New馬体診断!

登録馬INDEX

ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行  ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行  海外馬

カ行

馬名 血統 馬体評価 コメント
カイトヒルウインド  父 セイントバラード
 母 スロウンストリート
母父 トップサイダー
スッキリとした体付きであるが、ダート馬らしく力強い筋肉が各部に。もう少し前躯ががっしりしている方がダートには向くと思うが、この造りで上手くバランスがとれているので問題無い。もうワンパンチ欲しいところ。
カシノマイト  父 クリスタルグリッターズ
 母 ソレイユビューティ
母父 モガミ
派手な流星を額に持ち、目付きもキツイ。馬体は父から想像する馬体には離れており、どっしり。バランスは悪くないので、後は前躯の出来が鍵を握る。
カシマフラワー  父 ヘクタープロテクター
 母 フラワーブリーズ
母父 フェアジャッジメント
★★★ ヘクタープロテクター産駒にしては珍しく、将来的にも楽しめそうな逸材。顔つきが良く、あとは後躯の成長次第。もうひと肉欲しい。
カゼニフカレテ  父 サニーブライアン
 母 マナーリー
母父 ラグビーボール
★★ 見た目は良くない馬だが、筋肉豊富で父譲りの肉質。馬体以上に走る。
カチドキリュウ  父 アンバーシャダイ
 母 トウショウフォモサ
母父 トウショウボーイ
★★ 腰回りがスッキリとしたアンバーシャダイ産駒らしい馬体。それでも胸囲がしっかりとあり、スピード感ある馬体に。トモの弱さが感じられるが、瞬発力はある形。小回り向く。
カナハラドラゴン  父 アンバーシャダイ
 母 ミナガワローマン
母父 ブレイヴェストローマン
★★★ 父アンバーシャダイの特徴がそのまま馬体に反映されている程。幅のある前躯にスッキリとした後肢。またそれらがバランスを崩さずに構成されているところが魅力。
カフェオリンポス  父 グランドスラム
 母 コニャックレイディ
母父 オリンピオ
★★★★ 無駄肉の付かない筋肉質な馬体。胴は長いがそれ程距離に融通性は無く短い方がベター。ただ素質高く能力でカバー。ダートオンリーで。
カネツクロス  父 タマモクロス
 母 マウントソブリン
母父 ラッキーソブリン
★★ ごつい馬体で、個人的にはあまり好きな馬体ではない。スピード感はなく、重い感じの印象を受ける。展開や相手次第で、との条件付き。
カネサマンゲツ  父 マーベラスサンデー
 母 ウノ
母父 コックスリッジ
★★ 馬体のバランス・造りは悪くないものの、どうしても筋肉で走るタイプだけにスピードに奥が無い。芝向きではない。成長でどこまで。
カネツフルーヴ  父 パラダイスクリーク
 母 ロジータ
母父 ミルジョージ
★★★ 大型馬ながら柔味を感じられるその馬体には好感が持てる。繋が短く立っており、ダートが良いと言うより芝は無理と言った方が正解。ただその馬体はしっかりしたもので、バランスは素晴らしく、能力は高い。
カネトシオペラクン  父 オペラハウス
 母 ミルセイウン
母父 ミルジョージ
一見この馬がダートを走る馬だとは思えないが、なるほど、よく見ると繋も蹄もダートに適した作りである。それでも全体的な筋力にパンチが欠けている感はある。
カネトシディザイア  父 フジキセキ
 母 ゴーンプロフェッショナル
母父 ゴーンウエスト
フジキセキ産駒にしては筋肉質でなく、どちらかといえばSSの様なスッキリとした馬体。バランスは良いものの、前・後躯共に平均レベル程度で物足りない。まとまりも悪い。牝馬の体質弱さ、ムラな面も手伝い、能力はそれほど高くは感じられない。
カフェベネチアン  父 アンブライドルズソング
 母 アステアケース
母父 Chromite
★★ まだまだ肉が付ききっていないが、今後筋肉質になるであろう体型。距離的には1800m以下での戦いか。現状でも完成度は高い体型であるが、更に成長していけばより一層見栄えのする好馬体になる。
カフェボストニアン  父 ボストンハーバー
 母 リビーリー
母父 Sutter’s Prospect
★★ 一時は背が垂れ気味で、馬体のバランスを崩していたが、今はそれが改善された。元々各部の造りには不備がない馬であるため、この弱点が無くなったのは強み。それでも欲を言うならば前躯の筋肉強化が欲しいところ。
カルストンライトオ  父 ウォーニング
 母 オオシマルチア
母父 クリスタルグリッターズ
★★★★ ウォーニング産駒らしく、重厚でかつ、柔らかさが感じられる筋肉。その筋肉を特に前躯にしっかりとまとい、パワーを兼ね揃えたスピード馬。トモに課題があった馬だが、成長著しく、今では克服。
カリスマサンオペラ  父 オペラハウス
 母 ミホクイーン
母父 テスコボーイ
前がやや大雑把ながらオペラハウス産駒らしく、全体にスラッとした形で、バランス良く仕上がっているが、トモの力弱さがあり若干割引。それでも牝馬では珍しく長距離を苦にしない体型でそれを武器に。
カリプソパンチ  父 ダンスインザダーク
 母 カクテルリコ
母父 アイリッシュリヴァー
★★ バランスは悪くないものの、やや背に伸びがなくこじんまりとまとまった印象。ただスピードは持ち合わせた体型で今後の期待は十分。
カロスキューマ  父 ルイカトラズ
 母 ハウラヴリー
母父 
Dr.Carter
★★ 芦毛の馬体なのだが、非常にバランスが良く見栄えのする馬体。牝馬ながら胸囲はしっかりとあり、胴はゆったりと出ている。多少トモの強さが足りない気がするが、この厩舎ならお手のもの。
カンパニー  父 ミラクルアドマイヤ
 母 ブリリアントベリー
母父 ノーザンテースト
★★★ まだひ弱い部分はあるが、全体的に幅のある馬で下地は完璧。成長力如何だが更に強くなる可能性高い。瞬発力勝負で。意外と距離に不安ありか。
カートゥーン  父 リアルシャダイ
 母 カリカチューラ
母父 ミスタープロスペクター
★★ 一見牝馬とは思えない馬体の造り。長めの胴・繋ぎがいい。牝馬ながら長めで期待できる。
カーネギーダイアン  父 カーネギー
 母 テイブンエンジェル
母父 ミスタープロスペクター
★★★ 小さくまとまった感がある馬。
精神的にまだまだ幼いのがよく分かる顔。
キクカグロリアス  父 サクラユタカオー
 母 エビスルーキー
母父 ロイヤルスキー
筋肉質でコロンとした馬体ではなく、薄い体のつくりは父のサクラユタカオーではなく、母父のロイヤルスキーから来てる。胸囲・トモ共に牝馬にしては十分にあり、牝馬同士の戦いなら。
キクノスカーレット  父 ヘクタープロテクター
 母 フェードエリカ
母父 マルゼンスキー
かなり高い評価をもらってる馬だが、条件級にさせてもらった。足りない。
キタサンオーシャン  父 キングマンボ
 母 キタサンドリーム
母父 アルザオ
★★★ やや後ろが寂しく映りはするが、バランスは良い。見た目の印象に過ぎないが、馬体からは堅い印象を受ける。ただ、2歳牝馬でこの馬体なら強気になれるはず。
キタサンチャンネル  父 ヘクタープロテクター
 母 キタサンクイン
母父 ロジンスキー
★★★ トモの幅はしっかりとあり、多少の融通は利きそうだが、胴・背が短く、あきらかに短距離系の体付き。スピード感ある作りで、バランスも優秀。どちらかと言えば芝向き。
キタサンヒボタン  父 フジキセキ
 母 キタサンクイン
母父 ロジンスキー
★★★ もともと馬体に関しては高い評価をしていた馬。阪神JFでは4着と負けてはいるが、減世代では力上位。休養明けで多少の割引は必要も、あっさりも。
キタサンフドー  父 サクラホクトオー
 母 キタサンクイン
母父 ロジンスキー
馬体バランス悪くなく、実力を確実に発揮できそう。全体の印象度は低い。
キネティクス  父 フォーティナイナー
 母 インキュラブルロマンティック
母父 ストップザミュージック
★★★ 現状ではそれなりに見せる馬になっているが、徐々に強くなってきた道のりがその馬体から感じられる馬。馬体も完成され、この辺りが限界だが1600m以下の適距離なら芝・ダートともに切れる脚が可能。
ギャラントアロー  父 リンドシェーバー
 母 コーラスジョオー
母父 ロングリート
★★★★ かなりレベルの高い下地を持っている馬で、3歳時から徐々にバランスが崩れだしているところが気にはなるものの、能力は一流。今後の変化を確認していきたい。
ギャンブルローズ  父 デインヒル
 母 ユキノローズ
母父 ミルジョージ
★★★ 牝馬らしい腰付きをしている本馬であるが、各部の造りは男勝り。顔も非常に良く、闘争心を持ち合わせているのがよく分かる。下地はしっかりある状態であり、今後更にワンランクアップも十分考えられる。
キョウエイマーチ  父 ダンシングブレーヴ
 母 インターシャルマン
母父 ブレイヴェストローマン
★★★☆ 惜しくもGT級に届かず。それでも長い間好馬体を誇った。クラシックの時期にはほぼGT級の馬体で、能力は高かった。
キョウワアロング  父 サンデーサイレンス
 母 アサカフジ
母父 シーキングザゴールド
★★ 馬がまだ幼く、前躯がまだまだ出来きっていない。成長してくればバランスも取れている馬。見込みはある。
キョウワスプレンダ  父 サンデーサイレンス
 母 キョウワホウセキ
母父 シンボリルドルフ
★★★ 2歳時よりややこじんまりとして来た印象。母父がうまく出た感じのSS産駒であったが、良い方向か否か難しいところ。
キョウワノコイビト  父 トニービン
 母 エールノコイビト
母父 カーリアン
★★ まだまだ幼く、馬体も緩い。それでも随所に素質の片鱗が見られ、この先の成長が期待される馬。馬体の柔味もあって好印象。3歳春の時点ではまだ役不足も、この先更に良くなる馬である。
ギミーシェルター  父 サンデーサイレンス
 母 オークツリー
母父 リアルシャダイ
★★ 全体のバランスは悪くないものの、各部を見ていくと気になる箇所がチラホラ。造りに余裕が欲しい。
キンシストーン  父 ソルトレイク
 母 シーズアコーリング
母父
 クレヴァートリック
★★ 短いところならGUクラスでも見劣りしない。完成度は高く、スプリンター。
キングアドマイヤ  父 ノーザンテースト
 母 パイソン
母父 
ファピアノ
短距離馬らしく、筋肉の発達は素晴らしいが、トップクラスでは筋肉だけでは太刀打ちできず。
キングオブサンデー  父 サンデーサイレンス
 母 ミヤビサクラコ
母父 
ノーザンテースト
★★★ 兄弟を見ていると、多少本格化するまでに時間がかかる血統。馬体はしっかり作られているが、好調時とそれ以外との馬体の出来の差が大きい。胸は深く、腰つきスッキリ。いかにもSS産駒。本格化した今なら重賞も十分視野。
キングオブダイヤ  父 サンデーサイレンス
 母 ウイル
母父
 ミルジョージ
馬体は悪くなく、バランスも良いが、なにかインパクトがない。平凡に写る。
キングカメハメハ  父 キングマンボ
 母 マンファス
母父 ラストタイクーン
★★★ まだ成長途上で、キ甲も抜けきっておらずバランスの見た目は悪いが、まったく問題なし。トモの幅がしっかりとあり、父産駒らしい筋肉質も、全体的な造りは中途半端な印象。
キングザファクト  父 ノウンファクト
 母 コラクトゥーズロビン
母父 Coluctoo Bay
★★ 首が長くゆったりとした腹構え、スタイルなどからスタミナは豊富。全体にメリハリ感が無く、トモが弱くスピードは感じられないが、他に気になる部分は少なく、上手くまとまった馬体といえる。
キングストレイル  父 サンデーサイレンス
 母 サンタフェトレイル
母父 ノーザンテースト
★★ 現状は素質で走っている印象。バランス良く、肉質もSSのそれで今後走ってくるのは確実だが、時間はまだ掛かる。このまま成長して欲しい一頭。
キングフィデリア  父 キングマンボ
 母 フィデリア
母父 ダンジグ
★★ トモが大きく形良いが、やや胸囲が薄い馬である。しかしそれを補うかのように、重く感じさせず、且つ、しっかりした首差しで、全体のバランスは取れている。好馬体の部類。
キングヘイロー  父 ダンシングブレーヴ
 母 グッバイヘイロー
母父 ヘイロー
★★★★ 引退レースになる有馬記念。馬体は変わらない。もともと短距離でGTを取るような馬ではなく、中距離馬。馬体はかなり上ランク。来ても不思議無し。
キーゴールド  父 アンシェントタイム
 母 キーフラワー
母父 ビンゴガルー
スプリンターにしてはスッキリした体付きも、よく見ると付くべき所にはしっかりと筋肉が付き、馬体重も500キロ台。バランスも良いものの、これでもまだ全体的に足りない。
キーボランチ  父 キンググローリアス
 母 キーケルナー
母父 イエローゴッド
★★ 筋肉が発達した馬で、首さしも短め。春まではダート馬の作りに見えていたのが、しっかりと芝にも対応出来るようになってきています。ただし距離は短いところ。いまはまだ小さくまとまった感がありますが、顔が非常に良く見える馬で好印象。
キーンランドスワン  父 ディスタントヴュー
 母 トゥーアクト
母父 Roberto
★☆ あか抜けた馬体で印象の高かった馬だが、2歳時から大きく変わってこず、逆に胸囲が足りずバランスも崩れ、物足りなさを感じる馬体になってきた。それでも筋肉などは良い物を持っており楽しみはある。
クイーンリザーブ  父 ミスワキ
 母 スラムヤ
母父 シアトルスルー
★★ 肩から胸の深さはしっかりあるが、全体的にまだまだ肉が付いてきていない。
クラフトマンシップ  父 フレンチグローリー
 母 ワーキングガール
母父 パドスール
★★★☆ バランスが素晴らしく良く、自分の形をしっかり維持している馬。高齢馬でも馬体のどこをとっても不安な箇所はなく驚き。1つだけ残念なのは馬格が小さいと言うこと。それだけが残念である。
クラフトワーク  父 ペンタイア
 母 ワーキングガール
母父 パドスール
★★★ 上のクラフトマンシップもそうだが、本馬も素晴らしくバランスが良い。兄は馬格に泣いたが、本馬は450キロ程ありまずまず。筋肉がしっかり付き始めたが、距離はそれほど苦にしない。
グラスエイコウオー  父 フレンチデピュティ
 母 イクスプロラシヴガール
母父 イクスプロウデント
★★★ 芝も走るが、体型的にはダート向き。中距離以下で。
グラスポジション  父 リアルシャダイ
 母 アンソレイユ
母父 リズム
★★ 馬体こそは見栄えがしないが、必要箇所の造りに不備は無い。一番の長所は体の柔身。年齢を感じさせない柔らかさ。
グラスボンバー  父 マキアヴェリアン
 母 ブルーラスター
母父 ヌレイエフ
★★★ バランスはまったく問題なく好馬体の部類だが、推奨できるポイントも少なく印象薄い。多少硬さが見える造りで距離は2000m以下。後躯の造りで損をしてる印象。
グラスワンダー  父 シルヴァーホーク
 母 アメリフローラ
母父 ダンジグ
★★★★★ 2歳時に見たときには鳥肌が立ったほど。それほどその当時でも馬体は飛び抜けていた。エルコンドルやスペシャルウイークなどのライバルがいたが、個人的には一番。
グラスワールド  父 ラーイ
 母 アチャンスオブストーム
母父 ストームキャット
★★★★ 一時は素晴らしい馬体を誇った馬でG1も狙える馬だったが、現状の馬体をその時期と比べると下降気味。年齢的なものもあるか。ただ明らかに一時よりは持ち直してきており、重賞戦線では十分な力量。
グランドシンザン  父 ミホシンザン
 母 フジタカナイス
母父 ラシアンルーブル
胴付きがしっかりとしていて安定感のある馬体。後肢の作りにやや不備があり、スピード感は感じられないが、馬体からして大崩のない馬だけに、相手関係では堅実な成績を。
グランパドドゥ  父 フジキセキ
 母 スターバレリーナ
母父 リズンスター
★★★★ フジキセキ産駒らしく、牝馬でもどっしりとした馬体。重賞を勝つなど力のある馬だけあり、女ダイタクリーヴァという感じ。ケチを付ける部分はほとんどなく、牡馬との戦いでも上位。
クリスタルヴィオレ  父 スキップアウェイ
 母 キュートネスU
母父 フォーティナイナー
★★ 少し評価を落とし過ぎの印象があるくらいである。馬体以上に走る。また血統以上に距離は持つ体型。
クリストワイニング  父 トワイニング
 母 クリスタルンペニーズ
母父 ヴァンランディンガム
★★ シッカリとした好馬体。短距離系の馬体でスピードが身上。
クリールサイクロン  父 コマンダーインチーフ
 母 ガッサンスキー
母父 ロイヤルスキー
★★★ バランスも良いし、脚の出来も良く故障はしづらそう。全体的に肉が付いての馬。
グリーンブリッツ  父 カーリアン
 母 クイーントゥコンカー
母父 キングズビショップ
バランスは良く、全体的にマイナス点が少ない馬だが、すべてにおいて平均点といった感じで、メリハリがない。年齢も年齢だけに大きく変わらないが、堅実な走りをする馬体。
グリーンプラネット  父 ダンシングブレーヴ
 母 カディザデー
母父 ダルシャーン
ダンシングブレーヴ産駒にしては筋肉的にも弱く、馬体のバランスも違ったタイプに出ている一頭。血屋の悪さもあって貧祖に映り、印象は良くない。
クルーピアスター  父 サンデーサイレンス
 母 クルーピアレディー
母父 What Lack
★★ 着実に力を付けここまで上ってきた馬だが、展開次第で重賞でも通用。牝馬らしくスッキリした馬体であるが、必要箇所にはしっかりと筋肉を付け、それに関しては申し分なし。牝馬にしては安定した力を発揮できる。
グレイスナムラ  父 ロドリゴデトリアーノ
 母 チャリスオブシルヴァー
母父 グロウスターク
まだポーズもしっかり取れなく、バランスも良くないが、それが逆に奥深さを感じさせる。後肢の作りに不備はあるが、もう少しOPでの様子を見てみたい一頭ではある。
グレイトジャーニー  父 サンデーサイレンス
 母 アンブロジン
母父 ミスタープロスペクター
★★★★ やや胴が詰まり気味の体型ながらもバランスは上々。どこにも不安な箇所はなく、兄と比べても遜色ない素質。それだけに胴詰まりが惜しい。距離は2000mまで。
クレンデスターン  父 コマンダーインチーフ
 母 カディザデー
母父 ダルシャーン
コマンダーインチーフ産駒らしく、しっかりと胸は深くバランスも悪くない。しかしまだまだ幼く、良くなってくるのはまだ先。トモの造りに不備があり、成長分を見越してもどうかと思っていたが、現状予想以上にうまく成長してる。
グレートサン  父 サンデーサイレンス
 母 クルーピアレディー
母父 ワットラック
ジェニュインの弟になるが、兄がやや細身の見栄えがする体型だけに、本馬は重く出た印象。悪くはないが成長力という点では不満。
クロックワーク  父 リアルシャダイ
 母 ケイワンマリオン
母父 ゲイメセン
バランスは良い物を持っているのだが、それ以外にセールスポイントが無く推しにくい馬体。
クロノスシチー  父 フォーントリック
 母 タシャラニー
母父 Air Forbes Won
重賞クラスに出て来るにはまだまだ早いか。バランスは崩れていないものの後肢全体が弱々しく、この馬の今後はこの部分の成長が有無で大きく違う。顔つきなどを見ると気持ちで走りそうなタイプで、脚元も綺麗で好印象。
クロフネ  父 フレンチデピュティ
 母 ブルーアヴェニュー
母父 クラシックゴーゴー
★★★★ 芦毛で馬体が見にくいが、なんと言ってもその深い胸に目が行く。そしてこの厩舎独特の後躯の筋肉の付き方。バランスがとれている。瞬発力という感じではないが、トップスピードを持続させる粘り有り。
グロウリボン  父 グロウ
 母 グリーンアーク
母父 
ノーアテンション
★★ バランスなどは悪くない。ただ全体的に弱さがあり、強気にはなれない馬体。成長力次第でまだ上をねらえるが、不安の方が大きい。
グローリアスデイズ  父 サンデーサイレンス
 母 グレースアドマイヤ
母父 トニービン
★★★ 馬体はまだ完成されきっていないものの、各部の下地は十分。今後の成長如何ではかなりの器に。
グローリーブラッド  父 ゴーンウエスト
 母 スキーダンサー
母父 ボールドスキ
★★ 各部に肉は付ききっていないが、下地は十分な物を持っており、今後の成長が待たれる。気性面が鍵。
クワイエットデイ  父 サンデーサイレンス
 母 アリーズデライト
母父 アリダー
★★★ サンデーR募集時期から変わらず前躯ががっしりとした造り。ここ2戦はダートで勝ち鞍をあげているがダートでの前躯の役割は大きい。この馬の弱点は後躯であるが、ここ最近の写真では気にならない程まで良くなって来ている。今なら芝でも克服可能。
クーリンガー  父 フォーティナイナー
 母 クールアライヴァル
母父 リローンチ
★★★ 芦毛であるが、馬体の造りは明らかにフォーティナイナーから来ている。多少スピード感には欠けるものの、堅実に走るのは父の影響。体の柔味が失われないのは好材料。
ケイアイガード  父 デヒア
 母 アドベンチャーオン
母父 リローンチ
★★★ 肩と繋が立ち気味で、芝及び距離に不安があると見ていたが予想以上に耐える。2000m以下ならかなりの実力の持ち主だが。
ケイアイシャイアン  父 ソルトレイク
 母 シルヴァースプール
母父 ストライクゴールド
★★★ 530キロを誇る大型馬で筋肉量も立派。この先大きな変化は見られないだろうが、スピードは魅力。短いところ限定でのみ勝負。
ケイアイブーケ  父 アドマイヤベガ
 母 ケイアイポリス
母父 ヌレイエフ
各部の造りは決して悪くは無いものの、全体的にもう一回り肉付きし、頑強さが出てこないと今後は厳しい戦いになる。
ケイエスミラー  父 ミスワキ
 母 クラウンオブスモーク
母父 
ソヴリンダンサー
前駆が印象的な馬。牡馬以上に深い胸。立ち気味な肩。だが、後ろが弱々しく、バランスは良いとは言えない。
ゲイリーイグリット  父 ストームキャット
 母 ライトライト
母父 マジェスティックライト
★★ 武豊騎手が乗ったときの切れ味は素晴らしい。馬体からはそれほど凄さは感じないのが逆に凄い。牝馬特有の切れ味があり、展開次第で切れる。
ゲイリーエクシード  父 ルビアノ
 母 ゲイリーシーナー
母父 ギャロップダイナ
★★ バランスは上々。トモの幅もシッカリとあり好感が持てる。しかし、胸の筋肉が不足気味で、全体的にもインパクトが無い。ダートの一線級ではもう少し筋力強化が必要な気がするが。
ゲイリートマホーク  父 サニーズヘイロー
 母 コメディヴァーブ
母父 Verbatim
★★ 各部が綺麗に整った馬で、派手さはないが好感持てる。ただ立派な前躯が目立つだけに、後躯はいかにも弱く見える。その分バランスが崩れて見え、ここが整ってくればより楽しみ。
ゲイリーファンキー  父 シアトリカル
 母 アリトルキス
母父 サクフォード
馬体的にはそれ程目立った部分はない。目つきなどを見ても、精神面が課題になる。
ゲイリーファントム  父 ハウスバスター
 母 ゲイリーシーナー
母父 ギャロップダイナ
馬体の柔味は感じられる馬であるが、皮膚が厚く見え印象は良くない。顔にも覇気が感じられず、更に印象は悪くなる。しかしバランスは良い馬で、作りの下地はしっかり持っている馬であり、良化するのは間違いない。
ゲイリーフラッシュ  父 デインヒル
 母 ゴーハニーゴー
母父 ジェネラルアッセンブリー
★★★ 高齢馬になったが筋肉の落ちはなく、まだまだ若い。馬体の作りもしっかりと保持しており、柔味も落ちていない。まだまだ楽しめる力はある馬体だ。
ゲイリーブラッサム  父 スカイクラシック
 母 ネームオブローズ
母父 アルザオ
今は条件級にしたが、まだ上をねらえる。胸、腰に筋肉が付いてくれば期待。
ケージージェット  父 シンボリルドルフ
 母 ケージーエイト
母父 サクラロータリー
★★ 深い胸でシッカリとした体付き。中距離しか走っていないが距離には融通きく。
コイントス  父 サンデーサイレンス
 母 レトス
母父 Egg Toss
★★★☆ まとまりすぎているくらいの馬体で、その影響で小さく見えていた馬。馬体重は520キロを越え、これだけ大きな体をまとめられる馬も珍しかった。さすがに全盛期の迫力は無く年齢を感じるものの走れる体勢にはある。
コウエイテンカイチ  父 メジロライアン
 母 イセスズカ
母父 マルゼンスキー
★★★ 顔も良いし、体も柔らかい。
血統からも馬体からも長く楽しめる。
ココモキング  父 チェロキーラン
 母 ディアレストディー
母父 Atalwart
530キロを超す馬体だが、胴はゆったりとしている。ただ腰つきが間延びした感があり、心許ない。全体的に筋力強化必要。胴はゆったりとしていても長めの距離は不向き。
コスモインペリアル  父 タイトスポット
 母 イエローサファイア
母父 ローソサイアティ
★★★ 地味な血統ながらよくここまで着実に成長してきたな、という印象です。無骨ながらバランス良く、全身にしっかりと身が入った馬体で、距離云々はそれほど気にならないタイプ。レース振りからも精神面も強い。
コスモオースティン  父 オース
 母 ビューテイスカット
母父 コマンダーインチーフ
バランスも悪くなく、走れる体型にはあるものの完成度もそこそこで、今後の上積みとなると苦しい。この辺が限度。
コスモキララ  父 タマモクロス
 母 ローズオブダイヤ
母父 サンデーサイレンス
★★ 正直、馬体・肉質を見てSS系統だな、と見間違えた。それ程母の父SSの影響を受けてる馬。各部に気になるポイントもあり、まだ先の馬だが楽しみ多い。
コスモサンビーム  父 ザグレブ
 母 ロビースレインボウ
母父 レインボウクエスト
★★ 筋肉質でやや全体のバランスがチグハグ。それでも見ため以上に上手く体を使った走りをし、レースに行って良いタイプ。
コスモバルク  父 ザグレブ
 母 イセノトウショウ
母父 トウショウボーイ
★★★☆ それほど良く見せる馬ではないが、父の体型に良く似ており、個人的印象は良い。柔らかいフットワークの持ち主。長い距離は不向き。気持ちで走る馬だけに闘争心がカギ。
コスモフライト  父 ロドリゴデトリアーノ
 母 テンザンノノ
母父 ノノアルコ
★★★ 胴は長めもバランスも良く取れ、馬体は出来てきた。顔も良く、強くなった一頭。
コスモブレイザー  父 ボーザム
 母 ハーディピュアー
母父 ハーディカヌート
★★★ どっしりと落ち着いた馬体で、中長距離馬。飛節の角度が気に入らないが、それ以外は良い出来。顔が良いのが更に好印象になる。
コスモマーベラス  父 フジキセキ
 母 ロモーラ
母父 ニジンスキー
★★ 牝馬ながらしっかりとした筋肉でフジキセキの特徴濃い。ただ馬格が小さく残念。下地はあるので、中身が伴ってきてからが勝負。
コスモレジスタ  父 サッカーボーイ
 母 ダービーローズ
母父 ヨシノスキー
★★★ サッカーボーイ産駒は色々な体型に産駒を出してくるが、この馬はがっちりとした筋肉質な馬体。しかしダート馬ではない。若干胴が詰まり気味だが、トモの力強さが増したら申し分なし。
ゴッドインチーフ  父 コマンダーインチーフ
 母 ファーガーズプロスペクト
母父 チーフズクラウン
★★★ オークスでは素晴らしく良い馬体をしていたが、それで12着と惨敗。筋肉が素晴らしい。
ゴッドオブチャンス  父 コジーン
 母 チームカラーズ
母父 Mr.Prospector
★★★ 本馬500キロを超える馬だとはとても見えない。見た目以上に筋肉豊富であり、馬体的には誉められた体型ではないが、筋肉の付き方が非常に優れている。前躯の作りは文句無く、小さすぎず大きすぎず、的確な大きさ形。トモはは課題。
コマンドスズカ  父 コマンダーインチーフ
 母 ワキア
母父 ミスワキ
★★★ ワキアの子で、サイレンススズカ、ラスカルスズカの兄弟。兄弟に共通して言えるのは筋肉の柔らかさ。
コンコルディア  父 フジキセキ
 母 コンクラーベ
母父 アンバーシャダイ
★★☆ 大雑把な造りながらバランスは悪くなく、各部の身の入りも十分。ただこの辺りがこの馬の限界。距離は2000mまでなら我慢。
コンゴウリキシオー  父 ストラヴィンスキー
 母 プリンシピアム
母父 ハンセル
★★★ 筋肉質でパワータイプだが、実は驚くほど柔らかく見せる。手脚は素軽そうで中距離にも対応可。後躯の造りが不完全だがもうひと変わり見込めそう。
ゴーイングスズカ  父 ダイナガリバー
 母 ダンシングスズカ
母父 ミスターシービー
綺麗に伸びた後肢が好印象も、肩がやや立ち気味で綺麗に映らない。長い首を支えるには貧弱な肩、胸。バランス欠く。
ゴーゴーゼット  父 サッカーボーイ
 母 クインゼット
母父 ニチドウタロー
★★ 馬体からは長めも行ける。馬のかたちは良いが・・・
ゴーステディ  父 トニービン
 母 ケイティーズファースト
母父 クリス
★★★☆ バランス良く、胸囲もあるし、何よりトモの作りが素晴らしい。欲目になるが、もう少し胸の周辺に筋肉が付いてくれば言うこと無し。距離的には長距離でも十分に対応できるはず。
ゴールデンキャスト  父 タイキシャトル
 母 リターンバンダム
母父 ニニスキ
★★☆ 2歳時のききょうSで次元の違う走りを披露したが、休養後不調。復帰後はバランスが著しく崩れており、見栄えが全くしなかったが徐々に回復。現在は走れるだけの状態にまで回復したものの過信は禁物。
ゴールデンロドリゴ  父 ロドリゴデトリアーノ
 母 ヤマノタンポポ
母父 トウショウボーイ
★★★ スッキリ見せる馬体でとても500キロある馬だとは見えず、個人的には好印象。バランス良くまとまってはいるが、後肢の強さ足りず。気持ちが前向きで、馬体以上に走れる要因。
ゴールドアリュール  父 サンデーサイレンス
 母 ニキーヤ
母父 ヌレイエフ
★★★★★ JC前の馬体から、思っていた以上のスピードで素晴らしく変化してきた。華奢だった体が全体に質の良い筋肉に覆われ、尚かつ重さなどは全くない。芝でもこなせるスピード感を持ち、これからの競馬界を背負えるだけの存在。
ゴールドティアラ  父 シーキングザゴールド
 母 ブライトティアラ
母父 チーフズクラウン
★★★★ 芝などを使われたこともある本馬だが、馬体からは明らかにダート向き。好調時には本当に黄金色に輝いて見える馬。ようやく調子が上向いてきた。見映えする馬ではないが、秘めた実力はかなり。軽視は禁物である。

トップページへ戻る