New馬体診断!

登録馬INDEX

ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行  ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行  海外馬

ラ行

馬名 血統 馬体評価 コメント
ライトハートリー  父 パラダイスクリーク
 母 オレンジカラー
母父 
サクラユタカオー
★★★ 馬体的にかなりのトモ高で、バランスは現時点良くない。ただ勿論今後バランスはとれてくる。それ以外はとても良く、前躯とトモのつり合いなどは非常にとれている。馬格あるのも心強い。
ライラプス  父 フレンチデピュティ
 母 フサイチエアデール
母父 サンデーサイレンス
★★★☆ 母も良い馬体をしていたものの、バランス的にはこちら。牝馬にしてはしっかりとした肉付きで、首差しも短くスピード優位。重賞級のマイラー。ただし過度の筋肉化には注意。
ラインクラフト  父 エンドスウィープ
 母 マストビーラヴド
母父 サンデーサイレンス
★★★★ しっかりと胸が深い前躯。そしてそれに負けない後躯がありバランス良い。特に後肢全体の出来は素晴らしく、この馬の長所。瞬発力に魅力ある造り。
ラヴァリージェニオ  父 カコイーシーズ
 母 ミスルピナス
母父 マルゼンスキー
★★★ 前後のバランスに多少難のある馬で、その分安定した力を発揮できないものの破壊力は秘めている。トモにもう少しパンチが欲しい。
ラガーレグルス  父 サクラチトセオー
 母 レインボーパーク
母父 
ドン
★★★ 胸、トモが良く、バランスが整っている。完成度は高く、後はゲートか?
ラガーページェント  父 モガンボ
 母 サリーラガー
母父 
ディクタス
バランスは悪くはないが肉付きはまだまだ。顔からは激しい気性が感じられるが、レースにいってどうだろう・・・
ラスカルスズカ  父 コマンダーインチーフ
 母 ワキア
母父 ミスワキ
★★★☆ 長かった故障休養明けから復活。そしてまた休養。さすがに全盛期ほどの威圧感はなく、筋肉の落ちも感じられる。ただ元々下地があり器も大きい馬。それなりの走りは出来るはず。
ラティール  父 タマモクロス
 母 ソルティーレディー
母父 ニホンピロウイナー
芦毛の毛色が一段と白くなり見にくくなってきたが、前躯の貧弱さがあり、バランスはあまり良くない。そこにしっかりと筋肉が付いてくれば安定してくるのだが。
ラモンターニャ  父 ピークスアンドヴァリーズ
 母 モーニングメドウ
母父 メドウラーク
★★★★ 個人的に大好きなスピード馬体馬。スピード一辺倒の部分もある。まだまだ全体に筋肉が付ききっていないが、この先必要箇所に付いてくれば、間違いなく大きいところを獲れる器。スプリント戦で、この先要注意。
ラントゥザフリーズ  父 ブライアンズタイム
 母 ソロシンガー
母父 リヴリア
★★★★ 思った以上に成長の勢いを感じているのがこの馬である。張り艶は非常に良く、ダービーに向け体調は間違いなく上昇してる。各部に筋肉も付き、バランス良く。重馬場もこなせるはず。
ランフォザドリーム  父 リアルシャダイ
 母 ミルフォードスルー
母父 
スルーザドラゴン
★★★ 盛り上がった胸が凄い。
それに負けないトモの張り。
ランニングゲイル  父 ランニングフリー
 母 ミルダンス
母父 
ミルリーフ
★★★ 押せる部分はそんなに無いが、シッカリとバランスよくまとまった馬体。走れる形。
リヴァプール  父 アンスインザダーク
 母 マークプロミス
母父 トウショウボーイ
★★★ 好馬体。ダンスインザダークの2歳馬(しかも牝馬)でこれだけ各部をまとめている馬も珍しい。体もあり、今後が楽しみな逸材。
リキアイタイカン  父 アフリート
 母 ノーノーネヴァー
母父 
ニジンスキー
★★★ 実際CBC賞の勝ち馬であるが、スプリンター体型ということはない。アフリート産駒は多少馬体の見栄えがしなくても、その質のいい筋肉で走る。年と共に身が入り、馬体以上に走る馬と考えていた方が良い。
リキセレナード  父 ジェイドロバリー
 母 ムーンセレナード
母父 ミスターシービー
★★ 小倉3歳Sを勝った後、一時期馬体を崩していたが、最近徐々に持ち直して来た。馬体から受ける覇気などはまだ弱いが、桜花賞時に比べると、全体的に上向いて来たと言えるだろう。
リミットレスビッド  父 サンデーサイレンス
 母 エリザベスローズ
母父 ノーザンテースト
★★★ 闘争心などでは本馬の全兄であるアグネスゴールドに敵わないが、馬体はやはり似た印象を持つ。体質(代謝)も突き抜けられない原因か。
リリーキャスケード  父 フサイチコンコルド
 母 リバイバルダンサー
母父 ノーザンテースト
★★★ 本馬はバランスの良さがあり、かつ筋肉の質も高く好印象です。前躯の造りは特筆すべきもので、これ以上は望めません。その分後肢がやや弱く見えますが、この範囲であれば十分評価出来ます。
リワードアンセル  父 ラストタイクーン
 母 リワードパフィン
母父 シンボリルドルフ
★★★ スピード感あふれた馬体。やや細身に映るがバランス良い。ラストタイクーン産駒は総じて細身に出ることが多く、問題なし。余りにも馬格が小さく、それが惜しまれるくらい素晴らしい馬体を誇る。
リワードニンファ  父 ラシアンルーブル
 母 アップラウス
母父 
トウショウボーイ
★★★★ 盛り上がる肩の筋肉、トモの張り、力強い首差し。これらが爆発的なスピードの源。
リワードフォコン  父 フォティテン
 母 リワードパフィン
母父 
シンボリルドルフ
★★★☆ 初めてこの馬を見た印象では早熟を思わせたが、良く維持してる。ややトモが弱いがバランスに関しては文句無く、軽ハンデで平坦コースなどでは飛んできても不思議ない馬体。
リンカーン  父 サンデーサイレンス
 母 グレースアドマイヤ
母父 トニービン
★★★☆☆ 3歳春の一頓挫の影響が大きく、かなり尾を引いた。随分と復活しつつあるが、衝撃的であったすみれSの雰囲気は戻らない。天才肌の馬で、なんとも言えぬ質感・雰囲気。気持ち次第。
リージェントブラフ  父 パークリージェント
 母 サリーベル
母父 
グッドリー
★★★ 重心は低いがゆったりとした胴体、長くしなやかな首。一時期崩れていた馬体も今では元に戻り、好調気配。パワー優先の馬体で、力の要るダートは馬体以上によく走る。
ルゼル  父 ザフォニック
 母 スケザレード
母父 トムロルフ
★★☆ 3歳時は素晴らしい馬体を誇った一頭。後躯の成長待ちだったが脚部不安で長期戦線離脱、やはり休養明けで冴えない馬体だが、今後の楽しみはある。
レアパール  父 ジェイドロバリー
 母 ランバダレディ
母父 シアトルスルー
芝で勝ったことがある実績を持つ馬であるが、父からも馬体からも芝向きとは言えない。繋などは芝に対応できる作りは備えているが、レベルは高くない。
レイナワルツ  父 ブラックタイアフェアー
 母 レイナロバリー
母父 ジェイドロバリー
他の造りが良いだけに、本馬の欠点がいかにも勿体ない。後躯が明らかに筋力不足で、大きさもやや小降りで心許ない。この辺りが改善されないと更なる活躍は難しい。
レガシーアンサー  父 サンデーサイレンス
 母 ドンナリディア
母父 ジムフレンチ
★★★ レガシーワールドの弟。もう少し先を見ていきたい。期待できる。
レガシーヴィーナス  父 トニービン
 母 レガシーオブストレングス
母父 アファームド
★★★ スティンガーの姉。さすがに素晴らしい馬体。肩から胸、胸から脚ときれいなながれ。
レギュラーメンバー  父 コマンダーインチーフ
 母 シスターソノ
母父 ナスルエルアラブ
★★★★☆ コマンダーインチーフ産駒にしてはスッキリとしているが、筋肉は各部にしっかり。メリハリのある馬体で素晴らしく良く見せる。中央ではなかなか勝てないものの、自分の競馬に持ち込めれば強い。崩れていた馬体は戻りつつある。注意必至。
レクレドール  父 サンデーサイレンス
 母 ゴールデンサッシュ
母父 ディクタス
★★☆ 悪い意味で牝馬らしさがある馬で、時間が経つごとにバランスが崩れていく傾向にある。しばらく様子見が必要。
レジェンダロッサ  父 サンデーサイレンス
 母 ローザネイ
母父 リファール
★★★★ 馬体の雰囲気は兄のロサードに良く似ている。ただ素材的には本馬が上で、3歳春の現時点では文句の付けようが無い造り。後躯の出来良く、この血ならではのキレも存在。
レスレクシオン  父 マウントリヴァーモア
 母 チョイスクレイム
母父 マイニング
★★★ 牝馬らしい腰付きで、まさにキレが持ち味の馬。胸もしっかりと深く、トモの形も綺麗。馬体もピカピカで現時点での調子の良さを物語る。
レットバトラー  父 サンデーサイレンス
 母 スカーレットブーケ
母父 ノーザンテースト
★★ その前躯に比べやや小ぶりな後躯が気になるものの、バランス自体はさほど崩しておらず大きなマイナスは無い。ただ全体的に幼さが感じられ、成長待ちの段階。
レッドチリペッパー  父 アンブライドルド
 母 レイズアカーター
母父 
ドクターカーター
★★★ なんといっても後肢が素晴らしい。トモの張りが原動力。
レディインブラック  父 サンデーサイレンス
 母 サマニベッピン
母父 ノーザンテースト
★★★ 多少馬格が無く、弱いところもある馬だが、バランス・完成度はまずまず。前躯から首差しにかけての造りは好感。
レディパステル  父 トニービン
 母 ピンクタートル
母父 ブラッシンググルーム
★★★★★ 前躯の良さが特徴の馬であるだけに、トモが寂しく映るがこれがこの馬。完全に完成された古馬の姿。どこにもケチは付けられない。さすがにG1馬。風格も兼ね揃えた、鍛え抜かれた馬体。
レニングラード  父 トニービン
 母 ブリリアントベリー
母父 ノーザンテースト
★★★★ 以前から素質を感じていた馬であるが、しっかりと成長の跡が伺える。付くべき所にしっかりと付いた筋肉、胸囲もしっかりある。後肢の形も素晴らしく、筋肉の柔味も感じられる。やや余裕ある馬体を絞ってどれほどまで。
レンドフェリーチェ  父 コジーン
 母 レンU
母父 ボブバック
★★★ コンパクトに非常に上手くまとまっている。血統、馬体の面からも1800mまでの馬であるが、素質は高い。
レースパイロット  父 サンデーサイレンス
 母 マンファス
母父 ラストタイクーン
★★★ 馬体のバランス・下地は同期の牝馬の中でもトップクラス。現状でも十分戦えるものの、秋以降の本格化が楽しみな逸材。
ロイヤルキャンサー  父 サンデーサイレンス
 母 ミヤビサクラコ
母父 ノーザンテースト
★★★ この系統は筋肉質に出る割には、意外と距離も持つ。本馬はがっしりとした前躯に目が行くが、後躯はそれに付いて来れてない。ただ成績にも表れているように、それは確実に良くなってきており見限れはしない。
ロイヤルタッチ  父 サンデーサイレンス
 母 パワフルレディ
母父 
マルゼンスキー
★★★★ 個人的な思い入れがある馬。馬格がもう少し大きかったらと思わせた。
ロイヤルスズカ  父 ロイヤルアカデミーU
 母 ゴジラ
母父 
ジル
★★★ 胸の深さがかなり物足りないが、だからといって馬体のバランスを崩しているわけではなく、むしろ良いバランスを保ってる。
ロイヤルセランガー  父 パラダイスクリーク
 母 カーペンタービー
母父 ルドゥターブル
★★ 牝馬らしい体型であるが、バランスは悪くない。顔つきが良く好印象。
ロイヤルマイル  父 サンデーサイレンス
 母 ハイランドトーク
母父 
Highland Park
★★ 本馬は社台RHの募集馬なので、募集時の馬体を覚えているが、その頃は良い馬体なのだがトモがの作りが弱く、そこだけが気掛かりだった。今は上手く成長したようでそれ程気にならない程度まで。筋力不足でこれから。
ロサード  父 サンデーサイレンス
 母 ローザネイ
母父 
リファール
★★★ 筋肉のメリハリが出て、歳をとる毎に展開に左右される部分が減った。その要因はトモのパワーアップにあり、数年前と比べると確実に上昇。展開に加え距離にも融通が出てきており、柔味あり馬体評価以上に走る馬。
ロッキーアピール  父 ヴァリッドアピール
 母 ディムズロケット
母父 Timeless Native
★★★ バランスはとても良く、この厩舎らしく自然な肉付きで印象的。トモの幅・長さは十分で申し分ないが、その割には前躯が物足りない。よりダートで好走するためにはその辺りの強化は必要だと感じられるが。
ロングユウシャ  父 サクラバクシンオー
 母 サンデイリッチ
母父 ノーアテンション
脚長であるが、しっかりバランスはとれており、筋肉質。母の父にはいると、思った以上に前面に出てくるノーアテンション。サクラバクシンオー産駒だが、一概にスプリンターとは言えない。
ローエングリン  父 シングスピール
 母 カーリング
母父 Garde Royale
★★★★★ 好馬体。社台の募集パンフからは別馬のように成長しているのが分かる。これぞ良血馬の良例。馬体のバランスという点では本馬にはこれ以上望めない。各部の不備はどこにもないが、距離の融通性は多少心配も能力は大。
ローズウッド  父 ホワイトマズル
 母 ラウレルシーダー
母父 サクラショウリ
胴がゆったりとして、後肢もそれに見合った形良い出来。それに比べ胸は浅く、多少バランスを崩す結果となっている。繋ぎが立ち気味で、前膊もやや狭く脚元に多少の不安を感じる。
ローズバド  父 サンデーサイレンス
 母 ロゼカラー
母父 シャーリーハイツ
★★★ 必要最低限の箇所がしっかり。馬体重以上に大きき見せる馬体の造りで印象的。
ローゼンカバリー  父 サンデーサイレンス
 母 ダイナフェアリー
母父 
ノーザンテースト
★★★★ 最高。この馬体大好き。産駒に期待する。ちょっと好み入る・・・
ローゼンクロイツ  父 サンデーサイレンス
 母 ロゼカラー
母父 シャーリーハイツ
★★★☆ 3歳春からそのままひと肉付いた成長。悪く言えば変化していない。もともとバランス的に誉められない馬であるものの、血統的に気にしなくても良い系統。後はレースでの安定感が欲しい。
ロードクロノス  父 トニービン
 母 シンコウラブリイ
母父 
カーリアン
★★★ 体に柔らか味が有り、全体がゆったりと言うよりもっさり。徐々にバランスがとれてきた馬で、今ではほぼ問題なくなっているが、一時期の好調時に比べると力落ちを感じる馬体に。
ロードフォレスター  父 チャーンウッドフォリスト
 母 ラヴィジ
母父 King of Clube
★★★★ 前回重賞に顔を出してきたときには、明らかに力不足だった。それでも健闘した実績を見ると能力は相当高い。体型で走っていた馬が、今では筋肉も十分に備えパワーアップ。
ロードプラチナム  父 トニービン
 母 ニアーザゴールド
母父 
シーキングザゴールド
★★★ 馬体のバランス、張り、ともに上々。がっしりとした筋肉に全身を覆われ、パワフル。後脚の造りがやや残念。距離は2000m前後。出来にムラが有るタイプ。
ローマンエンパイア  父 サクラローレル
 母 ローマステーション
母父 
Law Society
★★★ この馬も2歳時からすごいスピードで良くなってきた馬だが、復帰後は不調。500キロを軽く越える馬体重も昔はスッキリと見せたが、今は重く映る。もともとトモの甘さがあった馬。今の重く見せる馬体ではそれも負担に。
ローランコングレ  父 エンドスウィープ
 母 ヴィヴァットレジーナ
母父 ナシュワン
★★★ まだまだ幼いが、かなり素質を感じる一頭。距離は持たないが骨格、肉質、バランスと申し分ない。体が小さいのが惜しい。今後注目株。

トップページへ戻る