつけなかったら、さっき気付きました。
1週間ほど前に広尾TCからダイレクトメールが来てた事。
ヘンリーズフォーク再ファンドに関する請求書。
しかも一度滞納した挙句の督促状・・・。

その再入金締め切りは18日。
う〜ん、明日だ・・・。(笑)

・・・気が付かなかった方が良かったのかもしれない・・・と今思ってます。(笑)
【NEW】探してた競馬サイト 競馬サーチ.com

2007年05月03日

最悪

ようやく本格的な騎乗運動を開始したストームファング
と思ったのも束の間、落鉄→釘踏み負傷。・・・1ヶ月間に2回。
おおーい!って叫びたいくらいでしたが、今度は蟻洞ですと。
はぁ!?

ファンタストクラブでは「左前中筋を気遣いながらの調整になりますので、その間に自然とクリアできるものとみています」と言ってますが、はぁ!?

よーし、やってもらおう。
ホント、調子良い事ばっかり報告してたらあかんよ。
いつ復活するか楽しみやわ。
20070405.jpg
【NEW】探してた競馬サイト 競馬サーチ.com

2007年04月27日

我が家のエースは休養中

若干3歳にして我が家のエースとなったアルナスライン号ですが、骨折手術後の経過も良好なようで先日からウォーキングマシーンの運動を再開したとの事。着実に前進しているようで何より。

ただし、せっかく絞ってきた体重も運動不足から580キロオーバー。わお。
これから秋に向けて徐々に絞って行ってもらわねばなりません。(苦笑)

さてそのアルナスラインの同期であり、私が非常に気にしている馬、ルミナスハーバーが屈腱炎で戦線離脱との事。NHKマイルC出走を目指していたのですが、なんとも残念です。
診断はエイプリルウインドと同じく中程度との事らしいので、やはり1年ほどの休養が必要になるんでしょう。長いなー1年。
復帰しても常に再発の危険が付きまといますしねぇ。
屈腱炎を体験すると、やっぱり骨折はいいなーと思ってしまいます。(苦笑)

無事是名馬とはよく言ったもので、やはり怪我しない馬を選ぶのが一番なんでしょうが、怪我しなくても全く走らないんじゃ話になりません。
出資馬選びは大変です。(笑)
そういう点からもディープインパクトの偉大さを感じます。
【NEW】探してた競馬サイト 競馬サーチ.com

2007年04月20日

やはり4月だ。「4月風」

4月に入ってとうとうエイプリルウインドが生まれ故郷、社台ファームに帰ってきました。
これまでは北海道・田口TFという所で歩いてばかりの毎日でしたが、社台ファームに帰って来たという事は騎乗運動が近付いていると言うことで、着実に進歩している事が実感できて嬉かとです。
名前通りに、4月になって調子を上げてきました。(休養中にかよー 苦笑)

最近はウォーキングマシーンの運動に加えて、アエロホース(水中のウォーキングマシーンですな)も取り入れて休んで緩んでしまった体のダイエットを図っているようです。
騎乗運動再開が楽しみです。


なんか、前回の馬体より急激に引き締まっちゃってるんですけど、大丈夫?(苦笑)

エイプリルウインドはまだ2勝しかしてませんが、1600万円の募集馬ですので、すでに募集価格分の賞金は獲得した事になります。毎月の飼葉代はありますが、後はぼちぼち走っていってくれればプラスになっていく計算。(ホンマか?)

この馬は抽選で運良く出資出来た馬ですが、私はこんな馬を目標として今回の社台募集でも探すつもりです。今考えてみれば正直アルナスラインは高すぎました。たまたま走ったから良かったものの、2400万円は自分としては許容オーバーです。
2000万円以下が自分の身の丈にあっています。
家族もある事だし、一口を長く楽しく続けるにはこの自分なりのルール内でやらんとね。

前回も話した社台特別入会の紹介キャンペーンを今やってますが、あの税金問題がハッキリするまで待ってる状況です。どうも今回の募集開始までにはハッキリするようなので。はっきりせんまま紹介ってのも気持ち悪いですからね。
ですので、しばらくお待ちを。忘れてるわけじゃありませんから、ご心配なく。(苦笑)
【NEW】探してた競馬サイト 競馬サーチ.com

2007年04月17日

帰って来たデインヒル産駒

うちの最弱ツートップの片割れであるデインヒル産駒が帰ってきました。
祝・たかぼー厩舎復帰!(笑)

今日、ヘンリーズフォークの再ファンドに乗る事を決定。
結局は自分が惚れた馬を捨てられませんでした。
ただ、今のところはストームファングが現役である期間限定の予定です。

昨日、馬体見せろー馬体見せろーと騒いでたら、タイミング良く広尾T倶が今日、馬体写真をUPしてくれました。その心意気やよし。(笑)

とにかく腰。腰なんです、この馬は。
そこさえ力が付いて来たら全能力が発揮出来るんですがね。
栗東の坂路でガリガリとやって欲しいです。ね、ミッキーさん。
あのデインヒルの子供なんだ。頑張れ。

まだソエがあるような感じですし、即中央復帰とは行かないかも知れませんが、せっかく関西所属になったのですから一度は競馬場に見に行きたいものです。
決めてしまった今は気分爽快。週末の楽しみが増しました。(笑)
【NEW】探してた競馬サイト 競馬サーチ.com

2007年04月16日

悩むなー再ファンドって

皐月賞、あっちゅー間に桜花賞の配当無くなりました。(笑)
ヴィクトリー、馬体は良いがカッチーで消し、サンツェッペリンは見向きもせず。
ココナッツパンチ、-14キロを見て不安になり、資金が豊富な事を良い事にホウオーとオーラからの3連単も保険で買ってズブズブ。
ああ、無駄遣い。こんな買い方してたんじゃ、当たってもあきまへんわー。


さて、ヘンリーズフォークの再ファンド通知が届いてるんですが、悩んじゃってます。
昔より良くなっていたとしても、今のまま中央にいった所で即通用するとは思えません。
でも自分の元愛馬が中央で走るのを見てるだけというのも寂しい。
まだ同じクラブに在籍しているにも関わらず、ですから。
今、稼動馬が居ないという単純明快な理由もある。
しかも関西馬所属になって帰ってくる。師はミッキーだ。
うーむ。

1口だけなら遊び感覚でも良いんだが、2口となると月2400円の出費。
しかも返ってくる可能性はかなり低い。うーむ。
ま、そう普通に考えると見送りが「吉」だが、そこでムクムクと「愛馬を見捨てるのか?」と、我が愛馬精神が囁く。(笑)
いやいや、一口の世界は非情なり。
うーむ。

締め切りは4月20日必着。もう残された考慮期間は2日間だ。
馬体、馬体が見たい。材料をくれよ、広尾さーん。(苦笑)
【NEW】探してた競馬サイト 競馬サーチ.com

2007年04月06日

屈腱炎≧繋靭帯炎>>骨折

今、うちの愛馬たちは開店休業状態です。
1頭 繋靭帯炎
1頭 屈腱炎
2頭 骨折
1頭 育成中(クモズレ発生中)

その中で唯一奮闘してるのが、最弱デインヒル産駒と蔑まれたヘンリーズフォークだけという状況。なんとまぁ・・・。(苦笑)
先日、名古屋・笠松で2勝。再ファンド権利獲得し、現在グリーンウッドでその準備中。
こんな状況ではヘンリーズフォークの再ファンドを真剣に考えてしまいます。(笑)

さて、繋靭帯炎の1頭であるストームファング
20070309.bmp
去年8月に繋靭帯炎発症で全治半年という診断。しかも「回復度合いがハンパじゃなく良い」という感じだったんですが、結局4月に入った今でも北海道のファンタストクラブにいますわ。(笑)
やはり繋靭帯炎も屈腱炎と同じくらい厳しいですなぁ・・・。骨折が可愛く思える。

でも最近ようやく本格的な騎乗運動を開始。
よしよーし、と思っていたら落鉄→釘踏んだとの事。かーっ!!
・・・めげるな、頑張れオレ。
【NEW】探してた競馬サイト 競馬サーチ.com

2007年04月03日

もう4月。風は吹かぬか。

もう4月なんですが、うちの4月風(エイプリルウインド)はもう少し時間が掛かる様子。
まだ4戦しかしてない馬ですし、何とか復帰させてあげたい。いや欲しいです。
進み具合は前回同様、まだひたすら「忍」の一字は変わってません。

馬体写真が更新されたので個人記録用にUP。3月22日 北海道 田口TF。

思っていたよりぜんぜん良くて安心しました。
もっと酷い状況かと思っていました。←馬体がね。
これなら今後乗り込んでいったら良い馬体に変貌しそうです。
ま、もともとレースに行って良い馬ですから、馬体どうこうの馬じゃないですけど。

結局は脚だなぁ。
この馬の繋の長さが腱に負担を掛けてるんだろうなー。
屈腱炎再発の可能性はなかなかに高い気がしてしまう。
復帰して欲しいけど、引退するまで気が休まりそうにありません。(苦笑)
【NEW】探してた競馬サイト 競馬サーチ.com

2007年03月31日

はぁー・・・

忙しいっすわ・・・。
年度末って事もありますが、私は4月頭から忙しくなるんでその準備も。
なんでこのクラシック〜社台募集時に限って毎年忙しくなるかね。(苦笑)

そんな時、ホッとさせてくれるのが競馬だったりします。(末期症状)
まず何と言ってもドバイワールドカップでしょ。
アンカツさんがドバイで大暴れするのを楽しみにしてます。
ヴァーミリアンも何とか一仕事やって欲しいなー。
でも今日も夜勤なんだよねー。(苦笑)

それに名古屋で頑張ってるヘンリーズフォークが4月1日(日)に笠松で出走予定。
笠松2R サラ系C25組C25(ダ1400m)に倉地学騎手で。
中央への切符を獲得できるかどうかの一戦です。ガンバ。

個人的に注目してるのが本日、阪神7R。
すみれSでアルナスラインと戦ったフィニステールが出走します。
実はこの馬、個人的に大好きだったポップジュエルの弟で、すみれSでは戦いたくない相手でした。
頑張っていたポップジュエルの分までこの馬には頑張って欲しいのです。

競馬が趣味で良かった。
今は競馬と家庭があるから何とか平衡感覚を保ててるって気がします。
この4月〜7月頭までの忙しさを、何とか楽しみに変えていこうと思ってます。
何事も ぽじてぃぶしんきんぐ です。(苦笑)
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年03月26日

社台募集が始まります

アルナスラインのすみれS優勝受賞賞品(純金金杯)についてのお知らせが届きました。
94万円の純金金杯でしたが、1人だけ購入希望の方がいたそうです。
凄いなぁー。約100万円ですぜ。
ま、純金貯金してるみたいなもんですし、ユーロスター買うより相当マシか。(笑)

94万円だと、一人当たりに2万3千円の分配らしいです。意外と多い。あざーす。

それとほぼ同じ時期に社台募集開始のお知らせが届きました。
もうそんな時期ですね。早いもんです。
2年後のクラシックホースを探す時期なんすね。(苦笑)

今年もパンフ代金がタダになる紹介者キャンペーンがあるようです。
4月入ったらまたいつものように告知しますので、社台募集に興味のある方はどうぞ。
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年03月21日

名古屋で頑張ってます

ヘンリーズフォーク、うちの最弱デインヒル産駒2騎のうち、かろうじて生き残っている1頭は再ファンドに向け今は名古屋で頑張っています。昨日は地方2戦目で6馬身ほどの差をつけて勝ったようです。自身初勝利。おめ。

でもコメントとかから読み取るだけですと、あまりガラッと変わって勝ったという訳でもなさそうで、他の馬のレベルに助けられて勝ったというのが現実みたいですね。ま、勝った事に変わりないんで、素直に喜んでおきます。

ただ、この馬どうこうより広尾TCというクラブが「?」な状態なんで、次走で再ファンドの権利を得たとしても今のままですとパスです。サービス(だけ)が大きな売りだったクラブなのに、この頃出資馬の写真も全然更新されてません。セヴンシーズは去年の9月以降、半年以上も無し。ストームファングも似たようなもんです。北海道にもスタッフを派遣できないほど厳しいのか、広尾TC。(苦笑)
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

2007年03月17日

出たかったなー、皐月賞。

今日の競馬の結果を流して見ていたら、中京10R あざみ賞でベッラレイアが勝っている事に気が付きました。早速、録画していていた競馬中継で確認。牝馬ですが、やはり戦ってきた相手は気になります。

いやー、中京なのに最後方からの位置取り。最後の直線ではキレが違いました。
中京であんな乗り方するんですから、鞍上の秋山騎手は最初から勝利を確信してたんでしょう。
たった2戦のレースキャリアですが、絶対的な末脚への自信が窺えます。
また少しもフラフラする事も無く、まっすぐ脚を伸ばしてきた末脚にはこの馬自身のフィジカルの強さが表れてます。間違いなくオークスの有力候補になる存在かと。

ナリタトップロード産駒ですよ。キレとは縁遠いお父さんですがね。(苦笑)
でも今は亡き、あの馬の産駒が活躍してるのは嬉しいもんです。
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

続きを読む "出たかったなー、皐月賞。" »

2007年03月15日

成長の軌跡 ザナドゥ

リビングデイライツ05(ザナドゥ)の馬体写真が更新されました。
さすがに乗り込まれているので、今回は変わって来ましたよ。
募集時の馬体(1歳 春)  前回の馬体(1歳 秋)

後躯がしっかりしてきました。また腰高になってバランス悪くなってます。
ただこれは順調な成長の過程で、ここから前が成長してきます。

気になっていた顔と右前ですが、顔はまずまず。悪い方向ではなさそうです。
ただやっぱり右前は変わらないー。まずいなぁ・・・。
なんでだ。なんで軸ねじれちゃってるんだろう・・・。
歩様面では問題なかったはずなのに。チェック不足?むむむぅ・・・。
募集時の写真も多少その気があるけど、わかんなかったなぁ・・・。
ここはずっと気にしていく事になりそうです。

ギムレット×フジキセキで、さすがに胴のゆとりは出てきませんでした。(苦笑)
これは来年、さすがにクラシックは無理だな。もたねー。(笑)
NHKマイルカップに目標変更が必要か。
・・・つーか、ゆくゆくはダートかも。(笑)
競馬サーチ.com

2007年03月05日

額入り記念写真

アルナスラインのすみれS優勝の写真が届きました。
社台の場合はちょっとした台紙に2枚写真が付いてきます。
サウス(現 広尾T倶楽部)のポストカードとは有り難味が違います。(笑)
なかなかお洒落なんで、増えていくのが嬉しい。(笑)
これで社台関係では5冊目。
ただ、稼動馬がいないんでしばらくはお預けですわ。(苦笑)

いつも一緒に額入り写真の販売のお知らせが入っているんですが、ちょっと迷ってます。
今までは「いつか重賞勝ったら買おう」と思っていたんですが、さすがにあのすみれSは嬉しかったですし、私自身初のOP勝ちですから記念に買っても良いかな?と思ってます。
みんなどうしてるんですかねー。当たり前のように買うものなのですかね?
写真に15000円かぁ・・・と考えてしまいます。お金に羽が生えているように飛んで行きます。(笑)

2007年03月03日

馬名決定

リビングデイライツ05の馬名が決定したようです。
馬名応募、私も出したんですがダメでした。ちょっと安易過ぎたか。(笑)

「ザナドゥ Xanadu」(桃源郷)

だそうです。
ザナドゥと聞くと昔のアクションRPGしか連想しません。(苦笑)
「えらいスッキリした名前だな」という感じで、特に問題なし。

最近の調教の進み具合ですが、まだキャンター20秒程度のところを乗り込んでいるようです。
まだまだ先は長そうですが、今はしっかり基礎体力をつけて貰い、秋頃デビューで。(笑)

ただ、まだ精神的に幼い的コメントくらいしか聞こえてこないんで、若干心配です。(苦笑)
競馬サーチ.com

2007年02月28日

骨折かい・・・

アルナスラインが骨折しました。
左前のひざだそうです。はぁ・・・。(泣)
これで皐月もダービーもパー。

骨片の除去手術をすればすぐに運動を再開できるくらいの程度らしいです。
さすがにショック大。ただ屈腱炎じゃ無くて良かった。それだけが救い。

なかなかうまい事いきませんねぇ。
ま、こんなもんですもんね、競馬なんて。
またチャンスありますよ。きっと。
私もちょっと浮れすぎましたわ・・・。
厩舎の皆さんも落胆してるでしょうがガンバ!
秋に照準を合わせましょうや!

そんな時に優勝賞品のお知らせが届きました。
でもさすがにうれしさ半減です、正直。

純金 金杯 365.0g 940,145円ですと。
競馬サーチ.com

2007年02月25日

雄ちゃんありがとう!

うおぉぉぉぉーーー!(笑)

勝ちました、アルナスライン
直線、よく頑張ったー!

向こう正面で行きたがった時には少しヒヤッとしましたが、4コーナーでアルナスラインの闘志にあふれた顔を見て「よし!絶対イケる!!」と、その時勝ちを確信しました。顔で判断したのは今回が初めてです。
いつぞやのシンボリクリスエスの闘志とダブりました。親バカかもしれませんが。(苦笑)
今回のレース、個人的にはそれが一番印象的でした。

結局最後までハラハラさせてくれましたが、とにかく嬉しいです。
雄ちゃんには感謝感謝です。ありがとー!完璧な騎乗でした。

続きを読む "雄ちゃんありがとう!" »

2007年02月23日

クラシックロード すみれS

クラシックロードに向けてアルナスラインがすみれSに登場します。
すみれSは9頭立てになり、相手関係もまずまずです。
どの相手が強いとかじゃなく、勝たない事には皐月賞への道が開きません。
とにかく勝たねば・・・。
でもアンカツさんの勢いはイヤだねー。(苦笑)

鞍上は前走に引き続いて柴山騎手。
個人的には最高です。好きな騎手ですし、安心して見れますわ。
もう騎乗も3度目になりますし、任せておけば大丈夫!
今後も長く乗ってくれると良いのですが、ただ関東のジョッキーなのでねぇ。

当日はまたしても仕事で、現場へ行く事もライブで見る事も出来ません。(泣)
関西所属馬で、すでに5戦も走ってるのにいまだに競馬場で観戦したこと無いです。
ここを戦った後は皐月賞→ダービーだし、なかなか見に行けないなー!(爆)
ま、とにかく脚元に気を付けてガンバレー!!祈・勝利!!
競馬サーチ.com

2007年02月14日

でた〜!

アルナスライン、次走は弥生賞を予定してましたが・・・
「かなり強力なメンバーが揃いそうですので、やめることにしました。」との事。
でた〜!後ろ向き発言。(苦笑)
またまたー、最初からすみれ狙ってたんでしょ〜!?

いやいや、賢明な判断というべきでしょう。ないすじゃっじ!(笑)
が、すみれSにはディープインパクト弟、ニュービギニングがいますな。
でも、この馬とそこそこの勝負しなかったら皐月賞出ても相手にならんでしょう。
ここいらで叩いておかねば!(ボコボコにやられる? 苦笑)

ここを叩いて伏竜ステークス→皐月賞だな。うん!(弱気モード全開で・・・笑)
競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com

2007年02月06日

アルナスラインの次走

共同通信杯が終わって、アルナスラインが出走を考えてる弥生賞のメンツを想定。
有力馬のクルサードは皐月回避→ダービーへ?
ニュービギニングは皐月までにどこか使うそうで、仕方なく想定に入れます。(苦笑)

ドリームジャーニー 朝日杯1着
アドマイヤオーラ シンザン記念1着
モチ 若駒S1着
ローレルゲレイロ 朝日杯2着
サンツェッペリン 京成杯1着
メイショウレガーロ 京成杯2着
オースミダイドウ 朝日杯3着
ニュービギニング ホープフルS1着
タスカータソルテ 福寿草特別1着

かっかっか。並べるだけでワラけてくる。(泣)
よ〜し、すみれステークスに行こう!
ダメなら若葉もあるさ。(苦笑)
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年02月03日

やっぱギムレット産駒

今日は久々に家族でぶらぶら出かけてきました。
回ってるお寿司と薬草風呂に浸かってまいりましたよ。
ちょっと出掛けただけで出費がかさむねー。(苦笑)

ただ出掛け中も京都10R エルフィンSの結果が気になってました。
2歳女王ウオッカが気になってたんです。
詳細にはウオッカの馬体の成長具合を見たかった。

帰って録画パドックを確認したんすけど、いやー、可愛そうですね他馬が。
先週の京都牝馬Sのパドックに似たような印象を受けました。抜けてます。
他の馬たちは桜花賞に向けて賞金を加算したいでしょうに「なんであなたが出てくるのよ?」と言いたいでしょう。実際勝たれちゃいましたしね。「あんた賞金いらんやーん!」みたいな。(笑)

ウオッカの馬体は阪神JFの時にはまだ全然華奢で、立派な下地だけがある状態でした。
下地は相当なもんを持っていたんで「オークスくらいまで見守りたい」と書いた記憶があるんですが・・・いやはやこんなに早く変わってくるんですね。大したもんです。やっぱりこの短期間でこの方向に出てくるんですからタニノギムレット産駒はこうなんでしょうなぁ〜。

ウチにもタニノギムレットの2歳馬が控えているんですが、下地やスケールを考えると、なんだかその方向性が合ってないような気がして不安になってきました。(苦笑)

馬体に興味無い人には意味無いこと書いてすんまそん。m(_ _)m
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年02月01日

クラシックロード

昨日「もう2月だし2歳馬の近況更新されてないかなー」と何の気なしにサンデーTCのHP見に行ったら予想外にGWに居るアルナスラインが更新されていてビックリ。すごく嫌な予感・・・。
予定外の近況更新はまず良いことありません、経験上。(笑)

恐る恐る開いたら入厩のお知らせでした。ビックリさせるなまー。(方言?)
厩舎都合がついたための入厩らしいですが、早めに入厩させるという事は陣営として弥生賞よりすみれSのほうを狙ってるのかもしれません。さてさて。

クラシックロードといえば今週末の共同通信杯を楽しみにしています。
でも無敗対決(と言っても英雄弟は2勝か)で相手も遠慮してるみたい?
小頭数になりそうですねー。
気持ちは京成杯組のダイレクトキャッチを応援。
でもレースは2頭の馬と騎手に注目しています。
ここを勝った馬が皐月賞の本命候補。
春です。クラシックロードが始まっています。
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年01月19日

ようやく半年


長い間休んでいたのでさすがに筋肉落ちてきて情けない馬体に。(笑)

ストームファングが繋靭帯炎を発症し全治半年。で、今月でその半年が経ちました。
去年の8月でしたからちょうど半年。驚くほどの回復力とか言われてましたが結局半年。(苦笑)
ただ順調に回復していたのは確かで、昨日ようやく騎乗運動を開始しました。おめ。

ストームファングももう6歳です。昔で言ったら7歳。(しつこい 苦笑)
現役もそう長く無いでしょう。今年ヘタレな成績だそうもんなら即引退もありえます。
大好きな馬だけに少しでも長く現役生活を全うして欲しいもんです。
とりあえずこの弛んだ馬体が元に戻るのか心配です。(笑)
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年01月18日

大いに不満

骨折するのは仕方ないですて。
ただ骨折治すのにどだけ時間掛かってるの!?
と声をにして言いたいのがセヴンシーズ
馬というよりファンタストクラブの問題か!!(?)
そりゃ馬自身にも治癒力無いかもしれませんけど、骨折したの去年の9月ですよ、9月。
それが今になっても骨がくっ付いて無いっていうんですから驚きです。
これでははっきり言って9月の状態そのままです。骨折したまま。信じられます?

もう中央デビューはすでに無いでしょう。はっきり言って間に合いません。
間に合ったところでろくな調教出来ないでしょうしねぇ。
なんかだらだら同じようなコメントが毎週更新されてて腹立ってきました。
しばらくこの馬の話題は無いでしょう。だって進歩が無いもの。。。(泣)
競馬の裏のウラ

2007年01月17日

タニノギムレット産駒の行方

2年続けてSS後継種牡馬の仔に出資してきた社台募集ですが、05年産馬はタニノギムレット産駒にしました。リビングデイライツ05です。3年連続SS後継馬もなぁ・・・と全く説得力の無い理由が意外と大きいです。(笑)

それでもここまでタニノギムレット産駒は悪くありません。2歳女王も出しました。
おなじブライアンズタイム産駒のナリタブライアンに比べたら上々のスタートです。
(ナリタブライアンは好きだっただけにショックだったなぁ・・・)
さて、明けて3歳馬がどの程度活躍するかが見ものです。

リビングデイライツ05は現在NF空港の周回コースでハロン20〜25秒のキャンター1200mを乗っているようです。アルナスラインの当時と比べると全然遅い様子。(アルは1月で坂路17秒で乗られてた)
ま、アルナスは随分調教進んでましたからね。仕方ありません。
20061215.jpg
その分、体重は440キロ台とアルナスの時のような心配は無用です。(笑)
(アルナス、同時期で560キロオーバー・・・)
馬体を見る限り走る走らないはまだ微妙です。
ただ芝で通用しなければ母同様ダートに活路を見い出せそうな造りで、それなりに融通は利くと思ってる次第。ダービーはちょっと距離持ちそうにないしね。いつでも進路変更OK!(笑)
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年01月16日

今はじっと辛抱の時

アルナスラインが頑張ってくれていますが、今、私の稼動馬はアルナスのみ。孤軍奮闘と言った感じです。他の競走年齢に達している出資馬たちは、どこかに故障を抱えていて休養中という状況。援軍無し。(苦笑)
そろそろ誰か帰ってこーい!

休養中の1頭、エイプリルウインド
半年前に屈腱炎で全治9ヵ月の診断が下っていて現在休養中です。
去年の春はこの馬が頑張ってくれて盛り上げてくれました。
一時は秋の菊花賞へ!という夢を持たせてくれましたし、資金の苦しい時期にあった社台募集では資金集めに大きく協力してくれました。感謝感謝の1頭です。
(おかげさまでリビングデイライツ05に出資する事が出来ました)
さすがにそろそろ話題に触れて置かないと思い・・・。
9月から「4月風」のエントリーが全然増えてませんし。(苦笑)
06/9/8 GWにて。翌日北海道へ旅立ちました。

と言っても何もして無いのが現状です。ひたすら「忍」の一文字。
北海道の田口トレーニングファームという所で、軽負荷のウォーキングとサンシャイン放牧をしてるだけで、幹部の回復を待っているような状況。冬を過ぎるまではこのままかな。
夏前には競馬場で姿を見れると良いのだけれど・・・。

馬体的には想像以上の奥深さを持っていたので非常に期待しています。
ただ「完全な姿で帰ってくるとは思うまい・・・」とはいつも言い聞かせていますが・・・。
とにかく今は耐え忍び、時を待ち、帰ってくるのを待っています。
完全に治す事は無理ですから上手く患部と付き合っていくより他にありません。
苦しい時期を助けてくれた馬。何とか何とか・・・。(祈)
競馬の裏のウラ

2007年01月15日

大健闘でした!

驚きました。アルナスラインが出走した京成杯。
なんと3着に突っ込んで来ました。一番良い上がりで来たんちゃうの?

京成杯前に頑張って起きて来て、最初に見たのがアルナスライン馬体重+10キロ・・・。
え〜!せっかく前走10キロ絞れたのにー!戻っとるやんけー!!(`^´) プリプリ
「茂ちゃんマン頼んますわ〜」と泣いてました。(苦笑)

で、パドックに出てきたアルナスラインを見て・・・言葉無し。
全馬ひと通り見てからいくみんと「なんか一番悪くね?」と話していた始末。
毛艶一息、捌きも硬くなって来てる。隣の芝は青い。(笑)
【JTB】北海道の牧場見学に

続きを読む "大健闘でした!" »

2007年01月14日

はい、京成杯です。

今、仕事から帰って来たところで、今日も夜勤。
これから京成杯まで寝ようと思ってましたが、裏読みして煽るコンビもいますんで(笑)ちょっとだけ。
・・・今週、2回もこの話題に触れたでしょうに。もう十分でしょー。(笑)
それでも気に掛けてくれる方々に感謝。

今、仕事が一番大事な時期で、とても休んでまで現地には行けません。
休んだら職場仲間から総スカン喰らいます。(苦笑)

そりゃ初めての重賞ですから中山だろうが行きたい気持ち満々ですが、実際のところ勝つの厳しそうですし、またG1で確実に勝てそうな時に口取りはとっておきます。(爆)

・・・もう寝ます。
京成杯も録画で見る予定でしたが、晴れの舞台ですし無理して起きます。
メインレースだけ見てもう一度寝ること出来るかな・・・?
ま、勝っても負けてもどちらにせよ興奮して寝れないだろなぁ。(笑)
とにかく無事で頑張って欲しいもんです。

2007年01月10日

芝か?ダートか?

アルナスラインの次走は今後の路線を決める大事なレースとなるようです。
この京成杯の結果如何によって芝路線を歩むのか、はたまたダート路線を歩むのかを見極めるようで、「クラシックに乗る馬を!」という意気込みで出資した私としては判決が下されるレースになります。

正直、懐的にはダートで稼いでくれた方が良いんですが、気持ちはやはりクラシック。(苦笑)
ここでボロ負けして、早めにダート路線に切替えた方が将来的には良いのかもしれませんがね。

地方競馬巡りっていうのも良いですよね〜。(笑)
【JTB】北海道の牧場見学に

2007年01月09日

夢叶う

夢がひとつ叶いました。
競馬ブックのPHOTOパドックアルナスライン馬体写真が掲載されました。

昔から、いつか自分の持ち馬もここに載る日が来れば良いなぁ〜って思ってたんです。
小さな夢ですが、馬体を専門に見てきた私としてはここに載るっていうのは相当の憧れ。
それが一口歴10年目にしてようやく今日叶いました。すごく嬉しー!(^▽^喜)

で、肝心の馬体のほうは・・・・・・あまり触れずに行きましょうか。(苦笑)
さすがにちょっと厳しいですわ、かっかっか!弱弱しー!ま、これからの馬という事で。。。
ただ写真より実物の方が見映えするので注意!とフォローしてきます。(笑)

やはりサンツェッペリンとシンボリクリスエス弟ピサノデイラニは強そうです。

2007年01月04日

年初め一戦目

出資馬の年初め一戦目はアルナスラインになりそうです。
それも1/14(日)中山・京成杯(G3)を予定しているようで、重賞が年初めとなんともおめでたい。
鞍上も柴山騎手をキープしてくださったようでありがたいことです。

もし出れれば私自信(誤爆 自身)初の重賞挑戦となります。
今年でちょうど、一口歴10周年になります。早いもんです。
予定ではすでにG1勝利してるはずだったんですが、なかなか予定通りには。。。(笑)
ただ今は重賞出れるだけでも幸せです。謙虚になったもんですわ。(笑)
【JTB】北海道の牧場見学に

2006年12月28日

何度貰っても良いもんだ

アルナスラインの樅の木賞優勝商品のお知らせが届きました。
とても「俺が買う!」と言える値段ではありませんが、この紙だけでも良いもんです。(笑)

エイプリルウインドの2勝目も、今回のアルと同じ特別戦だったにも関わらず1勝目より純金の重さが減っていて肩透かしを喰らった感がありましたが、今回は増えてましたよ。理由はよく分かりませんが。(笑)

1勝目は130.55gで、今回は148gでした。結構増えました。
価格は334,100円也。
来年も沢山この紙を見たいもんですわー。
はい、私は紙だけで十分です。(笑)
【JTB】北海道の牧場見学に

2006年12月27日

今年の愛馬成績

今年の愛馬達の成績は全部で5勝です。
去年はストームファングの1勝だけと寂しい1年でしたが、今年は頑張ってくれました。
何よりも社台馬が4勝してくれたのは大きい。出来すぎです。
いや、ホントはもっと上を狙ってるんですけど、実際問題なかなか出来るもんじゃないです。
社台馬には来年もこの調子で頑張って欲しいですわ。
生活掛かってますから。(笑)

その裏で期待外れに終わってしまったデインヒルのツートップ。
さすがにこれは寂しかった・・・。
今はかろうじて1頭が地方からの再出発を目指しているところ。
デインヒル産駒2頭でどっちかは走るやろぉ〜という甘い考えがモロ裏目へ。
良い教訓になりました。
反省し、今後の出資馬検討に役立てなければいけません。
競馬の裏のウラ

2006年12月23日

祝杯!

いやー!勝ちましたアルナスライン
初ダートをモノともせず中京の直線を抜け出してくれました。
これ勝ってくれたのは大きいなぁ〜。嬉しいY!

ただし、まったく予定してませんでした。
パドック見て馬券の金額を下げたくらいでしたしね・・・。(苦笑)
アルと3番を3連単マルチで買ってました。3番が4着でアウト!
複勝?単勝?もちろん買ってましぇーん!(泣)

この1勝は元気もらいました。
これで来年も仕事頑張れる!って思いました。
俺って単純〜!いぇ〜イ!!(笑)
競馬の裏のウラ

2006年12月21日

有馬の前に祝杯を!

エリカ賞でクラシックへの夢から目を覚まさせてくれたアルナスライン
中一週で有馬記念前の前日、中京の10R 樅の木賞 に出走予定です。
有馬記念前に祝杯をあげたいところですが、このレースがダート戦(1700m)という事で、期待より不安の方が大きい・・・。初ダートって嫌なもんです。

クラブはパワータイプの大型馬という事でこなせると思ってるようですが、私が馬体を見る限り大型馬ですが(言わんでも)決してまだパワータイプとは言えませんて。全然力付ききってないですし、ふにゃふにゃな印象。後々パワータイプになるでしょうが、まだまだ馬が若いですもの。

でも走り方を見てるとダートでも有利になるような走り方(バネで走る馬じゃない)してますし、福島で勝って来たくらいですからダートいけるかもしれません。というかイケてけれ〜。(祈)

あ、鞍上は松田騎手。中京の大作君はイケるでー。というかイケてくれ。(笑)

今はダートでも、ダートで上まで行ってしまえば3歳春まではクラシックしか行くとこないですし、何とかならんもんかなー。しがみ付いてでもクラシックと言う狭き船に乗りたいぞー!おー!(笑)

とにかく今は数をこなす事がこの馬にとって一番良いトレーニングになるはず。
この調子でバンバンレースを使っていって欲しいもんですわ。
・・・脚壊さん程度にたのんます。(苦笑)
【JTB】北海道の牧場見学に

2006年12月20日

良いのか悪いのか

タイミングが良いのか悪いのか、ヘンリーズフォークの補償通知が届きました。
もうしばらくしたらビショップガーデンの補償も届くでしょ。(苦笑)
ま、サウス募集は12月なんで未勝利戦終了→補償発生とちょうどタイミングが合うようになってるんですけどね。ただ補償が悪いクラブなんで会員の引止めにはさほど効果はなさそうですが。

我が家は生活苦なんでゆくゆくはサウスニアを撤退すると思うんですが、ストームファングセヴンシーズが引退するまでは続けるつもり。よって今回の募集で出資するか否かを現在迷い中です。

ただ運良く(?)補償を使う場合には先行割引12%が適用されないんで、じっくり構えて様子を見守ることにしますわ。そんな簡単に狙ってる馬は満口にならないと思いますし。(苦笑)
競馬の裏のウラ

2006年12月09日

完敗

エリカ賞、アルナスライン完敗です。
やや離された7着です。あ〜クラシック路線から後退。

頑張ってたとは思います。
ズルズル下がったわけでもなく、ジワジワ伸びてましたし、ノドも大丈夫そう。
置いてかれたのは現時点での実力が足りないと言うことでしょう。
ただ希望としては6着までの、あの集団くらいにはいて欲しかったなぁ。

パドックを見る限り、まだ先はありそう。
もう少し体が出来上がってきたらこのクラスなら十分やれるかな。
とりあえずバンバン使っていって欲しいっす。
競馬の裏のウラ

2006年12月07日

方針転換

アルナスラインが急遽今週のエリカ賞に登録してきました。
ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)は相手関係からさすがに腰が引けたようです。(笑)

でもあのエリカ賞ですからね。
くだらん重賞よりよっぽど注目されるレースですし、出れるだけでも嬉しいです。
が、今後の一口ライフの為にも出るだけじゃこまりますのや。
ある程度、今後に希望を持てるレースをしてもらわにゃ。贅沢?

・・・ブラックオリーブ出てきちゃうんですね。アンカツさんですか。エエのー。
アルナスは小牧さんらしいですが・・・どうも今ひとつパッとしないですよね。
地方出身者らしい「勝負出来る位置取り」ってこの方には期待出来ない気がしてます。
ま、ウチのは内すくうような器用に立ち回れる馬では無いんで、逆に合うのかもしれませんがね。

ブラックオリーブはうちの社台募集特設掲示板でもクローズアップされた馬です。
社台TCでの最終人気ではさすがのNo.1でした。みなさん見る目がおありで。(募集時
エリカ賞でも1番人気かな?強いんだろうなー。

あ、ヴァルプリスも出ますね。こっちはペリエっちですか。やだね〜。(苦笑)
こっちは社台募集の最終8番人気。うまいこと勝ちあがってきますなぁ。(募集時

持ち時計など見てたらウチのは悲しくなってきます。(笑)
ただ心配だったノドの調子は良さそうで、本当に嬉しい。
大人になるにつれ治る場合もあると聞きましたが、それだったのかな?
あいにく現地には見に行けませんが、ライブで観戦するつもりです。頑張れ〜。
競馬の裏のウラ

2006年11月24日

相手が気になる今日この頃

いやー、今まで全然気にしたこと無かったんですが、というか気にする機会に恵まれなかったんですが、ラジオNIKKEI杯2歳S(G3・芝2000m)に出走を予定している馬が気になります。
アルナスラインが次に出ようと企んでるレースです。

フルゲートになっちゃう?出させてよ〜。
鳳凰、あなたも出ちゃう?やめてよ。もうイイでしょ?
え〜、ロゼカラーの息子も〜。これは強すぎるなぁ・・・。

とかとか、毎年全然しなくても良かった、いらん心配を最近してます。
今までになかった贅沢な楽しみ方です。
グリーンウッドに放牧出てましたが、精神的にも落ち着いたようで明日栗東に帰厩する様子。
ノドも以前より良くなってる感じがするとの事。いい感じです。
あとは無事に。で、フルゲートはやめてね。(苦笑)

ちょっと前に未勝利戦の純金メダル報告書が届きました。
エイプリルウインドの時と同じく130.55gでした。価格は31万6千円。
未勝利戦は同じグラム数なんだという事を知りました。
もっとくれー。(笑)

競馬NET

2006年11月23日

成長

そういえば、リビングデイライツ05の成長写真を載せとくの忘れてました。
すいませんねぇ。このブログ自分の記録用として使ってるもんで・・・。
馬体写真は後から見比べると楽しいですからね。

悪くないですよー。以前と比べると・・・あんま変わってないですね。(笑)
が、さすがにタニノギムレット産駒。パワフル型に変貌しつつあります。
BMSフジキセキですし、母の体型からもその辺は予想してたことです。
完全に2000m以下でしょうね。ちょっとダービー厳しいなぁ。(爆)
ま、これならダートも走れそうですし、今後が楽しみです。

今の時点で気になるのは顔と右前。
次の馬体写真でどの程度改善してくるか、はたまた不安は的中するのか。
その辺を注目して見ていきたいと思います。
競馬の裏のウラ

2006年11月17日

年内休養

ストームファング、えらい回復度合いが良いらしく、「過去に事例がないほどの良化ぶり」と言わせるほど今が絶頂期です。なにも放牧先で絶頂期を迎えなくても・・・。(苦笑)


さすがに筋肉が落ちてきてます。
回復はしていても怪我したのが重要な部位だけに、慎重に今年一杯は休養との事。
良い休養になればいいけど、ムダに時間が過ぎそうな気もしてしまうのは・・・なぜ?(苦笑)
ま、この馬には長く出資し続けたい馬。
しっかり治して戻ってきて欲しいところです。
競馬の裏のウラ

2006年11月14日

嫌な更新だ

アルナスラインの近況コメントが月曜に更新されていてびつくり。
恐る恐る確認するとテンション高めでGWにリラックス放牧とか。
予定外の更新はろくな事が無いんで嫌ですね。(苦笑)

次走はエリカ賞とかを狙ってくるかと思いきや、12/23(土)阪神・ラジオNIKKEI杯2歳S(G3・芝2000m)へ向かうそうです。もし出走出来るのなら出資馬初の重賞挑戦。しかもこの重賞は・・・厳しい。(笑)
ま、出走するだけでも嬉しいですが、内心もっと着実に簡単なレースでも・・・とも思います。

この時期に勝ってくれると妄想癖が出ちゃって仕方ありません。
まだ未勝利戦勝っただけ。冷静に冷静に・・・。(苦笑)

2006年11月11日

よしよーし!

アルナスライン未勝利戦勝利!
内容はどうあれひとつ勝ってくれて一安心です。
内心、なんとなーく勝つんじゃないかなぁ〜とか思ってたんですけど・・・。(苦笑)

でも子供とお絵描きしてたら、またしてもパドック見逃してしいました・・・。
ま、録画されてるだろ・・・と確認したらCh389(WEST)撮ってましたー。(泣)
20061111_al.jpg

で、パドック見れてないんで馬券も勝負かけれず、単勝・複勝・3連複と適当に小額しか賭けれませんでした・・・。もっと賭けたかったなぁ・・・。ヘ(´o`)ヘ とほほ・・・・
ま、勝ったんだから贅沢は言うまい・・・。

さぁ、クラシック目指すぞ!(贅沢 笑)
競馬NET

2006年11月10日

一つ勝って楽にさせてくれろ

アルナスラインの2走目がようやく明日です。
6月にデビューしたのにここまで待たされました。

京都だと良かったんですが、福島で出走予定なので見に行けませんわ。
11/11(土) 福島1R 2歳未勝利戦 芝1800m 柴山騎手 で出走予定です。

デビュー戦は1頭になって走る気を無くしたみたいですけど、ちゃんと成長してるんでしょうか。
馬体は悪くない馬なんで、その気持ち面と何と言ってもノド鳴りが心配です。

ただGWの方が言うには「たぶんすぐ勝てると思いますよ」なので、馬券でも一発を期待してます。
最近馬運が見事に低迷しているのでここらで何とか明るい兆しよ、かもんぷりーず。(笑)

2006年11月08日

そういえば・・・

うちのデインヒル産駒の2騎、へっぽこツートップのその後です。

ヘンリーズフォークは可能性を買われて最ファンドに引っかかりました。
やはりどうも腰が悪くて能力を発揮出来ない様子。仙椎という場所だとか。
何とか実力を出せる状態にしてあげたいところです。
このまま終わったらもったいない。実際の力はどんなもんなのか見てみたいです。

ビショップガーデン、こちらは思ってた通りというか、結局そうなるのねって感じで引退。
屈腱炎なのかな?コメントには最後まで出て来なかったけれど、2週間ほど前からのコメントで急に脚元が・・・という感じだったので怪しいなと思ってました。こういう対応はなんか後味悪いなぁ・・・。

つーわけで、最強のツートップを目指していたうちのデインヒル産駒2騎はあえなく解体。あうっ。
腰痛持ちのへっぽこワントップになってしまいました。ま、これも帰ってくるかは激しく怪しいところです。

可動馬が少なくなってきました。
社台オンリーを考え始めていますが、可動馬が少ないのは寂しいです。(苦笑)
競馬NET

2006年10月28日

今週はこちらが最後

今日の福島3Rにビショップガーデンが出走します。
まだ3走目ですが、番組的にこちらも今日が最後かな。

この馬に関しては最初から「三振かホームラン」狙いだったので、仕方ないと諦めてます。
ただ馬体に関しては一時期良い方向に向かっていただけに残念ですが、気持ちの面が競走馬失格でありました・・・。(苦笑)

初めて芝のレース(2000m)を使われるので、その辺にわずかな望みを託します。
さて、後50分後に迫りました。最後の勇姿を見届けてきます。(笑)
競馬NET

2006年10月25日

ようやく帰厩

アルナスライン、ようやく帰厩しました。
グリーンウッドで聞いてた話だとすぐにでも帰れるような話だったのに。
大丈夫なんかな・・・。

ノド鳴りで不安のある馬ですけど、社台馬の入厩はちと気合が入ります。
今後の一口ライフの明暗は社台馬の活躍如何に掛かっていますから・・・。(笑)

そのアルナスラインと同じ募集にかかっていたルミナスハーバーが新馬2着後の未勝利戦をレコードタイムで圧勝してしまいました。
動き絶品で牝馬ながら出資を真剣に考えていた馬でした。
アルナスラインに出資後もこの馬の動向は気になっており、ずーっと確認してました。
芝しか走れない馬でしょうけど、この分なら来年のクラシックが楽しめそうです。
すでに阪神ジュベナイルを視野に入れている様子。
片やこっちはノド鳴り・・・。素直に悲しいです。(苦笑)

いや、まだ2歳戦は始まったばかり。未勝利戦はまだまだあるぞー!おー!
競馬の裏のウラ

2006年10月22日

さようなら・・・

ヘンリーズフォークの引退を賭けたレース。
結局ほとんどテレビに映らないまま終わってしまいました。(苦笑)

馬体も締りがなくて・・・パドックでわずかな期待も吹き飛ばされた私。
最後ならもう少しまともな状態で走らせて欲しかった気もするけど、走る期待が無い馬にそれほど時間も掛けてられないから仕方ないのかな・・・。
長期休養の馬を未勝利戦が無くなるギリギリに入厩させ、まともな追い切りもチョロっと。
・・・これではパフォーマンスと思われても仕方ないよなぁ・・・。
これは別にこの厩舎に、この馬に限った事ではなくて、よく見かける光景でいつも思うこと。

ま、結局調教で走れてもレースで走れないは競走馬としての素質が無かったという事で、その馬に出資した者の見る目が無かったということで・・・。難しいなぁ・・・。
デインヒル産駒同期2頭に出資して、こんなに走らない馬を引いたヤツも珍しいでしょ.・・・。
来週は片割れが控えてる。しかもこっちは除外の可能性もある。
・・・ひょっとしてレースに出ることすらかなわずバイQか?

とりあえずヘンリー、お疲れさん。
これで再ファンドとか言い出したら・・・嘘でしょ。(苦笑)
競馬の裏のウラ

2006年10月20日

ラストかな・・・

この時期まで未勝利にいるとは思ってなかったんですが、現実は厳しい・・・。
ヘンリーズフォークが日曜日の未勝利戦で復帰しますが、時期的にこれがラスト。
馬体を見てても、腰からトモにかけて成長なく弱いままですから仕方ないですね。
ファンタストで乗り込んでどれだけ変わってきたか、わずかな期待をしておきます。(苦笑)

調教では良い走りを披露し、デビュー戦(1番人気)は勝ち負け当然と思われたもののここまで2桁着順。走る力はあるのなら時間が経てば・・・と思ってましたけどここまで来ちゃいました。もう時間切れです。デビュー前は強気だった厩舎のコメントもあっさりしてますし、日曜日も消化試合って感じ?寂しいねぇ。何とかならんもんかな・・・。
競馬NET

2006年10月13日

心は来年の募集へ

社台クラブ1歳馬のクラブコメントが初めて出ました。
リビングデイライツ05はまだ昼間放牧の段階ですが、この時期の馬には珍しくバネ・瞬発力・スピードがあるとの褒め言葉ばかり。悪い気はしませんが、怪しいもんです。(苦笑)
体重の方は435kgという事でまずまず。去年のような心配はなさそうです。(笑)
当てにならないコメントはとりあえずとして、順調に順調に・・・。


これはまだ募集時の写真ですが、これがどの様に変化しているのか気になります。
頭の中ではすでにイメージが出来てるんで、それとどのくらいズレがあるのか。・・・楽しみ。

というか、最近競馬から遠ざかっているせいか、競馬熱がフツフツと上昇中です。
この時期、すでに来年の社台募集が気になりだしました。やっぱり相当病んでます。(笑)
競馬NET

2006年09月29日

安物買いの銭失い

なんだか知らない間にセヴンシーズ(ファモーザ04)が骨折してました。(苦笑)
怖い怖いとは思っていたものの、全治6ヶ月の診断。イタイ・・・。

やはりバランスを崩してる一番恐れてた時期にきました。
元々、脚元の不安は分かった上での出資ですが、曲がってても走る馬はいるし・・・どんだけ見てても馬って分からないもんです。(苦笑)
競馬NET

2006年09月24日

もしや今が?


休養中のストームファング
随分と体調が良いようです。
休んでるのに張り艶、筋肉が維持されているんですと。
脚元故障の状況もすこぶる回復が順調らしく・・・。
エイプリルウインドとはえらい違い。(笑)

もしや今が絶頂期?
こんなときに休むのは悲しいねぇ。(苦笑)
競馬の裏のウラ

2006年09月23日

最弱ツートップが行く

ビショップガーデンが出走予定です。
・・・が、走る気持ちはまだ無い様子です。(苦笑)

20060914.jpg
初ブリンカーが死ぬほど利く事を期待してます。(笑)

ただ最近持ち馬が出走していなかったので、ようやくって感じです。
そろそろ競馬モードに入って行く季節になりました。
もう少し、もう少し・・・。
競馬NET

2006年09月09日

宝探しのついでに・・・

グリーンウッドに見学に行ってきました。
たまたまエイプリルウインドとアルナスラインがいたもんでねぇ。
なかなか出資馬を2頭も同時に関西で見る機会は無いでしょうよって事で。
20060908_gw.jpg

で、行ってビックリ。「4月風」明日(正確には今日)には北海道に向けて出発するそうな。
(直接北海道(社台ファーム)か、山元を経由するかは聞いてません)
間一髪セーフ。ギリギリまで宝探しオンリーにしようか迷っていただけにナイスジャッジ!(笑)

続きを読む "宝探しのついでに・・・" »

2006年08月07日

叩き落された・・・

屈腱炎とは・・・。

ストームファングに続いてエイプリルウインドまで。
ウチの数少ない活躍馬2頭が長期戦線離脱です。

秋は大きな舞台に出れるかなぁ〜と考えていただけに。

大きな舞台への道のりは長い・・・。(苦笑)
競馬NET

2006年08月02日

半年の休養

ストームファングが脚をやってしまいました。
ようやく3勝目をあげて、さぁこれから!というところだったのに・・・。
左前の繋靭帯炎らしく、最低でも半年の休養が必要なようです。
獣医さんから「あまり程度が良い方ではない」と涙が出るコメントも。(苦笑)

ま、この馬に関しては前脚に今まで大きな異常が出ていなかったのが不思議なくらいですし、出資した時から覚悟はしてたはず。(最近はもう大丈夫かな、と忘れかけていただけで・・・苦笑)

エイプリルウインドも脚元がモヤモヤしてますし、今までの良い波が呆気なく崩れてます。(苦笑)

2006年07月29日

ようやく3勝目

今日の函館8Rでようやく3勝目をあげてくれました、ストームファング
そういえば出走予定の告知も書いてなかった。こういう時に勝つもんだ。(苦笑)

500万クラスに居る馬ではないと思いつつも、なかなか勝てず、ようやく、ようやくの3勝目。これで昇級。降りて来た1000万クラスの上位馬達とも良い勝負をしているだけに、クラスがあがっても堅実に頑張ってくれるはず。やはりノドの心配が無くなったのが大きい。

ただ・・・馬券が、3着馬との馬単1万円で勝負を賭けていただけに相当凹み・・・。
調子良かった馬券も資金がどんどん減っていってます。あぁ、5Dが・・・。

今日の23時過ぎからはいよいよハーツクライのキングジョージ。
相手も強いがハーツも強い。こんな時に限って夜勤です。(涙)
明日の朝一番で、いくみんと一緒に録画観戦します。
ニュースとかで結果言われるのが怖い。テレビは見ないでおこう。(笑)
競馬NET

2006年07月25日

あっちからこっち こっちからあっち

社台からエイプリルウインドのぶっぽうそう特別の配当金のお知らせが届きました。
24万円ちょっとです。
それと一緒にリビングデイライツ05の出資契約書も届いて、請求書も同封されてました。
ユーロスターの補償が26万円程あったので、その差額24万円の請求です。

きれーに、あっちから来たお金があっちに流れて行きます。(苦笑)

ま、毎年のように新規出資馬の資金を工面する苦労がなくなっただけヨシとせねば。
今やうちの稼ぎ頭となったエイプリルウインドは来週帰厩予定です。
競馬の裏のウラ

2006年07月21日

怖い

20060719.jpg
写真を見てるだけで怖い。
出資馬で「走らない不安」<「故障の不安」が大きいのはこの馬がはじめて。
無事にデビューまで漕ぎ着ければ良いけど・・・。
競馬NET

2006年07月19日

今回の追加募集ならわかる

サウスニアから追加募集のお知らせが届いてました。
体調の悪さから「やる気無さ男」だったので今回は詳しく確認もせずパス。

ただトレーシングセール出身という事で、今までの意味の無い追加募集とはチト違う。
こんな追加募集なら納得できますし、出資する方も楽しみでしょう。
ただ、いつもの事ながらたけぇ・・・。公開調教の「10.3秒」だけでどれだけ↑?(苦笑)

トレーシングセール出身がどれほどのものか、今後が楽しみですね。
競馬の裏のウラ

2006年07月04日

世界的な血がダメならこれで!

サウスニアの期待のツートップ、デインヒル産駒2騎の恐ろしいほどの失態ぶりに凹みまくってる訳ですが、こんな馬なら気楽に見てられます。私のサウスニアにおける最終兵器ファモーザ04

悪さを相当するようでうし、後々気性難と言われる馬なのかもしれませんが、値段が値段だけに気楽に見てられます。逆に「もっとやれー!ガンガンやれー!」みたいな。(笑)

続きを読む "世界的な血がダメならこれで!" »

2006年07月02日

勝つほうは負け、負けるほうは負け

ストームファングヘンリーズフォークが仲良く負けました。(笑)

ストームファングは勝つつもりだったんですけど、2着でした。
頭の上げ下げでしたけど、ゴール板では完全に判断出来るくらいでした。
1着のあの騎手はいつも余計な事してくれます。(笑)
ま、ハンデもらって負けたんですからまだ500万のレベルという事でしょう。
値段的にはこんな所にいてもらっては困るんですけどね。(苦笑)

ヘンリーズは予定通りです。
ただ大差のドンケツ。デインヒル産駒最弱の称号を頂きましょうか。(苦笑)
三和F

2006年06月30日

ストームとヘンリー

ストームファングヘンリーズフォークが明日(土)函館8Rと4Rに仲良く出走予定です。
ストームファングの方は人気でしょうがヘンリーズフォークはまったくでしょう。
ここらで何とかきっかけを掴んで欲しいと思います。

津村君、前に行けといわれたら前に行ってくれ。

ストームファングは500万クラスを卒業させて頂きます。
ヘンリーズフォークは良くて8着・・・かな?(苦笑)
ha_122.jpgfl_040.jpg
とにかく両馬とも頑張ってねぇ〜。
三和F

2006年06月29日

金の蹄鉄

エイプリルウインドの2勝目、ぶっぽうそう特別の優勝賞品のお知らせが届きました。
1勝目の純金メダルは130gで30万円だったので、どれほどあがったのか?

今回の賞品は金の蹄鉄だそうです。
これは期待出来るんじゃあーりませんか?むふふ・・・。
20060624.jpg

続きを読む "金の蹄鉄" »

2006年06月25日

アルナスラインもそうだけど、そういえば・・・

アルナスラインのデビュー戦は呆気なく負けて終わりました。
なんだか3コーナーくらいで置いて行かれてしまったような・・・。
上の子供にダメ出しされました。「15番遅いですねぇ〜全然ダメですねぇ」と。(笑)

ノドよりも、現状ではまだ体が重いのか。(苦笑)
530キロくらいでも全然良いかも。
ま、コメント待ちですねぇ。

そういえば忘れてましたが先週ヘンリーズフォークも走ってます。
こっちは目も当てられないような敗戦。もうダメちんです・・・。
うちの2騎のデインヒル産駒は日本代表のフォワード陣にも勝るようです。
決定力不足が。
競馬の裏のウラ

2006年06月24日

アルナスライン出動!

出資決定したのが去年の今頃。その時には思いもしてなかった早期デビュー。
超大型馬になるのはその時点から明らかで、何でこんなにとんとん拍子で来れたのか不明ですが(笑)、明日京都5R新馬戦でアルナスラインがデビューです。2歳のこの時期にデビューするのは私の一口生活経験でも初めてでしょう。(←調べてないが・・・)

とんとん拍子でもちゃんとオチがあってノド鳴ってますが、(調教)速めをやると鳴らない様な事を最近のコメントが言ってますので、今はそれを信じたいと思います。(こんな時だけ信じるヤツ・・・)

最近、馬体写真が全然更新されなく、「いったいヤツはどんなことになってるんだろ?」と思ってた時にクラブからデビュー直前の写真が届きました。こんな感じです。

続きを読む "アルナスライン出動!" »

2006年06月23日

社台募集(05年産)その13

さて、社台募集のブログネタもそろそろ終盤です。(笑)
私の希望馬を明かします。
そんな大そうなもんじゃないですが、ちょっと引っ張りましょう。
1年に一度しかないことだし。(笑)

今回は初めて1日ツアーに参加したのですが、一日中雨に祟られ散々でした。
そして、帰ってしばらくしたら狙っていた馬くらいの記憶しか残ってませんでした。
で、その馬は大人気で結局断念。なんだか意味のないツアーになっちゃった・・・。

「じゃあ、誰にするのよ?」と3日ほど考え悩んだのがこの馬です。
三和ファイナンス♪

続きを読む "社台募集(05年産)その13" »

2006年06月17日

うげっ!3着じゃダメなん?

ストームファングが函館12R 木古内特別に出走しました。
7頭立てだったんで「勝てるかなー」なんて思ってたんですけど、メンバー見てたら降級してきた2頭がいて、しかもそのクラスでも上位の2頭で強そー。でもここでこの2頭に良い勝負するようなら次のクラスでも勝負出来るということだし・・・とか思いながら見てました。

「この2頭は強いかも知れんけど、いくらなんでも3着は大丈夫やろー」と先週エイプリルウインドの馬券で儲けた資金を投入。複勝3万円勝負。久々に大枚。やや緊張。

続きを読む "うげっ!3着じゃダメなん?" »

2006年06月10日

馬って難しい・・・

エイプリルウインドぶっぽうそう特別で2勝目をあげてくれました。
凄い嬉しいですけど、この馬は実力で選んだわけじゃないんで複雑です。(苦笑)
「外れても良いや」って出資した馬が走っちゃうんですから馬って難しい・・・。

にしても配当にはびっくらこいた。
嫌味でも何でもなく人気無さ過ぎ・・・。
今日は仕事で競馬見れなかったんですけど、真面目に単勝900円位だと思ってました。
ちっ・・・パドック見てたら100万馬券獲れたな・・・。(←ムリムリ 笑)

仕事から帰宅し、楽しみにHDDレコーダーを再生するも・・・痛恨の録画失敗!!
レース映像はレースリプレイで見れたものの、私はパドックが見たいのに・・・。
どなたか中京9Rのパドック映像ないですか・・・。(泣)
三和ファイナンス♪

2006年06月09日

菊花賞に向けて

ダービーは終わりましたが、まだクラシックを諦めた訳じゃないですからね。
今年はエイプリルウインドが勝ってくれたのでこんな事言ってられます。幸せ。(笑)
いつもなら未勝利脱出未勝利脱出・・・ですからね。・・・まだ2頭いますけど・・・(T_T)

まぁ、菊花賞は言い過ぎとしても、これまでのレース振りを見てるとなかなかやってくれそうな手応えは感じています。
明日、中京9R 赤木騎手でぶっぽうそう特別に出走予定です。
強い馬も何頭かいますけど、白旗あげるほどではないレベルだと思います。
ソエが出ていますし、次は放牧っぽいので何とか良いレースを。

にしてもなんで今年社台募集にステイゴールドいないかなぁ。
渋めになかなか良い活躍馬出してますよねぇ。
競馬の裏のウラ

2006年06月02日

おお!初めてサインもろた

仕事から帰ってきたら社台から分厚い封筒が届いてました。
触ったら何故かふかふかの封筒。すぐゼッケンだと思いました。(苦笑)
20060415_sign.jpg

こんなん貰うのはタイキRCで貰って以来なかったのでちょっと嬉しかったです。(笑)
どうも以前紹介した未勝利優勝メダルに応募した方はお1人だったようなので、私よりその方にあげた方が良いのでは・・・と思います。このゼッケン2つに切ってあるので、もう一片がその方の所に届くと良いのですが・・・。(苦笑)

さて、社台募集の馬体写真が公開されました。社台TCサンデーTC
今からじっくり見てきます。楽しみー!
全国のコアな馬きちGuy!ファン(ただ今2名)なら分かる、まずは・・・あの馬から!(笑)

2006年06月01日

クラシックを意識した・・・が!

アルナスラインが初時計。
坂路 57.8 -39.9 -26.0 -13.1 一杯に追う
        アメーリア(三未勝)馬ナリに同入

・・・ま、初時計だから良いんですけど、もうちょっと・・・。(苦笑)

この馬も思いっきりクラシックを意識して出資した訳ですけど、クラシック馬のイメージとは遠い早期デビュー&超大型馬&ノド鳴りとここまでは散々です。この調教では光明は今のところ見えませんし、コメントも入厩してから明るい言葉の一つありません。(苦笑)

サウスニアのデインヒル2騎もとってもとっても酷いですし、ちょうどタイミング的にも社台募集の価格が高く、コーヒーブレークするには良い時期なのかもしれません。今年の募集はちと趣向を変えて見るのも一考かと考えはじめました。今年の私はスゴイところに行くかもしれません。(笑)
競馬NET

2006年05月28日

ヘンリーズフォーク弱すぎ・・・

ヘンリーズフォークの2戦目、何着かな?
とにかく、てんでダメ男。弱すぎ。
体はデビュー戦より全然良くなってるけど。

まいったなぁ・・・

ビショップガーデンの方はいいとしても、この馬の方は馬体・動きからイケると思って出資した方だからねぇ。
何かが見間違ってるはずだから、もう一度振り返る必要ありだな。
思ってたより成長が良い方向に進まなかったのは事実で、そう考えると血統なのかな?
とにかく募集時の動きをもう一度確認せねば・・・。

追記
その後のコメントで、追走時は良いがGOサインが出ると力が伝わっていかない走りになるとの事。
デビュー戦と同じことやね。腰が弱いからやろ。しばらく時間かかりそうや。間に合うかなぁ・・・。
競馬NET

ヘンリーズフォーク2戦目

ヘンリーズフォークの2戦目が今日の東京3Rです。ダート1600m戦です。
デインヒルの産駒ですけど、この馬自体ダートは悪くないと思います
・・・能力の問題。(笑)

腰が甘い馬ですから2戦目ですぐ変わるとは思ってませんが、この馬も未勝利で遊んでいては困るんです。うちのサウスニア デインヒル産駒2騎でも自信を持って出資した方ですから。(笑)

デインヒル産駒2頭に出資して2頭とも未勝利では洒落にもならねぇ・・・。(汗)

ストームファングも昨日のレースで、今後が期待出来る内容を見せてくれましたし、ヘンリーズフォークも続いて貰いたいところです。ノリさん頼んますぅ。(笑)
競馬NET

2006年05月27日

う〜わ、追い込んだ!

ストームファング2着でした。
でも全然今までとレース振りが違っていて驚きました。

「あの馬が追い込んだ・・・」てな感じ?(笑)

今までは直線(ノドの影響大)で垂れるレースばっかりでしたから、久しぶりに差してくるレースを見ました。いつも直線元気がない馬でしたから。(笑)

喉さえなければ正直、こんなところではチギルくらいで勝って欲しかったんですが、とりあえず未来が明るくなったんで気分は上々。この後は中一週で中京参上です。頑張れ。
サンワF

2006年05月26日

とうとう・・・ストームファング。

ようやくここに漕ぎつけました、ストームファング
5/27(土)東京7R に横山典騎手で復帰です。

なぜか1300mなんですけど、大丈夫かな。
腰の造りから言っても、短距離が向いてるとは思わんのやけど・・・。
そんなにスッと行ける方ではないし、休養明けだし。

それでもノドの手術から体調は良くなってるみたいですし、ここが今後を占うレース。
ある程度以上のレースをしてもらわんと。ここでダメだったら・・・ち〜ん。(苦笑)
一休.com

2006年05月24日

あーまた喉だぁ・・・

2歳馬で早々と栗東に入厩したアルナスライン

どうも喉が鳴るらしいです・・・。

あ〜・・・まただぁ・・・。

喉はわかんねーっすよ。どーしようもないな。

それにしてもサーバーに繋がらなくて・・・。
どっちも頼んますわぁ。(泣)
競馬の裏のウラ

2006年05月16日

一方こっちは・・・

ストームファングと違い、こっちはどもなりません。(苦笑)
大器晩成と願いつつ、今は時間の経過をひたすら待つのみです。(笑)
うちの期待(していた)のデインヒル産駒二騎とも脚元もやもや。(;´д` ) トホホ

なるようにしかなりませんけど、何とかしてくれー。(-∧-)ナムー

やる気さえ出てくれば走れる馬だとは思うんですよね・・・。
この休養期間中になんとか競走馬になってくれ。(苦笑)
em_029.jpg
一休.com

2006年05月15日

お気に入り馬帰厩

気合が入るのはやはり社台の馬なんですけど、お気に入り度はやはりこの馬。
ストームファング、挫跖という一頓挫がありましたが先日トレセンに帰ってきました。

喉の手術から体調も良いようだし、藤澤さんとこも良い波が戻って来てる。
個人的に今年はこの馬の走りを一番楽しみにしてるだけに、なんとか。
岡部ジョッキーを壊した馬が、こんなところで燻ってるわけにイカンでしょう。
それ以外にも色々なエピソードがある馬。是非大きな舞台で披露して頂きたい。(笑)
ha_115.jpg
競馬の裏のウラ

2006年05月13日

栗東入厩

アルナスラインの月一のコメントが発表されました。
いつもは馬体重が気になるところですけど、今回は別ニュースに驚き。
なんと5/11に栗東に入厩しました。はやっ!
超大型馬が早期入厩。なかなかイメージ通りにはいかんもんです。(苦笑)

で、気になる馬体重のほうは580キロ。まほぼ現状維持ですな。
ようやく体重も落ち着いて来ましたか。ほっ。v( ̄ー ̄)v

・・・いやいや、高いところで維持しすぎでんがな。ヾ(ーー )
体重は想定範囲外だが、それ以外は完璧だ。色々な意味で怖い。(笑)
一休.com

2006年05月07日

4/7着・・・びみょ〜

エイプリルウインド、早苗賞で4着でした。
7頭立てでこのメンツ。3着以内は欲しかったのが本音です。

でも直線ではふらつくし、寄せられるシーンもあってあの着差。
乗り方次第ではもうちょっと前にも来れていたんじゃないかなぁー。贅沢?
でも体は今からの馬ですし、ヨレたりして精神的にもまだまだ子供。
1戦目・2戦目と確実に上昇してるのが分かりますし、今後も楽しませてくれそうです。

やっぱ5月になって「4月風」の確変終了?
名前変えるべ。めいういんど。(苦笑)
競馬の裏のウラ

2006年05月04日

泰寿さんイケテルかも

エイプリルウインド、新潟8R・早苗賞(芝2000m)に赤木騎手で出走確定しました。
出走頭数なんと7頭!!
もらった〜!賞金ゲッツ!(笑)

結果オーライというよりは、明らかに狙ってます?
フルゲートにならないダービートライアルをあえて避け、ひっそりと裏開催へ。
そして出走頭数7頭。当然現時点での実力を把握しての判断かな。
ま、実力馬が自厩舎に多いからだけかも知れませんけど・・・。(苦笑)

なんにせよナイス。7頭立てなら十分上位を狙えるじょー。(笑)
大人力診断

2006年05月03日

3走目は特別戦

エイプリルウインドが今週出走を予定。
5/7(日)新潟・早苗賞(芝2000m)に赤木騎手です。

坂路の調教は未だにこの時の調教タイムがベストで更新できない状況ですが(苦笑)、53.1 -38.5 -25.5 -12.7 一杯に追う ドマーニ(三未勝)一杯にアタマ先着 でまずまず。

社台募集までに出来る限り賞金稼いで貰わないと。(笑)
許容制限額の1200→1600万円へのアップを狙う他力本願な私。(苦笑)
大人力診断

2006年04月22日

期待してたのに・・・

この日曜日、とうとうストームファングが復帰する予定でしたが挫跖で急遽回避。
藤澤さんとこなのにねぇ・・・。期待してたのに。。。

ha_114.jpg

やっぱなんか変わってきてるんかな。
競馬の裏のウラ

2006年04月20日

ウェルシュステラ メモリアル

ウェルシュステラの引退メモリアルCD-ROMが届きました。
メモリアルくらいDVDにしてオリジナルの映像を入れてくれれば良いのに・・・。
と贅沢なこと言ってますが、過去を振り返るには良いツールです。
welshstellar_memorial.JPG

少しだけ見てみたんですけど、2着になったデビュー戦の1着馬はプレシャスカフェ
うーん、明らかに相手が悪かったな。(笑)

続きを読む "ウェルシュステラ メモリアル" »

2006年04月19日

純金メダルだぁー

エイプリルウインドの優勝記念メダルのお知らせが届きました。
未勝利でも貰えるんだ純金メダルって。感動〜。
g_medaru.jpg20060415.jpg

130.55gの純金らしく、いくみんに「いくらすると思う?」と聞いてみました。
「・・・5万円」

だよねぇ。金なんてメッキしか知らんもんな。(笑)
30万円だそうな。買えるわけねーし。
そんな金あるんなら社台募集につぎ込むわね。(笑)

次は5/7(日)新潟・早苗賞(芝2000m)だそうですわ。コツコツたのんます。
大人力診断

2006年04月15日

イェイイェイイェーイ!

エイプリルウインドが未勝利脱出しました。良かった。
社台馬で初勝利です。ようやくだ〜。長かったー嬉ぃ〜!

さすが「4月の風」じゃ〜。
・・・いやいや、5月以降もお願いしますよ。(苦笑)

これで今年の社台募集の購入価格帯がアップ!!
1000万円 → 1200万円へ!いぇーい!
ロサ×ヴェイルに到達ぅ?(多分足りてない)

ま、とりあえず良かった。
タイムは遅いが勝った事に意味がある。
これで長く楽しめるのが嬉しい。ありがとー!
競馬写真をプリント!

エイプリルウインド2戦目!

エイプリルウインドの2戦目が今日の福島5Rです。
書いてる今から1時間ちょい後なんですけどね。

一度レースを経験したことは大きいでしょうし、相手もまずまず恵まれました。
このレース結果が今後の成績を暗示する事になりますし、どんな走りをしてくれるか不安半分期待半分。とにかく前走以上の着順をぷりーず。

この馬の結果によって今年の社台募集の軍資金が左右されます。
上げてくれ〜。(苦笑)
競馬NET

2006年04月06日

今月コメントも耐えた

ビクビクのエラティス04、月一コメント更新が出ました。

なんとか今月も耐えた様子です。頑張れ、脚。

馬体重の方は582キロ

うぅ・・・増えた・・・。

続きを読む "今月コメントも耐えた" »

2006年04月05日

珍しく早いんじゃな〜いの?

喉の手術をしたストームファングですが、どうもその後順調らしく3月18日に北海道ファンタストクラブ → 美浦分場に移動しました。
もっともっと時間が掛かると思っていたんで「大丈夫?」って思ったほどです。
夏ぐらいに復帰かな?って思ってたんでね。

それが息つく暇なく4月1日に美浦トレセンに入厩です。わお!

早すぎるでしょう〜。珍しい・・・あの藤澤調教師が・・・。
あまりにも順調で体調が良いのか、何かの伏線か。(苦笑)
何にせよ大好きな馬が帰ってきました。今後が楽しみです。
競馬の裏のウラ

2006年03月31日

次もマイナーか?

ファモーザ04の画像が更新されてました。
動きは硬さもとれつつあり悪くない感じです。
やや頭悪そうなところが気に入ってます。(良く言えば気が強そう)

しかしそれ以上にタニノギムレット弟が良く見えますけど。(笑)
・・・凄いっす。
これが良血の力か・・・むむむ。

続きを読む "次もマイナーか?" »

腰が甘いなぁ

ヘンリーズフォークです。
期待している方のデインヒル産駒です。(笑)
でもウチのデインヒルツートップはへなちょこです。

能力はあると思うんだけど、どうも腰が弱い。
出資する時から気にはなってたところだが腰が弱い。
パドックを見てても頼りないくらい腰が弱かった。
時間がかかりそうだ。(泣)

続きを読む "腰が甘いなぁ" »

いけるか〜!

エイプリルウインドがデビュー戦、既走馬達に混じってまずまず頑張りました。
次走阪神あたりなら久々に現地観戦しようと思ってたのに。

福島は無理っすわ。
ソコ ドコニアルンデツカ・・・

社台募集までにはなんとか1勝して欲しいところ。
それ次第で出資馬レベルが上がって行くんですけどね。(笑)
現時点では1000万円レベルですよ。(泣)
競馬NET

2006年03月26日

ギリギリ入着

エイプリルウインドがデビューしました。テレビ観戦です。
488キロでずいぶん絞った馬体になって出てきましたけど、まだ緩く。
追走に手間取って8着入線です。
今後の楽しみの為にも掲示板には正直来て欲しかったんですが・・・残念。

ま、ユーロスターのデビュー時より気持ち的には↑です。(笑)

今後レースに慣れ、気合が注入されれば勝てそうな気がします。
とにかく1勝して楽しみを運んで来て欲しいもんですわ。

さ、ばんえい記念モードにスイッチを切り替えます。(笑)
応援スーパーペガサス。馬券ミサキスーパーでいこうかな。
競馬の裏のウラ

2006年03月21日

今度は社台馬デビュー

今週は何事もなければエイプリルウインドがデビュー予定です。
先週のビショップガーデンはレースに振り回されたような格好になってしまい惨敗。
砂を被ったのが嫌だったみたい。(だからぁ・・・。)
これでウチの03年産サウスニアの新馬戦は2桁着順スタートとなりました。orz

今週のエイプリルウインドには是非このうっぷんを晴らしてもらいたい。
・・・と都合のいい事言ってるが、実はウチの03年産の中では一番期待してなかった馬。
1600万円の安馬で、柔味という長所だけで出資したようなもんだったし。(苦笑)
しかも超人気馬でダメ元覚悟の出資。そしてなぜか抽選突破。

続きを読む "今度は社台馬デビュー" »

2006年03月19日

ビショップガーデンデビュー!

ビショップガーデンがとりあえずデビューを果たしました。
パドックを見て馬券を買うのはやめました。さすがに無理でした。(笑)

それでも希望を持ってレースを見ていたんですが、何着ですか?十何着?
なんだかレースを分かってないような走り方でチグハグ。
フォームもバタバタで「あららぁ〜」って感じで見てましたが最後はそれなりに走ってました。

続きを読む "ビショップガーデンデビュー!" »

2006年03月17日

なんだかんだ言うても・・・

一発大穴狙いで出資したデインヒル産駒がデビューします。
馬名はビショップガーデンです。紹介@ 紹介A 紹介B
19日(日) 中山 6R 新馬 ダ1800m 小野次郎騎手でデビューします。
(エイプリルウインドのデビュー戦は次週へ変更)

・・・とうとうデビューしちゃいます。はたして競馬になるのか・・・不安。
最弱デインヒル産駒の称号だけは回避したいところ。(苦笑)

続きを読む "なんだかんだ言うても・・・" »

2006年03月09日

デビュー間近

やる気なさ男君のエイプリルウインドですが、ようやくデビューが見えてきました。
ゲート試験合格後、今日初めて本格的な追い切りを行ったみたいです。
坂路で一杯に追われました。

どうだったと思います?
ビックリしますよ。(笑)

続きを読む "デビュー間近" »

2006年03月04日

バリバリ成長中!

社台での出資馬 エラティスの04(アドマイヤベガ)の近況が更新されました。
気になる馬体重ですが、まだまだバリバリ成長中らしく576kgに到達しました。おー!
モウカンベンチテクデ・・・オトナチクチトコ・・・アシマガチャウヨ・・・

でも調教の方はノーザンファーム空港でしっかりやってるんで、これまでの出資馬たちのようにブヨブヨの体重増ではないと思うんですけどね。(笑)

続きを読む "バリバリ成長中!" »

2006年02月24日

勘弁願う!

こんなコメントは楽しくありません。

走る気持ちが前面に出てこない様子
稽古での動きが一息
人間に動かされている
走ることに対して気持ちが入ってこない状況
晩成型なのでしょうか

(↑そんなわけねー)

・・・たぶんこの馬、レースに行ったら何も書く事なさそうです・・・。
レースも2・3走でその先は無いかも・・・。

続きを読む "勘弁願う!" »

2006年02月16日

不名誉な称号へ一歩前進

昨日書いたばかりのビショップガーデン。
不名誉な称号へ一歩近づきました。

美浦に入厩して40日目にして初追いきり。
初追いきりのタイムって、その馬の将来が少し見えてしまうもんです。

06.02.15 助手 美南W良 5F 70.4 53.8 39.5 13.7 5 一杯に追う
    カシマワンダー(新馬)馬なりの内0.1秒遅れ
06.02.15 助手 美南坂良 1本 59.1 43.8 28.9 14.3 馬なり余力
   カシマワンダー(新馬)馬なりに0.1秒先行同入

え〜ん(;_;)
競馬NET

2006年02月15日

大丈夫かのぉ〜うちのデインヒル産駒

サウスニアのデインヒル産駒の一頭がひっそりと引退しました。
うちの馬ではなくジャングルクルーズという馬です。
ある意味凄い戦績で引退となったんですが、この馬も気持ちの問題が大きかったようです。

続きを読む "大丈夫かのぉ〜うちのデインヒル産駒" »

2006年02月14日

お疲れさん

ウェルシュステラ、10着でしたがとりあえず無事に帰ってきたようです。
これで引退になります。どうもお疲れさん。頑張りました。
この馬に関しては何も言うことありません。本当に良くやってくれました。

ただ・・・

あの仕上げは何なのか。
あの状態で走らせる意味が何かあったのか。
・・・わからん。
何も無かったから良かったものの。
何かスッキリしない引退レース。
それだけが残念でした。
競馬NET

2006年02月09日

とうとう引退レースです。

ウェルシュステラの引退が決まりました。
今度の日曜日 東京10R 立春賞(1000万下・芝2000m)が引退レースになります。
騎手はバルジューさん。得意の東京コースで最後です。
(と言いつつ東京では未勝利・・・苦笑)

分かってはいましたが、決まってみるとやはりチト凹みます。。。
でも本当に良く頑張ってくれました。私の中では名馬です。
こんな馬をまた持てたら良いなと思います。

続きを読む "とうとう引退レースです。" »

2006年02月08日

凄いラインナップになりつつある・・・

最近、うちの出資馬のラインナップが凄くなってきました。

・・・何が凄いって・・・た・体重が。(汗)

これは記録じゃないのか!?(何の)

平均したらなんと515kg!(7頭)

わんだほー w(°o°)w

続きを読む "凄いラインナップになりつつある・・・" »

2006年02月03日

大穴は大穴で終わるのか・・・

うちには「ひょっとしたらひょっとするかも〜!」ってな具合で出資したデインヒル産駒がいるんですけど、なんだか大穴は大穴で終わりそうな気配がしてきました。(苦笑)

馬体の成長は考えていた以上のカーブを描いていたのですが、気性面でどうも暗雲が・・・。
なんでうちの馬達はこんな馬ばかり集まってしまうのか・・・いや選んでしまうのか、自分よ。

続きを読む "大穴は大穴で終わるのか・・・" »

2006年01月11日

ストームファング 豚からの脱却

去年の暮れの話になるんですが、ストームファングが喘鳴症の手術を受けました。
前々からおかしいとは言われていたのですが、今回の受診では喉の弁の一部に機能麻痺が見られるとの事で即手術となったようです。

そりゃおかしいでしょ。だって「ぶひぶひ」言うんですから。ぶひぶひー!
ぶひぶひ鼻を鳴らして走るのはブタですもん、豚。馬じゃない。

続きを読む "ストームファング 豚からの脱却" »

2006年01月08日

グリーンウッド・トレーニング

栗東トレセン見学の後、そのまま滋賀県にあるグリーンウッドへ見学に行って来ました。
社台グループの施設ではないですけど、出資馬がいれば見学させてくれるようです。
どうも金曜日の15時(季節によって違う様子。暖かい時期は14時)という時間指定があるので、見学に行こうと思われている方はお気を付けください。

上にリンクを貼り付けておきましたけど、そこに書かれてる地図も分かりにくいんですわ。
ま、その辺は大したもんが何もないんでグルグル回ってれば分かるとは思いますが、大体この辺です。事務所もHPの写真を記憶してればすぐ分かると思います。

続きを読む "グリーンウッド・トレーニング" »

2006年01月04日

いざグリーンウッドへ

今年の小さな目標は『思い立ったら吉日生活』を実践すること。
あれせなあかんな、これせなあかんな・・・と思ったその時にやっつけてしまう!これです。
簡単な事なのに後回しにして結局しなかったりするんですよね。

というわけで今日、社台事務所に電話しました。思い立ったら吉日です。
6日にグリーンウッドに見学させてもらうことになりました。
もちろんエイプリルウインド見学です。

続きを読む "いざグリーンウッドへ" »